ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AirPods Proのレビュー!3万円出して買う価値はあるのか?実機でチェック

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

AirPods Pro

朝イチで並んで万札3枚と小銭を渡して交換してきました。

2019年10月30日、遂にアップルイヤホンの最新作「AirPods Pro」が登場。僕もお小遣いを握りしめて速攻買ってきましたよ。購入当初の気持ちは…「頼むぞ。満足させてくれよ!」って感じでございます。

ちなみに僕はAirPods(ワイヤレス充電ケースじゃないやつ)も使ってましたし、数多くのBluetoothイヤホンのレビューも書いてきたんで、それらの経験を元にAirPods Proを使って感じた所感や気になった・気にいったポイントをまとめたいと思います。

なお、まだ慣らし運転も出来ていない状況なので、この記事はAirPods Proを使いながら更新して情報をお伝えします!更新時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しくおねがいします!

▼こんな製品もレビュー公開しています!↓

iPhone 11のレビュー。買って感じた良いところ・イマイチなところ

Apple Watch Series 5のレビュー。使って感じた良いところ・イマイチなところ

AirPods Pro、開封済みの義

▼ま、いつも通り購入して待ちきれずその辺で開封して残骸を持って帰ってきました。付属品は充電ケース、イヤホン、イヤーチップ3種(うちMサイズは装着済み)、充電ケーブル、重要な事が書いてあるっぽい紙が入ってます!↓

AirPods Pro

以上!はい、次いってみよー!

AirPods Proの実機レビュー!気にいった・気になったポイントまとめ!

さて、オフィスに戻って来たってことで早速使い倒しますよ。

あ、そうそう。iPhoneやMacでAirPods Proに対応するためのアプデが入ってたので、アップデートしときましょう。たぶん皆も通知来てるはず。iPhoneは低照度で撮影した写真の画質を劇的にアップするような重要なアプデも入ってたのでチェックしてみて下さい。

ケースはちょっと大きくなったけど、そこまで気にならん

▼AirPods Proのケースはこんなもん。前モデルよりも大きくなったんですが、そこまで気になりません。今までどうりズボンのポケットに突っ込んで持ち歩いてます。使い勝手も前モデルとなんら変わらんので気にしなくて良いポイント。↓

AirPods Pro AirPods Pro

やっぱ接続が超イージー

アップル純正のイヤホンはやっぱり楽だなぁ。

接続はマジ簡単。iPhoneの横でAirPods Proの蓋をパカッと開くだけ。すると、画面に表示が出てくるので「接続」をポチッとやればOK。もはや設定画面を開く必要すらないほど超簡単。↓

AirPods Pro

イヤーチップの取り外し、ちょっと勇気がいる

イヤーチップなんですが、取り外しはちょっと勇気が必要。なんか、ガッツリとくっついてるんで壊れそうでヒヤヒヤします。むかしのスマホバッテリーを取り外すときにペラッペラのバックカバーをパコーンと外すときのドキドキ感と似てます。

▼で、AirPods Proのイヤーチップなんですけど、アタッチメント的な感じでイヤーチップをAirPods Proにカチッってはめ込む仕組み。なので、チップの根本にはアタッチメント的なもんが付いてます。イヤーチップをクルッとひっくり返して、つまんで、引っ張ればOK。パコッと取り外せるんで勇気出して頑張って!↓

AirPods Pro AirPods Pro AirPods Pro

おおお。装着感はかなりいいぜ。でも、独自規格だから汎用チップは使えん

▼AirPods Proはカナル型なんで耳にズボッと突っ込む部分がシリコンのチップ。これ、見ていただくと分かるんですが完全独自規格なんです。↓

AirPods Proのイヤーチップは完全独自規格

なので、自分の耳にジャストフィットする汎用イヤーチップを愛用している方は使えないんで注意しといて下さい。

▼ちなみに、僕はSサイズのチップがジャストフィット。誰の耳にも合うように上手にデザインされているようで、普段は汎用SSサイズを愛用している僕の耳でもガッツリとフィットしてます。↓

AirPods Pro

アップルはAirPods Proを開発する時に、また、世界中の耳の形を調査して設計したらしいんですって。

なので、よっぽどの事がない限り合わないってことはないはずなんですが、僕が調べる限りSSサイズやLLサイズが別途販売している様子がなかったんで、このあたりはオプションでSSやLLも用意して欲しいところっす。(ま、サードパーティから速攻出そうだけどね)

そうそう、昔のAirPodsは耳に突っ込む部分が硬かったんで慣れるまで耳が痛かったんだけど、AirPods Proはシリコン製の柔らかいイヤーチップを耳にズボッと突っ込んで内側から密着させて固定するんで装着感は凄くソフト。僕が普段からカナル型を使ってるってのもあるんだけど、今んとこ耳は全く痛くなってないっす。

ちゃんとイヤーチップが密閉出来ているかiPhoneから確認できるよ

最高の音を楽しむためにAirPods Proが耳にジャストフィットしているかテストするモードもあるんです。

▼設定からBluetooth画面に入ってAirPods Proの右側に表示されている円に囲まれたiマークをポチッと押してやるとAirPods Proの設定画面に。ここで「イヤーチップ装着状態テスト」をタップしてやると、チャララ〜と音楽が鳴って密閉状態をチェックしてくれます。最高の音を楽しむために必ずやっときましょう。↓

AirPods Pro AirPods Pro

アクティブノイズキャンセリングは最高レベル

いや、万札3枚と小銭ちょっと渡して交換してるんで、そうじゃ無いと困るんですけどね!

皆さん、ご安心を。AirPods Proのアクティブノイズキャンセリング機能、最高レベルに効くぜ!

ちなみにアクティブノイズキャンセリングは周囲の雑音をカットすることで静かな環境を作り出す技術なんだけど、AirPods Proはさらに耳の内側の雑音もカットするダブルカット仕様。これが抜群の効きを実現しているポイント。

で、使ってみた感想なんだけど、マジで静か。

ちょっと、アクティブノイズキャンセリング機能を使って外歩くと、環境音カットされまくりでヤバいんじゃないかなってくらいヤバい。

▼ちなみに、うどん部分をギュッと長く握ってると、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替えられます。↓

AirPods Pro

外部音取り込みモードの出来栄えは、僕の使ってきたどれよりも完成度が高かった

AirPods Pro

AirPods Proはアクティブノイズキャンセリング技術を応用して、外部の音を取り込む「外部音取り込みモード」を搭載。

AirPods Proって、以前のAirPodsとは違って耳の穴にズボッとイヤーチップ突っ込むんで、アクティブノイズキャンセリングを使わずとも遮音性が凄く高いんですよ。耳栓しているのと同じ感じ。

で、こんな感じに外部の音をシャットアウトするような構造だから、駅でのアナウンスが聞こえにくかったり、ランニングする時に車が近づいてくる音が聞こえなかったりするんです。結構危ない。

それを解消するための機能が「外部音取り込みモード」で周囲の環境音を取り込んで耳に伝えてくれます。

ここからが注目ポイント。実は、外部音取り込みモードって色んな製品で取り入れられている技術で目新しいって訳でも無いんですが、AirPods Proは出来栄えがピカイチ。

なんとですね、実際の耳で聞いた感覚に近いレベルで外部音を取り込んでくれるんです。もちろん、生耳のほうが良いに決まってるんですけど、外部音取り込みモードを搭載している製品の中ではダントツで実際の耳で聞いている感覚に近いっす。

アップルが「AirPods Proを付けていることを忘れる」云々って言ってて、ホンマかよって思ってたんですが、こりゃ凄いわ。あっぱれ。

コントロールセンターだと、アクティブノイズキャンセリングも外部音取り込みも、両方OFFにできる

▼AirPods Pro単体での操作は、アクティブノイズキャンセリングONと外部音取り込みONを切り替えられるんだけど、コントロールセンターを開いてAirPods Proの音量調整アイコンを長押するとアクティブノイズキャンセリングも外部音取り込みも両方OFFに出来るんで覚えときましょう。↓

AirPods Pro

で、OFFにしてみるとアクティブノイズキャンセリング使って無くても相当遮音性が高いことが分かるんですね。イヤーチップがバッチリフィットしてますわ。

音質は・・・

AirPods Pro

まだ結論を出すには早い。早すぎる。慣らし運転も終わってないし。

でも、サラッと動画、映画、ゲーム、音楽再生で使った限り、音質も相当期待して良いっす。ちょっと低音が物足りん感じするんですが、音楽で重要な聞かせたい部分を的確に聞かせてくれるって感じで、数十台のBluetoothイヤホンを扱ってきた僕もAirPods Proの音質は悪くないって印象っすね。

かなりハードはいい感じなので、できればイコライザーとかOS純正で付けて欲しい訳なんですが、アップルは基本「俺達の作った最高傑作を楽しんでくれ」的な感じなので、音質カスタマイズ性まで求めるならSONYとかにいっちゃいそう。でも、そこまで拘りあるなら既にこだわり抜いたデバイス持ってるはずだよね。

というわけで、アップルが考えた最高の音質がどんなものなのか、慣らし運転後にもう少し使い込んでお伝えしたいと思います!

遅延って何?そのくらい、音の遅延を感じない

ガルマックスでは数多くのBluetoothイヤホンレビューをリリースしている訳ですが、その多くがiPhoneのYouTubeアプリで音が遅延するんですよ。これはガルマックスファンなら「あぁ、いつもガミガミ言ってるやつだ」って分かるはず。

AirPods Proも遅延するかな〜とか思ってたんですが、マジで遅延を感じないんですよ。

▼iPhoneでYouTubeアプリで視聴。全く音の遅延を感じない。↓

AirPods Pro

▼あと、ゲーム。COD:Mobileでも射撃音とのズレは感じず、非常に自然なプレイフィールで遊べちゃいました。恐るべしAirPods Pro。

AirPods Pro

なんか、色々なBluetoothイヤホンを触ってると、やっぱり、アップル純正のイヤホンは純正だけあってきっちり煮詰められているなって印象っす。遅延ってBluetoothイヤホンでは仕様的欠点とも言える部分なのですが、そのあたりもアップル純正だからこそ、独自にカスタマイズして最高レベルの低遅延を実現しているのでしょう。

ちなみに、音が遅延すると、映像+音のコンテンツ(動画やゲーム)は、映像の後に音が聞こえるんで凄く気持ち悪いんですよね。これを感じる事なく使えるってだけでも僕としては買いっす。遅延が気になるiPhoneユーザーは、AirPodsないしAirPods Proを選んどけば幸せになれるはず。

やっぱ、ワイヤレス充電の時代だよなー

AirPods Proのケースは標準でワイヤレス充電ケース。

▼なので、ポーンとワイヤレス充電台に置いとくだけで充電できちゃう。僕はiPhone 11使ってるんで、2台同時に充電できる充電台使ってるんだけど、マジで楽。↓

AirPods Pro

▼もちろん、Lightning端子もケース下部に備わってるんで有線ケーブルもOKっす。↓

AirPods Pro

IPX4等級の防水仕様。汗くらいなら問題なし

結構デカいアップグレードがこれ。AirPods ProはIPX4等級に適合する防水仕様。等級的に水中での利用はダメですが、汗程度なら問題なし。なので、運動時にも安心して使えるようになってます。

ま、僕はジム行ってたときにガンガン初代AirPods使ってたんですけどね。今度はお墨付きあるんで安心感が段違い。でも、マジで等級はそんなに高く無いので水ポチャやシャワーは厳禁っすよ。そこまで行くと確実に壊れるから。

AirPods Proまとめ|AirPods買うなら、5,000円足してAirPods Proを選んだほうが絶対いいよ

AirPods Pro

AirPods Proの価格は税込で3万円強。個人的には「買い」なアイテムです。

僕としては初代AirPodsを使い、ワイヤレス充電ケースの付いたAirPods買おうかなーって考えていた時期で、そんなこと考えているときにヒョッコリ登場したAirPods Proなわけだけど、飛びついて買って少し使って感じたのは今からAirPods買おうかなーって考えている方は数千円足してAirPods Pro買ったほうが絶対良いっす。

ちなみにワイヤレス充電ケース付きのAirPodsが税別22,800円、今回紹介したAirPods Proが税別27,800円。その差は5,000円。

差額5,000円の中に

  • 最高のフィット感を得られるイヤーチップ型イヤホン
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 外部音取り込みモード
  • 耐汗耐水仕様
  • 自慢できる

などなど魅力が沢山詰まってるんです。ガルマックスでは沢山のBluetoothイヤホンは紹介しているんですけど、iPhoneユーザーの方にはやっぱり純正のAirPods Proがおすすめ。

色々と(アップル製品にとっては)目新しい機能を詰め込んでいるんですが、それ以外に、純正だからこそなし得る「超低遅延」であったり「扱いやすさ」も評価したいポイントです。あと、音質もまだ触った時間は浅いですが、動画、映画、ゲーム、音楽と試す限り多くの方が満足出来るレベルであることは間違いないっす。

多種多様なBluetoothイヤホン使ってきたけど、やっぱりiPhoneには純正イヤホンが1番合うわ。決して安い値段じゃないけれど、iPhoneユーザーさんに僕はAirPods Proをオススメしたいっす。それくらい僕も今の段階では満足!高い金払ったけど、買ってよかった。

これから色々と記事を更新する予定です!更新時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ