arrows RXのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Arrows RX

楽天モバイルより新規発売されるarrows RXの詳細をチェック!同社スマホ「arrows U」に指紋センサーを追加することで使い勝手を向上した派生モデルとなっております!

※記事の最後に割引情報を掲載中です!

arrows RXの実機レビュー

arrows RXのレビュー!実機を使って感じた良いところ、イマイチなところ

arrows RXの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 arrows RX
型番/別名 RX
発売年 2019年10月
発売地域 日本:SIMフリー/楽天モバイル
メーカー 富士通
備考 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIMサイズ・スロット NanoSIM×1+MicroSD
本体仕様
ディスプレイ 5.8インチ/TFT液晶
解像度 2280×1080/FHD+画面比率19.5:9
画素密度 435ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ149mm
横幅72mm
厚さ8.8mm
重さ 166g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ゴールド系(楽天限定色)
システム仕様
OS Android 9
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 450
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu(参考値):総合スコア約70000点、GPUスコア約12000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応
最大400GB
カメラ
メインカメラ 13MP+5MP
ポートレートモード
美肌補正
手ぶれ補正
HDR撮影
フラッシュ
前面カメラ 8MP
美肌補正
手ぶれ補正
フラッシュ
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック あり
NFC NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
バッテリー
バッテリー容量 2,880mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他

スペック表に関する免責事項

arrows RXの発売時期と価格

arrows RXの発売時期は10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ3GB+容量32GB:税込32,204円

arrows RXの性能をチェック!

arrows RXは発売時点で性能が一番下っ端ランクとなるモデルです!そのぶん非常に価格が安価であることから連絡用やサブ端末として人気の高い性能帯です!機能や性能よりもコスト重視となるので、カメラなどもオマケ程度が多いです!

  • 普段使い:動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:処理性能不足でゲームが起動できない場合もある

arrows RX(SnapDragon 450)のAnTuTuスコア

arrows RXはまだ実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「SnapDragon 450」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • SnapDragon 450(参考):総合スコアが70000点、ゲーム性能(GPU)が12000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でarrows RXが搭載するSnapDragon 450の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

arrows RXの対応バンドをチェック!

arrows RXは国産スマホなので国内バンドにバッチリ対応!

arrows RXのドコモ回線対応状況

arrows RXのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

arrows RXはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

arrows RXのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

詳細なバンド情報が公開されていないので分かり次第更新します!

arrows RXのau回線対応状況

arrows RXはau回線フル対応で、楽天モバイルのau回線にも対応しています!

arrows RXの特徴をチェック!

見た目以上の頑丈さ!防水防塵も完備です

arrows RXは外観がシンプルでいかにも「ただのスマホ」って見た目ですが、見た目をいい意味で裏切るほどに耐久性が高いんです!防水防塵等級はIPX5/IPX8の防水とIP6Xの防塵性能を備えていますよ!

▼日常では家事で水に濡れても園芸や農業で土まみれになっても大丈夫!イカなる状況でも壊れにくいという心強さが魅力的。↓

Arrows RX

富士通スマホながらノッチ採用で画面がデカいぞ!

▼arrows RXのディスプレイは台形ノッチ採用!これまでのarrowsよりもひろ~く見やすい画面になりました。↓

Arrows RX

えっ?「台形ノッチはもう古くて時代遅れ」?たしかに今や水滴ノッチが主流といえるのでしょう。しかーし!台形ノッチならではな利点があります!レシーバーをデカくできるので、「水滴ノッチのものよりも通話時に音声が聞き取りやすい」ってメリットがあるんですよね!

▼そのおかげで、騒音が多い場所でも相手の声を強調補正する「はっきりボイス」と、周囲の騒音やノイズをおさえる「スーパーダブルマイク」という機能が搭載されています。↓

Arrows RX

このarrows RXは若者よりもご年配ユーザーさん向けの設計が施されているので、台形ノッチのディスプレイも画面を広くしつつ、通話の快適さを損なわない、という両立を図ったデザインなんです。一見古臭いように見えながら機能性にヌカりない設計。さすが富士通だ!

シンプルモード搭載で誰にでも使いやすい!

▼arrows RXならではの機能に「シンプルモード」が搭載されています。文字通りシンプルでみやす~い画面に切り替わります。↓

Arrows RX

ホーム画面や電話帳やSMSなどの画面をシンプルにして見やすくし、文字入力も行いやすくなります。またナビゲーションバーもAndroid 9と同じ3つボタンタイプに切り替え、直感的に操作しやすくなります。

カメラも進化!デュアルカメラになってよりキレイに撮影できる!

▼カメラの画素数は1,310万画素+500万画素!これまでの富士通スマホは殆どシングルカメラでしたが、arrows Uとarrows RXはデュアルカメラに進化!↓

Arrows RX

もう1つのカメラを組み合わせることで一眼レフのような背景ボケの写真がカンタンに撮ることが出来たり、ボケレベルも撮影前に調節できるんですって。

▼またインカメラは美肌モードに対応し、セルフィーユーザーさんに嬉しくなりました!他にもセルフタイマーの秒数がインカメラの近くに表示されるガイド機能で、目線を合わせやすくなる親切機能も搭載。↓

Arrows RX

▼さらに、画像編集アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」を標準搭載!スライダーを動かすだけでカンタンに写真を鮮やかキレイに仕上げられるのがウリなんです。↓

Arrows RX

背面に指紋センサーを搭載!使い勝手がグンと向上!

▼arrows Uより進化した点がここ!arrows RXは指紋センサーを背面に搭載しており、カンタンにロック解除できるようになりました!↓

Arrows RX

もともと顔認証でロック解除はできましたが、マスク装着時や寝起きでクチャクチャな顔とかだとうまく認証してくれないって弱点があるんすよ。ですが指紋認証ならそんなときだってカンタンにロックを解除できます。便利だよコレ。

▼さらに!背面の指紋センサーを上手くイカした機能がarrows RXに搭載されています。エクスライダー機能って名前。↓

Arrows RX

背面の指紋センサーをなぞったりすることで、縮小拡大やページスクロールを行うことができるんです!筆者はこれ使ったことあるんですけど、クッソ便利。片手で指を無理に伸ばさずとも操作ができるっていいよね。

物理ボタンの位置が低いので非常に押しやすい!

▼arrows RXの右側面を見てください。電源、音量、アシスタントキーがひっくい位置に並んでます。手が小さめな方でも押しやすい親切設計。↓

Arrows RX

▼実際にarrows RXのモックを手にとってみたら、右手だと親指がちょうど押せる位置で、左手だと人差し指や中指が自然に押せる位置でした。ここも万人受けなポイントですな。押し心地もバッチリだ!

Arrows RX

Felica搭載!キャッシュレスの波に乗れてらくらく決済!

▼背面を見るとおなじみのうれしいFelicaのマーク。そう、arrows RXはFelica対応なのでおサイフケータイが使えるんです!

Arrows RX

いちいち小銭を出さずにワンタッチで決済できるのは予想以上に快適。日本はキャッシュレス化が進むので、その時代の並に乗れちゃうんです。

arrows RXまとめ!文字通り「誰にでもやさしい」スマホです

arrows RX、外観やスペックだけで見れば性能が低く時代遅れなスマホに見えがちですが、その中身はあらゆるユーザーさんを想定し最適化を施した快適スマホなんです。侮れない。スマホって性能も大事なんですが、使い勝手も捨ておけません。だって日常に欠かせないデバイスですから(断言)。

操作性や快適性は大事ですよ!そういう意味でも、このarrows RXは良いスマホといえます。筆者も世界中のいろんなスマホ触ってきたゆえに、こういう富士通スマホを触ると「あぁ…故郷に帰ってきたんだなァ」って原点に帰ってきた感じになります。

そんなarrows RXのカラーはホワイト、ブラック、そして楽天モバイル限定色のゴールドの3つ!ゴールドカラーは富士通スマホおなじみな落ち着いた色合いですぞ。

非常に扱いやすさに長けたこのarrows RX。ご家族の華々しいスマホデビューにいかがでしょうか?

▼楽天モバイルでキャンペーン中!通常価格32,800円ですが、通話SIMセットで9,500ポイント還元!

arrows RXの公式サイト

arrows RXの公式サイトは以下です!

ページトップへ