ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

arrows RXのレビュー!実機を使って感じた良いところ、イマイチなところ

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

arrows RX

こんにちはこんばんは!給料日前は体重が2キロ落ちる柳生でございます。今回は実機レビュー第4弾!ガルマックスさんにお借りしましたarrows RXを徹底的にレビューしていきます!

目次をクリックすると各項目へ移動します

arrows RXの詳細なスペック表

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 arrows RX
型番/別名 RX
発売年 2019年10月
発売地域 日本:SIMフリー/楽天モバイル
メーカー 富士通
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
ドコモ対応状況

対応(楽天モバイル)

ソフバン・ワイモバ対応状況

情報アップデートをお待ち下さい

au対応状況

対応(楽天モバイル)

SIMサイズ・スロット NanoSIM×1+MicroSD
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 5.8インチ/TFT液晶
解像度 2280×1080/FHD+画面比率19.5:9
画素密度 435ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ149mm
横幅72mm
厚さ8.8mm
重さ 166g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ゴールド系(楽天限定色)
システム仕様
OS Android 9
SoC Qualcomm Snapdragon 450
CPU Cortex-A53×8/1.8GHz/8コア
GPU Adreno 506
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約70000点、GPUスコア約12000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応
最大400GB
カメラ
メインカメラ 13MP+5MP
ポートレートモード
美肌補正
手ぶれ補正
HDR撮影
フラッシュ
前面カメラ 8MP
美肌補正
手ぶれ補正
フラッシュ
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
バッテリー
バッテリー容量 2,880mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 税込32,204円(楽天モバイル公式サイト)
購入先/割引情報

楽天モバイル

[最安値]arrows RXの割引クーポン・セール・購入先まとめ[9/29]

端末詳細記事

arrows RXのレビュー!実機を使って感じた良いところ、イマイチなところ

arrows RXのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

arrows RXの価格と購入先

arrows RXは楽天モバイルより購入可能となっております!通常価格は税込32,800円!

arrows RXの開封と付属品のレビュー!

外箱はしっかりしている印象

▼arrows RXの外箱はシンプルな見た目。大きなツメを抜いて開くタイプになってます。↓

ArrowsRX

ArrowsRX

ツメの部分がしっかりしてて衝撃でうっかり開きにくいような工夫がされてました。ただ普通に開けるときもかてぇなァって印象。ツメ抜くときだけ力が必要です。

付属品もシンプル。充電ケーブルと説明書のセット

▼付属品をチェックすると前までの富士通機種よりちょっとだけ豪華に。新たに充電用ケーブルが付属しています。↓

ArrowsRX

でもコンセントアダプターだけがないという謎。初心者向けを謳ってるんだからここは入れておいたほうが優しいんじゃないかなと思うんす。

▼ケーブルの端子の部分はUSBマーク。見分けが付きやすいような工夫が感じられます。↓

ArrowsRX

▼説明書。初心者の方でも安心して立ち上げることが出来そう。でもそこそこ字が小さいんで高齢者の方はご家族に読んでもらったりしたほうが良さそうです。↓

ArrowsRX

専用ケースとフィルムは付属されていないので別途購入が必要

arrows RXはケースもフィルムも付属されていません!破損やキズを防ぐならケースとフィルムを購入を検討しましょう!国産スマホなんで量販店やAmazonなど様々な所で手に入りますよ!

PDA工房さんよりフィルムがリリース済み!チェックしてみよう

arrows RX既にPDA工房さんよりarrows RX専用のフィルムがリリースされております!今回は新製品の曲面まで貼ることが出来る「Flexible Shield」のサンプル品も手に入ったので貼り付けてみたいと思います!↓

ArrowsRX

ガルマックス編集長 ナオキ
写真は「9Hシリーズ1枚(左上の1枚)」「Flexible Shieldが1枚(左下の1枚)」「WET貼付けキット(右側のキット全て)」の3つの製品が写真に含まれています!それぞれ別売りなので注意!

▼付属キットを使って貼り付けました。サイズはもちろん、側面までバッチリフィットしてカバーできてます。

ArrowsRX

感触は柔らかめ!キズの自己修復や気泡を自然消滅させる効果があるんだそうです。画面の綺麗さも損なうこと無く保護できるスグレモノ!筆者もマイスマホ用で発注しようか検討中。

▼PDA工房では様々なフィルムタイプでリリースしているのでお気に入りのフィルムを見つけてくださいね!ガルマックス編集長はずっと9Hシリーズ愛用しているみたいです!フィルムなのにガラスフィルムと同じ硬さだから良いんだって!↓

ガルマックスではPDA工房さんとタッグを組んでフィルム購入時に利用できる割引クーポンを配布中!購入時は是非ご活用下さい!

▼PDA工房さんとガルマックスがタイアップクーポンを発行中!500円以上のご購入時に適用すると100円オフ!割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい!今月の割引クーポンは以下です!↓

SIMピンが付属。つまむ部分がデカいので持ちやすい!

▼arrows RXのSIMトレーはピンを使うタイプなので、SIMトレー抜き差しに必要なピンが付いてます。↓

ArrowsRX

他のスマホのSIMピンより持つ部分がデカいので持ちやすい!どなたでも使いやすくなる工夫が見られます。というか普通にこの形状をデフォルト化してほしいと思う程です。

arrows RXのデザイン・外観のレビュー

まずはarrows RXの外観をぐるっとチェック!側面と背面を見てみましょう。

ArrowsRX

ArrowsRX

ArrowsRX

ArrowsRX

イヤホンジャックは上部、物理ボタンは右、充電端子は下部、SIMトレーは左側に配置されております。充電端子は裏表のないType-Cタイプなので、カンタンに挿せるのも良いポイント。

▼SIMトレーにはNanoSIMが1枚とMicroSDが同時に入ります。デュアルSIMは非対応!

ArrowsRX

カラーはゴールド!富士通スマホらしい上品な色合い&質感

▼arrows RXはカラバリがブラック、ホワイト、そしてゴールドの3色。こちらはゴールドです!↓

ArrowsRX

ゴールドながらも富士通の「落ち着いた和」なイメージを崩さない、上品な色合いがステキ!

背面素材がガラスでなくアルミニウムでマット加工がされており、小キズや反射、そして指紋がほとんど目立たない!筆者はこの材質が一番好きです。

通知LEDは右上にあり!様々なカラーに対応します

▼画面右上に通知LEDがあり、充電中や通知で光ります。ノッチありのスマホにしては変わった場所に配置されている。

ArrowsRX

色も赤、緑、ピンクなど様々な色に対応して楽しい気分になります。

握りごこちが良くてとっても持ちやすいけどスベりに注意

arrows RXは軽量かつ、手にフィットするように側面が加工されているのでとっても持ちやすかった!軽さとサラサラ感触と側面加工のおかげで握りやすさは最高クラスです。

ただサラサラしてるために、手が乾燥していると滑りがちになってしまいます。乾燥肌な方は注意。気になる方はケースを買うことをオススメします。

物理ボタンが下部によっている。メリットもデメリットも感じた部分!

▼arrows RXは誰にでも扱いやすくするために電源キー、ボリュームキー、そしてアシスタントキーの3つが右側面の下部に集中してます。↓

ArrowsRX

で実際使ってみると、やっぱ手を動かしたり上にずらす必要がなく操作できるんで結構快適。いつでも押せる位置にあるって便利なんだなと実感しました。

ただデメリットとして電源キーと音量キーが入れ替わってるんで慣れるまでに一苦労。特に筆者含めて他のスマホに慣れている方だと、配置の違いで押し間違えたりしてしまうんす。ここは慣れが必要なポイント。

あと電源+音量キーでスクショもしづらくなってます。電源キー長押しで呼べるメニューからスクリーンショットしたほうが楽かも。

▼ちなみにアシスタントキーだけは引っ込んでるんで誤爆する心配はなかったです。↓

ArrowsRX

ストラップホール付き!でも付けにくい!ツール必須かも

▼arrows RXの右側下にはストラップホールが付いてます!アクセサリーや落下防止のヒモとか付けられて便利…かと思いきや↓

ArrowsRX

ArrowsRX

付けづれぇ!!!!!

ストラップを引っ掛ける部分が奥の方にあるせいで思ったようにストラップのヒモを通せませんでした。ワタスが不器用なせいなのかわかりませんが、手先の器用な方を呼ぶかストラップを通すための道具を用意することをおすすめします。

カメラは縦並びのデュアルカメラ搭載!

▼arrows RXはデュアルカメラになり、縦並びなのでそこそこ特徴的な見た目になってます。配置形状が独特なんで見分けが付きやすい!↓

ArrowsRX

そのヨコにフラッシュライトがポツン。このフラッシュライトなんですが、シングル式なので発光させてもそこまで明るくなりません。懐中電灯代わりだとちょっと暗いです。

arrows RXの性能・パフォーマンスレビュー!

富士通スマホとしてはよく動く!って印象。日常使いは大丈夫!

arrows RX、エントリークラスのスマホなんですが、RAMとSoCをこれまでより強化しているおかげで日常使いでもなかなか快適でした。今までの富士通のスマホが性能がクソレベル控えめだったせいで余計に良く感じるってのもあるけど。

結論、ライトな使い方ならフリーズはおろかカクつきはほとんど感じませんでした。でも何回もアプリ切り替えたり何個もバックグラウンド動作させたり、カメラで撮影しまくれば限界になるのか数秒ぐらいフリーズします。

もちろんヘビーユーザーには向きませんが普段使いだけとかライトな方にはそこそこ快適に感じるレベルに進化してるって印象ですね!

arrows RXのAntutuベンチマークをチェック!

▼Antutu Ver8にて計測。↓

ArrowsRX

ArrowsRX

個人的にはAnTuTuバージョン8で8万点行けばライトな使い方ならギリ快適に使えますってボーダー。なのでarrows RXもインターネット見たり動画見たり、SNSやったりなど日常使いでは必要十分なスペック。但し、絶対的な性能は高くないんで動作の鈍さを感じるシーンもあるのは注意。

ちなみにAntutu計測の3Dの画面では目視で5FPS(1秒間に5回表示が変わる)ぐらいしか出てませんでした。やっぱり3D性能はお察しのようです。

ゲームは軽量クラスなら問題なし!3D系はやはりキツい

重いゲームのPUBGなら、最軽量に設定すればなんとか遊べる

▼まずは人気TPSとして、そしてヘビーな3Dゲームとして名高いPUBGをプレイ。画質設定は自動で快適画質に。エントリークラスの宿命すね。

ArrowsRX

▼快適画質以上の画質設定にすればカクカクが多くなってまともに動かせません。だけど快適画質であれば思ったより動いた!!ちょっと驚きでした。ですがもちろんこれ以上画質上げるとカックカクで使い物になりませんのでご注意を。↓

ArrowsRX

エイムも車の操作もギリこなせます。あと、テストしていたら6キルもできた!!正面からの撃ち合いでも勝てるぐらいには動かせるってことですね。まさか富士通のスマホで上位に入れるなんて思いませんでした。PUBGクラスの重い3Dゲームなら画質次第で(快適にとは言えませんが)プレイが出来ますよ。

▼友達がめっちゃハマってるスマホアプリ「バンドリ!」を動かしてみました。↓

ArrowsRX

ArrowsRX

バンドリはリズムゲームでエフェクトも結構多いんですけど、ヌルヌルに動いてます。おかげで快適にプレイできて満足!

▼筆者の大好きなフィンランド産レースゲーム「Hill Climb Racing」。アクセルとブレーキだけのシンプル操作でコケないようにステージを進む物理エンジンモリモリ使ったゲームです。↓

ArrowsRX

こちらも快適に操作できました。他にツムツム、モンスト、パズドラでもサクサクですよ!ただ読み込み画面のローディングが長いんで注意です。ワタスは気にならないけど。

ゲーム動作まとめ

  • 3Dゲームは画質を落としたりすればプレイできる
  • 2Dゲームはほぼ快適!ただしエフェクト多かったりするとカクついたりする
  • 全体的にローディングは遅い

arrows RXの機能・仕様レビュー!機能性がバッチリで扱いやすい仕様

楽天仕様なので初期アプリや起動時に楽天要素が出てくるぞ

▼arrows RXはSIMフリーですが楽天のカスタマイズがほどこされており、初期からあるアプリは楽天サービスが入ってます。そして起動時も楽天ロゴが出しゃばってくる仕様に。↓

ArrowsRX

個人的にはSIMフリーなんだから起動時のキャリアロゴは無くしてほしかったのでちょっと残念。

▼楽天モバイル機種らしく、初期アプリに楽天サービスが付いてきてます。初期アプリですがアンインストールできるのでお好みで調整しましょう。↓

ArrowsRX

便利なおサイフケータイ搭載!かざすだけで決済はやはりイイ

arrows RXはFelica対応でおサイフケータイが使えます。チョー便利!コンビニやスーパーでサッとスマホをかざすだけで終わるのでサイフを出す手間が省けます。↓

ArrowsRX

背面指紋センサー搭載でカンタンにアンロックできます

▼背面に指紋センサー搭載。自然な位置でロック解除できるぞ!↓

ArrowsRX

認証速度が速く、フラグシップスマホに劣らぬ速さ!!触って0.2秒ほどですぐに認証してくれました。優秀だ!

指紋センサーを用いた操作も快適アンド便利だった

▼arrows RXは指紋センサーを使うExlider(エクスライダー)っていうシャレた名前の機能がとても便利!チュートリアルもあります。優しい。↓

ArrowsRX

指紋センサーに指を置いて上下左右にずらすことで画像やページをスクロールしたり、ズーム調整ができるスグレモノ。指紋センサー自体の反応が良いため操作精度も良好です。WebやSNS、マンガアプリを使う時便利だったぜ!

またスクロールはサードパーティー製のアプリでも動作してくれるのでとっても便利。これは他の背面指紋センサー搭載スマホでもデフォルトで搭載してほしいレベルです。

通話機能も充実しています

▼arrows RX、レシーバーがデカいおかげで通話の聞こえがすごくいい。さらに通話中にオプションで「ゆっくりボイス」「はっきりボイス」といった機能が使えます。↓

ArrowsRX

個人的にははっきりボイスの聞こえがとても良く、この機能は高齢者な方にも安心して使えるんじゃないかなと思います。通話機能は他スマホより飛び抜けて優秀ですよ!さすがだぜ富士通!

ガラケーから電話帳の移行がカンタン!はじめてのスマホの方でも安心です

▼ガラケーからスマホに機種を変えるユーザーさん向けの機能として、MicroSDカードを用いたデータ移行が可能です。

ArrowsRX

あらかじめガラケーでMicroSDカードにデータをバックアップしておき、arrows RXにMicroSDを挿入すれば電話帳とスケジュールを引き継ぐことができます。

デフォルトのサウンドがむちゃくちゃカッコいい

arrows RXで一番好きな部分なのがプリイン済みのサウンド。特に充電時の音が個人的に大好きです。デェェェェェェンって鳴る。

その他の着信音や通知音も携帯電話っぽくて個性的。バッチリなチョイスで選ぶのに時間がかかってしまいそう!!筆者はいろんなスマホを使ってきましたが、arrows RXのデフォルトサウンドのカッコよさはダントツで一位と思うんす。

▼動画にしましたので聴いてみてください(音が出ます)。↓

カメラ性能をチェック!色彩がよく、背景ボケの品質は良好!

全体的にリアル寄りで色彩がいいカンジ!逆光も頑張ってる

▼arrows RXで日中の街角を撮影。色の表現や色合いは実物に寄せている印象です。↓

ArrowsRX

ArrowsRX

ArrowsRX

▼ご飯画像!ラーメンとギョウザのセット。こちらは及第点レベル。やや白飛びが目立ちます。

ArrowsRX

ArrowsRX

夜景の撮影性能はやはり弱く、ノイズがある

夜景写真はやはりツライ。実際はもう少し明るいんですが暗く写ってしまってます。あと筆者の家周りにきれいな夜景撮れる場所が見つかりませんでした(泣)。↓

ArrowsRX

ポートレートで背景ボケは結構良い品質!

▼次にポートレートモードで背景ボケの写真。

ArrowsRX

ArrowsRX

背景ボケの品質が思った以上にできている!境界線は若干ツメが甘いところはあるけど、パッと見るぶんにはキレイに仕上がってます。実用的なレベルですよ!

▼そうそう、ポートレートモードは撮影前でもボケの具合がある程度確認できる便利仕様なんす。ただボケ具合が完全に撮影した写真と一致はしないので、あくまで目安程度にしておきましょう!↓

ArrowsRX

ArrowsRX

arrows RXのバッテリー持ちは平均的!健康状態を見られます

arrows RXの電池もちは並ほどの印象。スタンバイ時の電池もちは良いですがアプリを開いてバリバリ使ってるとアッという間に減るので、毎日の充電を忘れないようにしましょう。

▼そうそう、設定のバッテリー項目からいつでもバッテリーの健康状態をチェックできますよ!↓

ArrowsRX

長く使うほどバッテリーはどんどんへたっていくんで定期的に健康をチェックしておきましょう。長持ちさせるコツは過充電を控えたり、残量が20%のときには80%ほどまで充電するとベスト!

arrows RXまとめ!レビューを終えての所感

これまで富士通のarrowsスマホはガジェッター目線であれば低スペックというイメージが強かったんですが、最近の富士通スマホはしっかり使うことが出来、便利な機能と優しいUI、誰にでも扱いやすい設計がウリになっております。

■気に入った!■

  • 頑丈かつキズが気にならないボディで安心
  • 指紋センサーの精度優秀で、エクスライダー機能も便利
  • 背景ボケ含めカメラもキレイに撮れる
  • プリインの壁紙と着信音がとても良い

■気になった…■

  • ベゼルとノッチがあるので好みが分かれる
  • シャッター音がややデカい
  • ストラップが付けづらい
  • 電源アダプターが入っていないので別途購入が必要

筆者のように様々なスマホを触っているタイプだと逆に挙動やボタン配置に戸惑ったりしがちなんで使いやすさは結構人を選びます。

だけどスマホを初めて使う方でインターネット見たり、通話やメールしたり、ニュースをチェックしたりなどライトな使い方が中心の方には間違いなくオススメできます!日本ならではの親切さと安心製、堅牢性がarrows RXにギュッと詰まっており、数日使い込んで慣れれば「arrowsも良いなぁ」と思わされる魅力がありますね!まさか日本製スマホにもときめくとは思わなかった。

arrows RXは普段使いに必要十分なスペック+便利機能盛りだくさんなので、重いゲームをやりこまないライトな方に実にオススメ!エントリースマホながらも機能性に満足させられる貴重な一台といえます。

arrows RXの割引クーポン・セール情報まとめ!

最新割引情報

↓楽天モバイルでキャンペーン中!通常価格28,964円(税別)ですが、通話SIMセットで26,819円(税別)!2回線目以降なら更に5,000円オフ!

arrows RXの購入先情報

arrows RXは以下で取り扱っています!

ページトップへ