ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AUOPLUSの「タワー式」電源タップのレビュー。USBポートも付いて便利!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

AUOPLUSのタワー式電源タップ

PCの電源コードなどをスッキリとまとめられる電源タップが欲しいと思っていたんですが、Amazonで見つけたAUOPLUSのタワー式電源タップがソコソコ評価良かったんでゲットしました。価格は執筆時点で4090円です。

AUOPLUSの電源タップはアース付きコンセントが12個、USBポートが5個備わっているので、ガジェットメディアと相性抜群。もちろん、小規模オフィスや個人のPCデスクまわりの電源コードもスッキリ集約できちゃいます。

AUOPLUSタワー式電源タップの気に入った・気になったポイント

■気に入った■

  • PSEマーク取得で安心して利用できる
  • 卓上に設置して利用できるので使い勝手が良い
  • USBポート付きでスマホの充電も直接出来る

■気になった■

  • 雑な部分が目立つ(海外仕様記載の外箱等)
  • 製品の質感がチープ
  • アースはダミー

AUOPLUSの使用レビュー

▼これが外箱。仕様表を見ると・・・海外の仕様です。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ AUOPLUSのタワー式電源タップ

▼付属品は紙一枚の注意書きのみでシンプルな内容です。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

製品はしっかり日本仕様だった

▼本体を取り出して下部をチェックすると仕様が記載されていました。しっかりPSEマークと100V-125Vの表記で日本仕様の製品です。恐らく海外仕様の外箱を使いまわしているのでしょう。ちょっと雑な印象を受けますが、製品はしっかり日本仕様だったので一安心。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

ABS樹脂製で強度や熱に強いけれど見た目はチープ

▼AUOPLUSのタワー式電源タップの筐体はABS樹脂製。強度や熱に強い特性を持つ素材で機能的には良いんですが、見た目はプラスティック感が強くややチープな印象です。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

サイズと重量をチェック

▼高さは大体23cmくらいで上部は横幅10cm、台座部分は広がっているので12.5cmくらいありました。結構大きめのサイズ感。重量は650g位ありましたが、筐体が大きいので「軽い」と感じます。iPhone XSと並べてみるとこんな感じ。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

アース穴はダミー

▼AUOPLUSのタワー式電源タップは縦に3つ×4面の計12個のコンセントが備わってます。コンセント部分はアース穴もあるんで3ピンのPC電源ケーブルなどもブスッと差し込めるのはGood。但し、本体のプラグにはアース端子が一切見当たらず、これはアースとしての機能を果たさないようです。安いコンセントタップでよくあるやつですね。僕はアース付きのプラグを利用する事が基本無いので特に問題ないですが、アース機能が必要な方は注意が必要です。

AUOPLUSのタワー式電源タップ

上部に2つの電源オン・オフスイッチが備わっていた

▼本体の上部にはスイッチ式の電源ボタンを搭載。スイッチ部分には矢印が備わっており、矢印の方向のコンセント6つを一気に電源オフに出来ます。USBポート側のスイッチをオフにするとUSBポートも連動して電源がオフになるので注意。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

タワー式だけれど想像以上にバランスが保たれていた

タワー式で懸念していたのがバランス。上部付近に重量のある充電器などを挿すと倒れてしまわないかと思っていたのですが、思っているよりもバランスが良いです。

▼例えば、最上段にMacBook Proの充電器をブスッと1つだけ挿しても倒れる事はありません。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

もちろん、片側に重量級の充電器を固めて接続するとバランスが悪くなりますが、思っていたよりも安定性は高いです。

USBポートは便利だけれど総出力に注意

▼AUOPLUSのタワー式電源タップはUSBポートを5つ搭載。総出力は5V/4.5A。

AUOPLUSのタワー式電源タップ

総出力は5V/4.5Aですが、1つのポートあたり最大5V/2.4Aまでとなっているので、USBポートを利用する数により1ポート辺りの出力が変動するうようになってます。5V/2Aの一般的な急速充電を利用したい場合はポートへの接続数に注意。

実際に会社のオフィスで使ってみた

▼まずは現在の状況・・・酷い有様です。電源タップに電源タップを繋ぎ、なんとか接続している状態。↓

AUOPLUSのタワー式電源タップ

これがAUOPLUSのタワー式電源タップを利用すると・・・スッキリ!

AUOPLUSのタワー式電源タップ

AUOPLUSのタワー式電源タップまとめ – 見た目は安っぽいけど機能性はGood

AUOPLUSのタワー式電源タップ

タワー式って卓上設置前提だと扱いやすい製品なんだなーって感じました。パソコンデスク周りが電源コードだらけでスッキリ集約したい方、僕みたいな小規模オフィスで電源周りを整頓したい方、現場作業などで沢山のコンセントが必要な方は便利に使えるはず。

中身は海外仕様かな?と手元に届くまでは少々心配でしたが、PSEマークを取得した日本仕様だったので検討されている方はご安心下さい。アース機能が無いことには注意が必要ですが、雷ガードなどの安心機能を搭載していたり、1年の保証も付いているので、タワー式の電源タップを検討されていた方はAUOPLUSのタワー式電源タップも是非候補の1つとして検討してみて下さいね!

ページトップへ