「Blackview Tab 13」発表!PCモードにSIMスロット、GPS対応の10.1インチタブレット

Blackviewが新型タブレット「Blackview Tab 13」を発表!10インチディスプレイにHelio G85搭載でのミドルスペック、さらにLTEやGPS、PCモードにも対応!

Blackview Tab 13の特徴

Blackview Tab 13の特徴は以下の通り!

Blackview Tab 13のハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • フラット形状でカラーはグレーとブルーの2色構成
  • WUXGA解像度の10インチディスプレイを搭載。目に優しい表示も対応
  • デュアルスピーカー搭載
  • バッテリー容量は7,280mAhと大きめ
  • Android 12ベースのDoke OS_P 3.0を搭載
  • PCモードが使える
  • SIMスロット、GPSも搭載

▼Blackview Tab 13は高級タイプの筐体デザインで、側面がフラットになっているのが特徴!ミドルレンジタイプのタブレットですが結構カッコいい。重さは450g、厚みは7.7mmで、比較的軽量かつ薄型なのもポイントです。↓

▼カラーはグレーとブルーの2色展開となっています。↓

▼Blackview Tab 13はHelio G85を採用しており、性能クラス帯はミドルレンジですが良好なスペック!公称AnTuTuスコアは256,691点だそうで、このスコア帯であれば普段使いにおいて余裕のある動作が見込めます。↓

▼カメラは1,300万画素メインのデュアルカメラですが、サブカメラは30万画素の補助用なので実質シングルカメラです。見た目はカッコいい。↓

▼ディスプレイは10.1インチサイズの液晶。解像度は1,920×1,200のWUXGAクラスとなっておりYouTubeなど動画を高画質で楽しんだり、ドキュメント作成といったシーンでも使いやすそうです。↓

▼またテュフラインランド認証を獲得しており、3段階のダークモードと読書モードで目に優しいディスプレイを搭載!電子書籍用途にも良さそう!画像のように暗い場所で見たり夜更かししたりは身体に良くないんでほどほどに。↓

▼スピーカーはデュアルスピーカーとなっております!でもイヤホンジャックが非搭載なのは残念。↓

▼バッテリー容量は7,280mAhでこのサイズのタブレットとしては十分。動画視聴においては連続5.5時間まで電池が持つそうです!ただし急速充電に対応しているかは記載なし。↓

▼BlackviewがカスタマイズしたDoke OS 3.0_Pを内蔵しており、通常のAndroidよりも独自機能がいくつかあるのも魅力!ベースも最新バージョンのAndroid 12となっています!↓

▼さらにBlackview Tab 13はPCモードが使えるのが魅力です!UIデザインがパソコンライクなものとなっており、またマルチウィンドウも使えるという機能!これは試してみたくなるやつだ!↓

▼別売りですがキーボードカバーも対応しているので、仕事用途でも使えそうです。テレワークでもバッチリ使えるだろうか興味深いところ。↓

▼Blackview Tab 13はSIMカードも使えるのが特色!対応周波数はソフバン回線のみなのでソフバン系SIMに限定はされますが、電話や外出先でのデータ通信も行えるのは実用的で良い。↓

▼GPSも搭載!10インチタブレット用のホルダーを用意してカーナビとして使ったり、地図代わりに使ったりできるのもGood。↓

十分な性能で機能性も豊富

Blackview Tab 13はAliExpressで8月22日からセールとなります。

PCモード、SIM、GPS対応だったりと機能性が豊富という強みもあり、トータルスペックの仕上がりは結構良いタブレットに思えます!セール次第ではかなり人気出そう!

▼Blackview Tab 13の詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Blackview Tab 13のスペック・対応バンドまとめ

■メモリ6GB+容量128GB■
初出時価格→354.00ドル
過去最安値→354.00ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]端末価格354.00ドル!↓

ページトップへ