ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

アクティブノイズキャンセリング対応イヤホン[Decoka DK100]レビュー!

Decoka DK100

追記:Decokaさんに2017年12月15日17:00から利用可能な10%オフの割引クーポンを頂きました!記事の最後に記載しているのでご購入の際はご活用下さい!

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

Decokaさんから最新のアクティブノイズキャンセリング対応イヤホン[Decoka DK100]の実機を提供頂きました!感謝御礼!

アクティブノイズキャンセリング対応で価格は4,000円以下という安価な部類の製品ですが、アクティブノイズキャンセリング性能がピカイチ!

それでは実機レビューをどうぞ!

Decoka DK100の総合評価

[良かった]

  • アクティブノイズキャンセリングの効きが抜群
  • 価格が安い
  • 一度の充電で20時間もアクティブノイズキャンセリングを利用できる。
  • 充電が切れても有線なので音楽は聴ける
  • フィット感が半端なく良い
  • コントローラー付きで手元で音量や選曲が出来る
  • 通話にも対応している
  • 周囲の音を捉えるモニター機能が素晴らしい

[イマイチ]

  • ユニット部分が大きく円形状なのでかさばる

[総合評価]

Decoka DK100は、周囲の雑音と同じ波長を出すことでスッと雑音がカット出来るアクティブノイズキャンセリングに対応した製品です。

アクティブノイズキャンセリングの効き具合はかなり強力で、上位機種に匹敵するノイズ消去能力を有しています。

ユニット部は大きな円形でかさばりますが、この中に大容量なバッテリーが入っているので、20時間も連続でアクティブノイズキャンセリングを利用可能。これだけの連続再生が可能なことからヘビーユーザーでも満足出来る仕様となってます。

また、周囲の音を捉えるモニター機能が実用的で、イヤホンを付けていながらも周囲の音が聞こえるのでそのまま会話することだって出来ます。

価格も4,000円以下でアクティブノイズキャンセリング機能が利用できるイヤホンの中ではコスパも上々。是非、ズバ抜けたノイズ消去機能を体感してほしいです!

▼執筆時点の価格は3,999円。セールなどで価格が変動するのでリアルタイム価格は以下から販売ページにアクセスして価格をチェックしてみて下さい。↓

Decoka DK100のスペック

項目 仕様
ノイズ低減機能  アクティブノイズ消去技術
ノイズ消去  28DB
周波数  10HZ-22KHZ
形状  有線イヤホン
充電コネクタ  MicroUSB
充電時間  1.5
再生時間  20時間
重量  33G
防水  IPX4

Decoka DK100の同梱物をチェック

Decoka DK100

それでは同梱物をチェックしてみましょう。

高級機並のパッケージに期待が高まる!!!

▼外箱の裏には仕様が記載されていますが英語です。↓

Decoka DK100の箱の裏には仕様表が書いていますが英語表記となってました。

▼パカリと蓋を開けると・・・おおおおお!スッゲー高級感が高い!!!

Decoka DK100の外蓋をあけるとまるで高級機の様な梱包です。

▼パカリと開くと高級機ばりの過保護スポンジで守られていました。↓

Decoka DK100は分厚いスポンジにくるまれていました。

同梱物は充実。これだけ揃っていれば他に必要なものはない

▼同梱物を全て並べてみました。↓

Decoka DK100の同梱物は非常に充実した内容でした。

  1. Decoka DK100本体
  2. イヤーピース
  3. イヤーフック
  4. 充電ケーブル
  5. ポーチ
  6. 取扱説明書

これだけの同梱内容なら文句ないっす。

イヤーピースとイヤーフックはそれぞれ3サイズが付属

▼大体、イヤーフックは本体固定の製品が多いのですが、Decoka DK100はバッチリサイズ変更出来ます。L/Rが全てのフックに記載されているのもGood。

Decoka DK100の付属イヤーフックはL/Rの表示があり使いやすい

持ち運びに便利なポーチはホコリが付着しそう

▼持ち運びに役立つポーチは素材的にめっちゃホコリが付着しそうです。てか、付着します。でも、メーカーロゴもバッチリ入っていてメッチャかっこいいです。↓

Decoka DK100にはメーカーロゴが入った巾着袋が貰えます。

充電ケーブルはMicroUSB

▼付属していた充電用のケーブルは形状がMicroUSBケーブルです。↓

Decoka DK100に付属しているケーブルはMicroUSBでした

何処でも簡単に手に入れることが出来るMicroUSBケーブルなので、付属のケーブルが破損しても簡単に代用品を購入できます。

取扱説明書は日本語対応!Decokaさんありがとう!

▼付属していた取扱説明書は各国の言語がまとまっているのですが、ばっちり日本語も入ってました。英語が読めない僕はとっても有り難い配慮です。↓

Decoka DK100の取扱説明書は日本語の表記もあります

Decoka DK100の外観をチェック!

それでは外観をチェックしてみましょう!

イヤーフックは耳の内側に引っ掛けるタイプで超小型

▼Decokaロゴの部分は金属製で高級感が高いです。↓

Decoka DK100のハウジング部は金属製で見た目の購入感も高い

▼イヤーフック部分は弾力あるラバー素材で耳の内側に引っ掛けるタイプでした。↓

Decoka DK100のイヤーフックは弾力性のあるラバー素材

Bluetoothイヤホンはハウジング付近にバッテリーが備わっているモデルが多く、特に完全左右独立イヤホンではバッテリーが入っているので結構大きいのですが、Decoka DK100は有線ケーブルイヤホンなので超小形に感じます。

便利なマイク内蔵のコントローラーが備わっている

▼有線ケーブルイヤホンの中にはコントローラーが備わっていないモデルも多いのですが、Decoka DK100はコントローラーがR側ケーブルに搭載されてました。

Decoka DK100にはマイク付きのコントローラーが付属しています

アクティブノイズキャンセリングユニットが超大きい

▼アクティブノイズキャンセリング機能は電力を使うので、ケーブル先端付近にバッテリーが内蔵された直径約4.5mmの大型ユニットが備わってます。

Decoka DK100はケーブル先端付近にアクティブノイズキャンセリングのユニットが付いているのですが、直径が5cmほどで大きいです。

▼ユニット部の右側にはアクティブノイズキャンセリング機能をオン・オフできるスイッチと充電端子。↓

ユニット部の左側にはモニター機能ボタンが着いています。

▼ユニット部の左側にはモニター機能のボタンが備わっていました。↓

Decoka DK100のユニット右側にはアクティブノイズキャンセリングのスイッチと充電端子が備わってます。

思っていたよりもユニット部が大きいです。でも、この中に大容量なバッテリーを搭載しているので、バッテリー持ちはかなり良いので良しとしましょう。

ちなみに、ユニット部は薄いラバーコーディングが施されているので、スマホにカツンと当たっても傷がつかないように配慮されてます。

Decoka DK100を実際に使ってみた!

早速、Decoka DK100を使ってみましょう!

充電はモバイルバッテリーからでも出来ます

アクティブノイズキャンセリングを利用するには電力を使うので定期的に充電することになりますが、1度の充電で20時間もアクティブノイズキャンセリング機能が利用できるので、利用頻度によっては長期間充電しなくても問題ありません。

でも、忘れたころに突然やってくるんです。バッテリー切れが。

▼Decoka DK100はMicroUSBで充電が可能なのでモバイルバッテリーからもバッチリ充電できます。出先でも簡単に充電出来るのはGood!

Decoka DK100はモバイルバッテリーからも充電可能です。

また、充電は5V/2Aで充電可能なので、約1.5時間でフル充電が可能です。

IPX4の防水仕様なので運動時の利用や雨天利用も出来る

Decoka DK100は防水のIPX4に対応しているので、汗をかく運動時や雨天でも利用できる仕様となってました。

気になったのでIPX4がどの程度の防水性能か調べてみました。

あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

という訳で日常的な水しぶきや雨などでも全く問題ない性能です。

つけ心地、とっても宜しい

イヤーピース、イヤーフックがそれぞれ3サイズ同梱されているので、自分にピッタリの装着感で使えます。

特にイヤーフックが柔らかくて耳の内側にフィットするので、装着時のつけ心地は個人的に最高レベルで宜しい。

形状的にフィット感が高くなる様に設計されているので、自分の耳にジャストフィットするとかなり激しい運動でも落下しないほどホールド感が高いです。

アクティブノイズキャンセリングが強力

凄いね。これ。

アクティブノイズキャンセリング機能の性能も製品によりバラつきがあるのですが、Decoka DK100のノイズ消去能力はメーカーが公言している通り、非常に強力です。

人の声、ファンの音、テレビの音、全てかき消してくれます。ちょっと周囲の音が消えすぎて怖いくらい(笑)

アクティブノイズキャンセリング機能をオンにすると、かすかにホワイトノイズが発生しますが、これは高級機でもあるアクティブノイズキャンセリングの仕様的なものなので知っておきましょう。

外での仕事時に周囲の雑音を消すことが出来てかなり重宝している。

Decoka DK100は楽曲を聴いていない最中でもアクティブノイズキャンセリングをオンにすることができるので、ガヤガヤした場所が苦手な方はいつでも何処でも雑音を消した静かな環境を整える事が出来ます。

なんなら、スマホとかにケーブル挿さなくてもアクティブノイズキャンセリング機能が使えます。

僕はガヤガヤしている場所だと周囲の音が気になって集中出来ないタイプなので、いつでも何処でも静かな環境に切り替えられる手軽さがとっても気に入ってます。

周囲の音を捉えるモニター機能が素晴らしい

Decoka DK100にはユニークな機能が備わっています。

アクティブノイズキャンセリングは周囲の音をかき消す機能ですが、それとは反対の周囲の音を捉えるモニター機能が備わっているんです。

アクティブノイズキャンセリングで利用するマイクを使って周囲の音を収集してイヤホンから流すことで、密閉度の高いカナル型イヤホンを耳に突っ込んでいる状態でも、まるでイヤホンを付けていないと錯覚するレベルで周囲の音が聞こえます。

例えば、音楽を聞いている最中に誰かから話しかけられても、モニターボタンをポチッと押すことで楽曲音量が自動で下がり、周囲の音がイヤホンから聞こえるので、装着したまま会話が出来てしまいます。これ、かなり便利。

肝心の音質。低音、良く鳴ります

Decoka DK100の音質ですが結構ドンシャリで、個人的にはかなり好きなチューニング。

低音も良く鳴っている方です。高音に関してはかなり攻めていて、突き刺さる一歩手前。高音はギリ心地よく聴ける範囲に収まっているのですが、人によってはちょっと高音が尖りすぎてキツく感じるかも。

音圧、密度、解像度は価格相応ですが、万人受けしそうな音です。R&Bとかかなり気持ちよく聴くことが出来ますね。

一方、弦楽器の単演奏は合ってません。アクティブノイズキャンセリングは仕様的に若干のホワイトノイズが発生しますが、無音状態が入る弦楽器単演奏の楽曲ではこのホワイトノイズが邪魔です。

といっても、この価格帯ならかなり頑張っている音質なので、購入してガッカリするような貧弱な音ではありません。合格。

Decoka DK100まとめ

いかがでしたでしょうか?

4,000円以下でアクティブノイズキャンセリング機能が利用できるイヤホンとしては、個人的にかなり頑張っている製品だなと感じました。

ノイズ消去能力も高く連続再生時間も多い、利便性の高いモニター機能、利用シーンを選ばない防水仕様。とっても良くまとまってます。

あとは、大型のアクティブノイズキャンセリングユニットがどう映るかです。この点が問題ないようであれば、とっても良い買い物になることでしょう。

Amazonでもレビュー評価が高い製品なので是非チェックしてみて下さい!

Decoka DK100の製品情報、評価、購入先は以下からどうぞ!

※追記:10%割引クーポンを頂きました!2017年12月15日の17:00から利用可能です!是非ご活用下さい!

クーポン(1/15まで有効):K7KMNAI6

▼ガルマックスでは様々なイヤホンのレビュー記事を書いています!宜しければどうぞ!↓

ページトップへ