ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

出張時に持って行きたい!PD対応USB-C用ハブdodocool「DC46」レビュー

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

dodocoolのDC46

最近、PD対応のUSBハブ集めにハマっているガルマックスの猶木(なおき)です。

近頃の薄型ノートPCはUSB-Cが1つしか備わっていない端末も多く、充電中はUSB機器が接続出来ない、USB機器を利用中はパソコンへの給電が出来ないという困った仕様が多いですよね。

PD対応のUSBハブなら”パソコンに給電しながらUSB機器を拡張出来る”ので、1つ持っておいた方が良いアイテムですが、今回ご紹介するdodocoolの「DC46」はガンガン出張している方にピッタリのPD対応USB-C用ハブです。

dodocool「DC46」の総合評価

[良かった]

  • USB-Cが1つしか備わっていないデバイスでもパソコンに給電しながらUSBを拡張出来る
  • USBの拡張だけでなく、HDMI、カードリーダー、有線LANポートまで備わっている
  • ケーブル接続タイプなのでPCポート周囲の他端子を塞がない
  • 安い

[イマイチ]

  • ケーブルが太いので取り回しの自由度が少ない

[総合評価]

以前、「DC30のレビュー。PD対応USB-C用のUSB、HDMI、SDスロット拡張ハブ!」で紹介したハブを更に拡張したモデルで、USB3.0×3、HDMI、SDスロット、MicroSDスロットに加え有線LANポートが備わる超多機能ハブ。

PDにもバッチリ対応しているので、MacBookなどUSB-Cが1つしか備わっていないモデルでも給電しながら拡張できてGood。

(最近は殆どWi-Fi完備だけど)一部のホテルや海外のホテルでは有線LANでネット環境を提供している宿泊施設もあるため、有線LANポートが備わっているDC46は安心感も高いと思います。

また、HDMI端子まで備えているので、外出時はノートパソコンだけを持ち歩き、自宅では外部ディスプレイを繋いで2画面構成で作業出来るスタイルを取り入れる事も出来る優れもの。

僕は沢山のUSBハブを持っていますが、出張時は確実にDC46をカバンに放り込みます。その位、便利で拡張性の高い素晴らしい製品だと感じました。

PD対応で拡張性がこれほどまでに高いモデルだと8,000円前後しますが、6,000円を下回る価格で手に入るのも嬉しいポイントです。

dodocool「DC46」の同梱物をチェック

▼こんな感じのパッケージで手元に届きます↓

dodocoolのDC46は、こんなパッケージに入っています

▼同梱物は本体と取扱説明書と保証制度の案内が入っていました↓

dodocoolのDC46は本体と取扱説明書、保証に関する書類が入っています

取扱説明書は日本語も含まれています。

▼同梱されている取扱説明書は複数の言語が収録されているマルチランゲージタイプですが、しっかり日本語も含まれていました。使い方や注意点も分かるので安心して使えます。↓

dodocoolのDC46に同梱されている取扱説明書は日本語です。

30日以内なら返金保証も利用できます。

▼保証制度についての案内も入っていました。製品に対する保証期間は18ヶ月と長期間の保証が受けられ、30日以内なら返金保証されています。USBハブは利用するパソコンとの相性も有るので、返金保証は非常に有り難い制度です。

dodocoolのDC46は18ヶ月の保証の他に30日以内なら返金保証もついています

dodocool「DC46」の外観や拡張性をチェック。

dodocoolのDC46は外観がプラスティック製です。

dodocool「DC46」の外観はプラスティック製でPD対応なので少々熱を持ちますが、僕が使っている限り誤動作することもなく快調に動いてます。

USB Type-C端子を搭載しているパソコンで利用できます。

DC46はUSB Type-Cという形状の端子が備わっているパソコンで利用できます。最新のMacBook Proなどにも搭載されたアレです。購入前には形状を間違えないように注意して下さいね。↓

dodocoolのDC46ははUSB-Cの端子を備えたモデルで利用可能です

最大5GbpsのUSB 3.0が3つ拡張出来ます。

最大5GbpsのUSB3.0が3つ拡張出来ます。無線マウスの受信機も接続してみましたが正常に動作しました。↓

dodocoolのDC46は3つのUSB3.0 Aがさせます

1000Mbpsに対応した有線LAN接続が出来ます。

最大1000Mbpsに対応したLANポートも備えているのでホテルでネット環境が有線LANでの提供であった場合にも対応可能です。↓

dodocoolのDC46は有線LANを利用できます

4K出力に対応したHDMI端子が備わっています。

最大4K(3840×2160)の超解像度ディスプレイにも接続可能です。HDMIはテレビなどで備わっている一般的なHDMIなのでケーブルも使いまわしやすいです。↓

dodocoolのDC46は外部映像出力も出来ます

SDだけでなくMicroSDも直接挿し込めるカードリーダー機能も使えます。但し上限512GBまで。

SDスロットが備わっているのでデジカメの写真などを簡単に取り込み可能です。↓

dodocoolのDC46はSDカードを直接挿せます

MicroSDも直接挿し込めるので、スマホのMicroSDに直接アクセスするのも容易です。↓

dodocoolのDC46はMicroSDも直接挿せます

但し、SD及びMicroSDスロットの対応上限は512GBまでとなっているので、それ以上の容量のSDを利用している方は注意が必要です。

これだけ拡張できてパソコンへ給電も出来ます。が、バッテリーが減らない程度と考えましょう。

▼PD対応なので、パソコンの充電器をDC46に差し込むと拡張しながらパソコンを給電できます。

拡張しながら給電出来ます。

仕様を確認したのですが、PDでの出力は5V900mAhなので4.5Wです。本記事で充電しながらと記載せず”給電”と書いているのはこの仕様の為で、ガツガツパソコンを利用しながらだと4.5Wの出力ではバッテリー容量が増えるのでは無く”減らない”程度ということです。

USB-Cが1つしか備わっていないパソコンだと、PDに対応していないハブを利用した場合はパソコンへの給電が出来ないので、バッテリー駆動で作業することとなりバッテリー切れの恐れがありますが、PD対応のDC46だと、とりあえず拡張しながらもバッテリー切れを起こす心配が無いのでUSB-Cが1つしか備わっていないパソコンを利用している場合は大きなメリットです。

dodocool「DC46」まとめ

僕は過去にWi-Fiでは無く有線LANでのネット環境提供のホテルに宿泊したことがあったのですが、その時は「1つは持ってると便利。ホテル用の超小型無線WiFiルーター」を家電量販店に買いに走ったことを覚えています。

最近は本当にノートパソコンの拡張性が乏しくなっているので、有線LANだけでなく、カードリーダーだったり、外部ディスプレイ出力だったり、USB機器だったり、拡張するためのハブを用意する必要が出てきました。

dodocool「DC46」は最近の拡張性の乏しいノートパソコンのニーズに合致した非常に優秀なPD対応USBハブです。これさえ持っていけば、想定できる”困った”は軒並み解消されます。

非常に使い勝手が良い製品ですので是非試してみて下さい。

ページトップへ