DOOGEE S88 Proのスペック・対応バンドまとめ!10,000mAhの超大容量バッテリー搭載タフネスモデル

DOOGEE S88 Pro

僕、アイアンマン!

SFチックでタフなルックスがイケメンなモデルであるDOOGEE S88 Proをご紹介!本体の頑丈さととんでもないバッテリー容量は他のスマホでは見かけない絶対的な信頼感。早速スペックと特徴をチェックしてみましょう!

DOOGEE S88 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 S88 Pro
発売年 2020年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー DOOGEE
備考 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 7 / 8 / 20
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.2
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDS対応
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 2,340×1,080(FHD+)
画面比率 19.5 : 9
画素密度 410ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:171.6mm
横幅:85.5mm
厚さ:18.7mm
重さ 372g
本体色 ブラック系/オレンジ系/グリーン系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) MediaTek Helio P70
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約180,000点
GPUスコア約35,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(最大128GB)
※片方のSIMスロットと共用
カメラ
メインカメラ ①21MP(メイン、IMX230)
②8MP(超広角、130°)
③8MP(深度測定)
特性:PDAF
AI:非公表
ナイトモード:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ 水滴ノッチ式インカメラ
画素数:16MP(メイン)
ビューティーAI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS搭載(その他センサーは非公表)
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
IP69K
MIL-STD-810G
イヤホンジャック なし
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 10,000mAh
充電 有線充電:24W(12V/2A)
ワイヤレス充電:10W
逆充電:5W(ワイヤレス)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

DOOGEE – S88 Pro

スペック表に関する免責事項

DOOGEE S88 Proの発売時期と価格

DOOGEE S88 Proの発売時期は6月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:249.99ドル(約27,000円)

DOOGEE S88 Proの性能をチェック!

DOOGEE S88 Proは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間性能のモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

DOOGEE S88 Pro(Helio P70)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだDOOGEE S88 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P70」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Helio P70の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):180,000点
  • ゲーム性能(GPU):35,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/28更新]

DOOGEE S88 Proの対応バンドをチェック!

DOOGEE S88 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

DOOGEE S88 Proのドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

DOOGEE S88 Proのソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

DOOGEE S88 Proのau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンドのうちバンド1のみ対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。またauはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

DOOGEE S88 Proの楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。また楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

DOOGEE S88 Proの特徴をピックアップ!

本体カラーはブラック系・オレンジ系・グリーン系の3色展開!

DOOGEE S88 Pro

一瞬「ん!?」ってなった方もいるかもしれません。そう、DOOGEE S88 Proはカラーはアクセントカラーだけが変わるんです!タフネススマホは設計上全部にカラーを差し込むことができないんですよね。でもこのゴツゴツしたマッチョな見た目との相性は最高っす。個人的にはオレンジカラーが似合うなぁって感じるぜ。

▼背面カメラ下にはアイアンマンの目の形の通知ライトを搭載!非常に面白いギミックですね。着信時や通知などをグラフィカルにお知らせしてくれます。見た目もめっちゃ楽しい。↓

DOOGEE S88 Pro

すさまじく硬くブ厚く、そして重い

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proは防水防塵規格ではIP68をクリアーしており、さらにIP69Kの特殊規格、そして限られたスマホにしか与えられないMIL-STD-810G規格まで取得しているんです!

IP69Kは水でなく熱湯に対する耐性を示す規格なんです。通常のスマホはボディパーツを接着でくっつけているためお湯に弱いんですが、DOOGEE S88 Proはそれに対する対策もバッチリ!米軍規格であるMIL-STD-810Gも取得しているので、落としても衝撃を加えてもヘッチャラというとんでもない耐久力を誇るんす。

それほどまでに重装のため、本体の厚さは18.7mm、そして重さは372gとかなりヘヴィ。片手で長時間使うのは厳しそうですね。でもそれこそロマンだなって感じられるのは筆者だけでせうか。

Helio P70搭載!メモリは6GB、ストレージは128GB!

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proの心臓部であるSoCはミドルレンジ上位クラスのHelio P70を搭載!メモリ容量は6GB、ストレージは128GBとなっています。

タフネススマホやスタミナスマホって機能に特化するあまりSoCのグレードが低かったり必要最低限の低スペックに仕上がりがちなんですが、DOOGEE S88 Proのスペックは必要十分に仕上がっているため普段使い、軽量なゲームであれば快適にこなしてくれますよ!

6.3インチの大型ディスプレイを搭載!

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proのディスプレイは液晶タイプのディスプレイを搭載。解像度は2,340×1,080(FHD+)となっています。

ディスプレイは水滴ノッチ形状を採用したことでより上下に対する広さを確保。画面占有率もより大きくなっているのが魅力的です!ディスプレイ素材は液晶タイプですが、Corning Gorilla Grassを採用したことで耐久性がアップしております!落としてもある程度安心なのも魅力ですね。

リアカメラは2,100万画素のカメラをメインとしたトリプル構成!

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proには2,100万画素(メインカメラ)+800万画素(超広角カメラ)+800万画素(深度測定カメラ)のトリプルカメラ構成が搭載されております。

メインカメラの画素数は2,100万画素とかなり珍しい画素数なのが面白いポイントです!おそらく品質は記録撮影向けのスペックですが、ソニー製のIMX 230センサーを採用しているので品質はどれぐらいなのか気になりますね!さらに広範囲を撮影できる超広角カメラの搭載で実用性はアップ!狭い室内での撮影もお手の物です。

もう1つ気になるのが被写界深度測定カメラ。画素数が異例の800万画素と深度測定カメラのなかではかなり高く、背景ボケのポートレート撮影のクオリティがかなり見どころになるかもしれません!

24Wの超急速充電対応。バッテリーは驚異の10,000mAh!

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proは24Wの超急速充電に対応しています。また、バッテリー容量は神の領域クラスである10,000mAhとなっています。

2020年ハイエンドモデルを鼻で笑うが如く凄まじいバッテリー容量で、電池もちはムチャクチャ良いです!公式によればスタンバイ時は200時間、3Dゲームをぶっ通しで遊んでも19時間、動画連続視聴は18時間も持ちこたえるんですって!

これほどまでに圧倒的なバッテリー持ちなので、普段つかってて電池切れの心配も無用ですね。アウトドアシーンでも工事現場でも活躍できそうです!

▼さらにDOOGEE S88 Proはワイヤレス充電に対応!ポーンと置くだけで楽に充電できるのはもちろん、ワイヤレスを用いた逆充電にも対応!他のワイヤレス充電対応スマホはもちろん、イヤホンなどの周辺機器もDOOGEE S88 Proをモバイルバッテリー代わりに充電できるので非常に便利!↓

DOOGEE S88 Pro

カスタムボタンにツールボックス機能搭載!DIYや作業のお供にどうぞ

▼DOOGEE S88 Proは側面にも秘密があるんすよ。というのも側面には各種機能を割り振れるカスタムボタンを2つも搭載しているんです!1つのボタンには押し方ごとで各々の機能を3つ割り振れますんで、計6つの機能を一発呼び出しできて大変便利。↓

DOOGEE S88 Pro

コンパスや騒音計などのツールボックス機能も搭載!水平器など便利な工具もDOOGEE S88 Proで代用可能ッ!作業だけでなく日曜大工、DIYにもオススメですね!↓

DOOGEE S88 Pro

DOOGEE S88 Proまとめ!信頼性、機能性が最高クラス

DOOGEE S88 Pro

他のスマホではまず味わえない面白さを体感できるのがこのDOOGEE S88 Pro。すさまじく頑丈、豊富な機能性、独特で個性的な外観、ロマンがギュギュっと詰まったスペックってメチャクチャ惹かれますね。メインスマホにない機能を補ったり、DOOGEE S88 Proはモバイルバッテリー代わりにもなるため、緊急時のサブ用として持つのも良さそう!

普通のスマホでは物足りない!マンネリがキているってユーザーさんにオススメできそうです!といってもデカい&重いのである程度ユーザーさんは絞られそうですが、使いこなせればハイエンド以上のクオリティを存分に味わえそうなんす。そんな魅力的なモデルが249.99ドル(約27,000円)で手に入るというコスパの良さも魅力!変わったスマホがほしければ、ぜひとも抑えておきたい1台といえるでしょう!

DOOGEE S88 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

■メモリ6GB+容量128GB■

過去最安値→199.99ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]割引セールで249.99ドル!↓

DOOGEE S88 Proの公式サイト

DOOGEE S88 Proの公式サイトは以下です!

ページトップへ