Honor Play 4 Proのスペック・対応バンドまとめ!赤外線で温度が測れる!精度に期待

  

▼2020年最後。エントリー必須。楽天スーパーセール開催中。↓

【チェック】→楽天スーパーセール会場
 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

Honor Play 4 Pro

史上初「温度計搭載スマホ」登場ッ!今回はHonor Play 4 Proをご紹介します!HUAWEIスマホの高い品質にくわえ新機能を盛り込んだ一台!特徴をチェック!性能はハイエンド、新機能に期待!

兄弟機の「Honor Play 4」は以下の記事をどうぞ!

Honor Play 4のスペック・対応バンドまとめ!GMS対応なら覇権を取ってたかも

Honor Play 4 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Honor Play 4 Pro
型番/別名 OXP-AN00
発売年 2020年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Honor
備考 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G CDMA:BC0
W-CDMA:B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26
TD-LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1 / n3 / n41 / n77 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 6.57インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 401ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:162.7mm
横幅:75.8mm
厚さ:8.9mm
重さ 213g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS Magic UI 3.1.0
(Android 10ベース)
CPU(SoC) HiSilicon Kirin 990
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約457,000点
GPUスコア約159,400点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ デュアルカメラ
①40MP(メイン、f/1.8、IMX600)
②8MP(望遠、光学3倍ズーム、f/2.4)
特性:PDAF、ポートレート、マクロ
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:メイン1/1.7
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
①32MP(メイン、f/2.0)
②8MP(超広角、f/2.2)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 液冷機構搭載
(搭載モデルのみ)赤外線温度測定機能
バッテリー
バッテリー容量 4,200mAh
充電 有線充電:40W(10V/4A)
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Honor Play 4 Pro

スペック表に関する免責事項

Honor Play 4 Proの発売時期と価格

Honor Play 4 Proの発売時期は6月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:2,899元(約45,000円)
  • メモリ8GB/容量128GB/赤外線温度測定搭載モデル:2,999元(約46,500円)

Honor Play 4 Proの性能をチェック!

Honor Play 4 Proは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Honor Play 4 Pro(Kirin 990)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだHonor Play 4 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Kirin 990」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Kirin 990の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):457,000点
  • ゲーム性能(GPU):159,400点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/28更新]

Honor Play 4 Proの対応バンドをチェック!

Honor Play 4 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Honor Play 4 Proのドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NRのうちSub6のn78・n79に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

Honor Play 4 Proのソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

Honor Play 4 Proのau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NRのうちSub6のn77・n78に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

Honor Play 4 Proの楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルが提供する5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

Honor Play 4 Proの特徴をピックアップ!

本体カラーはブラック系・ホワイト系・ブルー系の3色展開!

Honor Play 4 Pro

ブルー系カラーはカラーリングがゲーミングスマホのようなSFチックな外観になっているのが特徴的です!非常に遊び心を感じられるデザインは個性的で、所有満足度をバッチリ満たしてくれそう!

ブラックとホワイトは各々にグラデーションカラーが差し込まれており、ブラックはブルーが、ホワイトはパープルに角度によって変化するルックスになっております!見ていて楽しいルックスはHonor Play 4 Proの醍醐味といえるでしょう!

Kirin 990搭載!メモリは8GB、ストレージは128GB!

Honor Play 4 Pro

Honor Play 4 Proの心臓部であるSoCはハイエンド級のKirin 990を搭載!メモリ容量は8GB、ストレージは128GBとなっており、バリエーションは1つのみになります。

SoCの性能は最上級のハイエンドクラス!そのため普段使いはもちろん、重量級のFPSゲームも高画質で遊べる満足なスペックとなっております!5Gにも対応しており、高い性能から数年は安心して使えそうです!

ただしストレージは128GBとハイエンドにしては控えめな印象っす。MicroSDも非対応なので、容量には若干不安が残るかもしれません。

6.57インチの大画面ディスプレイを搭載!

Honor Play 4 Pro

Honor Play 4 Proのディスプレイは6.57インチのディスプレイを搭載。解像度は2,400×1,080(FHD+)となっています。

ディスプレイ形状はベゼルレスで上下左右のベゼルがほとんど無く、画面占有率もたっぷり広くなっております!また片側パンチホール画面なのと6.57インチと大画面なのでゲームプレイも動画視聴もバッチリ迫力ある画面なのが魅力的です!

リアカメラは4,000万画素のカメラをメインとした、珍しいデュアル構成!

Honor Play 4 Pro

Honor Play 4 Proには4,000万画素(メインカメラ)+800万画素(望遠カメラ)のデュアルカメラ構成が搭載されております。今どきデュアルとは逆に珍しい印象です!

▼サブカメラには800万画素の望遠カメラを搭載しております!劣化の少ない光学ズームは3倍まで対応しており、遠くの被写体もキレーイに撮影できるのがウリとなっております!近づくと逃げちゃう動物撮影で役立ちますよ(筆者談)。↓

Honor Play 4 Pro

▼またインカメラも珍しいデュアルカメラ搭載となっており、超広角カメラを搭載しております!自撮りシーンでは友達との撮影もお手の物!背景を多く写したい旅先の自撮りもこなせる便利なインカメなんです。↓

Honor Play 4 Pro

40Wの超急速充電対応。バッテリーは4,200mAh!

Honor Play 4 Pro

Honor Play 4 Proは40Wの超急速充電に対応しています。また、バッテリー容量は大きめな4,200mAhとなっています!

バッテリー容量は平均以上の大容量なので電池もちにも期待できます!さらに充電速度は非常に高速な40Wで、一般的な充電速度(5W)の8倍、最近普及してきた急速充電で多く見られる10W規格でもその4倍という凄まじい速度なんです!より少ない時間でより長く使えるので、ヘビーユーザーさんも満足行くスペックといえますね!

(上位版のみ)赤外線で体温を測れる!スマホ初のギミック搭載

▼Honor Play 4 Proなんですが、なんと上位版には赤外線測定装置がカメラユニット内に搭載されており、これで接触せずとも温度を測定できるんだそうです!精度も高く、誤差も±0.1°以内と性能も確かだそうです!ただ、非接触型ではあるものの、画像ではほとんど密着しているように見える(´・ω・`)↓

Honor Play 4 Pro

▼コロナウイルスで体温測定など健康管理が重要視される中で、体温計を持ち運ばずとも体温測定できるのは便利ですね!変態的ながら精度が良ければ実用性はバッチリといえそうです!↓

Honor Play 4 Pro

なお、Honor Play 4 Proはバリエーションが体温測定機能搭載モデルと非搭載モデルで分かれているので、購入時は間違えないように注意しましょう!メモリと容量はどちらも同一となります。

Honor Play 4 Proまとめ!カメラと体温測定用で割り切れば面白そう

Honor Play 4 Pro

Honor Play 4 ProはGoogleサービスが非搭載なので、YouTubeやGoogle Playストアが使えないのが大きなネックとなります。そのため使っていたアプリも使うことができなくなったりと大幅な制約を食らうのがツラいところ。

Honor Play 4 Proはカメラ性能が高く、また体温を測定できる機能性が面白いポイントですね!性能もハイエンドなので3DのFPSゲームもサクサクこなしてくれるのが魅力的となります!これでGMS搭載だったらなお良かったんだけどなぁ(´・ω・`)。そのため使うアプリや用途を割り切ってから購入することをおすすめします。

価格ですが、体温測定機能の搭載モデルは2,999元(約46,500円)で、非搭載モデルが2,899元(約45,000円)となります!独自機能を搭載したハイエンドスマホながらなかなかコスパも良く、色々と気になる1台です!ハイエンドスマホではなかなかダークホースな存在となりそうで面白いですね。

Honor Play 4 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではHonor Play 4 Proをお得に手に入れるために情報をまとめています!

Honor Play 4 Proの割引クーポン・セール一覧

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォローを宜しくお願いいたします!

Honor Play 4 Proの公式サイト

Honor Play 4 Proの公式サイトは以下です!

ページトップへ