HOTWAV Cyber X / X Proのスペック・対応バンドまとめ!背面ディスプレイ搭載のタフネススマホ

HOTWAV Cyber X / X Pro」が発表されたので特徴とスペックの詳細・対応バンドをまとめました!

HOTWAV Cyber X / X Proの特徴

HOTWAV Cyber X / X Proの特徴は以下の通り!

HOTWAV Cyber X / X Proのハイライト

  • ミドルレンジ中位クラスのスペック
  • 無印とPro版とで異なる見た目
  • 90Hz表示対応ディスプレイ
  • 無印は6400万、Pro版は1億画素メインの3カメラ構成
  • 10,200mAhバッテリー搭載
  • 背面ディスプレイ搭載

▼外観デザインはイカにも頑丈なタフネススマホってスタイルですね。カラーはそれぞれ1色ずつで、左のX字模様があるのがHOTWAV Cyber X」、右が上位版のHOTWAV Cyber X Proです。↓

グレードが存在するスマホって無印が鮮やかだったり華やかな見た目で、上位版がシンプルで無骨になる、という現象がありますが、HOTWAV Cyber X / X Proもそんな感じになってますね。

あとカメラの横にアナログ時計がありますが、これは後述するサブディスプレイとなっていますよ!イカついながらもテクノロジー感ありまくりな雰囲気が非常に独特ですね(`・ω・´)。

advertisement

▼あと見た目通りの頑丈さを持っており、IP69Kの完全防水+お湯への耐性も持ち合わせ、またMIL-STD-810G等級を取得しています。↓

最近ではより等級が新しいMIL-STD-810Hが主流になっているんですが、HOTWAV Cyber X / X Proはひとつ古いGとなっていますね。これは後述する背面ディスプレイを搭載しているからなのかもしれん。

▼SoCはMediaTek Helio G99を搭載!AnTuTuスコア33万点クラスと高く普段使いにおいて快適クラス!重いゲームは基本厳しいものの画質を落とせば動かせる、といった性能帯。↓

個人的にはSnapdragon 695とかUNISOC T6xxシリーズとか‥そういう使い潰されているようなSoCでないのも嬉しかったり。

なお搭載メモリ(RAM)にも違いはあり、無印モデルのHOTWAV Cyber Xは8GB、上位版のHOTWAV Cyber X Proが12GBとなっています。

▼Helio G99がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Helio G99のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

▼ディスプレイは6.78インチで解像度は2,460×1,080のFHD+クラスとなっています。また最大90Hzの高リフレッシュレートにも対応!↓

タフネススマホでは60Hz止まりのものはまだまだ多いのですが、HOTWAV Cyber X / X Proはそれよりも高い90Hzに対応なので、それらよりスムーズなスクロール、指の追従性の良さが魅力ともいえます。

▼カメラはメイン+超広角+補助のトリプル構成となっています。メインカメラ画素数がグレードで異なり、無印のHOTWAV Cyber X / X Proは6,400万画素、上位版のHOTWAV Cyber Xが1億800万画素、となっています。↓

個人的に画素数はあんまり重視していないので全然無印でも良いかなってなってる。これに望遠とかマクロとかなんか別のもついてたりセンサーサイズがデカかったら良かったんですがね。1/2.3インチは微妙すぎる。タフネスだし仕方ないのでしょうけど‥

▼バッテリー容量はなんと10,200mAhと、大抵のスマホの2倍以上ものバカでかい容量を搭載しているのが魅力ですね(`・ω・´)。電池持ちの鬼。動画視聴も最長30時間もできるんだそうです。↓

▼最大33Wの急速充電も対応!大容量バッテリーだと充電に時間もかかるんですがその弱点もカバー済み。37分で50%、1時間38分で満充電ができるようになっていますよ!↓

▼そしてHOTWAV Cyber X / X Pro一番の特徴なのが背面LEDディスプレイ搭載!時計や着信通知などの表示に対応しています!↓

背面に搭載なので実用性があるかはわからんのですが、少なくとも普通のスマホには絶対ないようなシロモノなので間違いなく使ってて楽しめそう。こういう変態ギミック搭載の機種ってマジで最近少ないですから尚更。

HOTWAV Cyber Xのネットショップの価格は以下の通り。

  • メモリ8GB/容量256GB:179.99(約2.5万円)

HOTWAV Cyber X Proのネットショップの価格は以下の通り。

  • メモリ12GB/容量256GB:209.99(約3万円)

頑丈で大容量バッテリー搭載というタフネススマホは結構多いんですが、HOTWAV Cyber X / X Proはその中でも「背面ディスプレイ搭載」「性能高めのHelio G99搭載」「最大90Hzリフレッシュレートに対応」という点が特徴!

タフネススマホは好きだけど普通のでは物足りない、という方に良さそうですね(`・ω・´)。そもそもタフネス自体がサブスマホにうってつけで、しかも2~3万円というなかなかリーズナブルな価格設定ってのもGood。なかなか魅力的に思えます。

■HOTWAV Cyber X■
初出荷時価格→179.99ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

■HOTWAV Cyber X Pro■
初出荷時価格→209.99ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

advertisement

HOTWAV Cyber X / X Proのスペック・仕様

HOTWAV Cyber X / X Proは2023年6月発売のAndroidスマートフォンです。

製品情報
端末名 HOTWAV Cyber X / X Pro
発売年 2023年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド HOTWAV
備考 HOTWAV Cyber X
HOTWAV Cyber X Pro
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
CDMA2000:BC0 / BC1 / BC10
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B
TD-LTE:30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66
5G NR 非対応
Wi-Fi 対応
Bluetooth バージョン:5.0
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.78インチ
材質:非公表
画面占有率:非公表
形状:パンチホール(中央)
最大リフレッシュレート:90Hz
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:2,460×1,080(FHD+)
画面比率:20.5:9
画素密度 396ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 非公表
重さ 非公表
本体色 ブラック系
システム仕様
OS Android 13
CPU(SoC) MediaTek Helio G99
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約330,000
GPUスコア約69,000
(AnTuTu v9参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ ▼HOTWAV Cyber X↓
メモリ8GB+容量256GB

▼HOTWAV Cyber X Pro↓
メモリ12GB+容量256GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大2TB)
※片方のSIMスロットと共用
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ
①1億800万画素(メイン)
※HOTWAV Cyber Xは6,400万画素
②800万画素(超広角、120°)
③30万画素(補助カメラ)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:1/2.23(メイン)/X Pro
PXサイズ:非公表
インカメラ パンチホール式インカメラ
画素数:1,600万画素(メイン)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:対応
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:非公表
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP68/69K 防滴加工(P2i) 非公表
耐衝撃:MIL-STD-810
イヤホンジャック 非公表
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:非対応
その他機能 背面ディスプレイ
バッテリー
バッテリー容量 10,200mAh
充電 有線充電:33W
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【販売サイト】HOTWAV Cyber X / X Pro – AliExpress

スペック表に関する免責事項

SoCはHelio G99。メモリは8/12GB

HOTWAV Cyber X / X ProのSoCはHelio G99

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)はCyber Xが8GB、Cyber X Proが12GB、保存容量(ROM)は256GBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2023年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2023年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

MicroSDカード等のTFカードによる保存容量の拡張に対応しています。最大対応容量は2TBです。

HOTWAV Cyber X / X Pro(Helio G99)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだHOTWAV Cyber X / X Proの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでHelio G99の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

  • 総合スコア(CPU):約330,000
  • ゲーム性能(GPU):約69,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

HOTWAV Cyber X / X Proのカメラ

HOTWAV Cyber X / X Proの背面カメラは広角のメインカメラ(6,400万画素/Cyber X、1億800万画素/Cyber X Pro)、ワイド画角の超広角カメラ(800万画素)、補助カメラ(30万画素)の3眼構成です。

  • メインカメラ(6,400万画素/Cyber X、1億800万画素/Cyber X Pro)
  • 超広角カメラ(800万画素)
  • 補助カメラ(30万画素)

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(1,600万画素)のみの1眼構成です。

HOTWAV Cyber X / X Proのディスプレイ

HOTWAV Cyber X / X Proの画面はサイズが6.78インチ、解像度は2,460×1,080。画面形状はパンチホール(中央)となります。背面のサブディスプレイは0.96インチです

また高速表示に対応しており、リフレッシュレートは最大90Hzまで対応しております。

  • サイズ:6.78インチ
  • 解像度:2,460×1,080
  • サブディスプレイ:0.96インチ
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

HOTWAV Cyber X / X Proのサイズ・重量・カラー

HOTWAV Cyber X / X Proのサイズや重量は非公表となっています

カラーはブラックの1色展開です。

  • ブラック系

HOTWAV Cyber X / X Proの対応バンド

HOTWAV Cyber X / X Proは海外モデルなので技適に関してはご留意下さい。

以下はカタログスペック上の対応バンドとなります。実際にそのバンドで通信できるかはキャリア・住環境・ソフトウェア等によります。

advertisement

docomo回線の電波バンド対応状況

HOTWAV Cyber X / X Proはドコモ回線の4Gで重要なバンド1・3・19に対応しています。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz)

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

HOTWAV Cyber X / X Proはソフトバンク回線の4Gで重要なバンド1・3・8に対応しています。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n3(転用5G NR/1.8GHz)重要
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz)

au回線の電波バンド対応状況

HOTWAV Cyber X / X Proはau回線の4Gで重要なバンド1・3・18・26に対応しています。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz)

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

HOTWAV Cyber X / X Proは楽天モバイル回線の4Gで重要なバンド3・18・26に対応しています。

▼月間20GBで3,278円、通話料は無料!↓

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz auローミング)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz)

HOTWAV Cyber X / X Proの価格・購入先

HOTWAV Cyber Xのネットショップの価格は以下の通り。

  • メモリ8GB/容量256GB:179.99(約2.5万円)

HOTWAV Cyber X Proのネットショップの価格は以下の通り。

  • メモリ12GB/容量256GB:209.99(約3万円)

■HOTWAV Cyber X■
初出荷時価格→179.99ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

■HOTWAV Cyber X Pro■
初出荷時価格→209.99ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

ページトップへ