1100-150 Xiaomi 14

価格破壊な「Innocn 27M2V」レビュー!4K/160Hz対応のMiniLEDディスプレイ!

4K!160Hz!HDR1000!1152分割のバックライト!これ、今まで25〜30万円してたスペックなんだけど、「Innocn 27M2V」はイキナリ12万円ちょいだなんて価格破壊すぎぃ!

実は海外でも超ハイコスパって感じで話題になってたんですが、なんと日本上陸!触る機会を頂いたのでレビューをお届けします!

気にいった点

  • 恐ろしいレベルでコスパがズバ抜けている!
  • MiniLEDは1152分割で本物のHDRを体験できる!
  • 4K解像度でありながら160Hzの高リフレッシュレートに対応!
  • USBハブ機能を搭載した!
  • ゲーミングディスプレイとしてもトップクラス!

気になった点

  • 好みの分かれるゲーミングデザイン!
  • HDR視聴時の設定が複雑で面倒!
  • スピーカーの音がチープ!

Innocn 27M2Vが欲しくなった理由

Innocn 27M2Vが欲しくなっちゃった理由は

  • 4Kでゲームしたい
  • 高リフレッシュレートじゃなきゃ嫌
  • 高分割のローカルディミングを体験したい
  • 仕事とゲームのディスプレイを1つにしたい

普段はゲーム用にFHD/240Hzのディスプレイを使ってたんですが、以前レビューで体験した4Kでプレイするゲームの映像美が頭から離れず、「いつかは僕も・・・」という思いが日に日に募ってました。

また、仕事用と映像鑑賞用のディスプレイは以前貰ったInnocn M2Uを使用中。仕事で使える正確な色と4K解像度に加え、MiniLEDの鮮やかな色とローカルディミング、HDR1000対応による美しい映像美にも大満足。

でも、「仕事用とゲーム用のディスプレイが1台になれば」と思うようになってきたのです。なんて僕は欲深いんだろうか。。。

そんなことを思ってた時にドンピシャでドカンとリリースされたのがInnocn 27M2Vってわけです。

レビュー用のサンプル評価機を触っていたらあまりのコスパの高さに物欲が刺激されまくり、気がつけばプライベート用に自腹で一台買ってました(笑)

やっと筐体デザインと中身が釣り合った

デザインは以前レビューしたInnocn M2Uとほぼ同じ。直線的な近未来感漂うフォルムでピカピカ光るライディング機能(消すこともできるよ!)も搭載しています。

▼このデザインは好き?↓

価格の割に筐体の質感は結構チープですね。Innocn M2Uと同じ外装っぽいです。あと、外装は塗装なのかな?普段はモニター横にホワイトのスピーカー置いてるんですが、擦れてシルバーの色が付着してました。

Innocn M2Uはどちらかと言えば映像視聴機って感じの仕様でしたが、Innocn 27M2Vは高リフレッシュレートに対応したことでガチゲーミング仕様に。ようやくデザインと仕様が釣り合った印象です。

もちろんスタンドは上下の高さ、左右の回転、ピボット機能など充実。スタンドを取り外せばVESA100規格のネジ穴もあるんでモニターアームも使えますよ!

▼モニターアームはこれがガチでオススメ。↓

USBハブ機能が搭載された

Innocn M2Uから「ここ変わって便利になったな」と感じたのはUSBハブ機能

Innocn M2U同様にUSB-CでMacBook Proと接続できるんですが、USB機能を備えたことでInnocn 27M2Vに接続したカードリーダーや外付けSSDなんかもケーブル一本で接続できるドッグ的な使い方が出来るようになったんです。

▼ちなみにUSBポートは2つ搭載していて、USB-CでMacBook Proに接続したら充電、映像出力、USBポート機能をケーブル1本で使えました。↓

ただ、僕みたいにMacBook ProをUSB-Cで接続、WindowsをDPで接続して切り替えながら使う場合、映像出力をUSB-C→DPへ切り替えたタイミングでUSB-Cのハブ機能が切断され警告(ストレージ外す前にマウントはずせ!的なやつ)が出るので注意!

圧倒的にハロー現象が少なくなった!

Innocn 27M2VはMiniLEDを搭載。

これはInnocn M2Uと同じなんですけど、バックライトが約3倍の1152分割に。これにより、より細かくバックライトの明るさを調整可能となり、明暗差あるシーンで映像表現が劇的に向上しちゃってます!

▼デフォルトでは画面全体を照らす設定になってるんで、設定からローカルディミングをオンにするのをお忘れなく。↓

画面全体を照らすデフォルト状態だと黒色がグレーっぽくなるんですが、ローカルディミングをオンにするとちゃんと黒色が表現できてる!

▼左がローカルディミングオフ、右がオン。↓

とは言え、有機ELのようにドット単位で点灯・消灯ができるわけではないので、ハロー現象が気になるかな?と思ってたんですが、映画などの映像系コンテンツは動きがあるので全く気にならないレベルでした!

動画以外はローカルディミングはオフが良い!

Innocn 27M2Vのローカルディミングは分割数が多くなり、Innocn M2Uよりも圧倒的にハロー現象が少なくなりましたが、ちょっと気になる点が。

WEBブラウジングしてたときに気がついたんですが、「白色」が少し暗くなるんです。これが違和感半端ない。

▼左がローカルディミングオン、右がオフ。↓

ってことでWEBブラウジングや画像や動画の製作時にはローカルディミングをオフったほうが良さげかなって感じです。

本物のHDR映像体験ができる!

画面の輝度を100%にすると明るすぎるんで僕は50%くらいで使ってるんですけど、HDR映像の再生では画面全体がビカッ!って光るシーンだったり頭を貫く閃光のようなスポット光を体験できます。スゲェ。。。

あとローカルディミングにより暗転時のスッと部屋が真っ暗になる感じなんか有機ELかよってレベルっす。

▼ちなみに今回は天気の子をPS5で再生してました。HDRの美しい映像も体験出来るのでオススメっす!↓

ちなみにゲームではHDRに対応するサイバーパンク2077をプレイしてみたんですが、強い光は太陽を見たときに目をそらしたくなるあの感じを体験できました。ちょっと輝度強すぎんかこれ(笑)

相変わらずHDR設定の儀式が面倒くさい!

Innocn M2Uのレビュー時にHDR設定の儀式が面倒だとお伝えしていまして、Innocn 27M2Vは改善されてるのかな?と確認したら引き続き面倒くさい仕様でした。

こんな感じ。

  1. PCのディスプレイ設定でHDRをオンにする
  2. ディスプレイの輝度を調整する
  3. ディスプレイのローカルディミング機能をオンにする
  4. Innocn 27M2VのHDRをオンにする

この順番が大事で、例えば④のInnocn 27M2VのHDRを先にオンにしちゃうと②や③がグレーアウトして設定できなくなっちゃいます。

モノによってはHDR映像を選択すると自動でディスプレイがHDRモードに変わったりするんですけど、コイツは手動…。相当面倒な儀式なんで今回もダメ出し部分となってしまいました。なんとかしてくれ〜!

4K/160Hzのガチ系ゲーミングモニター仕様!

Innocn 27M2Vといえば4Kでありながら160Hzの高リフレッシュレートに対応。これまで多くの4Kゲーミングモニターは144Hzってのが多かったので、ゲーミングモニターとしてもビックリ仕様って訳です。

▼早速4K/160HzでAPEXをプレイ。精細感がグッと向上しました。↓

写真では分かりづらいですが、この映像を肉眼で見ちゃうともうFHDには戻れないってレベル。FHDでは満足できない身体になっちゃったよ。。。

これまでFHD/240HzのLG 27GP750-B(これもめちゃ良いよ!)を使ってたんですが、前に伝えてたとおり僕は160Hzを超えるとリフレッシュレートの差が体感できなかったんで、240Hz→160Hzに下がってもやっぱり何にも違いは分からなかったです(笑)まあプロだと違いが分かるかと思いますが!

ちなみに4K/160Hzを維持するにはPCもハイパワーじゃないと駄目です!僕の持ってるメインPCはCPUがRyzen 9 5900XでグラボがRTX3080Tiなんで割とハイパワーなんですけど、それでもAPEXでは映像クオリティーを調整してようやく4Kで160FPS張り付きって感じでした!

スピーカーはもう少し高音質だったら良かった

Innocn 27M2Vはスピーカーを内蔵しているんで、PCやゲーム機の音を鳴らせるんですけど、正直音質はチープ。音量自体は結構大きめなんですが、低音はあまりならないし、やや籠もってる感じ。

たぶん、外装と同じようにスピーカーもコストかけられなかったんじゃないかな?って感じたところですね。

▼映画やゲームを楽しむならこの音質じゃ物足りない!ってことで、僕はこれを買いました!Innocn 27M2Vは3.5mmジャックも付いてるので簡単に接続できます!音質はそんなによくありません!(笑)↓

Innocn 27M2Vのレビューまとめ

価格が12万円を超えるので価格だけ見るとビックリするんですが、ディスプレイマニア界隈だとこの価格を見たらヒックリ返るほどインパクトあるハイコスパです。価格破壊も限度ってものがあるだろ!って感じ。

しかもゲーミング用途でも最高峰となる4K/160Hzにまで対応しちゃってる。正直凄すぎます。最近のゲームはHDRで遊べるので、高解像度+高リフレッシュレート+HDRでワンランクもツーランクも上質なゲーム体験ができますよ!

また、有機ELに匹敵するような映像美でありながら有機ELと違って焼付きがないのは液晶の良いところっすよね〜。

Innocn 27M2Vは個人的にガチでオススメしたいなと思ったモニターです。ちなみに、あまりにもハイコスパ過ぎて初回発売直後に在庫が瞬殺。欲しい方は在庫があれば速攻ポチッりましょう。このご時世いつ価格変動で高くなるかも分かるませんからね。。

Innocn 27M2Vの購入先まとめ!

ページトップへ