iPad Pro 2020が登場!妥協を許さないプロ向けタブレット!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

iPad Pro 2020

とうとう来ました!タブレットでは孤高の存在であるiPad Proに新型が登場!2020年モデルはデザインはキープコンセプトながらも処理性能・スペックはグンと上がっています!

iPad Pro 2020の特徴

IPad Pro 2018と比べてiPad Pro 2020の進化した特徴は以下の通り

  • SoCはA12Z Bionic
  • 1,200万画素+1,000万画素のデュアルカメラ+LiDARスキャナ搭載!
  • ストレージの最小容量が128GBからに!
  • Wi-Fi 6に対応

SoCはA12Z Bionic!

iPad Pro 2020の心臓部であるSoCにはA12Z Bionicを搭載!iPad Pro 2018にはA12X Bionicが搭載されているので、A12Z BionicはA12X Bionicの改良版だと思われます。

A12X BionicでもタブレットどころかほとんどのノートPC相手でも向かう所敵なしの性能を誇っていたんで、A12Z Bionicでの更なる性能の高みに期待したいところです!

1,200万画素+1,000万画素のデュアルカメラ+LiDARスキャナ搭載!

iPad Pro 2020は1,200万画素+1,000万画素のデュアルカメラに加え、LiDARスキャナを搭載!なお、カメラの組み合わせは広角:1,200万画素(F値:1.8)+1,000万画素(超広角)となっています。

今回初の登場となるLiDARスキャナは、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出すセンサーで、NASAが使用する次世代技術とのこと。LiDARスキャナ搭載によりARがさらに快適に動作できると予想されますよ!

ストレージの最小容量が128GBからに!

地味ながら大きな変更点がストレージ容量。iPad Pro 2018の最小ストレージ容量は64GBだったんですが、iPad Pro 2020から128GBへと倍増。それ以外の容量は変更ナシなので、プロがガツガツ使う分には関係ありませんが、少ない出費でiPad Proが欲しい方にはかなり嬉しい変更点ではないでしょうか。

Wi-Fi 6に対応

iPad Pro 2020は通信面でも進化しています。なんと、次世代インターネット通信規格であるWi-Fi 6(802.11ax)に対応し、通信速度や通信品質の向上を果たしています。もちろんWi-FiルーターもWi-Fi 6に対応していないと使用できませんので、iPad Proの購入を検討されている古いWi-Fiルーターをお使いの方はiPad Proと併せてWi-Fiルーターの買い替えも考えたほうがいいかもしれません!

新しいMagic Keyboardもリリース!

▼今までもApple純正のケース型キーボードは出ていましたが今回新しくリリースされた「Magic Keyboard」はなんとトラックパッドつき!しかもヒンジに当たる部分にUSB-Type CポートがついていてiPad Pro本体の充電も可能!↓

iPad Pro 2020

お値段は11インチ用が税別31,800円、12.9インチ用だと37,800円。ちなみに10.2インチの無印iPad(32GBモデル)の価格が34,800円です。まさにApple価格!

キーボードのタッチはともかく初めて採用されるトラックパッドの操作性がiPad Proとどう馴染むかは気になるところ。Magic Keyboardは5月から発売との事です。

カラーリングは2色!

iPad Pro 2020のカラーリングはシルバー、スペースグレイの2色展開になっています!

▼シルバー↓

iPad Pro 2020

▼スペースグレイ↓

iPad Pro 2020

発売は2020年3月25日!

発売日は2020年3月25日となっています。価格は以下の通り。全て税抜き表示となります!

11インチiPad Pro

  • 128GB:84,800円
  • 256GB:95,800円
  • 512GB:117,800円
  • 1TB:139,800円

12.9インチiPad Pro

  • 128GB:104,800円
  • 256GB:115,800円
  • 512GB:137,800円
  • 1TB:159,800円

iPad Pro 2020は元々性能の高かったiPad Pro 2018からさらに磨き上げた名実ともにProに相応しいiPadに仕上がっています。タブレットで妥協したくない方は必見ですよ!

ガルマックスでも詳しい仕様の紹介を行う予定です。公開したらTwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ