1100-150 Xiaomi 14

有機ELディスプレイ搭載のMacBook AirとiPad Proが2024年に登場するかも?

MacBook Air iPad Pro OLED

有機ELディスプレイを搭載したMacBookとiPad Proがリリースされる可能性が高まっているようです。詳細は以下より。

2024年に有機ELディスプレイ搭載のMacBookとiPad Proがリリースされるかも?

DSCC(ディスプレイ業界に関連したコンサルティング会社)のCEOであるRoss Young氏が発表した有機ELディスプレイ搭載のMacBookとiPad Proに関するレポートを海外メディアの9to5Macが紹介しています。

そのレポートに書かれた情報は以下の模様。

  • Appleが2024年に11インチと12.9インチ有機ELディスプレイ搭載iPad Proの他に13.3インチの有機ELディスプレイ搭載MacBookが発売される可能性が高まってきている
  • 有機EL搭載のMacBookはMacBook Airになると予想しているが、登場すると予想されている2024年に近づくにしたがって、MacBookやMacBook Pro、新しいカテゴリのモデルの搭載へと変更される可能性がある

また、有機ELディスプレイ搭載のiPad ProとMacBook Airは、「タンデムスタック」と呼ばれる技術を採用することで、輝度の向上、ディスプレイの長寿命化、消費電力の約30%削減が可能になると言われているとのこと。

さらに、Appleが使用する有機ELディスプレイは、電力効率を最大限に高めるために可変リフレッシュレートディスプレイを採用するとも言われています。

有機ELディスプレイはMacBook AirよりもMacBook Pro搭載の方が対象ユーザー的に向いているかも

iPhone 12シリーズからSEを除いて通常モデルでも採用されることとなった有機ELディスプレイですが、MacやiPadでは未だに採用例は無く、iPhoneに遅れをとっている状況になっています。

筆者個人の感想ですが、現行iPadシリーズのディスプレイでも十分高品質ですので、有機ELでなくとも十分映像を楽しめており、あまり不満は感じていないんですよね。とはいえ、有機ELならではの優秀な色表現も魅力的なんですよね〜。

有機ELディスプレイ搭載iPhoneの色傾向は「鮮やかさ重視」というよりも「原色重視」のチューニングですので、iPadやMacに搭載される際はAirよりもProの方が向いているんじゃないかな?と思ったり。

また、Appleは「輝度が向上し、焼き付きが発生しない」というミニLEDと有機ELのいいとこ取りをしたような仕様のマイクロLEDディスプレイ技術にも投資しているとのことで、最終的にはマイクロLEDへと移行する流れなのかもしれないですね。

ページトップへ