▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Nano Easy Umbrellaを実際に使ってみた。良かった点や不満点

Nano Easy Umbrella

先日、先行レビューで公開した「Nano Easy Umbrella」。折りたたみやすさにフォーカスした新世代の折りたたみ傘でしたが、あいにく晴天が続き実際に利用が出来ていないとレビュー記事に書いておりました。が、遂に実際の雨天で使うことが出来ました!

8月7日から北海道は小樽へ旅行に行ったのですが、曰く付きの雨男(僕)と雨女(妻)である僕たちが小樽に行くと見事に土砂降り!こりゃ良い!とガンガンNano Easy Umbrellaを使ってきました!観光地で実利用が出来て良い部分や不満点なども見えたので共有しておきます!

北海道は小樽に到着。いざ観光!と思った瞬間に土砂降り

運河で跳ね返る雨水から土砂降り感が伝わるはず(笑)

8月7日に名古屋から飛行機に乗ってビューンと北海道は千歳空港に。当日はフラフラしながら移動したので11時間もかかり旅館についたのは夜の10時。明日の観光に備え到着早々に風呂を済ませて就寝。

そして、翌日の観光日。もう既にぱらついているんですよ。雨が。

そう言えば旅行時に撮影した写真っていつも傘さしているなぁと思っていたんですが、僕たち夫婦はこれまで国内外での旅行で9割以上が雨。やっぱり雨だ!と笑いながら小樽観光へ(笑)

ちなみにパラついていた雨は午後には土砂降りで現地の方も「こんなに振るなんて久しぶり」とか行ってました・・・(笑)

でも、今回はNano Easy Umbrellaを持っているから僕としてはラッキー。もちろん、メインは観光ですから検証で動き回るのではなく、普通に観光しながら使い倒しました!

折りたたみやすいNano Easy Umbrellaは雨天の観光で驚異的な使いやすさを発揮

Nano Easy Umbrella

旅行って余裕を持ってスケジュール組むんで当日の天気は予測出来ないことが多いんですが、観光日に雨が降っても楽しみたいじゃないですか。

観光地ではお土産屋さんや飲食店など様々なショップに出入りすることが多いんですが、折りたたみやすいNano Easy Umbrellaはめちゃくちゃ重宝しました。

最終的には妻が使っていた普通の傘よりも速く畳む事ができるくらいに極めちゃったんで、折りたたみ傘とは思えない速度をみて妻も「私の傘より畳むのはやくてビックリ」とNano Easy Umbrellaみつめながら、私も欲しいと言い出す始末。

観光ストリートでは雨天時に幾度となく開いたり閉じたりする傘ですが、Nano Easy Umbrellaならビックリするくらい畳みやすいので観光用としても相性抜群。

店内に持ち込めるから紛失リスクが少ない

傘を店内に持ち込めないショップも多いんです。(特に小樽はガラス製品が有名で傘を持ち込めないショップが多い)

店先の傘立てにはおびただしい数の傘が突っ込まれており、ビニール傘も多く紛失リスクも高いんですが、折りたたみ傘ならビニール袋に放り込んでカバンに放り込めば勿論持ち込み出来ます。観光地で傘を紛失する(間違えて誰かがもっていってしまう)リスクってあるんですが、簡単に折り畳めるNano Easy Umbrellaはここでも威力を発揮ですね。

Nano Easy Umbrellaは簡単に折り畳めるだけでなくキレイに畳むことができるんで、ビニール袋に入れても嵩張らず、サクッとカバンに収納できちゃうんです。

撥水性は利用方法によりイマイチと感じることも。別途撥水スプレーなどを利用したほうが良い

レビュー製作時はあいにく雨天ではなかったので、レビュー記事に書いているように傘に水をかけて撥水性を確かめてました。この時はしっかり水玉になり転がり落ちていたので、撥水性能がいつまで持続するか長期的に利用して確かめたいと締めくくっていたのですが・・・。

▼どうやら長時間の強い雨にさらされ何度も畳んだり開いたりした結果、僕の思っていた撥水性能は維持されませんでした。こんな感じで雨が染み込んでしまってます。↓

Nano Easy Umbrella

なぜこのように雨が染み込んでしまったのか原因を探るために振り返ると・・・開けたり閉じたりを繰り返した使い方が原因ではないかと。

確かに傘を使い始めた時はコロコロと雨が転がっていたんですが、雨で濡れた傘は100%傘から水分が転がり落ちるわけでは無く、残った雨水が閉じた状態で密着して染み込み撥水性能が維持できなくなったのでしょう。ちなみにしっかり傘を乾かしたら撥水性能は元に戻りました。

出来るだけ傘を閉じる時は雨水をふるい落としたほうが良いわけですが、Nano Easy Umbrellaだけの撥水性では物足りなかったことから、市販の撥水スプレーを塗り込もうかと思ってます。これ、かなり効果的なんですよね〜。皆さんも傘の撥水性が悪くなってきたと感じたら試してみて下さい!

Nano Easy Umbrellaを実際に利用してみての所感

ようやく実利用ができた訳ですが、所感としてはレビューでも書いた通り「良い傘だな」という印象から変わりません。撥水性に関しては利用シーンにも左右されますから、長く愛用するためにしっかりメンテナンスして大切に使い続けたいと思います!

折りたたみ傘の利点であるコンパクトなサイズ、そして圧倒的に折りたたみやすい構造で旅行との相性は抜群に良かったです!

是非、Nano Easy Umbrellaのレビューもチェックしてみて下さいね!

Nano Easy Umbrellaの先行レビュー。「折りたたみやすさ」が特徴の晴雨兼用の折りたたみ傘

▼Nano Easy Umbrellaは記事公開時点の2019年8月6日時点でクラウドファンディングサイトMakuakeにて支援可能期間は残り24日です。早期支援は割引価格でNano Easy Umbrellaを手にすることが出来るので、検討されている方はMakuakeにて早めに支援しておきましょう。↓

Nano Easy Umbrella

Nano Easy Umbrellaの支援先は以下からどうぞ

ページトップへ