ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OnePlus 7Tのファーストインプレッション。お手頃価格でプレミアムな体験ができるスマホ

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

OnePlus 7T

▼OnePlus 7Tの実機レビューを公開しました!↓

OnePlus 7Tのレビュー!実機を使って気になった・気にいったポイントまとめ!

海外スマホで爆発的な人気を誇るOnePlusシリーズ。その中でもお手軽価格で手に入りプレミアム要素を満載した「OnePlus 7T」を購入。

ガルマックスは価格より手元に届くスピード重視だったので結構なお値段だったのだけど、様々なネットショップで割引合戦が始まっているので皆さんはガルマックスの割引情報をチェックして安価に手に入れて下さい!500ドル前後だとすんごく安いっす!

▼以下でOnePlus 7Tや上位モデルのOnePlus 7T Proの割引情報を配信中です!↓

OnePlus 7T、OnePlus 7T Proの割引クーポン配布開始!思ってたよりも安かった!

OnePlus 7T ProじゃなくてOnePlus 7Tを購入した理由

OnePlus 7Tシリーズは、僕の持っているOnePlus 7Tの標準モデルと上位モデルのOnePlus 7T Proの2モデルが展開されているわけですが、以下の理由でOnePlus 7Tを購入

  • 基本的にパフォーマンスが変わらない(SoC一緒)
  • 解像度は違うけど、OnePlus 7Tでも画素密度は十二分に高精細
  • カメラ構成が一緒(望遠のみ7Tが2倍、7T Proが3倍だけど、通常、超広角、望遠の3つを利用できることには変わらない)
  • OnePlus 7Tがとんでもなく安い(割引クーポン使ったらね)

こんなところ。

OnePlus 7Tはノッチ型で7T Proはポップアップ式インカメラなど細かな違いはもちろんあるんだけど、コスパを求めるなら確実にOnePlus 7T。と言うわけで、今回のOnePlus最新モデルはProよりも標準モデルのOnePlus 7Tがコスパを求めるなら狙い目。

購入したのはOnePlus 7TのHD1900ってやつ

OnePlus 7T

HD1900についてちょっと調べてから購入したんですが、既出の情報でHD1900は中国モデルみたいで、中国モデル購入してグローバルOSのOxygen OSに入れ替えるのも記事化するぞー!って思ってんたんですが、届いたOnePlus 7Tは既にOxygen OSが入っておりました。

僕はETORENで購入したんですけど、パッケージは思いっきり中国語。封は切られてなかったんですが、封シールは簡単にはがせるようなものだったので、もしかしたらOxygen OSに載せ替えたグローバルROMモデルかも。

一応、OnePlus製品なんですが、OSは中国市場向けモデルのH2OSとグローバル向けのOxygen OSの2つがありまして、OnePlus 6でOS入れ替えたときにもお話したんですが、公式でグローバルOSを配布しているんで簡単にグローバルバージョンに切り替えが可能なんですよね。届いたOnePlus 7TのROMも「Oxygen OS 10.0.4 HD65BA」の公式のやつなんで、実質はグローバルバージョンみたいなもんです。

僕、H2OSからOxygen OSに切り替える手順を記事化したかったので、一旦H2OSに戻すかも(笑)

OnePlus 7T ファーストインプレッション

まだ手元に届いたばかりなので詳しいレビューは別途公開するとして、実機を初めて触った所感などをファーストインプレッションとして先行してお届けしちゃいます!

パッケージから漂う高級感。満足度の高い付属品

▼パッケージはOnePlusのイメージカラーであるレッドボックス。パッケージを触った瞬間に「コイツは違うな」と感じる質感の高さを感じ取ることが出来るはず。↓

OnePlus 7T

▼付属品は以下の通り。書類系一式とステッカー、充電器(ロック用の穴なしだけど日本のコンセントで使えるやつ)、充電ケーブル、保護ケース、保護フィルム(貼付け済み)保護ケースはクリアタイプで本体カラーを活かせるのがGood↓

OnePlus 7T OnePlus 7T OnePlus 7T OnePlus 7T OnePlus 7T

▼ちなみに僕はETORENで購入したんだけど、同じプラグに変換するアタッチメントが付属していました(笑)↓

OnePlus 7T

思わずニヤリとしてしまうデザイン性の高さ

OnePlus 7Tはとにかくデザインと質感が高くてビックリ。

▼今回は爽やかでイケメンな僕にぴったりなブルーをチョイス。まるで液体のよに流れる色合いは500ドルクラスで手に入るモデルの中ではトップクラスの質感。もはや、美しすぎてケースなど付けたくない!そう思ってしまうくらいに綺麗。↓

OnePlus 7T OnePlus 7T

完全日本語&Googleサービス対応

OnePlus 7Tの注意点なんですが、中国市場向けモデルのH2OS版と、いま手元にあるグローバル向けのOxygenOS版の2モデルが併売されてます。一応、中国モデルでも簡単にOSが切替可能で以下の記事で紹介している方法でOxygenOSに切り替えられるんですけど、この切替は自己責任となるので注意。

OnePlus 6Tの中国ROM版(H2OS)を日本語化してグローバルROM(OxygenOS)に変更する手順

▼で、グローバル向けOSであるOxygenOS版は、完全日本語対応。

OnePlus 7T

ちなみにOnePlusって日本市場では聞き慣れないかも知れませんが、現在、格安スマホで一世風靡しているOPPO Reno Aを投入するOPPOのハイブランドがOnePlusなのです。というわけで、OnePlus 7Tの日本語も隅々までローカライズされているので、使い心地は日本のスマホと大きく変わらないのです。これは海外スマホデビューにピッタリ。

実機レビュー!OPPO Reno Aの気にいった、気になったところ

デフォルトだとドコモ、ソフバン、ワイモバで通信できるけどauはダメ

OnePlus 7Tの対応バンドは豊富で、ドコモLTEフル対応、ソフバン・ワイモバフル対応、au VoLTE SIMフル対応なわけですが、今回もやはりauはデフォルト状態だと通話・データ通信共に不可。

↓デフォルト状態での検証結果↓

  • ドコモ:通話・データ通信OK
  • ソフトバンク格安SIM:通話・データ通信OK
  • ワイモバイルSIM単体プラン:通話:データ通信OK
  • au格安SIM:通話・データ通信不可

一応、テクニカルな方法でVoLTE開放して使えるようにする方法はあるみたいだけど、この当たりは基本ガルマックスは管轄外なので詳しく書いているメディアを参照したほうが良いっす。基本的にデフォルト状態で通信するためのAPN設定のみだとau回線は使えないんで注意して欲しいポイント。

プレミアムなハードウェア&ソフトウェア

ハードウェアは最新鋭のSnapdragon 855 Plusを搭載。これはゲーミングモデルに搭載されるハイエンド帯でもトップに君臨するSoC。

▼AnTuTu 8で測定したところ、実機でも恐ろしいほどのパフォーマンスが確認できました。ちなみにAnTuTuはバージョン8なので7とはスコア基準が異なることに注意。実機レビューではAnTuTu以外のベンチマーク結果も掲載するのでお楽しみに!↓

OnePlus 7T AnTuTu

安ければ500ドルを切ることもあるOnePlus 7T。この価格帯で現状最高峰であるSnapdragon 855 Plusのパフォーマンスを体感できるのはプレミアムなポイント。実機でも非常に滑らかな操作感を実感しています。

普段使いでははっきり言って確実に持て余す性能。高精細で美しいグラフィックをふんだんに取り入れるハイグレードゲームでも非常に快適なので、是非、ハイグレードゲームで最高の快適性を体験して頂きたいっす。ゲームもすこぶる快適。

その他、有機ELディスプレイ、トリプルカメラ、90Hz駆動パネル、画面内蔵指紋センサー、ステレオスピーカーなど、通常であれば1000ドルクラスのスマートフォンに搭載されるようなプレミアム要素も注目ポイントっす。

実機レビューではプレミアムな部分をグッと掘り下げてお届けしたいと思います!

トリプルカメラはサクッと撮影しただけで分かるクオリティの高さ

OnePlus 7Tは通常・超広角・ズームに対応するトリプルカメラを搭載。

▼カメラユニットは円形デザインで、カメラ3つとフラッシュライトを搭載してます。↓

OnePlus 7T

▼まだ、検証撮影を本格的に開始していないんだけど、試しにパシャっとラフに撮影してみたところ、たった数枚だけの撮影でも分かってしまうクオリティにビックリ。1枚目は通常のフルオート撮影、2枚目はフルマニュアルでの物撮り、3枚目は夕焼け。↓

OnePlus 7T OnePlus 7T OnePlus 7T

レビューでは色合い傾向、通常カメラ、超広角カメラ、ズーム時の画質変化(色合い)や、手ブレ補正の効き具合、夜景撮影などを盛り込みたいと思います!

ワイヤレス充電非対応はやっぱり残念。有線充電は速い

唯一、僕が残念に感じたのがワイヤレス充電に非対応ってところ。もちろん、ワイヤレス充電を一度も使ったことが無いって方なら特に気になるポイントでは無いんだけど、僕みたいにワイヤレス充電をがっつり使っている方はかなり気になるかも知れませんね。ここは残念。

一方で優先による充電はすんごく速い。一般的に超急速充電と言えば18Wクラスなんですが、OnePlus 7Tは30Wクラス。

▼届いたOnePlus 7Tは充電が40%位だったので付属の充電器で充電したところ凄く速い!短時間で多くのバッテリーを充電できるので、長時間ゲームをプレイする方も休憩中にガツッと充電できるのは利点。↓

OnePlus 7T

OnePlus 7Tの実機レビューは近日中に公開予定!

OnePlus 7T

既に実機の情報がちらほら出ており「OnePlus 7T凄い!」と話題になり始めてるんですが、ガルマックスもちょっと触っただけでクオリティの高さをヒシヒシ感じることが出来て同感。

デフォルト状態だとau回線利用者には厳しい部分があったり、ワイヤレス充電に非対応など個人的に「完璧」とまではいかないんですが、大多数の方は非常に満足度の高い仕上がりであることは間違いないっす。

まだまだ深く触る前のファーストインプレッションなんで、これから更に掘り下げてレビューをお届けしますね!記事公開時に通知を行っているTwitterFacebookをよかったらフォローしといて下さい!

▼OnePlus 7Tについて詳しく紹介している記事は以下!↓

OnePlus 7Tのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼OnePlus 7Tや上位モデルのOnePlus 7T Proの割引情報は以下!

[最安値]OnePlus 7Tの割引クーポン・セール・購入先まとめ[11/5更新]

ページトップへ