OnePlus 8Tのスペックまとめ!120Hz対応、65W充電、Snapdragon 865搭載で約7.9万円

名機OnePlus 7Tの正当後継モデルがついに登場!

Snapdragon 865搭載のハイエンドモデルであるOnePlus 8Tのスペックと特徴をチェックしてみましょう!美しいマットボディに120Hz表示対応、65W充電と全体的に進化を遂げており、満足度が非常に高そうな1台!

OnePlus 8Tのスペック(仕様表)

OnePlus 8Tは2020年10月に発売のOnePlusのAndroidスマートフォンです。

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 8T
発売年 2020年10月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OnePlus
備考 中国版
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G CDMA:BC0
W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8 / 9 / 19
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:1 / 3 / 41 / 78 / 79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.55インチ/有機EL/画面占有率非公表
リフレッシュレート120Hz対応
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 402ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:160.7mm
横幅:74.1mm
厚さ:8.4mm
重さ 188g
本体色 グリーン系/シルバー系
システム仕様
OS Hydrogen OS
Android 11ベース
CPU(SoC) Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約568,000点
GPUスコア約220,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ12GB+容量256GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①48MP(メイン、f/1.7、IMX586)
②16MP(超広角、123°、f/2.2)
③5MP(マクロカメラ)
④2MP(モノクロカメラ)
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:メイン0.8μm(48MP時)~1.6μm(12MP時)
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:16MP(メイン、f/2.4、IMX471)
ビューティーAI:非公表
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:1.0μm
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GPS、GLONASS、BDS、GALILEO
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC 対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
その他機能 スピーカータイプ:デュアルスピーカー
Bluetoothコーデック:SBC、AAC、apt-X、apt-X HD、LDAC
バッテリー
バッテリー容量 4,500mAh
充電 有線充電:65W(10V/6.5A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

OnePlus 8T

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 865のハイエンドSoCを搭載!

OnePlus 8Tは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

保存容量(ROM)は128GB、256GBと大容量に加えてストレージ規格はUFS3.1を採用!よりサクサクした動作も見込めるハイエンドらしいスペックが魅力的です!

OnePlus 8T(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

まだOnePlus 8T実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Snapdragon 865の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):568,000点
  • ゲーム性能(GPU):220,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

カラーはシルバー、グリーンの2色展開!

▼OnePlus 8Tのカラーはシルバー系、グリーン系の2色となっております!背面には中央のOnePlusロゴのみという極めてシンプルな外観かつ柔らかなカラーリングと曲線美のある形状が美しさを感じさせます。さらに材質はマット!サラサラ上質な手触りも楽しめます。↓

有機EL大画面ディスプレイは120Hzの高速表示に対応!

▼OnePlus 8Tのディスプレイの大きさは6.55インチ、解像度は2,400×1,080(FHD+)、形状はパンチホールの有機ELタイプとなっております!引き締まりを感じさせる美しい色合いと高解像度による精細さが期待できるスペック。↓

さらに120Hzのリフレッシュレートに対応し、先代のOnePlus 7T(90Hz)よりもより高いなめらかさを味わえるようになったのも魅力!

マクロとモノクロカメラをサブに備えたクアッドカメラを搭載

▼OnePlus 8Tのカメラはメインカメラの画素数は4800万画素と高いのはもちろん、サブカメラに超広角、マクロ、モノクロのカメラを備えている点が特徴です!↓

ハイエンドモデルだけあってそのカメラのクオリティに期待できるのはもちろんなんですが、サブカメラにモノクロカメラを備えてるハイエンドモデルはとても珍しかったりします。他ハイエンドと比べてどんな作例が出来上がるかが気になるところです。

冷却機構、ステレオスピーカーを搭載!ゲーミングシーンもバッチリ!

▼OnePlus 8Tの内部には冷却機構を搭載。本体発熱をグッと抑えてくれるため、3Dの高画質なゲームや物理エンジンをモリモリ使ったゲームを長時間動かしても安心して遊べそうです!↓

またバッテリーの劣化も防いでくれるため、長い期間使っても性能が落ちにくい意味でもナイス搭載。これがあるだけで快適さが違うといえる部分です。

▼さらに、本体の上部と下部から音を放つステレオスピーカーを搭載!より広がりと迫力を感じさせるサウンドを奏でてくれるのはいいですね。イヤホンなしでもゲームや動画視聴を満足に楽しめそうで期待!↓

最大65Wの超急速充電に対応!

▼OnePlus 8Tが先代モデルOnePlus 7Tより大きく進化した部分として、最大65Wの超急速充電に対応しているんです!これまでの30Wから65Wと倍以上の規格に対応したことで、わずか15分で一日使えるぐらいに充電できるとのこと!↓

バッテリーの容量自体も4,500mAhと大きく、電池もちも充電速度もどちらでも十分に期待できるナイスなスペックが魅力!ヘビーユーザーさんから忙しく時間の取りにくい方でも安心して使っていけそうです。

OnePlus 8Tの対応バンド

OnePlus 8Tは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

5G NRについては電波バンドが対応していたとしてもキャリア側・端末側で対応の周波数帯が違う事もあり、キャリアモデル以外が実際に通信できるかは分かりません。
5Gのバンドが単独で通信できないNSAの場合は4G側のバンドの組み合わせ(EN-DC)も重要になってきます。以下の表はあくまでスペック上の対応バンドとなります。

※本記事では中国モデルのスペックを参照しています。OnePlus 8Tは世界各国で発売するモデルですが、発売地域によりバンド構成が異なるので購入時は注意が必要です。

docomo回線の電波バンド対応状況

OnePlus 8Tはドコモ回線の4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またOnePlus 8Tはドコモで提供されている5G NRのうちSub6のn78・n79に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

OnePlus 8Tはソフトバンク回線の4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またOnePlus 8Tはソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

OnePlus 8Tはau回線の4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またOnePlus 8Tはauで提供されている5G NRのうちSub6のn78のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

OnePlus 8Tは楽天モバイル回線の4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またOnePlus 8Tは楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 重要
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:Android11搭載で満足スペックなハイエンド機!

OnePlus 8Tは先代モデルにあたるOnePlus 7Tと比べると全体的なスペックアップが特徴となる機種。特にリフレッシュレートと充電速度が大幅に進化しており、その基本スペックの高さがとても快適そうな予感です。これは欲しくなってしまうぜ。

先代モデルのOnePlus 7Tがガルマックスゴールドアワード獲得機なだけに、このOnePlus 8Tも実に気になる1台です。

OnePlus 8Tの発売時期と価格・購入先

OnePlus 8Tの発売時期は10月頃で価格は以下の通り!現時点で公式サイトより明らかになっている価格表です。

  • メモリ8GB/容量128GB:4,999元(約7.9万円)
  • メモリ12GB/容量256GB:5,999元(約8.5万円)

■メモリ8GB+容量128GB■
初出時価格→669.99ドル

過去最安値→659.99ドル

▼[Geekbuying]割引クーポン適用で659.99ドル!↓

 

■メモリ12GB+容量256GB■
初出時価格→739.99ドル

過去最安値→729.99ドル
▼[Geekbuying]割引クーポン適用で729.99ドル!↓

ページトップへ