ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OnePlus Zは5G対応のSnapdragon 765Gを搭載したミドルレンジ端末として7月投入?!

Oneplus Z-Leek
画像はOnePlus 8です!

OnePlusはOppo傘下のスマホメーカー。常に最高級の性能と品質を求めたハイエンドスマホをバリバリ出しているメーカーで、廉価モデルは殆ど出していないこだわりのメーカー。言うならば創業ウン百年の老舗のご飯屋さんみたいな感じです。

そんなOnePlusですが、なんと、ミドルレンジモデルを投入してくるというウワサが海外で報じられております!

有名リーカーが新型OnePlusについて意味深なツイート

▼ドイツのリーカーであるMax J.氏が意味深なツイートをしております。それがこちら。↓

画像だけのツイートなんですが、スマートフォンのチップと思わしき部分に「765」という文字があり、さらに5Gも対応しているようです。このことから、新作OnePlusには「Snapdragon 765G」が搭載されるかもしれないという意図が読み取れます。

Snapdragon 765Gは5G対応のミドルハイSoC。Antutu V8スコアは約300,000点です。単純な性能でいえばハイエンド級に至りませんが、それでも必要十分以上のスペックを持っていますし、ましてヘヴィな3Dゲームを最高画質で動かさない限り不満を感じることはない性能帯です。

さらにQualcommは今年にSnapdragonのチップセット価格を引き下げているんですよね!廉価モデルはコスパの良さが命なので、より端末価格を抑えられる意味でもSnapdragon 765Gを採用する可能性が高いといえます。

▼さらに、Max J.氏は今年7月(2020 July)に発表(あるいは発売)されると予想!端末にはZという文字が入っており、OnePlus 8 Liteではなく「OnePlus Z」という名前で発表されるのではないかと憶測もあります。↓

価格は不明だけど、7万以下になるかも?

大事なのが価格ですが、価格に関しては未だ有力なリークはありません。

しかし上位モデルな位置づけになるかもしれないOnePlus 8は価格は699ドル(約75,000円)。廉価モデルとなるOnePlus Zはそれより安くなるという予想がつきます。それ以上高くなったら廉価モデルの意味が無くなってしまう(´・ω・`)

なお、現段階でこの情報はリーク、ウワサに過ぎません。

しかし今回リークしたMax J.氏は過去にOnePlus 8 Proがワイヤレス充電対応というリークを的中させた実績があるので、今回も有力なリークといえますね。

そしてリークが大当たりならば、今回登場するOnePlus Zは2015年末に発売したOnePlus X以来のミドルレンジスマホとなります!いやぁ楽しみだ!

ページトップへ