ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Oppo Reno Aのスペック・対応バンド・価格・特徴まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Oppo Reno A

2019年10月8日追記:本端末は楽天モバイルだけでなくSIMフリーモデルとしても投入される事が分かりました!おサイフケータイ機能を搭載したSIMフリーモデルが増えて嬉しい!

楽天モバイルより発売されるOppoの最新機種「Oppo Reno A」!イカしたOppoの最新機種を見逃さずチェックしてみましょう!

※記事の最後に割引情報を掲載中です!

▼関連記事▼

3万円台で防水防塵、FeliCa、DSDV対応の「Reno A」は100GB以上データ通信が使える最強スマホのベースにも使える!

スペックデータベース登録済み

Oppo Reno Aの実機レビュー

実機レビュー!OPPO Reno Aの気にいった、気になったところ

Oppo Reno Aの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Reno A
型番/別名 CPH1983
発売年 2019年10月
発売地域 日本:SIMフリー
メーカー OPPO
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900MHz
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

楽天モバイル回線以外で使えました

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

楽天モバイル回線以外で使えました

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応

楽天モバイル回線以外で使えました

SIMサイズ・スロット Nano SIM×2
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率91%
解像度 2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 403ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ158.4mm
横幅75.4mm
厚さ7.8mm
重さ 169.5g
本体色 ブラック系/ブルー系
システム仕様
OS ColorOS 6(Android 9ベース)
SoC Qualcomm SnapDragon 710
CPU Kryo 360 Gold×2/Kryo 360 Silver×6/2.2GHz/8コア
GPU Adreno 616
ベンチマーク AnTuTu 8(実機):総合スコア約188590点、GPUスコア約54487点
AnTuTu 8(実機):総合スコア約155684点、GPUスコア約54487点
Geekbench 4(実機):シングルコア約1506点、マルチコア約5865点
PUBG Mobile:スムーズ+ウルトラまで設定可能
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
(楽天モバイル)
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB(SIM2スロット使用)
カメラ
メインカメラ 16MP+2MP
ビューティー
ポートレート
夜景モードなど対応
AI:対応(22シーン)
前面カメラ 25MP
ビューティー対応
機能仕様・センサー
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou、Galileo
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ
防水/防塵 IP67
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 Felica(おサイフケータイ対応)
その他機能 シングルスピーカー
バッテリー
バッテリー容量 3,600mAh
充電 有線充電:対応(10W)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 35,273円(楽天モバイル)
公式サイト

OPPO Reno A

購入先/割引情報
端末詳細記事

実機レビュー!OPPO Reno Aの気にいった、気になったところ

Oppo Reno Aのスペック・対応バンド・価格・特徴まとめ!

3万円台で防水防塵、FeliCa、DSDV対応の「Reno A」は100GB以上データ通信が使える最強スマホのベースにも使える!

スペック表に関する免責事項

Oppo Reno Aの発売時期と価格

Oppo Reno Aの発売時期は2019年10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB+容量128GB:35,273円

Oppo Reno Aの性能をチェック!

Oppo Reno Aは発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ最上位の性能ランクとなるモデルです!ハイエンド端末よりもグッと安くなり性能も非常に高いことから人気の性能帯です!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる

Oppo Reno A(Snapdragon 710)のAnTuTuスコア

まだOppo Reno A実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 710」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 710(参考):総合スコア約169000点、GPUスコア約47000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でOppo Reno Aが搭載するSnapdragon 710の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Oppo Reno Aの対応バンドをチェック!

Oppo Reno Aのドコモ回線対応状況

Oppo Reno AのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Oppo Reno Aはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Oppo Reno Aのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Oppo Reno AのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Oppo Reno Aはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でOppo Reno Aをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Oppo Reno Aのau回線対応状況

Oppo Reno Aは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています!

Oppo Reno Aの特徴をピックアップ!

Oppoらしい優雅でなめらかな曲線美デザイン!

▼背面ボディはコーティング加工でもんのすごいグラデーションがキレイ!青と緑が混ざって宝石のような見た目が所有欲をソソります。↓

Oppo Reno A

背面カラーに加えてカメラのデザインやディスプレイの水滴ノッチといった曲線美で統一したデザインは見るものを魅了させてくれそうです。まさに「なめらかさ」を体現している。地味にOppoのメーカーロゴを横向きにしているのもスタイリッシュさに拍車をかけてて個人的に好きです。

▼カラーはブルー系とブラック系の2色!ブルーはもちろん美しいんですけど、ブラックも渋くてクールな雰囲気がイカしてますね!↓

Oppo Reno A

本体いっぱいに広がるディスプレイは必見!

▼Oppo Reno Aはご覧の通り大画面なのが特徴的!水滴ノッチとベゼルレス化によって、本体面積に対する画面占有率は91%なんですって!

Oppo Reno A

画面がでっかいと操作性も上がり、Webや画像を見る際も広く見られて快適性が上がるんです!「画面そのまま持っている」って感覚はなかなか感動モノですよ!動画やゲームの迫力も上がります!

さらにキズやスレ、衝撃に強いガラスGorilla Glass 5を採用!なので傷や画面割れの対策もバッチリです!スマホを落としがちなユーザーさんには嬉しいポイントですね。

16MP+2MPのデュアルカメラ搭載!AI搭載で対応できるシーンも多い!

▼Oppoスマホといえば写真写りの鮮やかさに定評があります。AIカメラを搭載しており、被写体を自動で認識して色調補正や露光といったカメラ設定を自動で切り替えて、カンタンかつ手軽に美しい写真を撮れるんですよ!

Oppo Reno A

AIによるソフトウェア処理+ダズルカラーモードなる機能で、色が薄かったり暗めだったりする被写体も自然的かつイキイキとした鮮やかな写真に仕上げられるそうです!さらにAIで対応できるシーンの数も多く、22もの状況に対応し、それらに応じたキレイな補正を掛けてくれるんです。まるで魔法のようですね。

Oppoならではのインカメ美顔補正機能は必見!

▼Oppoはカメラにこだわってるだけでなく、インカメのビューティーにも大きく力を入れているメーカーなんです。なんとインカメラはアウトカメラよりも高い2,500万画素!

Oppo Reno A

ここですごいのが、インカメラで撮影した顔を独自のアルゴリズムで分析し、800万ものパターンから最適なものを見つけ出して補正してくれるんですって!いつでもステキな自撮り写真が撮れる。セルフィー好きなユーザーさんに超嬉しい機能ですよ!Oppoはインカメラや美顔機能へのこだわりに関しては全メーカー中トップといえますね。

最新でベンリでイカした「画面内指紋センサー」搭載!

▼これまでのスマホにあった指紋センサーは画面の中に埋め込みに!これ、最新技術なんです。スゴいよね。

Oppo Reno A

ディスプレイの中に配置することでディスプレイを大きくしつつも前面指紋センサーを使える超ステキ&ベンリ構成。背面のものと違い、机においた時にいちいち手に取らずにロックを解除できるのが大きいですよ!何回も日常で使うからこそ、こういう快適さにこだわったのは流石です。見た目もカッコいいので友達にも自慢できちゃいますぞ。

ゲーミング性能もバッチリ!ブースト機能もあります

ミドルレンジ最上位のSoCを搭載しており、さらにゲームブースト機能を搭載!日常使いだけでなくゲームも快適に楽しめるようになっています。

Oppo Reno A

ゲームブースト機能を使うことで、ゲーム中の通知や着信を制限したり、バックグラウンド動作するアプリを一時的に止めて余ったメモリをゲームに割いてサクサク動かしたり、タッチ感度を上げて操作性を向上させたりと、ゲームをより楽しめるように調整できるんですって!スマホのゲーマーさんにすごい嬉しい機能ですよ!

おサイフケータイと防水対応なので使い勝手もバッチリだ!

▼Oppo Reno Aは海外メーカーのスマホながらおサイフケータイと防水防塵にしっかり対応!日本のユーザーさんに嬉しい調整を施されています。↓

Oppo Reno A

駅の改札やコンビニの支払いでスタイリッシュにこのOppo Reno Aをかざしてラクラク決済が出来ますよ!見た目の良さも相まって非常に満足できるポイントでしょう。

また防水防塵に対応しているので水にある程度濡れても大丈夫!雨や台風が多い日本でも安心して使えるのが魅力的ですね。これの有る無しでは安心感が全然違いますぞ。

便利さに特化したColor OS 6搭載!

▼Oppo Reno AはOppo独自OSとして「Color OS 6」を搭載しています。↓

Oppo Reno A

Color OSは純正OSよりもベンリな機能を盛りだくさん詰め込んであるんです。

ゲームアプリ用の最適化を行う「ゲームスペース機能」、運転中に着信が掛かってきて出られない際に自動で「運転中です」といったメッセージを返送してくれる「運転モード」、動画再生やゲーム中に通知を返信しやすい「マルチウィンドウ」などなど。日常使いやゲームプレイに嬉しい機能ですよ!

さらにiOSのような見た目と操作性が特徴的。iPhoneからAndroidスマホに変えたいけど操作性の違いで躊躇う方って結構いらっしゃるんですよね。そういう悩める方々にもオススメで、iPhone→Androidへ乗り換えもやりやすいんです!Color OSはやさし~いソフトウェアなんですよ。でも、純正OSに慣れている方はやや癖を感じるかも!

Oppo Reno Aまとめ!世界のトレンドと日本独自の機能性を融合させた機種!

このOppo Reno Aはカメラやビューティー機能や本体デザインなど、これまでのOppoのスマホの特徴を踏襲しつつ日本向けに調整を施してあり、バランスが優秀。カメラ性能ももちろんのこと、曲線美な見た目も画面内指紋センサーもゲーミング性能もどれをとっても高性能!まさに「余裕のあるスマホ」といえますね!

しかも!コスパも優秀!

こんなナリと性能なのにお値段は3万円台!超やばい。そして技適も取得済みなので「海外スマホはコスパも機能性もいいけど技適がないのがなんだか不安だなぁ」なんて悩むこともなし!まさに「日本スマホと海外スマホのイイトコ取り」な機種といえようこのOppo Reno A。所有欲を満たしてくれること間違いなしですよ!!

次のスマホどうすっかな〜って悩んでいる方はガルマックスオススメのOppo Reno Aをどうぞ!

Oppo Reno Aの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではOppo Reno Aをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Oppo Reno Aの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

 

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Oppo Reno Aの購入先情報

Oppo Reno Aは以下で取り扱っています!

Oppo Reno Aの公式サイト

Oppo Reno Aの公式サイトは以下です!

ページトップへ