▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OUKITEL、新世代エントリースマホ「C17 Pro」を間もなく投入!割引も示唆!

▼正式発表となりました!以下の記事でOUKITEL C17 Proの詳しいスペックや特徴を掲載しているのでチェックしてみて下さい!↓

OUKITEL C17 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

魅力的なスマートフォンを多数リリースするOUKITELが間もなくエントリースマートフォンの新作「OUKITEL C17 Pro」をリリースするんですって。

OUKITEL C17 Pro – 新世代のエントリースマートフォン

OUKITELのCシリーズはエントリースマートフォンシリーズとして様々なモデルをリリースしていますが、今回のOUKITEL C17 Proは新世代エントリースマートフォン。資料を確認すると・・・とっても良いです。

価格はエントリーっぽい139.99ドル

僕は100ドル以下から150ドルくらいまでの範囲がエントリー向けとして見ているんですが、OUKITEL C17 Proの通常価格は139.99ドル。バッチリエントリー範囲の価格帯に収まってくれてます。日本円だと約1.5万円くらい。やっぱエントリースマートフォンは安いな!

仕様をみるとグッと来る。これ良いじゃん!

▼まずはカメラ。リアカメラはトリプルカメラを搭載。エントリー向けモデルでトリプルカメラ搭載ですよ。また、フロントカメラですがパンチホールにカメラが埋め込まれているんです。エントリー向けモデルでパンチホールですよ。背面は美しい光沢パネルのようにも見えますね。↓

OUKITEL C17 Pro

▼ちなみにカメラはメインがSONYセンサーを採用する1300万画素カメラ、中央が自然なボケ味撮影をサポートする深度カメラ、そして下部のかメラは広い範囲を撮影できる流行りの超広角カメラの構成となっております。また、フロントのパンチホールに埋め込まれているカメラは500万画素みたいっす。↓

OUKITEL C17 Pro

僕は過去のOUKITEL製品を触りまくってるんでカメラ性能に関しては全く信じてないんですが・・・それでも、こんな画像を見ちゃうと期待しちゃうんですよね(笑)この辺りは実機レビューでチェックしたいところ!

6.35型のディスプレイは高価格帯モデルでしか見かけることにないパンチホールディスプレイを採用することで画面占有率は90%を超えちゃってます。しかしながら画面解像度はHD+なので、この辺りは妥協が必要かな〜って感じ。

まだSoCについては公開されてないんですが、2.0GHzのオクタコアプロセッサ(いつもどおりMediaTekでしょう)を搭載。メモリは4GB、保存容量は64GBとなっており、OUKITELは「これまでのミドルレンジモデルと同等でありながら低価格で手に入る新世代のエントリースマートフォンがOUKITEL C17 Proだ!」となんか興奮しております。

でも、ホント最近のエントリースマートフォンはちょっと前のミドルレンジモデルとなんら変わらなくて僕もビックリしているんで、案外、新世代のエントリースマートフォンでも高い満足度を得られる方も多そうです。

そうそう、OUKITEL C17 Proは世界中の国で利用できるようにグローバルバンドに対応しているみたい。OUKITEL端末って僕が触ってきたスマートフォンは新機種として投入時点からグローバルモデルだったんで、OUKITEL C17 Proもまた日本語対応&Googleプレイストアに対応しているはず。

OUKITEL C17 Proは2019年8月に登場予定で、通常価格は139.99ドルですが小売価格から速攻割り引いて市場に投入するらしいので、各ネットショップでの初売りセールに期待しましょう。

まだ、公式サイトにOUKITEL C17 Proの情報は見当たらないですが、「近いうちにプレゼント企画を開催するからOUKITELの公式サイトをチェックしてね!」って言っていたので公式サイトのリンクを残しておきます!OUKITEL C17 Proの続報が入り次第TwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しく!

ページトップへ