ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OUKITEL K12登場!スペック・特徴をチェック!

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

OUKITEL K12

中国スマホメーカーのOUKITELから「OUKITEL K12」が登場!オシャレなデザインや凄まじいバッテリー容量を受け継いだ、OUKITELユーザーの期待に応える仕上がりになってます!

OUKITEL K12の詳細スペック表

製品情報
端末名 OUKITEL K12
型番 K12
発売年 2019年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OUKITEL
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900Mhz
3G 1/2/4/5/8
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/40
ドコモ対応状況

LTEフル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

必須バンド対応/LTE 41非対応
プラチナバンド8対応
超混雑時に通信速度が稀に落ちる場合あり

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶/画面占有率92.7%
解像度 2340×1080/FHD+画面比率19.5:9
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ163.5mm
横幅75.4mm
厚さ14.5mm
重さ 非公開
素材 背面レザー
本体色 ブラック系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC Mediatek Helio P35/MT6765
CPU Cortex-A53×4、Cortex-A53×4/2.3GHz/8コア
GPU PowerVR GE8320
ベンチマーク AnTuTu(参考):総合スコア86000点、3Dスコアが13000点
Geekbench4(参考):シングルコア900点、マルチコア3900点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大128GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 16MP+2MP
2カメラ仕様
PDAF
前面カメラ 8MP
1カメラ仕様
動画 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、GPRS、EGSM、WAP
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 10000mAh
充電 有線充電:30W(5V/6A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 259.99ドル
円換算価格 約2.8万円
公式サイト

OUKITEL K12

取扱店舗

[最新更新]OUKITEL K12の割引クーポン・セール・最安値まとめ

端末詳細記事

OUKITEL K12登場!スペック・特徴をチェック!

OUKITEL K12のスペック、対応バンド、価格まとめ!

OUKITEL K12の外観!イカしたブラックレザーボディ!

▼ボディはガラスでもセラミックでもなく、なんと本物のレザー仕上げ!他の中国スマホは軒並みガラスで構成した美しい宝石のような外観のものが多いですが、この機種は別方向でルックスの魅力を存分に出しています。↓

OUKITEL K12

▼公式ページによれば、ポリッシュ仕立てのアルミニウムで合金フレームと細部の装飾を仕立て、本物のレザーで組み合わせたんだそうです。

OUKITEL K12

なんだかスマホってよりかは伝統工芸品を見せられてる気分です。見ただけでもう欲しくなってきた。

カラーは黒一色のみの展開です。灰色や白も似合いそうな外観だけにやや悔やまれる…!

OUKITELの性能・スペック!基本機能は充実の一言

▼CPUにMediaTek Helio P35を搭載!メモリは6GBで、保存容量は64GBという構成。↓

OUKITEL K12

SoCはあんまパッとしないかもしれませんが、スペック的にいうとミドルクラスそのもの。SoCで検索した所、Antutuスコアは8万台だそうです。ヘヴィな3Dゲームをやるにはちとキビしい!でも軽めの3Dゲームや2Dのパズル系なら大丈夫!そんな感じです。

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2019/6/8更新]

ディスプレイは6.3インチ、解像度はFHD+の2340×1080。比率は19.5:9…となってます。ほかにもDSDS、NFC(Felica非対応)、指紋認証、顔認証に対応してます!片方のSIMスロットを使うことで、MicroSDも128GBまで対応しているようです。

特徴的な外観でありつつも、ここらへんは他のスマホに引けを取らない安心構成。

ですが、防水防塵に非対応なこと、イヤホンジャックは無いことと、対応するWi-fiの周波数が2.4Gのみ…で、5Gに対応しない点にご注意を。

OUKITELの本領はモンスタークラスのバッテリー容量!

▼これだけでOUKITELスマホを侮ってはいけません。このスマホの真髄は、凄まじいバッテリー容量にあるんです。その数値は驚異の10000mAh!

OUKITEL K12

一般的なスマホのバッテリー容量は3000mAhが主流ながら、OUKITEL K12はその倍以上をブッ飛んでってます。

電池持ちもそれ相応に長く、通話では51時間、音楽かけっぱで54時間、ヘヴィなゲームぶっ通しでやってたって、11時間連続でもっちゃうんです。待受状態では丸1ヶ月ほど持つんだとか!

「大きい容量なんだから、充電時間もメチャ長いんでしょ」って?そんなことはありません。現行最高峰である、5V6Aの急速充電にも対応してます。6A対応充電器を使う必要はありますが、モンスターサイズのバッテリーを2時間20分でフル充電可能な速さなんです。

OUKITEL K12

そこからの持続時間を考えれば、たった2時間充電するだけでイイのね!と言わざるをえません。さらに、大容量さを活かしたリバースチャージ機能もちゃあんと搭載!OUKITEL K12をモバイルバッテリーとしても使えちゃいます。

ただ唯一引っかかるのは端末の重さ。公式で重さは公表されておらず、ましてやウルトラデカいバッテリーなので200gは余裕で超えてきそうです。どうなることやら。

OUKITEL K12のカメラ!SONY製デュアルレンズ搭載!

▼メインカメラは1600万画素+200万画素デュアルカメラ搭載!SONY製センサーを使っています。それでいて見た目も超イケメン。

OUKITEL K12

ただのデュアルカメラじゃなく、PDAFという機能を搭載したことで素早いオートフォーカス撮影に対応してるそうです。動くものや風景の撮影にすごく良さそう!せっかくの写真がピントボケで台無し…なんて心配も減ってくれるでしょう。アウトドアユーザーには最適!

OUKITEL K12のまとめ。グローバル版もあり!

▼すでにAliExpressでグローバル版が発売されており、お値段は日本円にしておよそ27,000円ほど!モンスター級バッテリーを搭載しているのに、ふつうのミドルクラススマホでも安いって感じる価格帯で出しているので、ものすごくコスパがイイですね!↓

あまり日本で見かけられないOUKITEL機種ですが、グローバル版のモデルのためしっかり日本語、Googleサービスを完備しています!なので、はじめて海外スマホを触る方にはやさし~ぃ機種となっています。

しかも中国スマホには珍しく、ドコモの主要LTEバンドに対応しています!ドコモやドコモ系格安SIMのユーザーには嬉しい情報ですね。ちなみに、ソフバン/ワイモバ回線も必須バンドに対応。残念ながらau回線は非対応です。

よく外に出てスマホを使ったり撮影をするアクティブなユーザーの方々にピッタリな仕上がりな1台となっていますし、そうでなくてもすごく美しい見た目なので、インドア志向でキノコのような筆者にとっても欲しいミワクの1台で…個人的には国内SIMフリーとしても投入してほしいなァと切に願う機種なのでした。

OUKITEL K12の関連記事は以下も公開済みです!是非御覧ください!

OUKITEL K12のスペック、対応バンド、価格まとめ!

[最新更新]OUKITEL K12の割引クーポン・セール・最安値まとめ

ページトップへ