Redmi Pad SE ad 1100×150

「POCO X5 5G」発表!Snapdragon 695搭載&120Hz対応の有機ELで約3万円!

POCOが新型スマホ「POCO X5 5G」を発表!POCO Xシリーズ最新モデル。Snapdragon 695を搭載したミドルレンジモデルで、120Hzリフレッシュレート対応ディスプレイはタッチ反応がより精密に拾えるようになっているのが特徴です。

上位版となる「POCO X5 Pro 5G」も同時に発表されています。

▼実機レビューを公開しました!↓

POCO X5 5Gの実機レビュー!Snapdragon 695搭載コスパモデルを試す

POCO X5 5Gの特徴

POCO X5 5Gの特徴は以下の通り!

POCO X5 5Gのハイライト

  • ミドルレンジ中位クラスのスペック
  • カラーは3色
  • 120Hz表示対応の有機ELディスプレイはタッチがより細かく拾えるように
  • イヤホンジャックを搭載
  • 4,800万画素メインの3カメラ
  • 5,000mAh容量バッテリーで33W充電に対応している

▼POCO X5 5Gの外観デザインはRedmi Note 12シリーズに似ているものの、横に広がった黒地のデザインがPOCOらしいデザイン。カラーはブラック、グリーン、ブルーの3色となっています!↓

▼SoCはSnapdragon 695を搭載しており、ミドルレンジど真ん中クラスの処理性能帯!↓

ガルマックス編集長
このSoCは何度も触ってきたんですが普段使いでは十分。一方で原神とか映像の綺麗なゲームはちょっと厳しいです。僕はスマホで暇つぶしゲームくらいしかしないので、このSoCで十分かな。

▼ディスプレイは6.67インチの大型サイズ!高級タイプな有機ELを搭載していることで発色、黒の引き締まりは液晶モデルよりもハッキリしており視認性が良いのが魅力です!↓

またピーク輝度が1,200ニトと高いのもGood!安いモデルだと輝度が低くそのせいで直射日光など強い光のあるところでは見えにくかった欠点がつきものなのですが、POCO X5 5Gではその心配もなさそう。

また解像度は2,400×1,080のFHD+クラスで高く高精細。120Hzの高リフレッシュレートにも対応しているので、スクロール時はより残像感が少ない表示が味わえます。

▼さらにこのモデル、なんと従来モデルよりもタッチの検出が10倍も細かくなっているんだそう!↓

すなわち指で操作した時に、より細かくタッチを拾えるという仕組み。なので、ゲームでも細かい精密な操作に期待できますね。あとくそウザい広告の小さな✕ボタンとかも押しやすいといいなぁ。

タッチの反応速度ことタッチサンプリングレートを高めるモデルはいくつも見てきましたが、こういうタッチの応答を細かくするモデルは筆者にしては初めてみました。マイナーなのでその恩恵を実感しにくいかもですが、操作性の良さは期待!

スピーカーについての記載はありませんがイヤホンジャックは搭載されていました!有線イヤホンが手軽に使えるのはGood!

▼カメラは「4,800万画素のメインカメラ」+「800万画素の超広角カメラ」+「200万画素のマクロカメラ」のトリプル構成となっています。↓

メインカメラはAIに対応しているので被写体に合わせて色彩調整を行ってくれるので、手軽にSNS映えするような写真もサクっと撮れそうで期待!

サブカメラも広範囲を一枚に収められる超広角と近距離接写のできるマクロカメラと実用性としては十分な印象です。構成自体は安いモデルによく見かけられるものですが、様々なシーンに対応できる構成なのは評価点。

ガルマックス編集長
個人的に超広角搭載が嬉しい!望遠や接写は割とクロップで対応できるけど、超広角は専用レンズを搭載していないと撮影ができないですからね!

▼バッテリー容量は5,000mAhと大容量!また急速充電は最大33Wに対応。最近のフラッグシップモデルは100Wを超える充電に対応しているのも多いですが、ぶっちゃけ33Wもあれば十分かなー。↓

まとめ:コスパが結構良い!

POCO X5 5GはAliExpressで発売予定!価格は以下の通りです。なお為替レート変動により日本円価格が大きく変わる可能性があるので、円換算は参考までに。

  • メモリ6GB+容量128GB:219.99ドル(約2.9万円)
  • メモリ8GB+容量256GB:249.99ドル(約3.3万円)

日本だとSnapdragon 695搭載モデルって4万円〜5万円が適正価格。モノによっては10万近くする製品も見かけるんですが、こっちは超円安でも約3万円!まあおサイフケータイが使えないとかあるんですけど、それでもこの価格は魅力的でPOCOスマホ自体コスパの鬼って評判なだけあって期待を裏切らない安さに感じます。

Snapdragon 695なので目立った性能の高さではありませんが、3Dゲームを快適に遊ぶ、といったこだわりがなければ筆者目で見ても十分に思えます。所謂「これで良いんだよスマホ」の2023年モデルって感じで、このスペックだったら結構人気は出ると思います。気になる方は下のAliExpress販売リンクをチェックしてみてね!

▼POCO X5 5Gの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

POCO X5 5Gのスペック・対応バンドまとめ

■メモリ6GB+容量128GB■
初出時価格→249.99ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

8GB+256GB版はリンク先で選べます!

ページトップへ