ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPOのインド向けブランドスマホ「Realme 3 Pro」が中々の高コスパ

Realme

中国OPPOがインド市場向けに展開するRealmeブランドの最新モデル「Realme 3 Pro」中々高コスパじゃね?と僕の中で話題沸騰中。

基本構成パーツのバランスが良い

Realme

スペックも公開されたんですが、プロセッサーにSnapdragon 710を搭載。

メモリとストレージ搭載量で2モデル展開で4GB+64GBまたは6GB+128GBから選べます。Snapdragon 710はミドルレンジ帯でもハイエンドに次ぐ性能となっており、総合15万点以上、3Dが3.5万点以上の性能を誇ります。インド向けじゃなくて日本の格安スマホ市場でも人気が出そうな構成です。

カメラもOnePlus 6Tで採用されているSONY IMX519センサーを採用する1600万画素+500万画素デュアルカメラを搭載。バッテリーも4000mAhを超える大容量タイプ。仕様は以下をチェックしてみて下さい!

項目スペック
OSAndroid 9ベース
ColorOS 6.0
SoCSnapdragon 710
メモリ4GBまたは6GB
保存容量64GBまたは128GB
MicroSD最大256GB
ディスプレイ6.3型/IPS
解像度1080 x 2340
アウトカメラ1600万画素+500万画素
インカメラ2500万画素
バッテリー容量4045mAh
USB Type-C
サイズWidth: 74.2mm
Height: 156.8mm
Depth: 8.3mm
重量 172g
Wi-Fi/Bluetooth802.11a/b/g/n/ac, 2.4GHz, 5GHz

Bluetooth 5.0
ネットワークGSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/2100MHz
FDD-LTE: Bands 1/3/5/8
TD-LTE: Bands 38/40/41(2535-2655MHz)
ドコモ回線 必須バンド非対応
ソフトバンク回線フル対応
ワイモバイル回線フル対応
au回線非対応

価格はたったの₹13,999。

Realme 3 Pro

日本円に換算すると最小構成が約22,500円ですかなり安い!ってか、インド市場向けモデル結構ホットじゃない?というのも、Xiaomiもインド市場向けに投入したPoco F1が爆発的に世界中でHITしたので、もしかしたらRealme 3 Proもグローバル展開されるかも。

バンド的にはソフバン・ワイモバに対応していた

バンドは以下の通り。

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/2100MHz
FDD-LTE: Bands 1/3/5/8
TD-LTE: Bands 38/40/41(2535-2655MHz)

ソフトバンクとワイモバイルで利用する電波にLTEも3Gもフル対応しちゃってます。

ColorOS 6.0を搭載

懸念は日本語の対応など、OPPO端末に搭載されているAndroidをベースとしたColorOSは日本語にも対応しているのですが、現時点でRealme 3 Proが日本語に対応しているか不明。

まとめ

gsmarenaでは公式ストア以外に様々なショップで展開される予定としているので、もしかしたらお馴染みのGEARBEST、Banggood、Geekbuying当たりで販売するかも知れませんね。そうなってくると日本語対応なんかの状況も分かってきそうです。

中々インパクトのあるスマートフォンなので続報を追いたいと思います!

ページトップへ