Realme 7 Proのスペックまとめ!3万円台ながら65W充電、64MP4眼カメラとコスパ優秀

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

Realme 7に続いて上位モデルである「Realme 7 Pro」が発表されました!ミドルハイの性能を持ちつつも普段使いに嬉しいイヤホンジャック、MicroSDスロットにクアッドカメラ、65W充電対応と嬉しい要素テンコ盛り!スペックと特徴をチェックしてみましょう!

Realme 7 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 7 Pro
発売年 2020年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Realme
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 非公表
4G LTE 非公表
5G NR 非公表
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット トリプルスロット(Nano SIM×2+MicroSD)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率90.8%
解像度 2400×1080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 411ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:160.9mm
横幅:74.3mm
厚さ:8.7mm
重さ 182g
本体色 シルバー系/ブルー系
システム仕様
OS Realme UI
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 720G
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約280,000点
GPUスコア約71,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(最大256GB)
※独立スロットあり!
カメラ
メインカメラ ①64MP(メイン、f/1.8、IMX682)
②8MP(超広角、119°、f/2.3)
③マクロカメラ
④モノクロ深度測定カメラ(f/2.4)
特性:HDR、ポートレート、マクロ、64MPモード、Starryモード
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:メイン1/1.73
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:32MP(メイン、f/2.5)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GPS、GLONASS、BDS、NavIC
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり(本体下部)
NFC 対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
その他機能 スピーカータイプ:デュアルスピーカー
バッテリー
バッテリー容量 4,500mAh
充電 有線充電:65W(10V/6.5A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Realme 7 Pro

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 720G!ミドル上位の性能!

Realme 7 Proは発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ上位のモデルです!ハイエンド端末よりもグッと安くなり性能も非常に高いことから人気の性能帯です!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Realme 7 Pro(Snapdragon 720G)のAnTuTuスコア

まだRealme 7 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 720G」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Snapdragon 720Gの参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):280,000点
  • ゲーム性能(GPU):71,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

シンプルながら優雅なボディ!カラーは2色展開

▼このRealme 7 Proのボディ!通常モデルのRealme 7と同様に、他スマホモデルでは見られない独特な模様が目を引きますね。見た目はまるでマット加工されたかのようなやわらかな外観!オトナらしさと個性を両立しててGood!↓

ミラーブルー
ミラーホワイト

有機ELを用いた大画面ディスプレイ搭載!

▼Realme 7 Proのディスプレイはパンチホール形状と有機ELを用いての美しい発色が特徴的です!加えてサイズは6.4インチと大きく、動画視聴にうってつけなディスプレイといえそうです!↓

ただ、FHD解像度に有機EL、大画面6.4インチと全体的にハイエンドらしいスタイルなんですが、ミドルハイモデルながらもエントリー、ローエンドスマホのような下部ベゼルの太さは人によっては気になりそう。もう少し細くしてほしかったなぁとも思えます(´・ω・`)。」

また通常モデルでは対応していた90Hzリフレッシュレートについては記載がなく、おそらく非対応!Proがつく上位モデルでは珍しいポイントながらもなめらかさを求めるユーザーさんは注意しましょう。

▼Realme 7 Proはディスプレイに指紋センサーを埋め込んでおります!側面、背面式とは異なり、机の上においたままでも持ち上げずに認証できて結構便利。見た目もスタイリッシュですぞ!↓

モノクロとマクロ付き!クアッドカメラを搭載!

▼Realme 7 Proのカメラ部分を見てみましょう!背面部分は、4つのカメラを搭載したクアッドカメラとなっております!特にメインカメラの画素数は6,400万とハイエンドに迫る高さ!64MPモードで撮影した写真は結構精細さに期待できます。↓

「6,400万画素のメイン」+「800万画素の超広角カメラ」+「マクロカメラ」+「白黒ポートレート」のクアッド構成

▼またサブカメラにはモノクロカメラを搭載しており、メインカメラと併せて撮影することでより明瞭さのはっきりした、深みのある写真に期待できそうです!AIにも対応しているため、様々なシーンで「映え」あるクオリティも狙えて嬉しいポイント。↓

Realme 7 Pro サンプル写真

▼さらに夜景を美しく撮影できるナイトモードに対応しているのはもちろん、夜空の星々を鮮明かつキレイに撮影出来るStarryモードにも対応!画像のような神秘的1枚を撮影出来てとても面白そうです!実機で試してみたくなりますね。↓

Realme 7 Pro サンプル写真(Starryモード)

▼またインカメラもナイトモードに対応しており、夜間であっても美しい自撮りを撮影できるのもGoodです!自撮りを多く撮影するセルフィー好きユーザーさんにも嬉しいポイントですね!↓

充電速度が65Wで爆速!バッテリー周りで心配することはなさそう

▼Realme 7 Proにおいてバッテリーを心配することはないでしょう!搭載バッテリー容量は4,500mAhと平均クラスより大きいのはもちろん、充電速度は最大65Wの超急速充電に対応!

もしバッテリー切れになってしまっても、34分あればあっという間に100%のフル充電ができるそうです!が、もし時間がなくて10分しか充電できなくても、42%も充電してくれるため、普段使いにおいてはとても快適そうな印象です!

このスペックなら長時間外出してたり、仕事などで忙しい時でも沢山使い倒すヘビーユーザーさんでも安心できそう!

デュアルSIMに加えてMicroSDカードを併用できる!

▼このRealme 7 Pro、ミドルハイスマホでは珍しいMicroSDカードに対応!それに加えて、スロットタイプはトリプル式となっております!↓

MicroSDカードに対応したってだけでも嬉しいんですが、トリプルスロット式で搭載してくれたのはかなり嬉しいポイント!デュアルSIMを使いつつも、MicroSDカードによる大容量ストレージを同時に使えるため、ヘビーユーザーさんにはたまらん部分です!

イヤホンジャック対応+ステレオスピーカーと音響面も充実

ディスプレイがキレイなだけじゃなく、サウンド面もとても期待できるスペックとなっております!

Realme 7 Proはステレオスピーカーを搭載しており、モノラル式のシングルスピーカーに加えてより広がりのあるサウンドを奏でてくれるんす!ちょっとした動画再生もゲーミングも、より高クオリティで楽しめそう!↓

さらに本体下部にはイヤホンジャックも搭載!お気に入りのイヤホンを変換アダプターなしですぐ使える手軽さに加えて、イヤホンを使いながらの充電もできるので長時間音ゲーしたりといった部分でも対応できるのはナイスすぎる!

Realme 7 Proの対応バンド

Realme 7 Proは公式サイトから対応バンドが明らかになっておりません。情報アップデートがあり次第こちらに追記いたします。

まとめ:性能と使い勝手を両立したモデル!コスパも良好

Realme 7 Proの魅力はミドルハイSoC、有機ELディスプレイ、クアッドカメラにステレオスピーカーに65W充電対応などなどトータルバランスに優れており、おそらくハイエンド志向でもなければ、このスペックで満足できないユーザーさんはほとんどいないでしょう!

価格は日本円で約3万円弱というコスパの良さもございます!この価格帯、日本で発売されているモデルだったらエントリ~ミドルレンジスマホなみで、それらに比べると買う価値は大いにあり…な印象です(おサイフケータイは無いけど)。

対応バンドがまだ出ていないので結論づけることはできませんが、少なくとも筆者は欲しい!と思えるスペック!前に紹介したOPPO F17 Proと並んで、非常に悩ませてくれるモデル。うーんほしいなあ。

Realme 7 Proの発売時期と価格・購入先

Realme 7 Proの発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:19,999ルピー(約29,000円)
  • メモリ8GB/容量128GB:21,999ルピー(約32,000円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ