RedMagic 8S Pro+のスペックまとめ!高周波数版Snapdragon 8 Gen 2を搭載、165W充電対応

RedMagic 8S Pro+が発表されたので特徴とスペックの詳細をまとめました!

同時に標準モデルの「RedMagic 8S Pro」も発表されています!

2023/08/10追記:残念ながら日本では本機がリリースされないようですが、+無しのRedMagic 8S Proは日本上陸です。詳しくは以下からどうぞ!↓

RedMagic 8S Pro 日本版のスペック・対応バンドまとめ!高クロック版のSnapdragon 8 Gen 2搭載

RedMagic 8S Pro+の特徴

RedMagic 8S Pro+の特徴は以下の通り!

RedMagic 8S Pro+のハイライト

  • 高周波数にカスタマイズされたSnapdragon 8 Gen 2搭載
  • 板感あふれるデザイン。カラーは3色
  • 物理冷却ファンと冷却パネルを搭載
  • 120Hz表示対応有機ELディスプレイ。ノッチなしのフルビュー形状
  • タッチ式のLRボタン搭載
  • デュアルスピーカー搭載
  • 5,000万画素メインの3カメラ
  • 5,000mAhバッテリー搭載、165W充電まで対応

▼RedMagic 8S Pro+のデザイン、シンプルに見えて非常に個性的です!スマホの中でも非常に板感あふれる造形美。カメラのシンプルで飾らない見た目やロゴのスタイリッシュさもGood!カラーはブラック・スケルトン・シルバーの3色です。↓

▼さらに後述する物理冷却ファンは7色に光るというゲーミングらしさもバッチリ受け継がれています。↓

▼冷却パネルと物理ファンをバッチリ敷き詰めており、放熱性を非常に高めているのが特徴!ベンチマークとかどれほど負荷をかけた使い方をしても冷え続けるか見ものです。↓

▼SoCも注目!最新ハイエンドSnapdragon 8 Gen 2を搭載。しかもこのSoCは周波数を強化した特別なものとなっており、通常のSoCよりもさらに高い性能を引き出せるんだそうです!スゲー!↓

▼Snapdragon 8 Gen 2がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Snapdragon 8 Gen 2のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

▼ディスプレイは6.8インチで、インカメラは画面内蔵式ゆえノッチもパンチホールもない完全フルビュータイプな見た目で、ベゼルもすんげー細いです。まさにスタイリッシュ!↓

▼比べるものかどうかはさておき、iPhone 14 Proと比較して非常にベゼルが細く見えますね。といいつつ、筆者にとっては「iPhoneもベゼル幅は均一」という点で大好きだったり。↓

解像度は2,480×1,116で最大120Hzのリフレッシュレート表示に対応。当然のごとく有機ELパネルを採用しており視認性もとても良さそう!画面がデカいしゲームは無論のこと、動画視聴も楽しめるでしょう。

▼スピーカーはデュアルスピーカー搭載!配置がそれぞれナナメの対角線上に置かれている模様です。音質どれほどいいんだろうなぁ。ゲーミングスマホだしPixel 8 Proなみのダイナミックさに期待してる。↓

▼カメラは「5,000万画素メイン」「800万画素超広角」「200万画素マクロ」で、メインは高画素ですがサブは廉価スマホ感が否めないチープな構成です。といってもこれカメラ向けじゃなくてゲーミングスマホだからそりゃそうか。↓

ただメインカメラは高画素なだけでなくセンサーサイズも1/1.57インチとなかなかのサイズ。またハイエンドチップ搭載なのでソフトウェア処理も強いでしょうし、サクっと撮ってキレイな写真をSNSにアップする!という程度ならお手の物でしょう。

▼バッテリー容量は5,000mAh、充電はアルティメット級に高い165Wに対応!マジで中華スマホってここのインフレ凄い。↓

消費電力が高いハイエンドSoCなので電池持ちは凡庸ほどと思いますが急速充電はたったの14分で100%も充電できるというとんでもない速さ!

‥ただ日本で使う場合、コンセントの電圧が頭打ちになる可能性はあるのでそのペースで充電できるかはわかりません。

その他、ゲーミングスマホの特徴であるLRボタンが備わっています。(本機は横持ち時に上部左右にタッチ式のLRボタンが備わっています)

そんなRedMagic 8S Pro+の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ16GB+容量256GB:5,699元(約11.3万円)
  • メモリ16GB+容量512GB:5,999元(約11.9万円)
  • メモリ16GB+容量1TB:6,999元(約13.9万円)

見た目もめっちゃかっこいいしディスプレイ形状も筆者のドツボ。性能だけでなくこういうヴィジュアル面も拘るんであればぜひとも触ってみたいもんですね。

過去モデルは日本でも正式発売されたし今回のRedMagic 8S Pro+も日本向けに出るだろうか‥?そこんとこどうなのか気になるぜ!

advertisement

RedMagic 8S Pro+のスペック・仕様

RedMagic 8S Pro+は2023年7月発売のnubiaのAndroidスマートフォンです。

製品情報
端末名 RedMagic 8S Pro+
発売年 2023年7月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド Nubia
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 非公表
4G LTE 非公表
5G NR 非公表
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax/be
Bluetooth バージョン:5.3
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.8インチ
材質:有機EL
画面占有率:93.7%
形状:ノッチなし
最大リフレッシュレート:120Hz
最大タッチサンプリングレート:960Hz
解像度 解像度:2,480×1,116(FHD+)
画面比率:20:9
画素密度 400ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:163.98mm
横幅:76.35mm
厚さ:8.9mm
重さ 230g
本体色 ブラック、スケルトン、シルバー
システム仕様
OS REDMAGIC OS 8.0
Android 13ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 高周波数版
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ16GB+容量256GB
メモリ16GB+容量512GB
メモリ16GB+容量1TB
ストレージカード 非対応
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ
①5,000万画素(メイン、f/1.79)
②800万画素(超広角、120°、f/2.2)
③200万画素(マクロ、f/2.4)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:1/1.57
PXサイズ:非公表
インカメラ 画面内蔵式インカメラ
画素数:1,600万画素(メイン、f/2.0)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:1.12μm
機能仕様
GPS GPS対応(詳細規格は非公表)
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:対応
その他:X軸リニアモーター
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:非公表
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック あり
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:非対応
その他機能 ショルダートリガー搭載
デュアルスピーカー搭載
冷却機構搭載(ベイパーチャンバー)
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:165W
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【公式サイト】RedMagic 8S Pro – nubia.com

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 8 Gen 2 高周波数版。メモリは16GB

RedMagic 8S Pro+のSoCはSnapdragon 8 Gen 2 高周波数版

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)は16GB、保存容量(ROM)は256GB/512GB/1TBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2023年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2023年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

保存容量を拡張するMicroSDカード等のTFカードは非対応です。

RedMagic 8S Pro+(Snapdragon 8 Gen 2 高周波数版 )のAnTuTuスコア

まだRedMagic 8S Pro+の参考スコアは収集できておりません。情報アップデートがありましたら追記します。

▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

RedMagic 8S Pro+のカメラ

RedMagic 8S Pro+の背面カメラは広角のメインカメラ(5,000万画素)、ワイド画角の超広角カメラ(800万画素)、接写用のマクロカメラ(200万画素)の3眼構成です。

  • メインカメラ(5,000万画素)
  • 超広角カメラ(800万画素)
  • マクロカメラ(200万画素)

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(1,600万画素)のみの1眼構成です。

RedMagic 8S Pro+のディスプレイ

RedMagic 8S Pro+の画面はサイズが6.8インチ、解像度は2,480×1,116、ディスプレイは有機ELを採用しています。画面形状はノッチなしとなります。

また高速表示とタッチ操作に対応しており、リフレッシュレートは最大120Hz、タッチサンプリングレートは最大960Hzまで対応しております。

  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:2,480×1,116
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:ノッチなし
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:最大960Hz

RedMagic 8S Pro+のサイズ・重量・カラー

RedMagic 8S Pro+のサイズは高さが163.98mm、横幅が76.35mm、厚さが8.9mm、重量が230gとなっています。

  • 高さ:163.98mm
  • 横幅:76.35mm
  • 厚さ:8.9mm
  • 重量:230g

カラーはブラック、スケルトン、シルバーの3色展開です。

  • ブラック
  • スケルトン
  • シルバー

RedMagic 8S Pro+の対応バンド

RedMagic 8S Pro+の対応バンドは記事執筆時点で非公表です。情報のアップデートがあり次第更新予定です。

RedMagic 8S Pro+の価格・購入先

RedMagic 8S Pro+のメーカー希望小売価格は以下の通り。

  • メモリ16GB+容量256GB:5,699元(約11.3万円)
  • メモリ16GB+容量512GB:5,999元(約11.9万円)
  • メモリ16GB+容量1TB:6,999元(約13.9万円)
ページトップへ