ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

レトロなのにハイテク!RymekのBluetoothメカニカルキーボードのレビュー!

Rymek Bluetoothメカニカルキーボード

クラウドファンディングのINDIEGOGOに登場した途端、目標額の1500%を達成してしまった話題沸騰中の最新キーボード「Rymek Bluetoothメカニカルキーボード」

何故かガルマックスに届きました。

という訳で、キュートなレトロデザインが目を惹くRymek Bluetoothメカニカルキーボードをじっくり利用してレビューをお届けします!

なお、本記事はRymek Bluetoothメカニカルキーボードでビシバシ打って執筆しております!見掛け倒しじゃなくてガチの文字打ちユーザーも納得のキーボード品質ですよ!

本記事の最後には日本でリリースするための出資を募っているMakuakeのリンクも残しておきます!既にINDIEGOGOで製品化の目標額は達成しているので、Makuakeでは日本でリリースするために少額の20万円が目標額となっているので、欲しい方は是非、応援してみて下さい!早期出資特典で半額購入権が得られますよ!

目次をクリックすると各項目へ移動します

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードの価格

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは2モデル展開で、Gateron Blue Switchを搭載したモデルとCherry MX Switchを搭載したモデルに分かれています。どちらもメカニカルキーなので好みで選んで下さい!

ちなみに僕が紹介しているモデルはGateron Blue Switchを搭載したモデルです!

価格ですが、僕の持っているGateron Blueスイッチモデルが定価31635円、Cherry MX Blue スイッチ搭載モデルが定価37429円となっています。

標準装備のキートップはMacタイプですが、別途4329円でWindowsタイプのキートップも購入可能。

なかなか良いお値段しますが、ガチメカニカルなので納得。でも、初期出資者は特典として半額近くで購入できる権利を得ることが出来るので、欲しい方は記事の最後に記載しているMakuakeからの早期出資が断然お得です!

INDIEGOGOのメリット・デメリット

[良かった]

  • Bluetooth接続でタブレットやスマートフォンと簡単に接続出来る
  • タブレットやスマホを立てかけるスタンド付き
  • 有線接続でも利用できる
  • 有線でもBluetoothでも接続した機器のボリューム調整をキーボードから操作出来る
  • レトロな外観が最高に個性的でGood
  • バックライト付きで暗所でも操作性良好!
  • 打鍵感の良いメカニカルキーボード!

[イマイチ]

  • デザインが個性的すぎて人を選ぶ
  • 通常はMacキー配列(Windowsキートップは別売り)
  • US配列なのでローマ字入力必須

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードの開封・付属品のレビュー!

早速開封してみます。

すでに製品パッケージは完成しています。カッコいいブラックのボックスにRymek Bluetoothメカニカルキーボードの写真がドドーンと入っています。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードのパッケージは製品の写真入りで完成しています。

▼スライドして箱を開けると運輸時の衝撃からガッチリ守ってくれる梱包材に包まれていました。実際に海外から届きましたが、傷一つ無い状態で届きましたよ。

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは丁寧な梱包です。購入時も衝撃から守ってくれるのは安心感が高いですね

レバーやダイヤル、スタンドは組み立て式

▼付属品にはRymek Bluetoothメカニカルキーボードに取り付ける謎のレバーやダイヤル(使い方は後述します!)、タブレットを立てかけるスタンドは別梱包となっていました。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは半組み立て式。レバーなどは取り付けるタイプです。

取扱説明書は英語版でした

▼今後、日本でリリースする予定みていですが、ガルマックスに届いたモデルは英語版の取扱説明書が付属。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードに付属の説明書は英語版でした。

機能とか使い方ってどうなってるか気になっている方も居るはずなので、本記事で取扱説明書を日本語翻訳しながら使い方も解説しますね!

充電&有線接続用のMicroUSBケーブルが付属

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードはバッテリーを搭載しており、電源不要で屋外でも利用できます。という訳で充電用のMicroUSBケーブルが付属していました。↓

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはMicroSDが付属しています。

また、Rymek BluetoothメカニカルキーボードはMicroUSBケーブルを差し込んで反対側のUSB端子をパソコンに接続することで有線接続キーボードとしても利用できます。

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードの外観・デザインをレビュー!

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードの最大の特徴は、そのレトロなデザイン!まるでタイプライターを彷彿させる外観は、見た目の質感にも非常に拘っており所有満足感も非常に高いです。

打ちやすい浮石タイプのキートップ

▼まるで金属のような質感のキートップはタイプライターのキートップを忠実に再現したそうです。素材はABSで耐久性・耐摩擦に優れており、塗装も3層コーティングでガチの文字打ちプレイヤーでも塗装ハゲの心配が無いのがGood。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードのキートップは金属のような質感

▼キートップは中央が凹んだサドル形状となっており、打鍵時の指のフィット感もGood。

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードのキートップはサドル型で指辺りが非常に良いです。

スマホを立てかける事の出来るスタンド付き

▼Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは取り外し可能なスタンドが付いてます。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードはスタンドが付属

▼このスタンドにはタブレットやスマートフォンを立てかけられるようになっており、端末が触れる部分は傷防止のラバーが貼り付けられています。スタンドを取り付ける時はグッと押し込むとパチっと音がしてしっかり固定できるので、取付時はキチンと差し込めているか確認しましょう。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードのスタンドはグッと差し込まないと固定されないので注意

音量を調節出来るダイヤルが備わっている

▼本体の右側に備わっているダイヤルは接続している機器の音量を調整できるダイヤルでした。キートップカラーに合わせた配色で一体感があり宜しい。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードの本体右側にはボリュームキーが備わっています

このダイヤルは有線接続でもBluetooth接続でも、接続先のデバイスの音量調整が可能でした。ダイヤルを回すとボリューム調整、プッシュすると消音切り替えとして動作します。手元で簡単にボリューム調整出来るのは凄く便利!

デザインもタイプライターからヒントを得てデザインされており、レトロ感を漂わせながらも機能的でとっても気に入っています。

謎のレバーはBluetooth接続と有線接続を切り替えるレバーでした

▼付属品で謎だった本体左に装着するレバー。これはBluetooth接続と有線接続を切り替えるレバーとなっていました。

Rymek BluetoothメカニカルキーボードのレバーはBluetooth接続と有線接続を簡単に切り替えられるレバーです。

本体背面にはMicroUSB端子が2つ備わっている

▼本体の背面には充電&有線接続用のMicroUSB端子が備わっていました。どちらも機能は変わらないので、設置場所で配線位置を任意に決めることが出来ます。扱いやすくて宜しい。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは背面にUSB端子が2つ備わっています。

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードを実際に使ってみた使用レビュー!

ここからは実際にRymek Bluetoothメカニカルキーボードを利用して扱いやすかった部分やイマイチだった部分をまとめています!

打鍵感は最高。さすがメカニカルスイッチ

▼僕の持っているモデルはGateron Blue Switch。青軸らしいシャコシャコと軽快な打鍵感で有りながらしっかり押したことがわかる感覚も素晴らしく、打っていて率直に気持ちが良いです。

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはGateron Blue スイッチとCherry MX Blue スイッチ

タイプライターをイメージした製品なのでキーストロークは深め。普段は薄型のノートパソコンを利用しているので違和感が有りましたが、暫く打つと癖になる打ち心地です。

僕は皆さんもご存知の通り、1日に3万文字近く打っちゃう系のヤバめブロガーなのですが、僕の超高速(目視)タイピングにもガッツリ食らいついてくれます。

これだけの打ち心地であれば、文字打ち職業の方も十分活用できそうですね。

打鍵音が気持ちいいGateron Blueスイッチ。打鍵音が控え目なCherry MX Blueスイッチ。

軽いタッチでシャコっと反応してくれる軽快な打鍵感が魅力的なメカニカルキーボードですが、最大のデメリットは打鍵音の大きさです。

どうしてもダダダーっと打つとガッチャガチャと打鍵音が鳴り響きます。打っている側は非常に気持の良い音なのですが、周囲の方はきっと「うるせー!バッキャロー!」と思っていることでしょう。

僕の持っているGateron Blueスイッチは軽快な打鍵音で音は大きめ。ガシャガシャ打っている感がほしければGateron Blueスイッチは非常に気持ちよく打てます。

一方でCherry MX Blueスイッチはより応答性がよく、打鍵音もGateron Blueスイッチと比較した場合は小さめとなっています。

実際に打鍵音を聞いて下さい。メカニカルな美しい音色を奏でています。

▼僕の持っているGateron Blueスイッチの打鍵音↓

▼Cherry MX Blueスイッチの打鍵音↓

打ちにくくは無いが、傾斜スタンドは欲しかった

▼打ちにくくは無いのですが、もう少し傾斜があると手首の負担が減りそう。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは傾斜スタンドが無いので次回作は傾斜スタンドを備えて欲しい

キーボードの裏側を確認すると残念ながら傾斜スタンドは備わっていませんでした。本体が厚めなので、次回作がリリースされるなら傾斜スタンドも備えてほしいですね!

暗所でもバッチリ操作出来るバックライト付き

▼Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは暗所でもキーが見やすいバックライト付きです。こんな感じにキートップも光るので暗い場所でも扱いやすいですね!↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードはバックライト付きで暗所でも視野性が良いです。

無駄に光りまくるバックライトが素敵

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードのバックライトの光り方は1種類ではありません。なんか、ワクワクさせてくれる様々なパターンでピカーッとド派手に光らせる事も可能です。

▼[fn]キーを押しながら[del]キーを押すとキーボードの点灯パターンを変更出来ます。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードはバックライトの点灯パターンが多彩です。

▼動画で撮影してみました。キーを押すとフワッと光が広がるパターンやホタルの様に押したキーのライトが点灯してスッと消えるパターン、有無を言わさず光りまくるパターンなど多様な光り方で楽しませてくれます。

標準のキートップはMac系。別売りでWindowsのキートップも手に入る

▼キートップですが標準状態でMac系キートップが採用されています。これは結構珍しいかも。↓

Rymek BluetoothメカニカルキーボードのキートップはMac系です。

Windows用のキートップも有償ですが早期出資特典だと激安でゲット出来るのでWindowsPCで利用したいと考えている方はキートップもゲットしときましょう。

配列はUS配列なのでパソコンのキーボード言語をUSにしないと印字が合わない

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはUS配列となっており、日本語キーボードではありません。

ローマ字入力で日本語は入力できるのですが、かな入力には対応していないと言いますか、そもそもUS配列は日本語キーボードと印字の配列が違うことに加え、かな入力時に目視するための”かな印字”がありません。

という訳で、Rymek Bluetoothメカニカルキーボードを利用する方は普段から日本語をローマ字入力で利用している方に限られます。

日本語キーボードでこれまで利用していた方はキーボードの入力言語をUSに切り替えましょう

僕もRymek Bluetoothメカニカルキーボードを日本語キーボードを備えるノートパソコンに接続して試し打ちしているのですが、OS側の設定が日本語キーボードとなっているので印字と実際に打って画面に表示され文字が異なりました。

▼例えば、日本語キーボードだと数字の2キーには記号の[”]が打てるようになっています。OS側で日本語キーボードで設定している場合は押されたキーと印字が一致しているので[”]が打てます。↓

日本語キーボードとRymek Bluetoothメカニカルキーボードのキーボードは配列が異なる

▼Rymek Bluetoothメカニカルキーボードを上記パソコンに接続しました。数字の2キーには「@」が表示されていますが、OS側でキーボードは日本語キーボードに設定されているため、印字の[@]を押しても[”]と表示され、印字と異なる記号が打ち込まれます。

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは2に@マークが印字されています。

上記のチグハグを治すにはOSのキーボード設定で日本語キーボードからUSキーボードに切り替える必要があります。

USキーボードに設定を切り替えるとRymek Bluetoothメカニカルキーボードのキートップに表示されている印字通りで入力が出来るようになるのでOSの設定を変更して下さいね!もちろん、US配列に変更してもローマ字打ちで日本語入力は出来るのでご安心下さい。

Bluetooth接続と有線接続の状態が分かりにくい

▼Rymek Bluetoothメカニカルキーボードは謎のレバーを手前に引っ張る毎にBluetooth接続と有線接続が切り替わる仕様です。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードはレバーを引っ張ると有線接続とBluetooth接続が切り替わります。

レバーを引くとLEDが3回点滅して接続モードが切り替わるのですが、光り方が同じであることに加え、インジケータなどで接続モードが表示される訳でもないので接続状態が分かりにくいです。

最初、有線接続モードで一生懸命Bluetooth接続設定していたのですが、全く反応しなくて壊れているかと思いました。

次の項目でBluetoothペアリングの方法を記載しているのですが、有線接続モードかBluetooth接続モードか見極めるためのワンポイントアドバイスを残しておきます。

Bluetoothペアリングの手順はBluetoothモードでないと、各種キー操作で解説通りにキーが光りません。解説通りにキー操作をしても同じ様にキーが点灯しなければ有線接続モードとなっているので、レバーを引っ張ってモードを切り替えましょう。

Bluetooth接続デバイスは3台まで記録出来る!

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはBluetooth機能が備わっているので、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどにBluetooth接続してワイヤレスで利用でき、最大3つのデバイスとの接続設定を記録出来ます。

ペアリング方法

▼まずはBluetoothモード状態にしてから[fn]キーを押しながら[f1]キーを押しましょう。操作すると[f1]のキーがピカーッと光って1つ目のデバイス接続先に推移します。↓

Rymek BluetoothメカニカルキーボードでBluetooth接続を登録するには、fnキーを押しながらF1~3までの任意のボタンを押します。f1、f2、f3にそれぞれ異なるデバイスを登録可能です。

▼続いて[fn]キーを押しながら[~]のキーを押しましょう。これでペアリング状態となります。例えば、1つ前の項目でf1を選択した場合はf1でのペアリング、f2を選択している場合はf2のペアリングを行います。↓

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードでfnと~を同時押しすると選択したBluetooth1~3のペアリングモードに推移します

あとはスマホやタブレットなどに表示される[MX520]を接続するとOK。

今回は1つ目のペアリング先である[f1]で解説しましたが、同じ方法で[f2][f3]を登録することで最大3つのデバイスとのペアリングを記録することが出来ます。

Bluetooth接続と有線接続はレバーを引っ張るだけでスマートに切り替えることが出来る

僕はノートパソコンと有線接続、スマートフォンはBluetooth接続しているのですが、ノートパソコンで作業している途中でスマホにメールが入ったとき、試しにレバーを引っ張ってBluetoothモードに切り替えたところ、ほぼシームレス状態で切り替えることが出来てしまいました。

これ、使い方によっちゃ、2台の異なるパソコンを1つのキーボードで簡単に文字入力出来てしまいます。めちゃ便利じゃないですか。

Surfaceなんかとめっちゃ相性が良さそうな気がしてきた

Surfaceなどディスプレイとキーボードが完全に分離できるノートパソコンを利用している方は凄く使いやすいかも。

▼キーボードにディスプレイ乗っけてBluetooth接続するだけで打ちやすいメカニカルキーボードが利用可能!↓

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはSurfaceなどのパソコンとも相性が良さげ!

Rymek Bluetoothメカニカルキーボードまとめ。想像以上にしっかり作り込まれていた

決して安価では無い製品ですし、デザインも好みが大きく別れますが、メカニカルキーボードとしては上出来な仕上がりでした。

メカニカルキーボードはゲーミングモデルか機能を追求したモデルが多い中、遊び心のあるデザインや仕様は個人的に好みです。

Rymek BluetoothメカニカルキーボードはBluetooth機能を搭載することでスマートフォンやタブレットの種類を問わず気軽に利用できるのが良いですね!

また、有線接続モードも備えているので、個性的なキーボードが欲しい、でも、しっかり打ち込めるメカニカルキーボードが良い!という方もグッと来るものがあるでしょう。

決して万人受けする製品ではありませんが、ハマればこれ以上無いほどにデザイン・機能、そして打ち心地のよいキーボードはありません。

Makuakeで日本リリースの出資を募ります

2018年8月7日からRymek Bluetoothメカニカルキーボードを日本でも販売するための出資金をMakuakeで募るそうです。製品化自体はINDIEGOGOで目標達成しているので、目標額は日本でリリースするための20万円。非常に目標額が少ないので、早々に目標額を達成する見込み。

早期出資特典として以下が用意されているのでご検討下さい!

  1. 出資を募ってる期間はWindows表示対応キーキャップが46%オフの1,560円で購入可能
  2. 出資を募っている期間は専用キャリングバッグが46%オフの2,340円で購入可能
  3. 出資を募っている期間は100名限定で僕の持っているGateron Blueスイッチモデルが50%オフの15,850円で購入可能
  4. 出資を募っている期間、上記の限定人数を超えた場合はGateron Blueスイッチモデルが46%オフの16,950円で購入可能
  5. 出資を募っている期間、Cherry MX Blueスイッチ搭載モデルが100名限定で50%オフの18,750円で購入可能
  6. 出資を募っている期間、上記の限定人数を超えた場合はCherry MX Blueスイッチモデルが46%オフの19,850円で購入可能
  7. その他、複数購入で割引価格で購入可能なプランが用意されています

早期に出資すると本来の半額近くで手に入るので、気に入った方は欲しい方は応援の意味も込めて早期出資をご検討下さい!

Makuakeページは以下からどうぞ!

ページトップへ