ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SoundPEATS Q32のレビュー!安価でフィット感抜群な独立Bluetoothイヤホン!

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

SoundPEATS Q32

どうも、ガルマックスレビュアーのトルチンです。

ここ数年で完全独立のBluetoothイヤホンが凄い勢いで発売されていますが、今回は低価格で高性能なSoundPEATSから完全独立Bluetoothイヤホン「Q32」の改良版をゲットしたので早速レビューしていきたいと思います。

価格は5000円前後なのでお父さんのお小遣いでも購入しやすい価格帯となっており、Bluetooth 5.0や通話時に聞き取りやすくなるCVC8(ノイズキャンセル)に対応しています。

SoundPEATS Q32の価格

▼執筆時点の価格はAmazonで5,299円。様々なショップから購入可能なので以下でチェックして最安値ショップでゲットして下さい!

SoundPEATS Q32のスペック

  • Bluetooth:5.0
  • コーデック:SBC、AAC
  • チップセット:Realitek 8763BFR
  • 最大通信距離:10M
  • 待機時間:120時間
  • 再生時間:4時間
  • 充電時間:2時間
  • 充電ケースでの充電回数:18~20回
  • サイズ:24mm×21.9mm×16mm

SoundPEATS Q32開封の儀!付属する同梱品をチェック!

▼本体とアクセサリがスライド式で格納されてる外箱表面。↓

SoundPEATS Q32の外箱はスライドタイプ!

▼外箱の背面はこんな感じです。技適マークも確認できますね。

SoundPEATS Q32の外箱背面にはSPECが記載されています。

アクセサリは、小さな箱に梱包されている

▼説明書、MicroUSBケーブル、イヤーフック、イヤーチップは小さな箱に入ってます。↓

SoundPEATS Q32のアクセサリー類は小さな箱に詰め込まれています。

取扱説明書は安心の日本語対応

取扱説明書は安心の日本語対応で日本語翻訳も完璧です。

SoundPEATS Q32の取扱説明書は日本語対応です。

充電用MicroUSBケーブルが付属

▼充電用にMicroUSBケーブルが付属しています。ちょっと短い

SoundPEATS Q32は充電用のMicroUSBケーブルが付属していますが少々短いです。

本体とUSBケーブルを格納できる巾着が付属

▼メーカーロゴ入りのケース付き本体とMicroUSBケーブルを入れられる巾着が付属しているので持ち運びも便利。

SoundPEATS Q32は持ち運び用の巾着も付属しています。

フィット感を生むイヤーピース3種とイヤーフック3種が付属

▼Mサイズは本体に装着されており、Lサイズ、Sサイズのイヤーピースが付属、またS・M・Lのイヤーピース一体型のイヤーフックも付属しています。

SoundPEATS Q32はピッタリの装着感を得られるイヤーピースも付属しています。

SoundPEATS Q32の外観・デザインをチェック!

この項目ではSoundPEATS Q32の外観とデザインをチェックしています!

ケースは小さめながら大容量のバッテリーを内蔵

▼ケースは、かなり小さ目ながら大容量バッテリーを搭載しているので18回~20回も充電できる。

SoundPEATS Q32は大容量バッテリーを搭載するケースが付属しています。

前面に充電用の端子

▼ケース背面には充電用のMicroUSB端子を搭載!付属の充電ケーブルで充電しよう↓
SoundPEATS Q32の前面にはバッテリーを搭載。

バッテリーインジケーターもケース前面

▼ケースのバッテリー残量を確認できるバッテリーインジケータはケース前面!ふたを開けなくても確認できるのでとても便利。
SoundPEATS Q32はインジケータも搭載。蓋を開けなくてもバッテリー残量が分かるのは便利です。

イヤホン本体は、マグネット内臓

▼ケースから取り出すと自動的に電源ON!左右のペアリングも自動で完了。

SoundPEATS Q32はケースから取り出すと自動で電源オン!

イヤホン充電中はケースのふた越しに見える

▼ケースに入れてイヤホン充電中は、ケースのふた越しに充電中のランプが見えますよ!カッコいい!↓

SoundPEATS Q32のイヤホン充電は蓋越しにでも確認できる。

SoundPEATS Q32の使用レビュー!

この項目ではSoundPEATS Q32を実際に利用して気がついたことなどを使用レビューとしてお届けしています!

ペアリング

▼スマホのBluetoothe設定にあるSoundPEATS Q32 Rを選択するとペアリング完了↓

ケースから出すと電源が自動的にONになり、同時に左右イヤホンが自動でペアリングを開始します。

もし自動でペアリングしない場合は、ロゴの部分にあるマルチボタンを1秒間押すとペアリングモード(赤、白LED点滅)になるので、あとはスマホのBluetoothe設定から「SoundPEATS Q32(R or L)」を選択するとスマホとのペアリングが完了します。左右どちらかをペアリングしておけば両方の電源がONになることで両耳ペアリングされますよ。

とにかくペアリングに関しては、ほかの完全独立型イヤホンより簡単です。

イヤホンの操作ボタンはロゴ部分

▼イヤホンの操作ボタンはロゴ部分にある!通話や曲送りはこのボタンから操作できる↓
SoundPEATS Q32は本体に操作ボタンが備わっています。

▼マルチボタンの操作は以下の通り↓

  • 再生/一時停止(マルチボタンを1回押し左右どちらでも可能です)
  • 曲送り/曲戻し(左イヤホンのマルチボタンを2回押す、右のイヤホンのマルチボタンを2回押す)
  • 電話の着信(左右どちらかを1回押し)

気になる音質とコーデック

中音、高音はかなりきれいに聞こえるます。低音はそこそこ、重低音はちょっとこもった感じがしますが、激しい重低音でなければこの価格でこの音質は◎です。ちなみに他社製と比較して音量が大きめに聞こえるので初回で聞く際は、ボリュームに気を付けてくださいね!

また、コーデックはAACに対応しているので、対応スマートフォンだとSBCよりも低遅延&高音質で楽しめます。特に映像コンテンツやゲームなどは音と映像がズレると楽しみも半減するので、AAC対応機種での利用がオススメです。

イヤホン本体に角度がついているのでフィット感バツグン

▼イヤホン本体に左右角度が少しついているので耳のフィット感半端ない

イヤホン本体に角度が少しついているため、耳へ装着した際のフィット感がよく、結構奥まで入ってくる感じがあり、遮音性も高く電車の中でも周りの音を気にせずに音楽を楽しめます。

イヤーフックを装着したままだとケースに収納できない

▼イヤーフックがあるとフィット感が抜群にあがるが、デメリットとして充電ケースに入らなくなっちゃいました。
SoundPEATS Q32はイヤーフックを装着するとケースに収納できません。

激しい運動をしないのであればイヤーフック無しでも、イヤーチップを正しいサイズにすることでフィット感は得られるので問題ないと思います。

SoundPEATS Q32まとめ!

SoundPEATS Q32

Bluetootheイヤホンの場合に気になる動画の音声遅延(映像と音が合わない)についても、そこまで気になるほどの遅延もなく、低価格でこの音質なら充分合格点。

フィット感もよく映画を見ると映画館で見ているような音で楽しめます。

2600mAhのバッテリーをケースに搭載しており、最大20回の充電ができるため毎日の通勤通学では15日位は充電しなくても大丈夫だと思いますよ。

またペアリングに関しては複雑な操作や順序性が無く、もの凄く簡単です。はじめてのBluetooth独立イヤホンとして是非検討してみて下さい!

購入時は安いショップでゲットして下さいね!

SoundPEATS Q32の割引クーポン・セール・最安値まとめ!

この項目ではSoundPEATS Q32をお得に手に入れるための情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、SoundPEATS Q32の割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

SoundPEATS Q32のリアルタイム価格をチェックして最安値でゲットしよう!

▼1つ前の項目で割引クーポンやセールが開催されていない時は、以下から価格を確認して最安値でゲットして下さいね!

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のBluetoothイヤホンをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓   ▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓
ページトップへ