TCL 10 Liteのスペック、対応バンド、特徴まとめ!クアッドカメラで2万円台の超コスパ

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

TCL 10L

一見シンプルに見えつつも個性的なルックスとバランス良好なスペックが魅力的!中国メーカーTCLの機種であるTCL 10 Liteをご紹介します!

【追記】当初「TCL 10L」というタイトルでしたが日本モデル「TCL 10 Lite」の発売が決定したので記事タイトル・本文もTCL 10 Liteに変更しています!スペック・仕様はほぼ同一のため、本記事で併せて紹介いたします!

TCL 10 Liteの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
信頼度 参照先:公式代理店
信頼度:高
参照先:公式
信頼度:高
製品情報 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
端末名 TCL 10 Lite TCL 10L
型番/別名 海外版:TCL 10L
発売年 2020年8月 近日公開予定
情報アップデートをお待ちください!
発売地域 日本:SIMフリー 海外:SIMフリー
メーカー TCL TCL
備考 TCL 10Lの日本向けモデル
日本語対応
日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・周波数・ネットワーク ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
3G W-CDMA:1 / 6 / 8 / 9 / 19 EU / MEA / SEAPAC:1 / 2 / 5 / 8
LATAM / US-OM / CA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 EU / MEA / SEAPAC:1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41
LATAM / US-OM / CA:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 26 / 28 / 38 / 25 / 40 / 41 / 66
5G NR 非対応 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
SIMサイズ・スロット シングルSIM(Nano SIM×1+MicroSD) シングルSIM版:NanoSIM×1+MicroSD
デュアルSIM版:NanoSIM×2(NanoSIM×1+MicroSD)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け非対応 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
ディスプレイ 6.53インチ/液晶/画面占有率91% 6.53インチ/液晶/画面占有率91%
解像度 2,340×1,080(FHD+)
画面比率 19.5 : 9
2,340×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:162.2mm
横幅:75.6mm
厚さ:8.4mm
高さ:162.2mm
横幅:75.6mm
厚さ:8.4mm
重さ 180g 180g
本体色 ホワイト系/ブルー系 ホワイト系/ブルー系
システム仕様 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
OS TCL UI
Android 10ベース
TCL UI
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 665 Qualcomm Snapdragon 665
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約170,000点
GPUスコア約33,000点
(参考値)

総合スコア約170000点
GPUスコア約33000点
(参考値)

メモリ/保存容量 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(最大256GB)
※独立スロット
MicroSD対応/最大256GB
片方のSIMスロットと共用
カメラ ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
メインカメラ クアッドカメラ
①48MP(メイン、f/1.8)
②8MP(超広角、118°、f/2.2)
③2MP(マクロ、2cm、f/2.4)
④2MP(深度測定カメラ、f/2.4)
特性:ポートレート、マクロ
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
クアッドカメラ
①48MP(メイン、f/1.8、画角79°)
②8MP(超広角、画角118°、f/2.2)
③2MP(マクロ、最大3.7cm接写、f/2.4)
④2MP(深度測定カメラ、f/2.4)
特性:PDAF、ナイトモード、リアルタイムポートレート
AI:対応
手ぶれ補正:非対応
イメージセンサー:メインS5KGM1、超広角GC8034、マクロ&深度測定GC2385
センサーサイズ:メイン1/2.25、超広角1/4、マクロ&深度測定1/5
PXサイズ:メイン0.8μm、超広角1.12μm、マクロ&深度測定1.65μm
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:16MP(メイン、f/2.2)
画角:79.3°
特性:ビックピクセル技術、ポートレート
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:1.0μm
パンチホール型カメラ
画素数:16MP
画角:76.3°
F値:2.2
ビューティー:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:1/3.1
PXサイズ:1.0μm
機能仕様・センサー ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
GPS A-GPS、GPS、GLONASS、GALILEO、OTDOA A-GPS、GALILEO
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応 非対応
イヤホンジャック あり あり
NFC NFC対応(実機で確認)
FeliCa非対応
NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 スーパーBluetooth:最大4台までBluetooth同時接続可能
バッテリー ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
有線充電:非公表
ワイヤレス充電:非対応
充電時間:2時間25分(公式発表)
逆充電:非対応
ポート USB Type-C USB Type-C
その他 ( TCL 10 Lite vs TCL 10L )
公式サイト

【FOX STORE】TCL 10 Lite

TCL 10L

スペック表に関する免責事項

TCL 10 Liteの性能をチェック!

TCL 10 Liteは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

TCL 10 Lite(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだTCL 10 Lite実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが170,000点、ゲーム性能(GPU)が33,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

TCLらしい、シンプルでスタイリッシュなスクエアデザインが魅力的!

▼全世界の「シンプルなんだけど一発で判別つくような個性的なスマホの見た目が大好き派なユーザーさんに朗報です!このTCL 10 Liteのルックスなんですが、非常にGoodな作り込みですよ!カラーはブルーとホワイトの計2色!↓

TCL 10LTCL 10 Liteのボディは鏡面加工を施しており、さらに反射パターンはナナメのスラッシュのような珍しいパターンを採用しております!光が当たると、画像のようにかまいたちのような切れ込みが入るような反射が光るというスタイリッシュな見た目になっているんですよ!

さらに、TCL 10 Liteのカラーは七色グラデーションパターンを採用しておりまして、角度によって緑色、赤色などの別の色が見えてくるんです!非常に美しい!

さらに、後述するクアッドカメラのユニット形状、指紋センサーの形状は「一律で四角い形に統一」したことで、他社製スマホに見られない個性を演出しつつも、目立ちすぎない絶妙バランスのルックスに仕上がっております!ここまで上下左右のバランスが整った見た目のスマホは他では見かけないぐらいのクオリティ!非常にイケメンっす。

片側パンチホールディスプレイ搭載!実用性の高い形状になっております

▼TCL 10 Liteのディスプレイの形状は、背面とは対比したようなデザインになっております!いわゆる「トレンドに則ったデザイン」となっており、パンチホールは左側配置、そして四隅を丸くした、没入感を重視した形状になっているんです!

TCL 10L

これにより画面占有率は91%と高く、エンタメ、動画、ゲームなどではより高いレベルの没入感でたっぷり楽しめる!ようになっているんです。

あれだけ背面のバランスを整えた見た目だったのに、ディスプレイは片側配置のパンチホールで正面側のバランスは逆に悪いように見える…とこだわる方はそう思うかもしれません!

この形状を採用した理由として「ディスプレイの実用性を重視した」という理由があるんです!パンチホールを画面上部の中央に配置すれば、左右バランスがよく見えるのはごもっともなんですが、全画面表示や縦長サイズのイラスト、漫画を見ている際に、上部にパンチホールが空いているとそこが非常に邪魔になりやすかったりするんですよね。

例えばTwitterで4コママンガなど縦長のイラストを見る際、どうしても画面いっぱいに表示されてしまうため、パンチホール部分が非常に邪魔になるんす。これ、動かしても自動で吸い付くように元の場所に戻ってしまうので、マジで見づらくて結構ストレスでした(筆者の苦い体験談)

さらに通知では形状の特性上、通知アイコンを表示できる数に限りが出てきてしまうのもネック。中央ではなく片側配置であれば限りがほとんどなくなるため、表示と相まって実用性がアップしている!というわけなんです!

4,800万画素搭載!普段使いに適したクアッドカメラに注目です

▼TCL 10 Liteはミドルスマホながらも、フラグシップ機種の如し、4つのカメラを搭載しているんです!構成は、48MPのメイン+8MPの超広角、2MPのマクロに2MPの被写体深度測定カメラ、という構成!LEDフラッシュは2つが離れた部分に配置されているのが地味ながら面白いポイント!↓

TCL 10L

▼メインカメラは4,800万画素センサーを搭載!この画素数はミドルスマホだと最高峰の高さで、国内モデルであれば殆ど見かけないぐらい。さらにAIにも対応しており、食べ物、風景、人物などの被写体に応じて自動で「インスタ映えを狙えるクオリティ」な調整を施してくれる、まるで魔法のようなカメラになっております。↓

TCL 10L

もっとも、画素数が高いイコール写真の品質が高いと一概には言えません。むしろ画素数が上がると写真は暗く出来上がってしまうんす。

ですがこのTCL 10 Liteに関しては、イメージセンサーに定評あるSAMSUNG製の「S5KGM1」を搭載しており、その品質はたしかなものと言えそうです!ちなみにこのイメージセンサーはフラグシップモデルである「Lenovo Z6 Pro 5G」「ZTE Axon 10 Pro」にも搭載されているんですよ。ミドルスマホのTCL 10 Liteですが、フラグシップに食らいつける品質かもしれんと思えば非常にワクワクしますね!実機で実力を試したからNAOKI編集長買ってくれ。

あと、このTCL 10 Liteのメインカメラはナイトモードにも対応しており、夜景も暗所でも明るくキレイに撮影できるとのこと!夜景サンプルがないので非常に気になる部分なんですけども、その品質はどこまで高いかが非常に気になる!また過去にレビューしたTCL PLEXで実際に夜景撮影した際の品質も良かったので、今回も期待して間違いなさそうっす!

サブカメラとインカメラの実力にも期待!

▼サブカメラは8MPの超広角カメラを搭載!画素数は800万画素と低いように見えますが侮れません!超広角という名称の通り、メインカメラよりもググーンと広い画角で撮影できる便利なカメラなんです!

TCL 10L

メインカメラよりも一度に撮影できる範囲が広いため「広大でダイナミックな風景を収めたい」「室内、屋内で一歩下がりたいけど下がれない」という場面で大活躍!このカメラは一度使えばやめられなくなるぐらい便利なんですよ!筆者柳生もイチオシ。

さらに超広角カメラでビデオ撮影もできるので、ひろい範囲を維持したままの録画で、より思い出づくりに活躍が見込めますね!たくさんの思い出を保存したい!という欲張りさんの腹も満たせそう。

▼このマクロカメラの存在も見逃せません。↓

TCL 10L

マクロカメラはメインや超広角では撮影できない「接写撮影」を可能としてくれるカメラでございます!被写体に3.7cmまでググーっと近づいての撮影もできるので、非常にダイナミックで、普段撮影できない写真も撮れるため、今までよりもカメラライフに華を咲かせられるかも。

一見ロマンに見えるマクロカメラなんですが実用性も高いです。今この時代はオークションやネットフリマといった個人間取引がお盛んな時代ですよね。中には商品を売りに出すユーザーさんもいらっしゃることでしょう。そこで商品を撮影する際にこのマクロカメラが大役立ち!近距離接写で商品のキズやスレといった状態を撮影できるので、取引はトラブルが少なく、よりスムーズに進められるようになりますよ!

▼最後はこの被写体深度測定カメラ!むずかしそうな名前すけど、一眼レフのような「自然で美しい背景ボケ写真を撮影するためのサポートカメラ」なんです。人物撮影などの被写体を強調したいシーンで役立ちますよ!

TCL 10L

さらにAIがここにも搭載されており、カメラとソフトウェア両方で処理することで、リアルタイムで背景ボケ処理を施してくれるんです!これにより、写真だけでなく動画撮影でも背景ボケの撮影ができるようになったんです!家族や友達との思い出作りもバッチリですね!

▼続いてインカメラ。インカメラはビューティーモードに対応しており、人物の顔を検知すると、自動で顔をキレイな感じに仕立ててくれる便利な機能を搭載しております!セルフィー撮影の多いユーザーさんにも嬉しいポイントですね!↓

TCL 10L

背面指紋認証に加えて顔認証も対応でロック解除が便利!

▼TCL 10 Liteの指紋センサーは背面に搭載する物理式センサーとなっております!

TCL 10L

ここに指を当てるだけで面倒であったパスワード、パターンの認証なしにロックを解除できるのでとっても便利、、、なのはもちろん、背面搭載で物理的な形状があるため指も自然な位置で当たる部分で使いやすいのはもちろん、「ポケットの中で手探りで探せて認証できる」という地味に見えつつ普段使いで大事な快適さも備えております!

▼さらにインカメラを用いた顔認証機能も完備!手袋着用などで指紋センサーが使えなくても安心です!↓

TCL 10L

本体左側には便利なカスタムキーを搭載!

▼スマホの殆どは電源キーと音量キーの2つしか側面ボタンがありません。しかしTCL 10 Liteは左側に、独自のカスタムキーを搭載しております!

TCL 10L

このカスタムキー、独自に機能を割り振ることが可能で、さらに押し方によって機能を分けて登録できるんです!「1回押し」「2連続押し」「長押し」の3パターンごとに「カメラ起動」「Googleアシスタント起動」といった機能はもちろん「サイレントモードON/OFF」の切り替えもできるので、これまで地味に面倒であった「マナーモードのON/OFF」がボタン1つだけで切り替えできるようになってて大変便利!ユーザーさんごとに好きな機能を触れるので、自分専用の便利なスマホを作れる、というワケなんです。

TCL 10 Liteの対応バンドをチェック!

TCL 10 Liteのdocomo回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(10L)
バンド対応
(10 Lite)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) × ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) × ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 × ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) × ×

4G LTE対応バンド docomo

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド docomo

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

TCL 10 LiteのSoftbank・ワイモバイル回線のバンド対応状況

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(10L)
バンド対応
(10 Lite)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) × ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) × ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) × ×

4G LTE対応バンド Softbank・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド Softbank

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

TCL 10 Liteのau回線のバンド対応状況

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(10L)
バンド対応
(10 Lite)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GH) × ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 × ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) × ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

TCL 10 Liteの楽天モバイル回線のバンド対応状況

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(10L)
バンド対応
(10 Lite)
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) × ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

TCL 10 Liteまとめ!手堅いスペック+便利機能搭載の優等生!

TCL 10L

HUAWEIやXiaomiなどの海外メーカーに比べてTCLってあまり聞かないメーカーですが、だからといって性能も品質も不安になるなんてこたぁありません。

実はTCLって日本にも参入しておりまして、TCLスマホの日本モデル「TCL PLEX」をガルマックスで実機レビューを行っていたんです。その時の評価も「見た目いい+使いやすいい+コスパいい」の三拍子の「イイ」を兼ね備えており、要チェック機種と高評価なナイススペックスマホだったんです!さらに価格も3万円とお得で結構評判も良いんですよね。

今回のこのTCL 10 LiteはそのTCL PLEXくんの正当進化を遂げたような立ち位置って印象。

全体的な造形は似ているし、性能、カメラも一回り強化されており、バランスの良さはそのまま高水準!便利なサイドキーもそのまま受け継いでおり、TCL 10 Liteには非常に期待できそうです!いや期待しかないわ。

で、肝心なのはお値段。執筆時点でまだ発売日と価格が明らかにされておらず、今後が待ち遠しい状態です!このスペックなら3万超えとか有り得そうな気はするけど、もしかしたら3万円切るかも…と思うと非常に落ち着かない。そんな心くすぐる魅惑の1台なのでした→なんかtatsuさん情報だと2.7万円くらいらしいよ!by編集長

▼実機を手に入れたのでレビューを公開!実際に使って良いところや、イマイチに感じた部分を紹介しているので購入検討されている方はチェックしてみて下さい!↓

TCL 10 Liteのレビュー!実機を使って良かったところ、イマイチなところ

TCL 10 Liteの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

■格安SIM(MVNO)■
過去最安値→26,800円

▼割引セールで14,410円!対象オプション加入で3,300円引き、MNP乗り換えで5,500円引き!↓

 

■SIMフリー(端末のみ販売)■

created by Rinker
TCL(ティーシーエル)
¥26,800
(2020/09/27 20:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

ページトップへ