ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Teclast F7のスペック、特徴、最安値!SSD搭載で3.2万円の14型ノートPC!

[告知]双11大セールの衝撃最安値が再来!GEARBESTブラックフライデーセールは以下から!最新ガジェットが激安で大放出されるので要チェック!↓

Teclast F7

更新!実機レビューを公開しました!

Teclast F7の実機が届いたので実機レビューを公開しました!以下から詳しい実機のレビューをチェック出来るので宜しければどうぞ!

低価格で高性能!14型ノートPCTeclast F7コスパ抜群で紹介せずにはいられない!普段使いにピッタリなディスプレイサイズと性能を兼ね備えていおり、海外ネットショップの売れ筋ランキングでも常に上位を獲得している製品なので是非チェックしてみて下さいね!

Teclast F7の価格と最安値!

執筆時点で価格はSSD 128GBモデルがなんとGEARBESTで32606円!現在最安値となっており在庫がガンガン減ってる!これは安いぞ!

▼SSD 128GBモデルは執筆時点で32606円の最安値でGEARBESTが販売中!↓

▼eMMCでSSDに速度は敵いませんが、ストレージ違いもあります!eMMC 64GBモデルの最安値チェックは以下からどうぞ!↓

Teclast F7のメリット・デメリット

[Good!]

  • 128GBのSSDを搭載!(128GBモデルのみ)
  • 14型FHDの高解像度パネル!
  • ノートパソコン向けのCPU N3450を搭載!
  • Wi-Fiは5GHzも対応!
  • Windows 10は日本語でも利用できる!
  • 14型なのに1.23kgで軽量!
  • MicroSDスロットを搭載しているので簡単に容量を拡張出来る!
  • とにかく128GB版は安い!

[イマイチ]

  • 64GB版は容量が少なくSSDよりも遅い(SSDスロットは搭載しているのでSSDで拡張可能!)
  • 14型なので持ち運び用としては少々大きい

Teclast F7のスペック(性能)

項目スペック
OSWindows 10
日本語は言語パックで対応
CPUIntel
Celeron N3450
メモリ6GB
保存容量64GB eMMC
または
128GB SSD
MicroSDスロット搭載
ディスプレイ14型/IPS
解像度1920×1080/FHD
Wi-FiWIFI: 802.11 ac 対応
Bluetooth4.1
バッテリー4900mAh
12V/3.42A充電
サイズ31.50 x 20.85 x 1.35 cm
重量 1.23kg

CPUにIntelのノートパソコン向けCPU”N3450”を搭載!メモリは大容量な6GB、保存容量は128GB版が高速なSSD、64GB版はeMMCを搭載しているので、個人的に長期的利用を考えるなら断然128GB版をオススメします!

Teclast F7の外観をチェック!

▼ディスプレイは14型で広々。シルバー×ブラックのカラーリングがシンプルでGood!↓

Teclast F7は14型ディスプレイを搭載しています。

▼本体の左右にはUSB 3.0の端子が2つのほか、MicroHDMI、イヤホンジャック、MicroSDスロットが備わっています。↓

本体の左右にはUSB 3.0の端子が2つのほか、MicroHDMI、イヤホンジャック、MicroSDスロットが備わっています。かなり拡張性が高いモデルです。

▼天板はロゴなどが無いシンプルな仕上げ。↓

Teclast F7の天板はロゴの無いシンプルなデザインでした。

▼キーボードはブラックでUS配列となっています。↓

Teclast F7のキーボードはUS配列となっています。

Teclast F7の特徴をチェック!

Teclast F7の特徴を注意点も含んで紹介しています!

Windows 10は言語パックのダウンロードで日本語に対応!

Teclast F7はWindows 10を搭載!日本語は言語パックのダウンロードで対応します!

Teclast F7に搭載されているOSは言語部分に”Languages: Windows OS is built-in English, and other languanges need to be downloaded by WiFi.”と記載があります。

翻訳すると初期状態で入っているのは英語だけど、その他の言語はWi-Fiに繋いで言語パックをダウンロードすることで対応するよ!って事です。

海外ノートパソコンは結構このタイプが多くて、初回起動後に日本語化する感じ!同様の仕様で日本語化手順を解説している記事もあるので参考にしてみて下さいね!

普段使いにピッタリなN3450を搭載!

Teclast F7はN3450の高性能なCPUを搭載!

Teclast F7が搭載するCPUはモバイル向けのAtomではなく、ノートパソコン向けのCPUをバッチリ搭載しています!だから処理性能もグッと高くなっており、普段使いにピッタリな性能となっています!

もちろん、ノートパソコン向けCPUの中では最もランクの低い廉価版となるので、高速な処理性能が必要なRAW現像や動画のエンコードには向きませんが、WEB閲覧、動画視聴、メール、Microsoftストアのカジュアルゲーム(Windows10版マインクラフト等)は快適!

Windows 10を搭載した普通のPCなので、プリンターなどの周辺機器の利用は勿論、エクセルなどのWindows 10対応ソフトウェアもバンバン利用できますよ!

▼Teclast F7の仕様(FHD/N3450/メモリ6GB/SSD 128GB)と同じ構成のパソコンを持っているので、様々な性能の参考にしてみて下さい!↓

大容量なメモリ6GBを搭載!マルチタスクも快適!

Teclast F7が搭載するメモリは大容量な6GB!

メモリの容量が増えるとマルチタスク(例えばWEBブラウザーで沢山のタブを開いで操作するなど)が快適!メモリの搭載量が少ないと沢山のマルチタスクで作業する時にメモリ容量がボトルネックとなり、処理が重くなる場合がありますがTeclast F7は6GBの大容量メモリを搭載することでマルチタスク時の耐え幅が広いって訳です!

怒涛の速度!SSDを搭載!(128GBモデルのみ)

Teclast F7の128GB版は高速なSSDを搭載!

128GB版のみとなってしまいますが、ストレージには読込&書込速度の早いSSDを搭載!ストレージの速度は”体感速度”にダイレクトに影響する大切なパーツで、SSDを搭載することにより起動やシャットダウンだけでなく、ファイルの読込、ソフトウェアの起動やレスポンスなど全ての面において体感速度が劇的にアップ!

▼eMMCを搭載している64GBモデルは、SSDスロットが未使用状態なので後からSSDを別途購入して簡単に拡張出来る!

Teclast F7の64GBモデルもSSDを拡張出来るスロットを搭載しています。

ストレージの速度ですが、HDD < eMMC < SSDとなるので、現在HDDを搭載したノートパソコンを利用されている方はどちらのモデルを購入しても体感速度がグッと向上しますよ!

大画面の14型ディスプレイを搭載!パネルはIPS!

Teclast F7は大画面の14型を搭載!解像度はFHDで視野角の広いIPSを採用しています!

Teclast F7は14型のディスプレイを搭載!解像度は1920×1080のFHDパネルを採用しており、IPSなので視野角も広く美しい映像を表示出来る液晶となってます。

日本で同等価格製品の多くは解像度が低いパネルを採用していることが多いのですが、この当たりは「コスパ良いな」と感じる部分ですね!

キーボードは英語配列なのでローマ字打ち必須!

Teclast F7のキーボードは英語配列なのでローマ字打ち必須です!

Teclast F7は広々したキーボードを備えていますが、海外モデルということでキーボードは英語配列となっており、かな入力時に印字確認するための”日本語印字”がありません。

ローマ字打ちなら特に不便を感じる事無くタイピング出来るのですが、”かな入力”でタイピングされている方はかなり使いにくいのでローマ字打ちを覚えましょう!

大画面なのに、安いのに、軽い!

Teclast F7の重量は14型で1.23kgと最軽量級

モバイルPCは”軽量”であるほど価格が高くなりますよね。それだけ”薄い”部分にパーツを詰め込むのですから技術も必要。

という訳で薄型なノートパソコンは一般的に高価なモノと認識されているのですが、Teclast F7は超低価格なのに重量は1.23kgで超軽量!そして前述したディスプレイサイズを考えてみましょう。そうです、14型の大きなディスプレイを搭載してこの重量なのです!

Teclast F7、かなりスタイリッシュですぞ!

最大10時間の連続駆動!ロングバッテリーを搭載!

Teclast F7はロングライフバッテリーを搭載しているので長時間駆動出来ます。

大画面のディスプレイを搭載しているので、バッテリー持ちは3~4時間かな?と思っていたのですが、Teclast F7は動画の連続再生で約6時間、最長で約10時間の連続駆動を実現!

これだけバッテリーが持つので、持ち運んだ時もかなりの作業ができそうですね!

残念!充電は専用ACアダプターが必要!

最近はUSB Type-C端子を備えているモデルも多くなってきました。僕の使っているノートパソコンもUSB Type-C端子を備え、充電や拡張が可能ですが、USB Type-Cの場合は(条件の合う)モバイルバッテリーからPCを充電できるという利点があります。

Teclast F7の場合、専用のACアダプターを利用して専用の充電端子から充電を行う一般的なタイプなので、充電するために付属の充電器が必要で充電するためにコンセントも必要なのです。

もともと14型の据え置きに適したサイズ感なので持ち運びはそれほど重視している方向けでは無い製品ですが、持ち運ぶ時はバッテリー切れを避ける為に専用充電器を持ち運ぶのはチョット面倒かも。

拡張性が高い!Wi-Fiもac規格に対応!

Teclast F7は拡張性が高い部分も注目ポイントです。

ノートパソコンで重要視したい部分が拡張性です。最近のノートパソコンは一般的なUSB-Aを廃止して小型なUSB Type-Cを搭載する端末が多くなってきましたが、薄型化の為に拡張端子はUSB Type-Cが1基のみという端末も珍しくありません。しかも、この1基の端子は充電の為にも利用するので、非常に扱いにくいんです。

だって、充電してたらUSBで周辺機器が拡張出来なくなってしまうじゃないですか。

Teclast F7はUSB-A(3.0)が2つ、ディスプレイの拡張を行うMicro HDMIを搭載!そしてMicroSDスロットまで搭載しているので、デジカメの写真データのインポートや保存容量の拡張なども簡単に行える拡張性を保っているのがGood!

また、Wi-Fiは2.4GHz以外に5GHz帯にも対応!Wi-Fiのac規格に対応しているので(親機がac対応の場合)固定回線の通信速度を余すこと無く伝達可能であることも魅力ですよね!

Teclast F7総評・まとめ

いやー、Teclast F7は久しぶりにドキドキした高コスパノートパソコンでした。

パソコンでは動画見たりWEB見たり、2ch(5ch)やったり、メールやスカイプ通話なんかしか使ってないな~って方は快適に利用できる性能を有しているので是非検討してみて下さいね!

前述しましたが長期的に利用するのであれば容量も大きく速度も爆速なSSD標準搭載の128GBモデルを激オススメします!

現在GEARBESTでは超特価で販売中!その価格はなんと128GBモデルが32606円!実は、下位モデルの64GB版より安くなっているのです!是非、お安い時にゲットして下さいね!

▼SSD 128GBモデル購入は以下からどうぞ!↓

▼eMMCでSSDに速度は敵いませんが、ストレージ違いでもあります!eMMC 64GBモデルの最安値チェックは以下からどうぞ!↓

ページトップへ