ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

10.1型の激安タブレット「Teclast T30」のレビュー!気になった・気にいったポイントまとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Teclast T30

Teclastから登場したミドルレンジの10.1型タブレット「Teclast T30」。なんと、ガルマックスのスタッフが1111セールで購入したと言うので、ようし、よくやったぞ!と実機をかっぱらってきた!というわけで、Teclast T30の実機レビューをお届けします!

あと、今回は別売りのケースやキーボードケースもあるので一緒にレビューしちゃいますね!

【結論】

  • タッチパネルの反応が悪いのでゲーム用途では全くオススメできない
  • 筐体品質は価格相応
  • 総合的な性能はソコソコ。ネットサーフィン以外に読書や動画視聴では満足度が高い。スピーカー音質も悪くない
  • ジャイロセンサー非搭載なのでARや360度動画が楽しめない
  • 技適をちゃんと取得しているのか怪しい

目次をクリックすると各項目へ移動します

Teclast T30の発売時期と価格!

Teclast T30の発売時期は2019年10月頃で実売価格は約190ドル!その他、画面が保護できてスタンドにもなる専用ケースが9.99ドル、キーボード付きカバーが実売29.99ドル!

本体と保護ケース付きだと約200ドル、本体とキーボード付きカバーセットだと約220ドルってところです!安い!購入先は記事の最後に記載しています!

Teclast T30の詳細スペックをチェック!

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:販売店
信頼度:高
製品情報
端末名 Teclast T30
発売年 2019年10月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Teclast
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 900/1800/1900Mhz
3G B1
4G B1/3/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

必須バンド非対応
プラチナバンド非対応
LTE 41対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット Nano SIM×1+MicroSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
本体仕様
ディスプレイ 10.1インチ/液晶
解像度 1920×1200/FHD+/画面比率16:10
画素密度 224ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ135mm
横幅249mm
厚さ8.5mm
重さ 公表値560g
本体色 ブラック
システム仕様
OS Android 9
SoC MediaTek Helio P70/MT6771V/WT
CPU Cortex-A73×2/Cortex-A53×4/2.1GHz/8コア
GPU ARM Mali-G72
ベンチマーク AnTuTu 8(実機):総合スコア174,389点、GPUスコア29,371点
Geekbench 5(実機):シングルコア310点、マルチコア約1383点
PUBG Mobile:スムーズ+高
COD Mobile:フレームレート高まで設定可
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大128GB/独立スロット
内部ストレージ化できる
カメラ
メインカメラ 8MP
特性:広角
前面カメラ 0.3MP
機能仕様・センサー
GPS 対応
センサー ジャイロセンサー非搭載
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC非対応
その他機能 専用キーボード対応
バッテリー
バッテリー容量 8000mAh
充電 有線充電
ポート USB Type-C
その他
価格 約2.2万円
公式サイト

TECLAST T30

Teclast T30のレビュー!メリット・デメリットをチェック!

付属品はシンプル!充電器は日本のコンセントに挿すことが出来ないので注意!

▼外箱はお馴染みの匠心ボックス!↓

Teclast T30

▼付属品は非常にシンプルでTeclast T30本体以外に保護フィルム(貼り付けられた状態で付属)充電器、充電ケーブル、SIMピン、クイックガイド系(日本語あった!)の書類3種とクオリティーチェックのラベルのみ。↓

Teclast T30

▼充電器は5V/2.5A(7.5W)のプチ急速充電器が付属しているんだけど、ご覧の通り充電器は日本のコンセントに挿すことが出来ないプラグなので注意。

Teclast T30の充電器は日本のコンセントに合わない形状なので注意

▼その辺に転がっている充電器使っても良いんだけど、付属の充電器使いたいわーって方は以下のプラグ変換アタッチメントが必要なんで手に入れておきましょう!↓

カシムラ 国内用変換プラグ C→A NTI-22
カシムラ (2015-09-01)
売り上げランキング: 5,135

デザインは気にいったが品質はイマイチ。重量感も気になる

▼Teclast T30は10.1型ディスプレイを搭載する大型のタブレット。基本、横持ちで利用すること前提の設計でインカメラは横持ちした時に上部側、スピーカーも横持ちした時に上部左右に配置されるように備わってるっす。ちなみにインカメラの左側にインジケータあるんだけど、充電中に赤いランプがずーっと点滅するのが鬱陶しい。

Teclast T30は横持ちを意識した設計 Teclast T30のインカメラも上部中央に搭載 Teclast T30のスピーカーも横持ちした状態で上部の左右に配置となる

▼背面はつや消しブラックでデザインは気にいってるんだけど、カメラの出っ張りはちょっと気になるかもね。

Teclast T30の背面はブラックでマッドな仕上げ Teclast T30のカメラはやや出っ張っているのが気になった

筐体品質はイマイチ。若干、かみ合わせの悪い部分もあってガタガタしてるんすよ。↓

Teclast T30は細部の筐体加工がイマイチ

重量は552g。iPadの10.2インチモデルが500gを切っていることを考えると、やや重い部類。持っていても結構重量感を感じます。↓

Teclast T30の重量は552g

▼専用キーボードとの接続は専用の端子に磁石でくっつけるSurfaceみたいな感じでございます。↓

Teclast T30は専用キーボードを専用の端子に磁石で固定するタイプ

▼その他、ポートは裏表関係なく挿すことが出来るUSB Type-C、イヤホンジャック、SIMスロットを搭載。SIMスロットはNanoSIM×MicroSDが挿入できるシングルSIMタイプっす。

Teclast T30はイヤホンジャックやSIMスロットも搭載

性能はミドルレンジ。ライトな使い方に向いている。

Teclast T30のパフォーマンスなんだけど、処理性能を左右するSoCにMediaTek製のHelio P70を搭載。前モデルのT20がHelio X27を採用していたので結構パフォーマンスは向上してる。メモリは4GB、保存容量は64GBで2019年12月時点だとザ・ミドルレンジって感じの端末。

▼試した限りTeclast T30に向いている使い方はネットサーフィン、動画視聴、読書などライトな使い方がお似合いで、こんな感じの使い方なら特に不満もなく結構快適。動画もFHDの全画面表示でコマ落ちすることなくスムーズに再生できるので、マルチメディア用途に向いているモデルっす。↓

Teclast T30

▼ゲーム用途では微妙な印象。PUBG Mobileはスムーズ+高、COD:Mobileはフレームレート高まで設定可能ですが、パフォーマンス以前にタッチパネルの反応が良くないので操作感は最悪。

AnTuTu、Geekbench、PCMark、3DMark、A1SDのベンチマーク結果をチェック!

▼AnTuTuバージョン8でのスコアは総合スコアが総合スコアが174,389点、GPUスコアが29,371点。GPU性能は一昔前のミドルレンジクラスなのでゲーム性能の低さはスコアでもよく分かるっすね。

以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点で本端末の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!AnTuTuのバージョンで規準スコアが異なるので注意!
AnTuTu 8ゲーミングハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

3D
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark for Android、3DMark、A1SD(ストレージ速度)の測定結果は以下!ストレージ速度も価格相応で特に速くなくて、ストレージ読み込みに左右されるアプリではもたつきを感じることがあるかも。↓

保護フィルム剥がしてもタッチパネルの反応が悪くてゲームには不向き

Teclast T30の最大の懸念点はタッチパネルの反応が悪いこと。

▼これはTwitterにあげたやつ。ちょっと見にくいけど、細かい指の動きに追尾してくれない。これだとFPSゲームはまず快適にプレイできない。ちなみに保護フィルムが悪さしているのかと思って剥がしてテストしたんだけど、やっぱり駄目。

ホーム画面のスワイプやブラウジング時のスクロールスワイプなど大きなスワイプ操作ではそこまで気にならないんだけど、FPSゲームでの細やかなエイム調整は出来ないし、音ゲーのシビアなスワイプ操作でも失敗率高め。

Teclastは個人的に好きなメーカーなので、あまり露骨に言えなくてすまない。控えめにオブラートに包んで伝えるなら、Teclast T30のタッチパネル感度はクソである。

SIMスロットは搭載しているけど、対応バンドが少ないのでオマケ程度

▼Teclast T30はSIMスロットを搭載。対応バンドが少なくてテストした結果、ドコモ回線、ソフバン・ワイモバイル回線で通信自体は出来た。でも、プラチナバンドに対応していないので電波の強度が弱いと感じることがあるかも。ちなみにテストした場所では問題なくLTE掴んでた。

一応、ドコモ回線もソフトバンク・ワイモバイル回線もLTEで全国区をカバーするバンド1に対応しているんで通信できるエリアは広いけど、地下や郊外などプラチナバンドが重要なエリアでは電波の掴みが悪くなるので知っておいて下さい!おまけ程度!

▼と言っても、僕の住んでいるエリアだと結構快適に単体通信できているんで、今は月間100GB使えるWiFi系SIMを挿して通信中!ま、タブレットは電話とかしないからある程度バンドが少なくても良いかなって感じ。

Teclast T30

最安ブランドはどこだ!月間100GB/300GBが激安で使える「WiFi系SIM」の利用料金を比較!

技適マークは”一応”あった

▼そうそう、Teclast T30は技適マークが付いてました。でも、システム画面の中には認証情報を表示する項目がないっすね。技術基準適合証明番号が分かんないんだけど、どうなんだろね、これって。総務省のページで検索してもヒットしない(これは僕の検索の仕方が悪い可能性もあるけど)ので後で直接メーカーに聞いてみるわ。↓

Teclast T30は技適のマークはあるけれどシステムから確認は出来ない。

MicroSDは内部ストレージとして利用できた!

▼MicroSDスロットを搭載しているんで試してみたところ、内部ストレージとしても利用可能でした!↓

PCに接続しても認識しなかったので困った

これは最後まで解決できんかったんだけど、MACでもWindowsでもTeclast T30とのケーブル接続で認識しなかった。なので、スクショとか写真をパソコンに入れるの超面倒くさい。付属のケーブルでもサードパーティ製(もちろんデータ通信できるやつ)でも充電しかできずデータ通信出来なくて困ったんで情報共有しときます!

カメラはオマケ。記録撮影やビデオチャット用途で使おう

Teclast T30のアウトカメラで撮影した写真。これはこれで味があって嫌いではない

Teclast T30はメインカメラとインカメラを備えているんで撮影自体は出来るんだけど、画質はオマケ程度なので看板や標識を撮影するような”記録撮影”やビデオチャット用途向き。画質は微妙なんですが、いっちょまえにRAW保存出来るっす。

やっぱり10.1型は動画も漫画も快適!

▼Teclast T30は10.1型ディスプレイ。前モデルより解像度は落ちたけど、それでもFHDクラスなんで個人的に画面の粗さはあまり気にはならなかった。動画はFHDでも滑らかに再生できるし、上部のスピーカーもステレオで広がりあるし音質も悪くないので個人的に十分。

Teclast T30

▼漫画はKindleアプリで楽しんでるんだけど、横持ち見開きはやっぱり読みやすい!見開きで快適に漫画読むにはやっぱり10インチクラスだなと再認識。超快適。

Teclast T30は10.1型クラスなので漫画の見開きも見やすい

【別売り9.99ドル】ケースはスタンドにもなる!けれど、ボタン部分は押しにくい

▼Teclast T30専用のケースも数種類リリースされているんだけど、スタッフさんは1111セールのギフトでゲットしたみたい!通常購入価格は9.99ドルで結構安いんだけど見た目と質感は悪くないっす!

Teclast T30は専用ケースもリリース済み Teclast T30は専用ケースもリリース済み

▼専用ケースは画面まで保護出来るほか、簡易的なスタンドとしても利用可能!ストッパー的なものがないので寝かせすぎるとずれ落ちちゃうんだけど、角度に気をつければ便利に使える。↓

Teclast T30の専用ケースは画面も保護 Teclast T30の専用ケースはスタンド代わりにもなる

▼ケース部分は柔らかい素材。ボタン部分は開口しているんだけど、Teclast T30のボタン自体が浅いのとケースの枠が太いことでボタンが奥に引っ込んでしまい押しにくいのが欠点かな。ま、9.99ドルで画面まで保護出来る&スタンドとしても利用できるんで無いよりか持っていたほうが断然良いんだけどね。購入先は記事の最後に記載しておきますね!↓

Teclast T30の専用キーボードは分厚いのでボタン類が奥に引っ込んだ感じで押しにくい

【別売り29.99ドル】キーボードケースは長文打つならあり。けれど、癖もあるし普段から付けておくのは微妙な印象

▼Teclast T30は専用の端子にドッキングして利用する別売りのキーボードケースもリリース。価格も約30ドルとお安い設定。

Teclast T30のキーボードカバーは30ドルで安い Teclast T30

▼キーボードケースはキーボード部分が画面保護用のケースの役割を果たすほか、背面の保護部分はパタリと三角形に折りたたむことでスタンドにもなる。このタイプは画面の角度調整が出来ないんで、利用するなら視野性が最も良くなる卓上での利用がオススメ。↓

Teclast T30の専用キーボードは画面の保護も出来る Teclast T30の専用キーボードカバーは背面が折れ曲がりスタンドになる Teclast T30の専用キーボードを利用したときのスタンドは角度変更できない

▼キーボードはAndroid用で、左上にはホームボタンも搭載。タッチパッドも備わっているのでドッキング時はマウスカーソルが表示されパソコンみたいに操作出来るっす。↓

Teclast T30の専用キーボードはAndroidで利用する際に便利なキーを搭載している。

キーボードは打鍵感をしっかり感じる浮石タイプ。キー自体は小さくフルサイズよりも一回り小さいサイズですが、慣れちゃえば長文も十分打てる感じ。ちなみにキーボードはバックライト非搭載っす。↓

Teclast T30のキーボードはフルサイズよりも一回り小ぶり Teclast T30の打鍵感は悪くない

アルファベット打つならShift押しながらの入力がオススメ

キーボードで日本語とアルファベットの入力切り替え知っている方いたら教えて。色々調べて出てきた方法(例えばShift押しながらスペース押すとか)試したんだけど切り替わらん。

▼で、試行錯誤の結果、最終的にはアルファベット打つ時はShift押しながら入力する方法が一番ラクだった。あとはスペースを押して変換すると全部大文字、全部小文字、頭だけ大文字とか変換できるので、この方法で今は打ってるっす。慣れちゃえばOK。↓

Teclast T30の専用キーボードカバーでの入力でアルファベットはShiftを押しながら入力して変換して文字を選択しよう

タッチパッドの動きがピーキー。2本指操作でのスクロールやスワイプは2本指をある程度離して操作しないと正常に反応しない

専用キーボードのタッチパッドはひとクセあり。特に2本指操作のスクロールやスワイプは2本の指を離さないとシングルタップと勘違いされるみたいで誤爆多発。

▼こんな感じに2本の指をくっつけての操作は正常に動作しない場合が非常に多い。↓

Teclast T30の専用キーボードのタッチパネルは2本の指を揃えてスライドすると正常に認識しない

▼ある程度、2本の指を離して操作するとうまくいく。↓

Teclast T30の専用キーボードで2本指操作は少し指を開いて操作すると正常に反応する

キーボードは反対側にひっくり返すことができない

▼Teclast T30の専用キーボードは反対側にクルッとひっくり返すことが構造上出来ない↓

Teclast T30の専用キーボードは背面に回り込まないのでやや扱いにくい

▼なので、パソコンスタイル以外で使う時はキーボードを下部にダラ~ンと垂らして使うしか無い。うーん、微妙!

Teclast T30に専用キーボードを付けて利用する時は常にキーボードを展開したような形状で使うしか無い。

Surfaceとかって「ノートパソコン」として利用することが多いんだけど、Teclast T30って「タブレット」として利用することが多いハズ。そうなってくると専用キーボードを常に付けていると使いにくいってシーンも出てきた。

うーん、確かに長文を打つ時はキーボードを利用したほうが圧倒的に快適なんだけど、頻度が低いなら通常のケース+Bluetooth接続のキーボードを使ったほうが良いかもね。

Teclast T30まとめ|マルチメディア用途向き。ゲーム用途で選んではダメ!

Teclast T30

Teclast T30をレビューしてきたんだけどタッチパネルの精度がやっぱり残念。入力系って凄く大切で基本中の基本って部分なので、なんでこれで出荷OK!ってなったのか疑問。全然アカンやん。

確かにネットサーフィンでのスクロールや動画視聴時のタップ、漫画のページめくりなどは許容範囲なんだけど、ゲームの項目でもお伝えしたとおり小さな移動幅の入力はとっても反応が悪いので入力がシビアなゲームではアウト。

なので、Teclast T30は【2万円くらいでネットサーフィンや動画視聴、漫画を快適に楽しめるタブレットを探している】って方に向いているモデルっす。

10インチクラスのAndroidタブレットってそんなに種類も多くないので貴重っちゃ貴重。価格も約2万円って考えると魅力的な部分も多いんですが、購入前に知るべき注意点や妥協点も多い製品っす。

購入前にしっかり【用途】を決めてから検討して下さい!Teclast T30が気になっている方の参考になれば幸い!以上、ガルマックスレビューでした!

おしまい

⭐⭐⭐気にいった⭐⭐⭐

  • 10.1型のミドルレンジタブレットが約2万円で手に入る価格設定
  • 画面が綺麗&音質も悪くないので動画視聴にピッタリ
  • 対応バンドは少ないが単体通信もできる

⭐⭐⭐気になった⭐⭐⭐

  • タッチパネルの反応の鈍さ
  • 横持ち前提の設計
  • 技適がちゃんと取得出来ているか確認ができん(システムに認証情報の確認項目が無い)

Teclast T30の割引クーポン・セール一覧

最新割引情報

2020年2月11日更新

■メモリ4GB+容量64GB■

[最安値]Banggood]割引クーポン適用で179.99ドル!↓

 

■キーボード付きモデル■

[最安値]Banggood]割引クーポン適用で199.99ドル!↓

Teclast T30の購入先一覧

▼メモリ4GB+容量64GB↓

ページトップへ