POCO X5 Pro 5G-1100-150

Wear OS向けLINEがでた!対応スマートウォッチなら単独でトーク、スタンプ送信可能に!

Wear OS

LINEはGoogleのWear OSを搭載したスマートウォッチ向けのLINEを発表!これまでよりも格段に便利に使えるようになりましたよ!

Wear OS向けLINEが発表

▼先日、LINE公式はWear OS搭載スマートウォッチ向けのLINEを正式に発表しました!↓

Wear OS 搭載スマートウォッチに「LINE」をインストールすることで新着メッセージが見れたり、簡単なメッセージの返信ができます。ペアリングされたAndroid搭載スマートフォンが近くになくてもいつでもメッセージを確認することが出来るようになりました。スマートフォンの充電が切れてしまった時やちょっとした外出時に便利です。

Wear OS 搭載スマートウォッチでLINEを利用する – guide.line.me

これまでもスマートウォッチから返信はできていましたが、絵文字や音声入力での返信など簡易的なものでした。

しかし今回登場したWear OS向けLINEはさらにその機能が拡充されるようです!やったね!

なお今回発表されたLINEは「Wear OS搭載モデルのスマートウォッチ」が対象。通常のスマートウォッチは対象外なので注意です。また対応バージョンもLINE 12.3.0、watchOS 3.0、Android 6.0以上で利用可能とのこと。

Wear OSモデルはOPPO Watch(Freeではない方)やGalaxy Watch、Fossil Gen 6など。こちらのGoogle公式サイトでも一部対象モデルを確認できます。

新機能まとめ

▼これまで同様にメッセージ通知の受信はもちろん、メッセージの全文やスタンプ、画像、音声データを見られるようになっています!↓

▼通知受信時は定型文、音声テキスト入力、スタンプ、音声メッセージで返信することができるようになっています!スタンプは一部のみ対応とのことですが、どこまでレパートリーがあるか気になりますね。↓

▼スマホ版LINEにはスマートウォッチ用設定が追加。返信定型文の編集ができるようになったのは実に嬉しい!デフォルトだと味気ない返事しかありませんが、これも友人向けのフランクなものに書き換えることができそうですな。↓

▼またスマートウォッチ側のインターフェースも改良されている模様。返信テキストボタンがデカくなったおかげで、1インチ台の小さい画面でも押しやすい設計になったのも親切(`・ω・´)。↓

▼また友だち追加に使えるQRコードも出せるようになっています!新しく友だちを作りたい時に腕を出してQR出すだけで良いってスタイリッシュで良いっすね!第一印象もインパクトありそう。↓

Wear OS搭載スマートウォッチが欲しくなる

「スマートウォッチは運動よりもスマホの補助として使っているタイプ」の筆者からすればこのアップデートは凄く嬉しい!ましてや単独でメッセージ表示や返信が出来るのは便利な予感しか無いっすな(`・ω・´)。

▼Wear OSの良さはOPPO Watchで体感しているんですが、とにかく機能性豊富で良かったの一言(電池もちだけは果てしなくクソでしたが)。売っぱらってOPPO Watch Freeに乗り換えてしまったのをマジに悔やんで泣いてます。↓

OPPO Watchのレビュー!常時表示や通知返信など多機能で便利だけど電池もちは残念だった!

なおこのLINE、具体的なリリース日時は明らかになっておらず、執筆時点ではスマートフォン版LINEのアップデートもまだ降ってきていません。

しかし公式ツイートの文言から、まもなく利用できるものと思われます!う~ん楽しみ。筆者の場合は対応モデルを買うとこからなんですが。

ページトップへ