ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

無線ワイヤレス給電が日本で実用化段階に。対応スマホの登場にも期待

まさに夢の技術。数年前から少しずつ技術が進歩してきた「電波を使う無線ワイヤレス給電」が日本でも実用化段階に突入です。

総務省が2020年内に専用電波を割り当てる方針

日本経済新聞によると2020年にはワイヤレス給電に使う電波を割り当てる方針だとか。

通信電波を使ってデジタル機器を遠隔から給電できる技術が日本で実用化段階に入る。総務省は2020年度内にも3帯域で専用の電波を割り当てる方針で、パナソニック、オムロン、東芝、米オシアが無線の使用を届け出る。

ワイヤレス給電、日本で実用化へ 東芝・オムロン参入

ワイヤレス給電とか充電って今ではスマホとかも対応してるんですが、あれは昔からある電磁誘導の原理を使ったやつ。デメリットは給電・受電のコイルが近くないと電気を伝えられないんで、ワイヤレス充電台にスマホを乗せる必要があるんですね。

こんな感じでスマホなどのワイヤレス充電は古くからある仕組みを使った方法なんですが、本記事で話題になってるのは「電波を利用した無線ワイヤレス給電」ってとこです。電波を使って受信機めがけてビューンと電気を飛ばします。

この電波を使った方法だと給電ユニットと受電ユニットが1〜10m離れていても電気を送ることが出来るんですって。凄い。

日本経済新聞によるとパナソニックが名刺サイズの受信機を開発しているそうで、5m先のコイン電池を充電できるくらいには技術が進んでいるようです。

こんな感じで従来の電磁誘導の原理を使った方法では難しかった「離れた場所の機器に電気を送る」って事が近い未来には実現しそうなのです。

電波を使った無線ワイヤレス給電はライフスタイルを劇的に変化させる

電波を使ったワイヤレス給電。いよいよ実用化段階ということで取り上げたんですが、これから電波の割り振り、人体や他の機器での影響なども含めた検証を行っていく段階みたいです。

まずは工業向け製品からの実用化だと思うんですが、一般的に普及したら様々なものがワイヤレス充電化されそうですね。

  • スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ
  • バッテリーで動くマウスやキーボード
  • リモコン、ゲームのコントローラー
  • 忘れ物タグとかの小物系

パッと思いつくだけでも山のようにあります。

一般的に普及して我々が利用できるのはもう少し先になりそうですが、そのうち、家にある様々なモノがコードレスになるかも知れませんね!この技術は確実に今後のライフスタイルを激変させるものなので、今後の展開に要注目です!

ページトップへ