ワイモバイル バナー ヘッダー

Xperia Ace II(SO-41B)のレビュー!2.2万円でFeliCa、防水防塵!実機で使い勝手を試す!

Xperia Ace Ⅱ

Sonyの「Xperia Ace II」をメーカーさんにお借りすることが出来ました!22,000円で手に入る格安なXperiaの実力はどんなもんなのでしょうか、レビューをお届けします!

良かった点

  • 安価な価格設定
  • FeliCa・防水防塵対応
  • 扱いやすいコンパクトボディー

注意点

  • 指紋認証は触れるだけで認証するタイプ
  • カメラは光量が少ないと画質が大きく下がる
  • 性能低いので通話やメールなど連絡用途向け

Xperia Ace IIのレビュー

▼ディスプレイは5.5型でノッチタイプを採用。Xperiaでは結構珍しいなって思いながら見てたんですが、昔の上下ぶっといベゼル時代からするとコンパクトなのに大画面になったなーって感じです。↓

Xperia Ace Ⅱ

▼縦140mm、横69mmと最近のスマホとしてはとってもコンパクト。片手でも扱いやすいサイズ感、やっぱり良いですねぇ。いつまでも持ってられそうな160g切りの重量もポイントです。↓

Xperia Ace Ⅱ

▼カメラなんて出っ張ってるどころか、引っ込んでますよ。なんかもう、ケースとか付けずにこのコンパクトなまま使いたい衝動が。↓

Xperia Ace Ⅱ

▼ボタン・ポート類の配置は以下の通り↓

Xperia Ace Ⅱ
音量ボタン、指紋認証付き電源ボタン、Googleアシスタントボタン
Xperia Ace Ⅱ
ピン不要で取り出せるSIMスロット
Xperia Ace Ⅱ
イヤホンジャック
Xperia Ace Ⅱ
スピーカー、USB-Cポート

付属品・同梱物

  • クイックガイド

▼付属品はクイックガイドのみ。他にはな~んにも入ってません。キャリアモデルだとこれがデフォ↓

Xperia Ace Ⅱ

充電器や充電ケーブルはとりあえず今使ってるの使い回すとして、保護ケースやら保護フィルムやらを揃えると予算25,000円くらいは見積もっておいたほうが良いかなー。

▼Xperia Ace IIのレビュー動画はYouTubeで公開中!質感・カラー・雰囲気・動作・レスポンスは実機動画をチェック!↓

Xperia Ace IIの保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み!様々なフィルムタイプから選べるのでオススメです!

タイアップクーポンを発行中。500円以上のご購入時に適用すると100円オフ。割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい。

Xperia Ace IIの処理性能・実機ベンチマークスコア

Xperia Ace IIのSoCはHelio P35を採用してます。エントリー向けで性能は一番下っ端クラスなので、結構割り切った使い方が必要かなーって印象っすね。端末の処理性能を数値化するベンチマークをチェックしてみましょう。

▼Xperia Ace IIの実機でAnTuTu(Ver8)を測定しました!総合スコアは106,825、GPUスコアは15,050です!↓

Xperia Ace Ⅱ

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
AnTuTu Ver.9 スコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark、3DMarkでのスコアは以下の通り!↓

Xperia Ace Ⅱ

▼ストレージ速度は読み込みが282.6MB/s、書き込みが211.4MB/s。値段なりって感じの速度なんですが、ライトな使い方ならそこまで気にならないかなー。写真とか動画をPCに移動したりすることが多い方は転送にちょっと時間かかるかもですね。↓

Xperia Ace IIの機能・仕様の検証結果

以下はXperia Ace IIの主な機能・仕様です。

通知ランプ
指紋認証 ○:画面内蔵/側面/背面式。解除に約0.5秒ほど掛かる
顔認証
ツインアプリ
(デュアルアプリ)
PCモード
外部映像出力 ✕:ワイヤレスのみ対応/ケーブル出力不可
戻るボタン入れ替え ✕:デフォルトは左
ジェスチャー操作
クイックランチャー ○:サイドセンス
ゲームモード
冷却システム
MicroSD
内部ストレージ化
✕:外部ストレージのみ使える
Photoshop Camera
PUBGモバイル
グラフィック設定
フレームレート設定
スムーズ設定時→【スムーズ】+【中】
最高クオリティ&フレーム設定→【標準】+【中】
スピーカー モノラル
イコライザー
Bluetoothコーデック SBC / AAC / aptX / aptX HD / LDAC
(開発者オプションにて対応が確認できた一覧で、接続テストはしていません)
DRMコンテンツ Widevine:L3
Amazonプライムビデオ:SD画質で再生を確認
Netflix:SD画質で再生を確認
高リフレッシュレート
表示モード ダークモード
画質調整 ホワイトバランスのみ
備考

Xperia Ace IIの実機を触って気づいた事

Xperia Ace IIの実機を触って気づいたソフトウェア・ハードウェアの特徴を書いていきます!詳細スペックや特徴は以下で紹介していますよ!

Xperia Ace IIのスペック・対応バンドまとめ

性能は…。連絡用とかライトな使い方向きだな

Xperia Ace IIってめちゃめちゃ安いじゃないですか。22,000円ですよ。Xperiaが22,000円っすよ。これは飛びついちゃいそうなんですが、ちょっとまって、これ性能結構低い。

正直に言うと、WEBブラウジング中も引っかかりを感じたり、文字入力も稀に遅延が発生する感じ。まじで。

エントリーって聞けばスマホ初心者向きってイメージもあるんですが、スマホ初心者さんって結構色々やっちゃう。これを試してみよう、あれも試してみよう、写真も連写じゃー!とか。

そうなってくると、この性能じゃ、「うーん…。スマホってこんなもんなの?」って思っちゃうかも。

僕がXperia Ace IIをオススメするなら、ズバリ「スマホをあんまり使わない人」かな。通話とかメールとか、綺麗なお花を見つけてたまにパシャっと撮影したりとか。そんな感じの使い方に向いた感じよこれ。3Dのゲームとかマジ厳しいんで将棋マジおすすめ

FeliCa・防水防塵対応は嬉しいよね!指紋センサーは、うーん…。

Xperia Ace II、安くてもしっかりドコモスマホ。スマホ便利機能の代表格といえばおサイフケータイ機能が思い浮かぶのですが、ちゃんとFeliCa対応しているんで、会計時にピッて出来ます。

▼ほら、FeliCaマークもここにある。↓

Xperia Ace Ⅱ

あと、防水防塵もちゃ~んと対応しているんで、お水こぼして濡れたー!とか、アチャーなシーンでも大丈夫。

▼借り物ってことで、もうやりたい放題。水に沈めてあれこれしてたんですが、全然へっちゃら。↓

Xperia Ace Ⅱ

便利機能の代表格といえばもう一つ、そう、生体認証です。Xperia Ace IIはコロナ禍でマスクシーンが多くてもサクッと解除できる指紋認証センサーを搭載。

▼握ると良い感じに親指付近に指紋センサーがあるので、位置はいい塩梅。↓

Xperia Ace Ⅱ

▼そんなに解除速度は早くないけど必要十分。お、結構良いじゃんとか思ってたらこれ。なんかいつの間にか認証失敗してやんの。

Xperia Ace Ⅱ

これあれですわ。「触れるだけで認証」するタイプ。つまり、握ったり指が触れる度に「ん、これは登録されている指紋とちゃう!弾いたろ!」ってなるんです。

そんなことを続けると「むむむ、何度も登録していない指紋で認証が行われている!ロックしたろ!」ってなるわけ。

で、いざ登録した指でロック解除しようとすると、認証失敗が重なって指紋ではロック解除できないよ。他の方法で解除してねって表示がでてムキーってなっちゃうんです。

まぁ、そんなにスリープ状態でスマホベタベタ触ってなければこの様な状況にそうそうならないんで、気にならん人は気にならんかも。

他で気に入って使ってるのがサイドセンス。画面端のバーをタップするとアプリや機能にショートカットできるやつっす。僕はスマホに色んなアプリを入れるんですが、一軍は大体このサイドセンスに入れる感じ。素早くアクセスできて宜しい。

▼サイドセンスは初期でオフになってます。便利だから標準オンでも良いのにな〜。使いたい方は設定→画面設定→詳細設定→サイドセンスからオンにしてくださいな!↓

HD+だけど画面小さいから粗さは気にならん

ディスプレイの解像度はAnTuTuで調べたら1496×720でHD+。最近のスマホはFHDクラスが一般的なんで画面粗いんじゃないのーって思ってる方、ご安心を。

計算してみたら画素密度は高精細基準の300ppiを超えてるんで、画面の粗さは全く感じませんよ!

▼画面は小さいけど視認性も良好で必要十分!↓

Xperia Ace Ⅱ

▼映画とか著作権コンテンツを視聴する時に重要なWidevineはL3でした。なのでNetflixやAmazonプライムビデオはSD画質での再生になっちゃいます。が、画面がそもそも小さいので、僕の目では粗さは感じず特に不満なく見れてます。↓

Xperia Ace Ⅱ

スピーカーはシングルタイプなのでYouTubeとかTikTokとかラフに見れるコンテンツでは必要十分な音質・音量で特に不満もなし。映画とか音も楽しみたいならイヤホンジャックも搭載しているんで、お気に入りのイヤホンやヘッドホン使いましょう!

バッテリー持ち、使い方次第でめっちゃ持つ

Xperia Ace IIは前モデルから大幅にパワーアップ!なんと、4500mAhも詰め込まれているのです。こんなにちっちゃいのに大容量。

バッテリーなんて使い方次第で減り方が変わるんです。3Dゲームとかをガンガン遊んでいると電池はバンバン減るわけですが、Xperia Ace IIの性能だと、WEB閲覧とか動画視聴とか通話・メールが中心だと思うんですよね。3Dゲームとか動作重くて快適に動かんし。

そんな感じでライトな使い方であれば、なかなかの電池持ち。通話受け専門ならマジで数日は全然バッテリー持ちます。

Xperia Ace IIのカメラ・写真・動画

構成・画素数 13MP(メイン)、2MP(深度カメラ)
撮影モード 写真・動画、ポートレート、ポートレートセルフィー、Google Lens、パノラマ
ズーム デジタル。ピンチ操作で最大5倍まで対応
シャッター音の消音 不可
マニュアルの設定幅
動画解像度 1080P/30FPS
手ブレ補正 1080P/30FPS

カメラの感想

  • 昼間:光量多ければ綺麗に撮影できる
  • 望遠・ズーム:ワンタップズームボタンが欲しかった
  • 夜景:明るい夜景は綺麗に撮影しやすい
  • ポートレート:エッジ加工が甘め
  • マクロ・接写:デジタルズームで代用するしかない
  • 自撮り:光量多ければ綺麗
  • 動画撮影の手振れ補正:定点撮影向き

昼間に撮影した屋外写真:光量多ければ綺麗に撮影できる

Xperia Ace IIのカメラはとってもシンプルで通常カメラと背景ボケ撮影をサポートする深度カメラの構成。前モデルは通常カメラのみだったのでちょっぴりパワーアップしてます。

画質は昼夜・シーン問わず「周囲の光量」に画質が大きく左右される感じ。カメラにとって好条件となる明るく沢山光量をカメラに取り込めるシチュエーションであれば、なかなか綺麗に撮影できるんで、撮影するなら明るい場所でどうぞ。

▼左がXperia Ace II、右がiPhone 12 Pro Max。↓

望遠・ズーム:ワンタップズームボタンが欲しかった

ズーム撮影は光学の望遠レンズを搭載していないのでデジタルズーム。操作は二本指を開くピンチ操作でズームします。

最大で5倍のデジタルズームに対応してるんですが、できれば使い勝手が良く画質劣化の少ない2〜3倍にワンタップで画角を切り替えられるボタンが付いてたら使い勝手良かったのになー。

▼以下は最大のデジタル5倍ズーム。思ってたよりも綺麗に撮影できた。↓

Xperia Ace Ⅱ

ナイトモード・夜景撮影:明るい夜景は綺麗に撮影しやすい

Xperia Ace IIは「夜景」などモードを任意で選択できるようにはなってなくて、カメラを向けるとシーンに合わせて「低照度」とか「夜景」など自動で認識するタイプ。

▼手持ちでも光量さえあれば結構綺麗に撮影できるなー。↓

Xperia Ace Ⅱ

▼いつものポイントでも撮影。10万円以上するiPhoneと比較するのは酷なんだけど、Xperia Ace IIは22,000円ですからね。そう考えると十分っしょ。左がXperia Ace II、右がiPhone 12 Pro Max。↓

やっぱり光量が少ないと一気にノイジーになっちゃう。ある程度の画質で撮影するなら光の量は大切。左がXperia Ace II、右がiPhone 12 Pro Max。↓

ポートレート:エッジ加工が甘め

Xperia Ace IIは背景ボケ撮影をサポートする深度カメラを搭載!人物だけでなっくフィギュアなどでもボケ味撮影を楽しめたのは良かった!

▼品質的には綺麗に撮影できるときもあれば、以下のようにエッジ加工が甘めの場合も。なので、ポートレートを撮影する時は撮影後にチェックしたほうが良いかな!↓

Xperia Ace Ⅱ

マクロ・接写:デジタルズームで代用するしかない

Xperia Ace IIはマクロカメラを搭載してないんで、マクロ(接写)する時にはデジタルズームを使うことになりそうです。デジタル2倍くらいが画質とのバランスが良いかも。

▼通常カメラでは被写体から約15cmまで近づけますが、これ以上はピンぼけ。あとは切り抜くかデジタルズームでなんとかしましょう。↓

Xperia Ace Ⅱ

自撮り:光量多ければ綺麗

インカメラは8MPのシングルカメラ。画角の調整は出来ないんだけど、こっちも必要十分な感じかな。美顔モードも付いてるんでかなり弄くれます。

▼室内で撮影。逆光調整とかは甘めだけどラフに撮影するくらいならこの画質でも良いかな。ビデオチャットするにも必要十分な画質だと思います。↓

Xperia Ace Ⅱ

動画撮影時の手ブレ補正:定点撮影向き

動画は手ブレ補正にも対応!1080Pで撮影テストしたんだけどフレームレートは手ブレ補正オン・オフ関係なく30FPSでした!

▼手ブレ補正をオンにした状態で歩き撮影を試したんだけど、結構映像がチラッチラしちゃうんで、どっちかといえば定点向きかな!↓

まとめ

Xperia Ace Ⅱ

これはあれですね、「スマホをあまり触らない人向け」だなってのが正直な感想。

性能が必要最低限って感じなので、スマホは通話したりメールを確認したり、連絡手段としての使い方が中心だ!って方はXperia Ace IIで良いんじゃないかと思います!

Xperia Ace IIはエントリースマホなんですが、エントリー=スマホ初心者向きとは僕は思ってないんで、割り切った使い方ができる方向けの端末です!購入前の参考になれば幸い!以上!

■通信キャリア(MNO)■

ページトップへ