ワイモバイル バナー ヘッダー

ワイモバイルは17日までに申し込めば3月末まで無料!新料金プランへの変更も手数料なし

ワイモバイルが2021年2月17日までの申し込みでキャンペーン

ワイモバイルは2月17日までに「スマホベーシックプラン」に申し込めば2月と3月の基本料金が無料になります。その後新しい「シンプルプラン」への変更も手数料なし、なんとその場合でも特典継続。駆け込みなのでお見逃しなく。

本記事内の価格・料金は全て税抜き金額です。

スマホベーシックプランとシンプルプランの違い

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド。CMで聞いた事がある方も多いはず。UQモバイルはKDDIのサブブランドでワイモバイルと似たような品質のサービスをau回線で提供しています。今回はワイモバイルの話。

現在ワイモバイルではスマホベーシックプランが申し込めますが、これが2月18日からはシンプルプランと申し込めるプランが切り替わるんですね。なので二つの月額料金や仕様の違いを比較してみました。

学割は18歳以下のユーザ、家族割は2回線目以降、おうち割光セットは家のネット回線とのセット割です。

※スマホベーシックプランは学割や家族割が適用できなかったとしても新規割によって2~7ヶ月目が700円引きになります

スマホベーシックプラン
(2/17まで)
S(3GB) M(10GB) R(20GB)
無料通話 1回10分 1回10分 1回10分
容量超過時速度 300Kbps 1Mbps 1Mbps
月額料金 2,680円 3,680円 4,480円
ワイモバ学割
(18歳未満)
2~7ヶ月目
1,280円引き
8~13ヶ月目
580円引き
2~7ヶ月目
1,700円引き
8~13ヶ月目
1,000円引き
2~7ヶ月目
1,700円引き
8~13ヶ月目
1,000円引き
家族割
(おうち割と併用不可)
2回線目以降
500円引き
2回線目以降
500円引き
2回線目以降
500円引き
おうち割光セット
(家族割と併用不可)
500円引き 500円引き 500円引き
国内通話の完全定額 1,000円 1,000円 1,000円

※シンプルプランは新規割は対象外となっており、学割についてもプランSは対象外となっています

シンプルプラン
(2/18から)
S(3GB) M(15GB) L(25GB)
無料通話 なし なし なし
容量超過時速度 300Kbps 1Mbps 1Mbps
月額料金 1,980円 2,980円 3,780円
ワイモバ学割
(18歳未満)
なし 2~13ヶ月目
1,000円引き
2~13ヶ月目
1,000円引き
家族割
(おうち割と併用不可)
2回線目以降
1,080円引き
2回線目以降
1,080円引き
2回線目以降
1,080円引き
おうち割光セット
(家族割と併用不可)
1,080円引き 1,080円引き 1,080円引き
国内通話の10分定額 700円 700円 700円
国内通話の完全定額 1,700円 1,700円 1,700円

月額料金を比較

以下はスマホベーシックプランの全パターンの月額料金の比較表。この料金内で10分の通話定額・5G通信に対応しますが、完全通話定額は月額1,000円のオプションです。

スマホベーシックプラン
(2/17まで)
S(3GB) M(10GB) R(20GB)
学割のみ 2~7ヶ月目
1,400円
8~13ヶ月目
1,900円
14ヶ月目以降
2,680円
2~7ヶ月目
1,980円
8~13ヶ月目
2,680円
14ヶ月目以降
3,680円
2~7ヶ月目
2,780円
8~13ヶ月目
3,480円
14ヶ月目以降
4,480円
新規割+家族割 or おうち割光セット 2~7ヶ月目
1,480円
8ヶ月目以降
2,180円
2~7ヶ月目
2,480円
8ヶ月目以降
3,180円
2~7ヶ月目
3,280円
8ヶ月目以降
3,980円
学割+家族割 or おうち割光セット 2~7ヶ月目
900円
8~13ヶ月目
1,600円
14ヶ月目以降
2,180円
2~7ヶ月目
1,480円
8~13ヶ月目
2,180円
14ヶ月目以降
3,180円
2~7ヶ月目
2,280円
8~13ヶ月目
2,980円
14ヶ月目以降
3,980円
割引なし
(新規割のみ)
2~7ヶ月目
1,980円
8ヶ月目以降
2,680円
2~7ヶ月目
2,980円
8ヶ月目以降
3,680円
2~7ヶ月目
3,780円
8ヶ月目以降
4,480円

以下はシンプルプランの全パターンの月額料金の比較表。この料金内で5G通信に対応しますが、10分の通話定額・完全通話定額は月額700円・月額1,700円のオプションです。

シンプルプラン
(2/18から)
S(3GB) M(15GB) L(25GB)
学割のみ なし
1,980円
2~13ヶ月目
1,980円
それ以降
2,980円
2~13ヶ月目
2,780円
それ以降
3,780円
家族割 or おうち割光セット 900円 1,900円 2,700円
学割+家族割 or おうち割光セット 900円 2~13ヶ月目
900円
14ヶ月目以降
1,900円
2~13ヶ月目
1,700円
14ヶ月目以降
2,700円
割引なし 1,980円 2,980円 3,780円

学割など適用できる特典の有無や選ぶプラン次第でキャンペーンによって旧スマホベーシックプランが安いタイミングもありますが、強制だった10分無料通話が消える分最終的には割引なしの素の状態で新シンプルプランの方が安くなります。

また700円・1,700円で通話定額をプラスする場合でも同額なので、基本的にはシンプルプランを考えればOKです。というか2月17日でスマホベーシックプランの新規受付は終了なので、それ以降に記事を見た方は検討の余地すらありません。

2月17日までに申し込む理由は基本料金の無料キャンペーン

じゃあなんで今さらまもなく終わってしまう古いプランを取り上げているのか。

その理由は17日までに申し込むと2月度・3月度の料金が無料になるから。ワイモバイル公式が「旧料金のスマホベーシックプランで申し込むと3月まで基本料金無料だよ」とキャンペーンを打ってるんです。

さらに新料金のシンプルプランへのプラン変更はいつでも可能。なんなら無料期間中に即変更しても今度はシンプルプランの基本料金が無料になります。手数料もかかりません。

対象料金プランの基本使用料を無料に致します。
※特典適用期間中にシンプル S/M/L へプラン変更した場合、特典内容は以下の内容に変わります。
・シンプル S/M/L の基本使用料無料
・だれとでも定額またはスーパーだれとでも定額(S)の月額料から 700 円割引(だれとでも定額またはスーパーだれとでも定額(S)にご加入いただいている場合のみ)

「3月末まで基本料無料キャンペーン」提供条件書

シンプルプランに変えた後も基本使用料が無料、通話定額つきにした場合は700円分(10分通話無料分)が無料。10分を超える通話料金や完全通話定額を申し込んだ場合は足が出るのでそこだけ注意です。

  • 2月17日(水)までに申し込み→2月/3月分の基本料金が無料
  • 2月18日(木)以降に申し込み→何もなし

つまり旧プランが安いケースで継続しようが即シンプルプランに変更しようがどっちだろうと今申し込んだ方がお得という事です。

「ワイモバイルの新料金プランは知ってたし入るつもりだったよ」という方は前倒しで2月17日までに申し込む事をおすすめします。当てはまる方、結構いるのでは?もしくは決定権を持っているご家族に聞いてみて下さい。

SIM単体はもちろんスマホセットもおすすめ

今使ってるスマホをそのままにワイモバイルのSIMカードだけ注文するのももちろんOKですが、ちょうど今ワイモバイルはスマホセールを実施中です。

iPhoneはSEが激安。通常アップルストアで単体で買うと5万円ほどですが、条件を満たせば1万円ほど安く購入可能。

▼64GBは39,600円、128GBは46,080円!新規またはMNP、プランMまたはRの場合!↓

ただしワイモバイルはすでにiPhone 12・iPhone 12 miniを2月下旬から取り扱う事を発表しています。これらを検討したい人はガルマックスのレビュー記事を見てみて下さい。

Androidなら一番のおすすめはOPPO Reno3 A。番号そのまま乗り換えのMNPならなんと1万円切り。新規契約でも十分安いです。なんでもできる万能スマホ。この機会にケータイも買い換えるか、と考えていた方に。

▼新規契約なら14,400円、MNP乗り換えなら8,640円!

ページトップへ