ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

格安Simの設定はこんなに簡単!そろそろ格安Sim始めませんか?

s-102574

GARU(@GaruJpn)です。

利用料がとっても安い格安SIMで気になってる方も多いかと思いますが、「SIMを差し替える」だとか「設定は難しいのかな?」とか、色々不安があると思うんですよね。

そこで今回はAndroid端末での「APN設定」について画像付きで分かりやすく解説します!

と~っても簡単なんですよ!一度設定してしまえば、通信したいSIMを設定から選択するだけ。

ちなみに、docomo端末を使用している場合はdocomo系の回線網を利用した格安SIMを。au端末をお使いならau系の回線網を利用した格安SIMを。SIMフリー端末であれば掴める電波の兼ね合いから断然docomo系の回線網を利用した格安SIMを使いましょう!

申込時にSIMサイズを指定する必要があるので、上のSIMサイズ画像とご自身でお使いのスマートフォンから引っ張りだしたSIMを照らし合わせて申し込んでくださいね!

あ、いい忘れていましたが、Android端末での「APN設定方法」はどの格安SIMでも同じですよ!今回は私が利用しているmineoというMVNOの格安SIMで解説しています。

所要時間3分!とっても簡単な格安SIMのAPN設定!

まずはじめに、docomoの端末をお使いであれば、docomo系の回線網を利用した格安SIMであればSIMロックの解除は必要ないです!au端末の場合も同じくau系の回線網を利用した端末であればSIMロックの解除は必要ないです!

SIMフリー端末はそもそもロックがかかっていません!

今回はdocomo端末の富士通製「F-02G」をSIMロック解除しないでmineoの格安SIMで通信出来るようにAPN設定してみました!

それではどうぞ!

記事の最後に今回使用したmineoの格安SIMについてもまとめてあるので宜しければどうぞ!

docomo端末で格安SIM使っちゃうぜ~!

↓格安SIMを契約すると、通信するための「APN設定入力内容」が冊子等に記載されているので、端末で入力します。

garumax-0

↓スマホの設定からモバイルネットワークへ

garumax-1

↓モバイルネットワーク内の「アクセスポイント名」をタップして「+」からAPN追加情報入力画面に移行しましょう。

garumax-2

↓MVNOの冊子などを確認しながら必要な項目を入力!

garumax-3-1

↓APN設定項目は沢山ありますが、設定箇所は多くはないです!スクロールして設定該当箇所の見落としが無いように注意しましょう!全ての設定項目の入力後、端末により「保存ボタン」がある場合は保存してから戻るボタンで前画面へ。私の端末では保存ボタンがなかったので、入力後に戻るボタンで勝手に保存されてました!

garumax-4

↓はーい。設定完了!これでdocomoのSIMと格安SIMを設定からワンタップで切替えることが出来ます!

garumax-5

↓スマホのWi-FiをOFFにしてから電源を切って格安SIMに入れ替えましょう!

garumax-11

↓スマホの電源をONにすると、docomo端末の場合、docomoが提供しているサービス設定画面が表示されますが、docomoのSIMでしかdocomoのサービスは利用できないので、スルーしまよう!

garumax-6

↓結構沢山ありますが全てスルーで!

garumax-7

↓あとちょっと!ちなみにdocomoのSIMでは元通りにdocomoサービスは利用できるのでご安心くださいね!

garumax-8

↓ホーム画面にたどり着いたら電波マークを確認!まだAPN設定がdocomoのSPモードの状態なので、電波は掴んでますが通信できない状態!モバイルネットワークを先ほど追加した格安SIMのAPN設定に切り替えましょう!

garumax-9

↓電波マークの横にdocomoならLTE、auなら4Gと表示されればLTEで通信可能状態です!LTEと3Gどちらも電波を掴みました!めでたしめでたし!

garumax-10

一度APN設定した項目は任意に破棄しない限り端末に保存されますので、以降はdocomoのSIMと格安SIMを差し替えてAPN設定を切替えるだけでオッケー。

格安SIMの設定はとっても簡単で年間10万近くの節約!

いかがでしたでしょうか?難しそうで実はと~っても簡単なのです!

例えば、電話はあまりかけないけどデータ通信は沢山する方、docomoやau、SoftBankで大容量のデータ通信利用料で四苦八苦されてる方、電話もデータ通信もあまり利用しない方は格安SIMに切り替えるとかなりの節約になります。

格安SIMが気になるなら実際に使ってみるべし!

↓mineoのdocomo回線を利用した格安SIMでの通信速度。

s-mineo2

格安SIMに乗換えると安くなるのは知ってるけど、実際は通信速度やエリア、使ってみなければ分からないのが現状ですよね。。

ならば、使ってみればいいんです。

私の利用している格安SIMはmineoという格安SIMでビッグキャンペーンを利用して契約しましたが、そのビッグキャンペーンの内容が初めての格安SIMにピッタリなのです。

ビッグキャンペーンの内容は10月末までの契約でデータ通信1GBが半年間月額0円。タダです。3GBが半年間月額108円。3GBx2の複数回線申し込み割引で6GBが半年間月額112円。

↓docomo回線網は「dプラン」au回線網は「aプラン」

タイプ500MB1GB3GB5GB
aプラン
(シングルプラン)
756円864円972円1706円
dプラン
(シングルプラン)
756円864円972円1706円
音声通話付き
(ダブルプラン)
上記プランに
+658円(aプラン)
+756円(dプラン)

3GBの複数回線契約はFREETELのMIYABIなどで採用されているSIMスロットが2つ搭載されているモデルに3GBx2を差し込んで、片側のデータ容量を使いきればもう片方に切替えることで計6GBが利用できるテクニック。これはデータ通信専用端末と電話専用端末の二台持ちされる方にオススメ。

mineoの格安SIMはdocomo系とau系のどちらの回線網を利用した格安SIMプランを提供しており、docomo端末、au端末ならSIMロック解除の必要が無いこと。

次にデータ通信専用での契約なら解約手数料が無いこと。つまりキャンペーンで気に入らなければ解約してしまっても解約費用が全くかかりません。更に2年縛りなどもなし。

だから初めての格安SIMにピッタリなのです。

ちなみに気に入ってMNPする場合、mineoは自宅でMNP切替が出来る利便性の高いサービスを提供しているのも皆さんにオススメできる1つの要素です。通常はMNP切替作業後に郵送でSIMを自宅に配送する形が一般的で、その場合は配送期間中は電話もネットも出来ない状況に陥ってしまうからなのです。

実際に格安SIMというものをご自身の生活範囲で利用してみて、問題がなければMNPで乗りかえ、気に入らなければ解約してしまえばいいのです。

1GBが半年間月額0円なので、格安SIMのテスト用として最適なのでオススメですよ。

何度かGARUMAXでも取り上げていますが、ありがたいことにとても反響が良いので気になる方はどうぞお試しくださいね!

GARUMAXでは格安SIMと格安スマホを数多く取り扱っていますが、今後必ず格安SIMというものは一般的に浸透します。SIMを差し替えてAPN設定で設定項目に数十文字打ち込んで切替えるだけで簡単に通信費が節約できるのですから便利な世の中になりましたね。

私はスマートフォンをほとんど使わない両親のスマホを格安SIM運用に切り替えてあげました。年間10万も節約できれば少しリッチな旅行でも行けることでしょう。

10月末までの期間限定キャンペーンなので既に10万人以上の方が申し込みに殺到しているビッグキャンペーン。使い方が合致すれば年間で大幅な節約が可能なので気になる方は試してみましょう!

追記:mineoのキャンペーンは終了しました。以下のリンクよりキャンペーン情報も更新していますので宜しければどうぞ

ページトップへ