ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

2画面構成も楽々!HDMI搭載USB Type-C用のUSB-A変換ハブ「DC31S」レビュー!

HDMI出力端子を備えたUSBハブのDC31S!

追記:充電しながら利用できるDC30を購入しました。MacBookなどUSB Type-Cが1つしか備わっていないノートパソコンでも、USB 3.0×3、HDMI、そしてSDカード、MicroSDカードスロットまで拡張しながら同時に充電も可能です。DC30が気になる方は「DC30のレビュー。PD対応USB-C用のUSB、HDMI、SDスロット拡張ハブ!」をどうぞ!

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

最近の薄型ノートパソコン、USB-Aの端子が省かれて小さなUSB Type-Cに切り替わってきましたが、端子の数も少なく外部ディスプレイ出力のHDMIも省かれつつありますよね。

外出先で使っているノートパソコンを、自宅では大画面の外部モニターと扱いやすいフルサイズのキーボード、好みのマウスを利用してデスクトップスタイルで利用したい!という方も多いのですが、そこで悩まされるのがノートパソコンの宿命である乏しい拡張性。

特に外部モニターを利用してデュアルディスプレイでノートパソコンを利用する場合、映像出力の端子が必要ですよね。

今回紹介するdodocoolの「DC31S」は最近流行りのUSB Type-Cにブスっと挿すことが出来るUSB-A(3.0)変換ハブなのですが、なんと、HDMIの端子まで備わっているので、1本のケーブルで複数のUSB機器に接続出来るだけでなく、外部映像出力まで出来ちゃいます。

PCにはUSB Type-Cで接続!

DC31SはUSB Type-Cが備わっている製品で利用できます

MacBook Proや僕の持っているGPD PocketはUSB Type-Cという最新のUSB端子が備わってます。最近はスマートフォンでも搭載されているので知ってる方も多いと思いますが、コンパクトで高速通信できて、しかも裏表関係なしに差し込める優れもの。

DC31Sも流行りのUSB Type-Cに対応しているのでノートパソコンに搭載されているUSB Type-Cの端子へ直接挿して利用できます。

USB Type-Cの端子1つで、USB-A×4、HDMI×1が拡張出来る!

DC31SにはUSB-A(3.0)に対応した端子が4つ、そして外部映像出力のHDMIが1つ搭載されており拡張性は抜群!

▼本体側面にはUSB-A(3.0)が3つ並び・・・。↓

本体側面には3つのUSB A端子が備わっている

▼反対側にはUSB-A(3.0)が1つと、HDMI端子が1つ搭載!↓

反対側の側面にはUSB Aが1つとHDMIが1つ備わっている

1点注意したいポイントなのですが、DC31Sは拡張のみ出来るハブなので、例えばUSB Type-Cが1つしか備わっていないMacBookでは、DC31Sを利用すると拡張は出来るもののMacBookの充電が出来なくなってしまいます。

MacBookなど、USB Type-Cが1基しか備わっていない端末の場合は充電しながら拡張出来るPD対応USBハブがオススメです!

こんなに拡張できるんです!

GPD Pocketをデスクトップスタイルで利用するために様々なUSB機器や外部出力ケーブルを挿してみました。

  1. 外付けHDD
  2. 無線マウスの受信機
  3. USBメモリー
  4. HDMIで外部モニター出力
  5. フルサイズキーボード

如何でしょうか。外に持ち出す時はパソコンに接続しているUSB Type-Cケーブル一本を取り外すだけで持ち出せ、自宅に帰宅したらケーブル一本でデスクトップスタイルに一瞬で切り替えられます。

まとめ。

やっぱり、デスクトップスタイルで利用すると作業効率もグーンとアップします。特に僕が持っている小さいパソコンは7型なので、デスクトップスタイルで使うと快適性は雲泥の差でした。

ノートパソコンをデスクトップスタイルで利用したい方は是非使ってみて下さいね!9月4日迄利用できる20%割引クーポンを販売店さんから頂いているのでご活用下さい!

クーポンMH5SBKIS

ページトップへ