ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

楽天モバイルのレビューとキャンペーンセールまとめ【2016/12/8更新】

楽天モバイルロゴ

ここでは楽天モバイルを実際に利用してみてのレビューとキャンペーンセール情報をまとめています。

楽天モバイルはクレジットカード不要で契約可能で楽天サービスで貯まるポイントを楽天モバイルの利用料金に充てることが可能でとっても安く利用可能です。

  • ▼お知らせ▼

    本ページは更新型の記事です。更新通知はTwitter・Facebook・Google+でのみ行います。feedlyなどのRSSのみを購買されている方は更新通知が届かない可能性が高いので各種SNSをご活用下さい。

楽天モバイルの現在行っているキャンペーンをチェックは「目次」から該当項目に移動できるのでご活用下さい。

目次をクリックすると各項目へ移動します

楽天モバイルの利用料金。

ここでは楽天モバイルの利用料金に関してまとめています。

楽天モバイルの利用料金は以下の通り。

プラン月額通信制限速度回線網契約手数料
ベーシックデータのみ
525円

SMS付き
645円

音声通話付き
1,250円
無制限200kbps固定ドコモ3,000円
3.1GBデータのみ
900円

SMS付き
1,020円

音声通話付き
1,600円
3日540MB
(超過時は速度制限)
ダウンロード
225Mbps

アップロード
50Mbps
5GBデータのみ
1,450円

SMS付き
1,570円

音声通話付き
2,150円
3日1GB
(超過時は速度制限)
10GBデータのみ
2,260円

SMS付き
2,380円

音声通話付き
2,960円
3日1.7GB
(超過時は速度制限)
20GBデータのみ
4,050円

SMS付き
4,170円

音声通話付き
4,750円
無し
30GBデータのみ
5,450円

SMS付き
5,520円

音声通話付き
6,150円
無し
5分以下かけ放題音声通話プランに+850円
備考繰越可能、初月基本料金0円
利用料金100円につき楽天スーパーポイント1ポイント
楽天ポイントでの支払い対応
楽天デビットカード支払い対応
11月下旬に口座振替対応
SMSプランは050の
IP番号が付与

楽天モバイルでは上記の利用料金をベースとして、5分以下かけ放題等は別途オプション契約となります。

また、上記プラン以外に端末+通話プラン+5分以下かけ放題オプションが全てセットになった【コミコミプラン】も利用可能です。

楽天モバイルで20GB/30GBの大容量プランが追加。

楽天モバイルでは20GB/30GBプランを新たに追加しました。

楽天モバイルでは20GB/30GBの大容量プランが利用可能となりました。

大手キャリアでは大容量プランでテザリングを行う場合、別途利用料金が発生(現在はキャンペーンで免除)しますが、楽天モバイルではプラン料金のみでテザリングも利用可能です。

また、3日の通信量で通信速度が制限される3日制限も無いので思う存分データ通信を活用出来る内容となっています。

楽天モバイルの特徴。

ここでは楽天モバイルの特徴についてまとめています。

クレジットカード不要で契約可能。

利用料金はクレジットカード払いが一般的ですが、楽天モバイルでは【楽天銀行デビットカード】【スルガ銀行デビットカード】での契約が可能です。

ただし、デビットカードを現時点で所持していない場合は口座開設する必要があり少々手間がかかります。

2016年11月下旬からは【口座振替】での支払いに対応予定なのでカードを作るのが面倒な方はもう少し待ちましょう。

楽天スーパーポイントが貯まる・使える。

楽天モバイルでは楽天スーパーポイントが貯まり、利用料金に充てることも可能です。

楽天モバイルでは利用料金から楽天スーパーポイントが貯まるだけでなく利用料金に充てることも可能です。

また、端末購入代金に充てることも可能なので楽天市場や楽天トラベルなど楽天経済圏を利用されている方は楽天モバイルをより低価格に利用可能です。

楽天モバイルでは5分以下かけ放題が利用可能。

楽天モバイルでは電話回線を利用した高品質な5分以下かけ放題をオプションで利用可能です。

楽天モバイルでは月額850円で「5分以下かけ放題オプション」が利用可能です。

格安SIMではようやく5分以下かけ放題が一般化してきましたが、楽天モバイルでは高音質な電話回線を利用しているのが特徴です。

楽天モバイルの「5分以下かけ放題オプション」では「楽天でんわ」アプリを利用する事で手軽に通話定額サービスを利用できます。

楽天モバイルでは5分以下かけ放題申込者向けのキャンペーンも実施しているのでキャンペーン項目に記載しています。

他社端末でも端末保証に加入可能。

楽天モバイルでは他所で購入した端末でも【繋がる端末保証by楽天モバイル(月額540円)】に加入できるので、ドコモの古い端末を利用する場合や家電量販店で安く手に入れたSIMフリースマートフォンでも自然故障・破損/全損・水没に対しての保証を受けることができます。

但し、自然故障に関してはメーカー保証が受けられるので万が一の保険的なサービスです。

楽天モバイルを実際に利用しての評価。

楽天モバイルを契約しました

ここでは楽天モバイルを実際に利用しての評価を書いています。

キャンペーンを利用して安くゲットしたのですが、私のミスでSIMサイズを間違えてしまい当時は4,000円という手数料を支払いサイズ変更しました。皆さんも申し込み時のSIMサイズには気をつけてくださいね。

楽天モバイルの通信速度は?

通信速度に関しては地域による人口密度、時間帯、端末により左右されるので本記事での通信速度は1つの参考材料として頂ければと思います。

楽天モバイルの通信速度測定結果。かなりの速度を混雑時でも維持できている

▼下りの通信速度ピックアップ▼

  • 12:00/53.94Mbps
  • 12:10/50.93Mbps
  • 12:20/7.70Mbps
  • 12:30/7.69Mbps
  • 12:40/6.86Mbps
  • 12:50/10.18Mbps
  • 13:00/20.01Mbps

個人的には常時これだけの通信速度が維持出来ているのであればバンザイです。

もちろん、利用者が増えると帯域も狭くなり通信速度は時期により大きく変動があるので、最低利用期限や解約金の無いデータプランで楽天モバイルの使用感を確かめてみるのも1つの方法です。

5分以下かけ放題の音質と楽天でんわアプリ使い勝手。

楽天モバイルでは電話回線を利用した高品質な通話かけ放題が利用可能で実際に利用しても遅延は感じませんでした。音質に関してもIP回線(インターネット回線)を使っている訳では無いので非常にクリアです。

楽天でんわアプリではインストールして初回起動すると、端末の電話帳データを自動で同期するので導入は非常に楽です。また、楽天でんわ経由で発信した場合でも相手側へ着信番号がしっかり表示されます。

注意点として楽天でんわアプリからは緊急電話や一部のフリーダイヤルへはかけることが出来ないので通常の電話アプリから発信しなければいけません。

楽天モバイルのデメリットや注意点。

ここでは楽天モバイルに関するデメリットや注意点をまとめています。

データ通信の3日ルールが厳しい。

3日ルールとは、3日のトータル通信量が一定を超えた場合に通信速度を制限するルールです。

楽天モバイルの利用料金表にも記載していますが以下の通り3日で利用できる通信量が決まっています。

  • 3.1GBプラン:3日で540MB
  • 5GBプラン:3日で1GB
  • 10GBプラン:3日で1.7GB

3日ルールは業界全体で緩くなっている傾向にありますが、楽天モバイルでは厳しいルールが設けられていると言わざるを得ません。

突発的にカーナビを一日中使った場合や、Wi-Fiに接続するのを忘れて楽天モバイル回線で動画を視聴してしまうと3.1GBプランの場合、一発で通信制限となる可能性が高いので十分注意しましょう。

尚、新設された20GBプラン及び30GBプランでは3日制限はありません。

コミコミプランは2年目以降の利用料金も確認しましょう。

楽天モバイルのコミコミプランでは2年目以降の利用料金が変動するので長期的な利用料金の算出が必要となります。

楽天モバイルでは端末代金と通話プラン基本料金、5分以下かけ放題オプションをまとめた「コミコミプラン」を提供していますが、大々的にアピールされている利用料金は「1年目」の利用料金です。

画像の様に2年目の利用料金が変動するタイプのプランですので最低利用期限の2年間のトータルコストで利用するべきか否かを決めましょう。

また、キャンペーンによりコミコミプランを選択すると利用できないキャンペーン(例えば2枚目のSIMを申し込んだ際に利用できるキャンペーンはコミコミプラン対象外)も有るので注意して下さいね。

楽天モバイルではWEBと実店舗でキャンペーン内容が異なる場合がある。

楽天モバイルではWEBで打ち出されているキャンペーンが必ずしも実店舗で利用出来るとは限りません。

楽天モバイルの大規模なキャンペーンセールはWEB限定で行われることが多数で、例えばWEBで見つけたキャンペーンを利用する為に実店舗に出向いた場合、店頭では受け付けてくれません。

この様にWEBと実店舗キャンペーンでは内容が異なる場合が有るので注意しましょう。

楽天モバイルのキャンペーンやセール情報まとめ。

ここでは楽天モバイルで利用できる端末割引などのキャンペーンセール情報をまとめています。

  • ▼WEB限定キャンペーンについて▼

    楽天モバイルのWEB限定キャンペーンは公式サイトからの申し込みでなければ適応されません。WEB限定キャンペーンを検討中の方は以下の楽天モバイル公式サイトへお進み下さい。

    【公式】楽天モバイル

常に利用可能なキャンペーン。

楽天モバイルでは以下のキャンペーンが自動適応となります。

契約時に適応されるキャンペーン。

  • 初月の利用料金が0円。
  • 2枚目のSIMは利用料金3ヶ月0円、事務手数料も0円。
  • 2枚目のSIMと同時に端末を購入すると5000ポイント。

2枚目のSIMに関するキャンペーンの注意点は「コミコミプラン」「20GBプラン」「30GBプラン」「その他のキャンペーン」と併用が不可ですので対象プランの場合のみ適応となります。

2枚目のSIMに対するキャンペーンでは柔軟性に欠け、他のキャンペーンで端末代金が大幅に割引されている場合は、2枚目のSIMに対するキャンペーンを無視して端末割引のキャンペーンを利用する方がお得な場合があるので注意しましょう。

5分以下かけ放題を申し込んだ時に利用できるキャンペーン。

楽天モバイルでは通話プラン契約者に対し5分以下かけ放題オプションを利用する事で5,000円に相当するポイントが貰えます。

楽天モバイルで5分以下かけ放題オプションを申し込んだ方を対象に以下のキャンペーンを用意しています。

キャンペーン期間は 2016年10月19日~終了日は未定。

  • 通話SIMと5分以下かけ放題オプションの同時申し込みで5000ポイント。

注意点は「通話SIM」との抱き合わせということで、端末とのセット購入やデータプランでの申し込みはキャンペーン適応外となりますので、端末は別途用意している事が前提となります。

また、本キャンペーンを適応するには専用ページからの申し込みが必要であり、SIMが到着後に楽天でんわアプリをインストールして利用開始することでキャンペーン適応となります。

楽天モバイルを通話SIMのみ且つ5分以下かけ放題オプションを契約しようと検討している方は以下のキャンペーン専用ページからどうぞ。

楽天モバイル端末割引キャンペーン。

楽天モバイルでは2周年を記念して大規模な割引セールを実施しています。

楽天モバイルでは2周年を記念した様々なキャンペーンセールを行っています。

端末の割引額が魅力的なので楽天モバイルを契約する場合は端末を同時購入するほうが家電量販店で購入するよりも低価格で端末購入が可能です。

ZenFone3が10,000円引きで購入可能なキャンペーン。

キャンペーンセール期間は2016年12月8日~2017年1月13日午前9:59までとなっています。

本キャンペーンセールは【WEB限定】となっているので楽天モバイルの公式サイトからの申し込みで適応となるので注意しましょう。

  • ZenFone3:39,800→29,800円

音声通話SIMで10,000円引き、データSIMでは5,000円引きとなり、データSIM契約の場合も契約月を1ヶ月目として半年間の最低利用期間有り。

honor8が10,000円引きになるキャンペーン。【楽天モバイル独占機種】

キャンペーンセール期間は2016年12月8日~2017年1月13日午前9:59までとなっています。

条件は楽天モバイルのSIMと端末を申し込みした方が対象で【WEB限定】のキャンペーンセールのため楽天モバイル公式サイトからの申し込みで適応となります。

  • honor8:42,800円→32,800円

音声通話SIMで10,000円引き、データSIMでは5,000円引きとなり、データSIM契約の場合も契約月を1ヶ月目として半年間の最低利用期間有り。

ZenFone2Laser、ZenFoneGO、arrows RM02、Xperia J1、AQUOS SH-RM02が大特価になるキャンペーン。

キャンペーンセール期間は2016年12月8日~2017年1月13日午前9:59までとなっています。

  • ZenFone2Laser:27,800円→4,980円
  • ZenFoneGO:5,980円
  • arrows RM02は6,980円
  • Xperia J1 Compact:54,800円→27,200円
  • AQUOS SH-RM02が15,800円

注意点として上記の価格で手に入るのは「通話SIM」とセットの場合のセール価格です。

データSIM契約の場合も契約月を1ヶ月目として半年間の最低利用期間有り。

P9lite、arrows M03、ZTE BLADE E01、SH-M03のキャンペーンセール。

セール対象にSH-M03が仲間入り。

キャンペーンセール期間は2016年12月8日~2017年1月13日午前9:59までとなっています。

キャンペーン内容は以下の通り

  • P9lite:29,800円→14,990円
  • arrows M03:32,800円→22,800円
  • ZTE BLADE E01:12,800円→3,900円
  • AQUOS mini SH-M03:49,800円→39,700円

データSIM契約の場合も契約月を1ヶ月目として半年間の最低利用期間有り。

ページトップへ