1100-150 Xiaomi 14

台湾ASUS本社プレスツアー(2023)のレポ。念願の新社屋へ

スマートフォンやパソコンなど数多くの製品をリリースする「ASUS(エイスース)」。ASUS JAPANが本社を置く台湾へ多数のメディアを招いて2023年夏モデルの新製品発表会を開催したのですが、その時に新社屋を見学できたのでレポをお届けします。

ASUSといえば1989年にマザーボードを主軸とし創業した会社。いまや世界屈指のグローバル企業へ成長し多くのユーザーに愛されるメーカーとなりました。日本でも様々な製品を展開しており、今回発表のあった新製品も日本へ投入します。

ASUSの歴史と拘りを感じられる新社屋ツアー

台湾は台北市に本社を置くASUSの新社屋は2019年11月ごろに完成。日本のメディアが入るのは初めてだそうです。旧社屋はPCパーツ関連が、新社屋ではPCの完成品関連と分かれているそうで、新旧社屋はどちらも使われているとのこと。

▼新社屋に入ると立派なロビー(トップ写真参照)が広がり、3階まで伸びる吹き抜けにはガラス窓があり自然光が降り注ぐ設計。また太陽光パネルを設置するなど環境に配慮した造りとなっています。↓

▼ロビーにはASUSの由来でもあるペガサスの模様が描かれていました。↓

▼人が多く集まるエレベーターホールにはASUSの経営理念が掲げられています。↓

▼新社屋ではASUSの事業が分かる展示品が。最新のマザボでは無かったです。↓

▼他にもASUSの歴史を感じることのできる製品も数多く展示されていて、ASUS初となるノートPCで宇宙ステーションでの利用で故障すること無く動いたP6300や・・・↓

▼日本でASUSの名を広めたEee PCなども展示されていました。あぁ…懐かしい。↓

新社屋はASUSの歴史であったり事業内容が分かる展示が多く、非常に楽しめる空間となっていました。もう、三創生活の旗艦店巡り〜新社屋見学ツアーを一般開放して良いんじゃないかと思うほど。



福利厚生も充実。巨大フードコートでお昼ごはん

ASUSの新社屋の3階にはショッピングモール並の巨大フードコートが。

▼ウチの近所のイオンより明らかに規模が大きいです。モスバーガーやスタバ、台湾の有名チェーン店など多くの店舗が入ってます。↓

社員さんたちはマイボトルが必要だそうで、会社全体でエコな取り組みを行っているようです。ツアーを進んでいくと福利厚生の充実っぷりを感じるスポットも。

▼仕事終わりに運動できるジム、遊びながら交流の場としても活用できるビリヤード場、仕事帰りにさっぱり汗を流せるシャワールームなど働く人が快適に過ごせる空間が広がっていました。↓

デザインと品質の拘り

ここからはデザイン関連と品質チェックセンター関連に分かれて行動します。デザイン関連はTatsu氏、品質チェックセンターは僕が担当。

▼まずはデザインセンターへ。今回のツアーに合わせて特別に展示されているようです。↓

筐体のデザインはその時々の流行に合わせて大刷新が繰り返されており、ブランド理念はロゴなどに反映しているとのこと。また、ASUS製品全体で地球に優しいデザイン設計を展開していきたいと意気込みを語っていました。

▼リサイクルしやすい素材を採用するだけでなく、リサイクル前提で設計しているのも拘りの一つ。↓

▼個人的に凄いなと感じたのは梱包箱。耐荷重は20kgとのことです。↓

一方僕は品質チェックセンターへ。こちらは撮影NGだったのですが、品質チェックセンターでは気温/湿度、落下テスト、振動テスト、衝撃テストなどが行われており、製品の品質に関わる様々なテスト部屋が展開されていました。

この中で行われる様々なテストは、ユーザーの使用状況を想定した内容となっており、例えば落下テストでは様々な角度で高さや落とす面を変えたりしているとのことです。また資料をもらったら追記しますね。



新製品発表会や三創生活のASUS/ROG旗艦店

▼新社屋1階には国際展示場ホールがあり、ここで新製品発表会が開催されました。↓

▼一人ひとりのニーズにあう製品を展開したことで非常に多くのラインナップとなっています。新製品については別記事でまとめているのでチェックしてみて下さい。↓

ASUSが薄型・軽量のZenbook S 13 OLEDなど2023年春夏モデルを発表!

ASUSがクリエイターデビュー機にもピッタリなVivobook Pro 16X OLEDなど2023年春夏モデル発表!

ASUSがプロクリエイター向けProArt Studiobook 16 OLED/Studiobook Pro 16 OLEDを発表!

ここからは本社ツアーとは異なりますが、台湾本社プレスツアー初日は台湾の秋葉原こと八徳路エリアにある三創生活のASUS/ROG旗艦店を案内して頂きました。

ここはメインとなる3つの建物から構成されていて、その中にASUSとROGの旗艦店が入っています。

ASUS旗艦店は2Fにあって、店舗はASUSが構成を設計。実機を触って相談して購入まですべて行えるようになってます。1FのROG旗艦店も同様でこちらは複数のゲーミングPCが展示されており、実際に様々なゲームをプレイすることが出来るようになっていました。

▼ゲーミングPCだけでなくROG Phone 7など最新ゲーミングスマホも展示されてます。↓

▼こちらも別記事で詳しく紹介してます。台湾・台北へ行った際は是非立ち寄ってみて下さい。↓

規模がスゴい!台湾のASUS旗艦店、ROG旗艦店へ行ってみた!

ページトップへ