「Black Shark 4」と「Black Shark 3」の違いを比較

Black SharkのAndroidスマホ「Black Shark 4」と前機種である「Black Shark 3」の違いを比較しました。

Black Shark 4とBlack Shark 3の性能を比較

Black Shark 4はBlack Shark 3からちょうど一年後に発表された、2021年のゲーミングモデルとなります。

BlackShark 3のレビュー!出来栄え最高。普通のスマホとゲーミングモデルの「差」を感じられる

Black Shark 4とBlack Shark 3の性能を比較した表がこちら。

製品情報 ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
端末名 Black Shark 4 Black Shark 3
型番/別名 KLE-H0
発売年 2021年3月 2020年3月
発売地域 海外:SIMフリー
海外:SIMフリー
メーカー Black Shark Black Shark
備考 中国版
Googleサービス非搭載
対応言語に日本語の記載なし(英語と中国語のみ確認)

Black Shark 4シリーズ
通常版:Black Shark 4
上位版:Black Shark 4 Pro
Black Shark 3シリーズ
通常版:Black Shark 3
上位版:Black Shark 3 Pro
対応バンド・周波数・ネットワーク ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19 ▼中国版↓
W-CDMA:B1 / 2 / 4 / 5 / 8 / 9 / 19

▼グローバル版↓
W-CDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
▼中国版↓
FDD LTE:B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 20
TDD LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41

▼グローバル版↓
FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TDD LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1 / n3 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 ▼中国版↓
Sub6:n41 / n78 / n79

▼グローバル版↓
Sub6:n78
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth バージョン:5.2
コーデック:aptX HD / aptX Adaptive
5.0
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2) デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応 2回線同時待ち受け対応
本体仕様 ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
ディスプレイ サイズ:6.67インチ
材質:有機EL
画面占有率:非公表
形状:パンチホール(中央)
最大リフレッシュレート:144Hz
タッチサンプリングレート:720Hz
画面サイズ:6.67インチ
材質:有機EL
画面占有率:非公表
形状:ノッチなし
最大リフレッシュレート:90Hz
タッチサンプリングレート:270Hz
解像度 解像度:2,400×1,080(FHD+)
画面比率:20:9
解像度:2,400×1,080(FHD+)
画面比率:20:9
画素密度 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:163.83mm
横幅:76.35mm
厚さ:9.9mm
高さ:168.72mm
横幅:77.33mm
厚さ:10.42mm
重さ 210g 222g
本体色 ブラック系、ブラック系(模様入り)、ホワイト系、ブルー系 ブラック系、グレー系、シルバー系、ピンク系
システム仕様 ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
OS Joy UI 12.5
Android 11ベース
Joy UI 11
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 870 Qualcomm Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約630,000点
GPUスコア約250,000点
(参考値)

総合スコア約568,000点
GPUスコア約220,000点
(参考値)

メモリ/保存容量 ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量128GB
メモリ12GB+容量128GB
メモリ12GB+容量256GB
メモリ8GB+容量128GB
メモリ12GB+容量128GB
メモリ12GB+容量256GB
ストレージカード 非対応 非対応
カメラ ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
メインカメラ トリプルカメラ
①48MP(メイン、f/1.79)
②8MP(超広角、120°、f/2.2)
③5MP(マクロ、f/2.4)
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:メイン0.8μm、超広角1.12μm
トリプルカメラ
①64MP(メイン、f/1.8)
②13MP(超広角、120°、f/2.25)
③5MP(深度測定カメラ、f/2.2)
特性:非公表
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:20MP(メイン、f/2.0)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:0.8μm
ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:20MP(メイン、f/2.0)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様 ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非公表
指紋認証:対応
顔認証:対応
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:非公表
その他:気圧センサー
加速度センサ、近接センサ、距離センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵・タフネス等級 非対応 非対応
イヤホンジャック あり あり
NFC 対応(FeliCa/おサイフケータイ非対応) 非公表
その他機能 デュアルスピーカー搭載
冷却機構搭載
可動式LRトリガーボタン搭載
スピーカータイプ:デュアルスピーカー
Bluetoothコーデック:SBC、apt-X、apt-X HD、apt-X adaptive、LDAC
背面マグネット充電ポート搭載
専用のゲーミングアタッチメント搭載可能
バッテリー ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
バッテリー容量 4,500mAh 4,720mAh
充電 有線充電:120W
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
有線充電:65W(20V/3.25A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
マグネット充電:18W
ポート USB Type-C USB Type-C
背面マグネットポート(専用充電器が必要)
スペック表のソース ( Black Shark 4(中国版) vs Black Shark 3 )
参照元

【公式サイト】Black Shark 4 – mi.com

【販売ストア】Xiaomi Black Shark 4 5G Etoren Japan

Black Shark 3 – item.mi.com

スペック詳細記事 Black Shark 4 海外版のスペック・対応バンドまとめ Black Shark 3(3S)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Black Shark 4とBlack Shark 3の違い

ざっくり言うとこんな感じです。

Black Shark 4は、

  • より性能の高いチップのSnapdragon 870を搭載(Black Shark 3はSnapdragon 865)
  • 最大リフレッシュレートが144Hzにアップ(Black Shark 3は90Hz)
  • タッチサンプリングレートは720Hzに大幅アップ(Black Shark 3は270Hz)
  • バッテリー容量が4,500mAhにダウン(Black Shark 3は4,720mAh)
  • 本体重量が軽量化
  • 対応バンドが変更
  • 可動式のLRボタンを搭載
  • 画面にノッチが生じた
  • マグネット充電ポートは廃止

処理性能・ゲーム性能に直結するSoCは、Snapdragon 870を採用!Snapdragon 888ほどの性能ではないものの、前世代のSnapdragon 865よりも性能がアップしており、あらゆるゲームを快適に遊べるスペックです。

ディスプレイにおいては、まずリフレッシュレート(画面の表示速度)は90Hzから144Hzにアップしており、従来モデルとは比較にならないぐらいになめらかな表示が可能になっています!

さらにタッチサンプリングレート(タッチの反応速度)も強化。Black Shark 3の270Hzから720Hzと大幅にアップしており、より精密で高速なタッチ操作を行えるようになっています。

先代から劣る部分もあり、バッテリーに関しては容量が小さくなっており、先代の4,720mAhから4,500mAhにダウンしています。

ただそれに伴い、本体重量は先代の222gから210gと12g軽量化しています!手持ちで長時間のゲームプレイも若干ながら行いやすくなったといえます。

ゲームプレイの操作を補助するLRボタンを新たに搭載しております(先代はPro版しか搭載していなかった)。さらにゲーム等の特定状況でのみ飛び出すような可動型になっており、普段使いなど使わない際は邪魔になりにくい設計となっています!

画面の形状は、Black Shark 3にはなかった「インカメラ用のパンチホール」による欠けが生じております。ゲーミングモデルながらも画面に欠けがあるのはマイナスポイント。人によっては気になるかもしれません。

さらに、先代にあったマグネット式の充電ポートも、Black Shark 4では廃止されています!

まとめ

ほぼ同じ価格帯ながらも性能、画面スペックがアップし軽量化。かつLRボタンが使えるようになった!という意味では、Black Shark 4のほうがオススメ。

ただ、先代モデルの長所であった「ノッチなしの画面」「背面マグネット充電」が今回は無くなっているので、細かい所を突き詰めれば、正直「一長一短」とも思います。

実はBlack Shark 4はガルマックスですでに注文しており、執筆現在では配送待ち!先代は安くて使いやすかったと評判だったゆえに、どこまで使用感が変わったか気になる所です(`・ω・´)お楽しみに。

Black Shark 4の最安値・セール情報

Black Shark 4はAliExpressにて取り扱っています。

■メモリ6GB+容量128GB■
初出時価格→453.86ドル
過去最安値→399.00ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]割引セールで449.00ドル!※現在、日本へ配送不可となっています↓

■メモリ8GB+容量128GB■
初出時価格→544.86ドル
過去最安値→499.00ドル
▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]割引セールで499.00ドル!※現在、日本へ配送不可となっています↓

▼[EXPANSYS]セール価格で61,182円!さらにクーポン適用で2,000円引き!↓

▼[ETOREN]セール価格で63,400円!↓

■メモリ12GB+容量128GB■
初出時価格→74,954円
過去最安値→74,954円
▼[EXPANSYS]セール価格で74,954円!さらにクーポン適用で2,000円引き!↓

■メモリ12GB+容量256GB■
初出時価格→88,200円
過去最安値→88,200円
▼[ETOREN]セール価格で88,200円!中国版です!↓

ページトップへ