1100x150_v4 ワイモバイル

Black Shark 4Sシリーズ発表!物理LRボタン搭載、Pro版はSnapdragon 888+!

Black Sharkが新型スマホBlack Shark 4S(4S Pro)を発表!出し入れ可能なLRトリガーボタンを搭載したゲーミングスマホですよ!

Black Shark 4S(4S Pro)の特徴

Black Shark 4S(4S Pro)の特徴は以下の通り!

Black Shark 4S(4S Pro)のハイライト

  • Black Shark 4のマイナーチェンジモデル
  • ハイエンドクラスのスペック
  • 144Hzのリフレッシュレート、720Hzのタッチ感度対応のディスプレイ
  • 物理LRトリガーボタンを搭載
  • 冷却機構、ステレオスピーカーを搭載

▼Black Shark 4S(4S Pro)は前に登場したゲーミングスマホ「Black Shark 4」のマイナーチェンジにあたるモデルとなります!カラーはブラックとホワイトの2色。X字に光るグラデーションは無くなったっぽい。↓

▼Black Shark 4S(4S Pro)はSoCが異なりますが、どちらも最高クラスのハイエンドスペックとなります!Black Shark 4SはSnapdragon 870を、Black Shark 4S ProはSnapdragon 888+を採用!とくにBlack Shark 4S Proのスペックの高さは非常に気になるところですね。AnTuTuで実機回してみてぇなぁ~。↓

▼ディスプレイはゲーミングスマホらしく超ハイスペック!パンチホール形状でベゼルレスを実現しており、材質は有機EL。リフレッシュレートは最大144Hzでスクロールは最高にヌルヌルなのが魅力ですよ!↓

タッチ感度も720Hzと全スマホでも最高レベルに高く、FPSゲームやレースゲームといったシーンではガチなゲーマーさんに役立ちそう。緻密なゲームプレイに最適なディスプレイです!↓

▼Black Shark 4S(4S Pro)一番の特色といえばこの物理式LRトリガーボタン。これを押すことで画面特定の部位をタッチできる仕組みなので複雑な操作もやりやすくなるという便利なギミックなんす。横のスライダーで出し入れできるため、普段使いでも邪魔になりにくいんす。↓

▼LRボタンだけでなく、冷却ギミックを搭載しており長時間のゲームプレイにも適した設計となっています。高性能なハイエンドモデルほど発熱がネックとなりやすいため相性抜群!またステレオスピーカーも積んでいるので、音の広がりも感じられるようになっております。↓

▼なおBlack Shark 4S(4S Pro)はカラバリの1つにガンダムコラボエディションが含まれております!おそらく今後登場が見込まれるグローバル版では登場するかは不明ですが、ガンダムファンであれば取り寄せたいぐらい魅力的に思えるカッコよさですな。↓

まとめ

発売日はどちらも10月頃。以前にレビューしたBlack Shark 4のマイナーチェンジモデルということで、性能もより高まっております!特にBlack Shark 4S Pro。Snapdragon 888+になっており、ゲーミングモデルも相まってどれだけの実力があるのか期待です!

▼以前レビューしたBlack Shark 4は筆者イチオシのゲーミングスマホで非常にオススメ!物理LRはゲームだけじゃなく普段使いでも便利、そして触ってて楽しいスマホというだけあって太鼓判を押していたモデルなのです。詳細は以下からどうぞ。↓

Black Shark 4のレビュー!物理LRボタンが使いやすい高コスパなゲーミングモデル!

▼Black Shark 4SとBlack Shark 4S Proの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Black Shark 4Sのスペック・対応バンドまとめ

Black Shark 4S Proのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ