ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

BlackView BV9800のレビュー!使って気にいった・気になったポイントまとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

BlackView BV9800

こんにちは!柳生です。メチャ寒くなりましたね!

最近はもっぱら実機レビューでテンション(と家計)がメラメラ燃えまくるワタクシですが、今回はメーカーBlackViewさんからスーパータフネススマホであるBlackView BV9800を試す機会を頂きました!BlackViewさんありがとう!

タフネススマホ自体とても久々に触るものだから、どこまで進化しているか見るのが楽しみだ。というわけで今回はBlackView BV9800の実機レビューをお届けいたします!

目次をクリックすると各項目へ移動します

BlackView BV9800の詳細なスペック表

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
実機レビュー:済
製品情報
端末名 Blackview BV9800
Blackview BV9800 Pro
発売年 2019年11月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Blackview
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900 MHz
3G 1/2/4/6/819/34/39
4G B1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41/66
BC0/BC1
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

通話・データ通信できることを確認済み

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

通話・データ通信できることを確認済み

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応

通話・データ通信できることを確認済み

SIMサイズ・スロット Nano SIM+Nano SIMかMicroSD
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶/画面占有率85%
解像度 2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 375ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ168.5mm
横幅81mm
厚さ14.8mm
重さ 322g
本体色 ブラック、オレンジ
システム仕様
OS Android 9
SoC MediaTek Helio P70/MT6771V/CT
CPU 4xCortex­A73,2.1GHz&4xCortex­A53,2.0GHz
GPU ARM Mali G72 MP3 900MHz
ベンチマーク AnTuTu 8(実機):総合スコア約189,562点、GPUスコア約35,085点
Geekbench 5(実機):シングルコア約291点、マルチコア約1436点
PUBG Mobile:スムーズ+高
COD Mobile:フレームレート高まで設定可
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ ↓BV9800↓
48MP+16MP+5MP
特性:広角+超広角+深度

↓BV9800 Pro↓
48MP+5MP+サーマルカメラ
特性:広角+深度
サーマルカメラ解像度:80×60
前面カメラ 16MP
特性:広角
センサー:OV16885
F値:2.0
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BEIDOU
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス、気圧センサ、RGBセンサ
防水/防塵 対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 Walkie Talkie対応
バッテリー
バッテリー容量 6580mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
ワイヤレス充電:10W
ポート USB Type-C
その他
価格 約4.4万円
公式サイト

BV9800/BV9800 Pro

BlackView BV9800の価格と購入先

BlackView BV9800はAliExpressのBlackView公式ストアで購入可能!執筆時の価格は299.99ドル!

BlackView BV9800の開封と付属品のレビュー!

付属品完全完備!ケースなんていらなかった

▼こちらがBlackView BV9800の外箱!シンプルデザインで幅広型んなってます。とてもワイルドなタフネススマホとは裏腹に、外箱は落ち着いた印象!↓

BV9800

BV9800

▼これが開けた写真!一発で付属品が取り出せる設計。本体のフィルムは撮影前に剥がしてまた貼り付けたんで気泡入ってます、ゴメンナサイ。↓

BV9800

BV9800

同梱物は充電ケーブル、イヤホン、SIMピン、保護フィルム、トレー引き出し用クリップ、説明書、充電アダプターのフルセット!

▼充電器は日本のコンセントに挿すことが出来ない形状なので以下のようなアタッチメントを持っていると便利!↓

カシムラ 国内用変換プラグ C→A NTI-22
カシムラ (2015-09-01)
売り上げランキング: 4,118

▼本体にはすでに梱包輸送時のキズを防止するフィルムが貼られていますが、保護フィルムは一部剥がれや気泡(赤丸部分)が入ってました!品質はよろしくないみたい(´・ω・`)

BV9800

BlackView BV9800のデザイン!凄まじいブ厚さで圧倒されそう!!

▼ガッチガチのタフネス・スタミナスマホらしい、無骨でワイルドな外観!まさに「タフ」「ガチ」「オス」の二文字を体現してるみたいな外観っす。↓

BV9800

▼ぐるっと撮影しました!端子部分は防水のために閉まるキャップ式になってます!ただこれゴムっぽい素材なんで、神経質な筆者は経年劣化を懸念しちゃう。↓

BV9800

BV9800

BV9800

BV9800

横からみたら一目瞭然なんすけど、むちゃくちゃブ厚い!!スリムなスマホの1.5倍ぐらいあるんじゃないかってぐらい厚い!ちょっとしたサイフみたいなサイズ感だ。

▼背面部分!独自のパターン模様が入っているんでとても滑りにくく、指紋のつかない素材なので指紋付着による汚れを気にせずに済む嬉しい仕様!手袋つけてても滑り落ちないようにっていう配慮が感じられてイイね!!

BV9800

▼下部にはBlackViewのロゴ。細部まで加工されてて美しくてカッチョいい!↓

BV9800

▼本体背面下部にはストラップホールも!かなり幅のあるストラップも通すことが出来る!

BV9800

▼角がすごいゴツゴツしてて耐衝撃メッチャ強そう!まるで岩みたい。↓

BV9800

▼物理ボタン部分にもしっかり装飾を施していて美しい!しっかり細部まで作り込んでて、豪快な見た目ながらも繊細さを感じさせる出来合いです。

BV9800

嬉しい嬉しい通知ライト搭載

▼なんと、画面の上にはLED通知ライトがありました!画面がオフんなってても一発で通知の有無がわかるって便利!↓

BV9800

ちなみに対応色は3色だけで、緑、赤、青に光ります。一般的な通知は緑で、不在着信は赤の点滅って感じで分けられて、判別つけられて便利だった!さらにここは設定で変更可能となってます。

BlackView BV9800の性能・パフォーマンスレビュー!

Helio P70搭載!ミドル中のミドルスペック!

▼BlackView BV9800に搭載されたHelio P70はミドルスペックのド真ん中レベルの性能のSoC。普段使いやライト級ゲームであれば問題なくサクサクな動作してくれます。ただゲーム性能は3D系になると結構キツいのでゲーマーさんには物足りないかも。

BV9800

各種ベンチマークをチェックしてみよう

スマホの詳しいスペックを推し量るベンチマークアプリの結果がこちら!

Antutu V8のスコア

▼スマホのパワーを数値化するアプリの代表格であるAntutuスコア!総合点は189,562点でした!バージョン8なので、これまでのバージョン7とはスコアが異なりますんで注意す。↓

BV9800

以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点で本端末の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!AnTuTuのバージョンで規準スコアが異なるので注意!
AnTuTu 8ゲーミングハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

3D
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

PCMarkのスコア

▼動画再生、エフェクトなどを中心として性能をテストするPCMarkでは8,234点でした!↓

BV9800

GeekBench 5のスコア

▼シングルコアとマルチコアの性能を数値化するGeekBenchでは、シングルコアの性能が291点、マルチコアの性能が1,436点です!↓

BV9800

3DMarkのスコア

▼3D性能を詳しくチェックできる3DMark!スコアは1,271点となっております!↓

BV9800

A1SDでストレージ速度をチェック

▼ストレージの読み書き速度をチェック!読み込みは174.10MB/秒、書き込み速度が236.74MB/秒となりました!↓

BV9800

ゲーム性能は全体的に低めな印象だった!あくまでライト向け

Helio P70のゲーム性能チェックのお時間です。人気FPSゲームやマイクラでどのぐらい遊べるかを試したんですが、全体的にライト層向けといった動作に感じられた!ゲーム向けに作られているSoCではないんで仕方ないっちゃ仕方ない。

PUBG Mobile

▼100人のバトルロワイヤルアプリで有名なPUBG Mobile!初期画質は標準です。↓

BV9800

▼スムーズ画質にしてもフレーム設定は「高」までで、それ以上が選べません!ゲーマー好みの構成に出来ないので注意。↓

BV9800

BV9800

▼フレームレートの兼ね合いで快適度は1歩劣る印象でした。こだわる人には力不足感が否めない!

BV9800

CoD:Mobile

▼CoDでも同様にフレームレートは「高」まで!ここもサクサク快適プレイを欲するなら力不足。あくまで「FPSゲームにこだわらない人向け」の性能といえますね。↓

BV9800

BV9800

BV9800

Minecraft

一方でMinecraftは問題なく遊べる!最大表示距離は11チャンクとやや短めですが十分快適に遊べます。負荷の高めな場面でもしっかり動いてくれまし!ちなみにノッチ部分が非表示になっているのでスクショ撮ると左が黒く浮いちゃいます。

BV9800

BV9800

BV9800

Asphalt 9

▼レースゲームであるAsphalt9!こちらは解像度が荒く設定されています。フレームレートもガクガクしていて気になった!ただ普段遊ぶ分であれば問題はないかなって程度。↓

BV9800

BV9800

BV9800

BlackView BV9800の機能・仕様レビュー!

デュアルSIM!SIMトレイは分離している

SIMトレイが分離式で結構おもしろい仕組みになってました。まず付属のトレイ引き出しクリップ(ギターピックみたいなアレ)で第一トレーを引き出したあとで、SIMピンで第2トレーをSIMピンの後ろのツメで取り出すんすよ!↓

BV9800

BV9800

BV9800

第2トレーはMicroSDとの排他式なので、デュアルSIMで大容量プランコースにするか拡張ストレージによる大容量の保存容量コースか選ばされます。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルで通信できた!

▼BlackView BV9800の魅力的な部分として、対応回線が柔軟ってところ。海外スマホでは認識しづらかった天敵のau回線もしっかり対応!HD通話もしっかり対応してました。↓

BV9800

勿論ドコモもソフトバンク(ワイモバイル)もしっかり対応しているんで、どのキャリアのSIMでもキャリアスマホと同じぐらいの安定して使える!

4,000円以下で100GB使えるWiFi系SIMを活用した最強スマホのベースとして使える!

BlackView BV9800はDSDV対応かつ対応バンドが幅広いんで、月4,000円以下(ココ重要)で電話もできて毎月100GBものデータを使いまくれる最強プランが組めちゃうんす。筆者柳生もイチオシ!

詳細は以下の記事からチェックしてみてくださいね!

[最安で月額約3,300円]音声通話+高品質な100GB/300GBのデータ通信が使えるスマホの作り方[解説]

初期アプリ数が少なくシンプル!

▼こちらが初期画面!ドロワー無しのタイプです。初期アプリ数は34個のみとシンプルにまとまっております!↓

BV9800

これ、結構嬉しかったのがアプリチョイスが機能性に特化してるってポイント!タフネススマホはその特性から工業系の仕事のオトモになる機会も多いので、それをうまく突いているといえますね!

便利な「ツールボックス」!その機能を紹介!

▼BlackView BV9800の目玉機能でもあるのがこのツールボックスってアプリ。名前の通り、様々な場面で活用できるツールがてんこ盛り!↓

BV9800

▼例えばこれは騒音メーター。周囲がどのぐらいうるさいかを測るんす。テレビ見ながらだと大体このぐらい。↓

BV9800

▼ほかには、友達からもらった絵を壁にかけたり棚を壁に掛けるときには「絵を掛ける」って機能を使えば水平センサーが仕事して画面に角度を表示してくれるんで、正確に測って水平に掛けられる!めっちゃ便利!

BV9800

本格的な建築仕事とか工業仕事とかは勿論、日常のちょっとしたDIYでも役立つすごい便利な機能なんですわ。ちなみにナイトカメラは、専用モジュールのナイトカメラを繋がないと起動しないんで注意っす。

Proじゃないんでサーマルカメラは非搭載

BlackView BV9800は上位種にBlackView BV9800 Proっていう機種があるんですが、そちらにのみサーマルカメラが搭載されててBlackView BV9800には非搭載なんす。サーマルカメラはめっちゃ便利そうなだけに惜しすぎるポイント(´・ω・`)

全体的にOSは素のAndroidなんだけど各所がカスタムされている

▼ベースは純正AndroidOSなんですが、設定項目は独自に設定できる項目がチラホラ。ここは未翻訳だけど特に問題なしと感じたぜ!↓

BV9800

▼特にスマートアシスタントは設定箇所が豊富。ほぼほぼ英語なんだけど意味はわかるので個人的には問題なし!もし、ガルマックス編集長みたいに「英語なんてわからんぜ!」って方は、スクリーンショットを撮影してGoogle翻訳アプリの画像翻訳使えば翻訳可能です!↓

BV9800

モーションジェスチャーや片手モード、ナビゲーションバーなどなど設定できる!こういうふうに柔軟にカスタムできるのは高評価。特にいじくるのが好きな筆者にとってはとても嬉しかった点でした!

スマートキー搭載!機能を自由にカスタムできるぞ

▼BlackView BV9800の大好きなポイント。スマートキーを独自に搭載してるんす。初期だと押しても何も起こらないんで設定でせっせこ変えちゃおう!↓

BV9800

BV9800

「1回押す」「2回押す」「長く押す」の動作に、それぞれ機能を割り当てられます。例えばすぐにカメラ起動したければ1回押すにカメラアプリを割り振ったり、懐中電灯代わりに使うことが多ければ長く押すにライトONを割り振ったり。これはスッゲー便利。なおかつ設定で変えられる柔軟性もとても良かったぜ!

もちろん、トランシーバーアプリだとPTT(プッシュ・トゥ・トーク)ボタンとしても使えるよ!

指紋センサーは誤爆しやすい設計なのが気になった

▼BlackView BV9800は側面指紋認証式。ボタンと分離しているんで、ちょっと手のどこかで触った時点ですぐ認証失敗で画面オンになってまうのがよろしくなかった。認証速度はまあまあの早さ。↓

BV9800

BlackView BV9800のカメラをレビュー!

BlackView BV9800は、48MP++のトリプルカメラ構成!メインは48MPで、さらに広角カメラとAI対応となっております。↓

BV9800

日中風景をパシャリ。リアル寄りだが、やや色彩が乏しい印象

▼日中のいろんな場面をパシャリ。第一印象としてはとてもリアルな感じが印象的だった。良くも悪くも無難って二文字が似合う印象っす。↓

BV9800

BV9800

BV9800

BV9800

BV9800

常時48MPではないので注意

▼BlackView BV9800のメインカメラは48MPなんですが、ここはカメラ設定から切り替えないと48MPになりませんので注意。オフのときは12MPで保存されます。

BV9800

で、ぶっちゃけ48MPがキレイかっていうと全然。いつもと変わりません。ズームして見ても細かくなったわけではなく、荒めの写真をもっとズームできるだけって感じ。あんまり使う意味はないっすね(´・ω・`)

広角カメラがあるのは嬉しいポイント!

▼BlackView BV9800は専用広角カメラがあるんで、一歩引きたいような場面では大活躍!広角カメラを搭載するなんて粋だね!↓


って思ってたんだけど、なんか色味変わる(´・ω・`)カメラセンサー自体が違うせいなのかも?通常時と広角で撮り比べする時は注意。

AIカメラがAIしてない!

▼BlackView BV9800はAIカメラ搭載しているんで、良く見かける「映えある写真」を自動でカンタン撮影できるようです。様々な風景をAIオンオフ比較で御覧ください!左がAIオフ、右がAIオンです!↓

やばい、全然違いがわからん。ちゃんと被写体認識してくれるまではいいんすけど、補正が全然かかってるように見えない。

このコーナーは間違い探しか?って言われるんじゃないかレベルっす。これはある意味AI無くてよかったんじゃないかなと思わされる(´・ω・`)

夜景もわずかながら!って差しかない!

▼左がノーマル、右が夜景モードとなってます!が…↓

こちらも同じくほぼ違いがわからない出来合い。若干光量が上がってるんですが、いうほど違いがハッキリしてないっす。

あと白飛びが目立つので、実用的な使いみちはぶっちゃけ無い気がするんす。これノーマル撮影でも十分じゃね?って思うぐらいだった。

動画の手ブレ補正はイマイチ

▼歩き撮影!手ブレ補正はないので歩いただけでもかなりブレるのが残念。音質も微妙だけどしっかり音は拾えているんで及第点といったところ!↓

BlackView BV9800のカメラ評価まとめ!作業用と割り切れば十分

BlackView BV9800のカメラをカンタンにまとめると「色彩はリアル寄り」「夜景、暗所は良くない」「48MPの恩恵は感じられない」「AIの変化はほぼない」といったところ。

あくまでタフネススマホなんで、その高い耐久性を生かしてアウトドアや作業用のカメラとして使うのが吉。BlackView BV9800のレビューと同じ時期にレビューを公開したUlefone Armor 7と同じく、記念撮影じゃなく「記録撮影」向きといえるでしょう!

BlackView BV9800のディスプレイをチェック!

▼BlackView BV9800のディスプレイ。FHD+の精細画質で、水滴ノッチ搭載なので比較的広く大きい画面になっております。↓

BV9800

タフネススマホの特性上、ベゼルが太めになってしまうのは耐久性の観点から仕方ないこと。ただしそのコンセプトにおいても大画面化を目指しているスタンスは評価できる!

ただしノッチを隠す機能はないので、ノッチが嫌いな方はここ注意っす。

▼欠点として、最大輝度が低いらしく、直射日光が差し込む屋外だと暗く感じるのはやや残念。屋外で日陰で使わない限り見づらい!↓

BV9800ちなみに、ディスプレイにはゴリラガラスが用いられているので一般的なものより頑丈にできているんですが、ディスプレイ横の側面の出っ張りがないフラットな形状なので画面から落とすと割れそうにならんか不安になりそう。うつぶせ向きに置くとキズついちゃいそうなんでオススメしません。

BlackView BV9800のスピーカーをチェック!

モノラル式だけど大音量が鳴らせるゾ

▼BlackView BV9800の背面はスピーカー孔が2つあるんですが、音が出るのは片側なのでモノラル式となっております。

BV9800

音質は並以下で若干スカスカって印象。ただし音量は別。めちゃデカい音が出せます。ここも使用シチュエーションを想定してのことでしょうか。音質にこだわらなければスピーカーとして使うのもアリ。

通知音やカメラの音がなぜかiPhoneそのまんま

大したことではないんだけど、BlackView BV9800のデフォルトの通知音やカメラのシャッター音がなぜかiPhoneのモノそのまんまというチョイス。そのせいでカメラのシャッター音はカシャーン!!って結構やかましいんでカメラアプリの設定からオフにすること推奨す。しかしなぜこのチョイスにしたのかは謎。

バッテリーの容量6,580mAh!デカデカバッテリーで長持ちします

▼BlackView BV9800のバッテリーは平均スマホの2倍ほどのたっぷり容量で、電池もちも2倍以上の持ちだった。SNSとカメラ撮影とゲームっていう使い方で2日半ほど持ちました。こりゃスゲーや!↓

BV9800

ワイヤレス充電にも対応!タフネス系では嬉しい!

BlackView BV9800はワイヤレス充電に対応!タフネス系だと便利という部分以上にワイヤレス充電対応は嬉しい部分なんすよ!

BlackView BV9800は防水性能を維持するために端子にキャップが備わっているタイプなんですが、何度も開けしめすると劣化が早くなるので、出来るだけ開け閉めしたくない。そこでワイヤレス充電が凄くありがたいのです!できればながーく使いたいですからね!

BlackView BV9800のレビューを終えての所感

BV9800

最近のスマホって大体が鏡面仕上げでスマートなデザインで美しい反面、割れやすかったりキズついたりっていうのがメチャクチャ怖い。神経質な筆者は指紋がつくだけでもスゲーイヤ。なのでケースがほぼ必須だったんす。

でもBlackView BV9800のようなイカツいデザインまでくれば画面割れも破損も水没も全然怖くないほか、指紋はつかないし素材がマットなんでキズが付いても気にならない!ある意味昔のガラケーのような安心感がある。結局スマホってどこまで進化しても、日常的なツールの枠組みから変わらないンだなって再認識させられた。スマホの大本は携帯電話だしね。

圧倒的耐久性!圧倒的バッテリー持ち!圧倒的ツールボックス!この利便性は他のスマホにはない魅力がBlackView BV9800に詰まってます。カメラに目を瞑れば、ガテン系や日常で作業が多い方にオススメですよ!

⭐⭐⭐気に入った!⭐⭐⭐

  • マル2日は持ってくれるレベルの電池もち
  • 超タフネスでワイルドながらも細部までこだわっている見た目
  • 指紋もキズも気にならない素材
  • 広角カメラ搭載で幅広い用途に対応
  • 設定柔軟なスマートキー、ツールボックスが非常に便利

⭐⭐⭐気になった⭐⭐⭐

  • カメラ性能は総じて微妙。特にAIと48MPモードが死に機能
  • 指紋認証の誤爆率が高い
  • ゲーム性能は低く、高画質や最大フレームレートが選べない
  • ブ厚く重いので長時間の片手操作がキツい

BlackView BV9800の割引クーポン・セール一覧

最新割引情報

2019年12月24日更新

■メモリ6GB+容量128GB■

[最安値]AliExpress]割引セールで299.99ドル!↓

BlackView BV9800の購入先一覧

↓メモリ6GB+容量128GB↓

ページトップへ