CHUWI「Hi10 XPro」のスペックまとめ!1万円台前半でUnisoc T606タブレットが買える!?CHUWI製タブレットの新型バリューモデルが登場!

CHUWI Hi10 XPro

CHUWI「Hi10 XPro」が発売されたので特徴とスペックの詳細をまとめました!

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量128GB■
初出時価格→18,900円
▼[CHUWI公式ストア]セール価格で12,900円!↓

Hi10 XProの特徴

Hi10 XProの特徴は以下の通り!

Hi10 XProのハイライト

  • アルミを使用したスタイリッシュな筐体
  • ミドルレンジクラスのスペック
  • 10.1インチWXGA解像度ディスプレイ搭載
  • 背面:800万画素、前面:500万画素のカメラ搭載
  • 最大9.5時間の連続駆動が可能
  • LTE通信に対応
  • GPSもサポート

▼Hi10 XProは実売で1万円台前半のタブレットですが、筐体にアルミを用いたスタイリッシュなデザインを実現。CHUWI製品らしくデザイン性と質感に拘っている印象を受けますね!↓

CHUWI Hi10 XPro

▼SoCにはここ最近のタブレットで採用例の多いUnisoc T606を搭載。ミドルレンジ真っ只中な性能ではありますが、Hi10 XProの価格を考えると十分有り。↓

CHUWI Hi10 XPro

▼Unisoc T606がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Unisoc T606のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

▼メモリは4GB、ストレージは128GBとこちらも十分。また、最大4GBの仮想メモリにも対応しているとのこと!↓

CHUWI Hi10 XPro

▼最大512GBのMicroSDもサポート。スロットはSIMと共有するいつものパターンです。↓

CHUWI Hi10 XPro

▼ディスプレイサイズは10.1インチとAndroidタブレットとしては良くある大きさですが、解像度は1280×800(WXGA)とHD相当なのはコストカットポイントと言えるでしょう。↓

CHUWI Hi10 XPro

10インチクラスでHD解像度はドットの粗さが目立つ可能性がかなり高いと思われますが、まぁ価格とスペックを考えれば致し方無い部分ではないでしょうか。フルラミネーション加工もされているっぽいので、見づらくて仕方がないということにはならない可能性は高そうですけどね!

▼余談ですが、Hi10 XProはWidevine L1をサポートしているとのこと。そもそも搭載するディスプレイがHD解像度止まりだとFHD画質の動画再生も物理的に不可能なので、あまり意味がない要素な気もしますが…↓

CHUWI Hi10 XPro

まだ映像出力が可能ならL1サポートも分からなくないんですが、Hi10 XProはType-Cの仕様(USB 2.0準拠)を考えると映像出力はできないと思われるので、益々意味が無いような?

▼カメラは背面:800万画素、前面:500万画素とタブレットではまぁまぁの組み合わせ。とはいえ、実際の写りは作例を参考にした方がいいとは思いますけど!↓

CHUWI Hi10 XPro

▼バッテリー容量はイメージ画像では6,000mAhとありますが、スペック表では5,000mAhと記載されています。正しいのはどっちなんだろう?↓

CHUWI Hi10 XPro

ちなみに、バッテリー連続駆動時間は最大9.5時間とのことですが、付属するACアダプターは5V/2A(10W)と物足りないのは残念なポイントですね。

▼Hi10 XProはLTE通信に対応。外出先でもネットを楽しめます。イメージ画像だと5Gと書いていますが、Wi-Fiが5GHzに対応しているだけで、5G通信に対応しているわけではない点は注意が必要です!マジで紛らわしい…↓

CHUWI Hi10 XPro

しかもイメージ画像のモデルはパンチホールカメラなので、Hi10 XProですらないじゃん!

▼Hi10 XProはGPS、Glonass、Galileo、Beidouと4種類の衛星測位システムに対応。ナビ代わりとしても活躍できそうです!↓

CHUWI Hi10 XPro

発売日は6月14日。Hi10 XProの記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ4GB+容量128GB:18,900円(実売では1万円台前半ぐらい)

Hi10 XProは実売で1万円前半でありながらも、Unisoc T606に4GB/128GBとワンランク上のスペックに仕上がっているのが大きな売りとなっています。

もちろん、ディスプレイがHD解像度とコストカットを感じる要素はあるものの、1万円台前半の競合製品でもHD解像度のディスプレイを搭載した製品は多々ある上に、本機よりも性能が低いモデルもザラにあるので、あまり欠点とは感じにくいのが個人的な見解ですね〜。

なんせ、執筆時点(6月16日)の段階では公式サイトにて12,900円で販売されているので、「このくらいの値段ならアリかも」と考える方はいるはず。

ということで結論。Hi10 XProは1万円台前半の予算で可能な限り性能が良いタブレットが欲しい」方にとってピッタリなタブレットではないでしょうか!

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量128GB■
初出時価格→18,900円
▼[CHUWI公式ストア]セール価格で12,900円!↓

CHUWI Hi10 XProのスペック・仕様

CHUWI Hi10 XProは2023年6月発売のCHUWIのAndroidタブレットです。

製品情報
端末名 Hi10 XPro
発売年 2023年6月
発売地域 日本・海外
メーカー・ブランド CHUWI
備考 4G LTE対応タブレット
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 非公表
4G LTE 非公表
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth バージョン:5.0
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
本体仕様
ディスプレイ サイズ:10.1インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:ノッチなし
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:1,280×800(HD+)
画面比率:16:10
画素密度 149ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 長辺:非公表
短辺:非公表
厚さ:非公表
重さ 517g
本体色 グレー
システム仕様
OS Android 13
CPU(SoC) UNISOC T606
AnTuTuベンチマーク

総合スコア:約230,000
GPUスコア:約35,000
(AnTuTu v9参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大512GB)
カメラ
背面カメラ シングルカメラ
①800万画素(メイン)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:500万画素(メイン)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO
生体認証・ロック解除 指紋認証:非公表
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:対応
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:非公表
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック あり
NFC NFC:非公表
FeliCa/おサイフケータイ:非対応
その他機能 FMラジオ対応
クアッドスピーカー搭載
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【公式サイト】CHUWI Hi10 XPro – chuwi.com

スペック表に関する免責事項

SoCはUNISOC T606。メモリは4GB

CHUWI Hi10 XProのSoCはUNISOC T606

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)は4GB、保存容量(ROM)は128GBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2023年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2023年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

MicroSDカード等のTFカードによる保存容量の拡張に対応しています。最大対応容量は512GBです。

CHUWI Hi10 XPro(UNISOC T606)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだCHUWI Hi10 XProの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでUNISOC T606の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。UNISOC T606の参考スコアは以下の通り。AnTuTuアプリのバージョンは9で測定しています。

  • 総合スコア(CPU):239,705
  • ゲーム性能(GPU):35,053
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

CHUWI Hi10 XProのカメラ

CHUWI Hi10 XProの背面カメラは広角のメインカメラ(800万画素)の1眼構成です。

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(500万画素)のみの1眼構成です。

CHUWI Hi10 XProのディスプレイ

CHUWI Hi10 XProの画面はサイズが10.1インチ、解像度は1,280×800、ディスプレイは液晶を採用しています。画面形状はノッチなしとなります。

  • サイズ:10.1インチ
  • 解像度:1,280×800
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:ノッチなし
  • リフレッシュレート:最大60Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

CHUWI Hi10 XProのサイズ・重量・カラー

CHUWI Hi10 XProのサイズは長辺が非公表、短辺が非公表、厚さが非公表、重量が517gとなっています。

  • 長辺:非公表
  • 短辺:非公表
  • 厚さ:非公表
  • 重量:517g

カラーはグレーの1色展開です。

CHUWI Hi10 XProの対応バンド

CHUWI Hi10 XProの対応バンドは記事執筆時点で非公表です。情報のアップデートがあり次第更新予定です。

CHUWI Hi10 XProの価格・購入先

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量128GB■
初出時価格→18,900円
▼[CHUWI公式ストア]セール価格で12,900円!↓

ページトップへ