CHUWI「HiPad XPro」発表!ミドルレンジ性能でSIMとGPSに対応で約2万円!

CHUWIが新型タブレット「HiPad XPro」を発表!UNISOC T616を搭載したミドルタブレットですが、ディスプレイもスピーカーもバッテリーも良好なスペック!SIMカードも使えて約2万円となっています!

HiPad XProの特徴

HiPad XProの特徴は以下の通り!

HiPad XProのハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • メタル製のフラットボディ。カラーはグレーのみ
  • 10.5インチ、WUXGA解像度のIPSディスプレイ
  • クアッドスピーカーを搭載
  • 1,300万画素メイン+30万画素の深度測定の2カメラ
  • 7,000mAh容量バッテリーを搭載

▼HiPad XProのデザインはフラット調でメタル製パネルで組み上げられているのが特徴!見た目自体が結構いい感じにカッコいい。↓

▼SoCはUNISOC T616を搭載しており、AnTuTu参考値は24万点でミドル・オブ・ミドルな性能。↓

早い話「原神とかの重いゲームは無理」「動画とか電子書籍とかの普段使いは快適」。ゲームにこだわらないなら不満は感じにくいと思うんす。

▼ディスプレイは10.51インチの大きさ、1,920×1,200の解像度、液晶だが広視野角のIPSタイプと、過不足なきスペック。↓

▼スピーカーはクアッドタイプで、計4基から音を鳴らす仕組み!動画視聴における臨場感の高さに期待できます。↓

▼珍しいのはデュアルカメラ方式となっていること!といっても実際にはサブカメラが30万画素の深度測定なので、機能性はシングルカメラ同等。フロントカメラは800万画素す。↓

深度測定カメラは背景ボケで用いるサブカメラ。なおタブレットで背景ボケみたいなこだわった撮影をする人がいるかは不明。大抵は記録撮影やビデオ通話で用いられるからね。

機能性はさておき、泥タブ(Androidタブレット)ではなかなか珍しいデュアルカメラではあるので、そのステータスに価値を感じる人向けにはなるだろうか。

▼バッテリーは大容量な7,000mAh。ここもタブレットとして十分たる大きさで電池持ちも期待!充電規格については非公表。↓

さらにのHiPad XProはGPSもSIMも対応!対応バンドはLINEMOとかワイモバみたいなソフバン回線向けなんだけど、SIMを突っ込めば外出先で通信できるし電話もできる。固定電話としても使えるのが嬉しい!

GPSも搭載しているんで、車載カーナビとして使えるのもGood!10インチのデカいカーナビなんて基本的にないので、車載用に買うってのも筆者からすればアリよりのあり。YouTubeとか使えるカーナビになります。

▼あとGoogleキッズスペースも対応しており、お子さんに使わせる教材として使うこともできるみたい。↓

最近の子はタブレットで動画を見たりするって聞くので、お子さんがいる家庭にも良いかもしれませんね!クソ非モテ筆者からすれば一生お世話にならない機能です。

バランスよくまとまっている印象

HiPad XProの価格を問い合わせたところ、なんと149ドル(約2万円)!かなり安い!

手堅くまとまったスペックでSIMとGPS対応で2万円ってのはかなり良いですね。上でも書いているけど車載用に欲しくなるぜ。

実機を触ってみないと詳しいことはわかりませんが、スペックを見た感じこれ1台で基本困らない気がする。マジで買おうか悩んでます。

▼HiPad XProの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

CHUWI HiPad XProのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ