Redmi Pad SE ad 1100×150

CHUWI HiPad XProのレビュー。不満だった点・良かった点まとめ

CHUWI HiPad XProの試用機会を頂いたので実機を使って分かった不満だった点・良かった点をレビューしながらお届けします!

実際にCHUWI HiPad XProを使って気にいった・気になった点はこんな感じ!

気にいった点

  • CHUWIらしいスタイリッシュなデザイン
  • 顔認証がメチャ早い

気になった点

  • 撮影できる写真が思ったよりもショボい
  • 「Video display enhancement」機能が使い物にならない

CHUWI HiPad XProのスペック、ベンチマーク、検証結果まとめ!

スペック表を表示

ベンチマーク結果を表示
各種検証結果を表示

CHUWI HiPad XProのデザイン

CHUWI HiPad XProの最大のセールスポイントは何か。個人的にはデザインにあると思っています。

各所のデザインに関しては後述しますが、ボディはCHUWIらしくスタイリッシュな仕上げになっており、所有欲はかなり満たされるんじゃないかと感じましたね!

▼ディスプレイ側はこんな感じ。程よいベゼル幅で、持ちやすさとスタイリッシュさを両立していると言えるのではないでしょうか?褒めすぎかな?↓

CHUWI HiPad XPro

▼カメラ周りは最近の中国メーカー製スマートフォンでよく見かけるようなカメラレンズを丸く縁取るデザインを採用。Androidタブレットではかなり珍しい処理なので、個人的にはすごい新鮮味を感じましたね〜。↓

CHUWI HiPad XPro

上部の樹脂部分以外は継ぎ目のない金属製ボディなのも高評価ポイント。

▼これは完全に余談なんですが、CHUWI HiPad XProの背面カメラってなんか昔のロボットの目みたいじゃないです?↓

CHUWI HiPad XPro

持ち上げてみた感覚も、10インチタブレット相応という感じで、持ち運びは余り苦には感じなかったです。

ただし、横向き状態で持った際にイヤホンジャックの端に手が引っかかったのは個人的にマイナスポイント。地味に手に引っかかるのが鬱陶しいんですよね〜。

▼重量は実測で488g。10インチタブレットの中では結構軽めの部類に位置します。ちなみに、カタログスペック(500g)よりも10gほど軽いですが、個体差の可能性もありそうなので、あくまでも参考程度にとどめておくのが吉。↓

CHUWI HiPad XPro

各種ボタン配置は以下の通りです!

▼左側面にはスピーカーのみが配置。↓

CHUWI HiPad XPro

▼右側面にスピーカーとType-C端子、イヤホンジャックが搭載。端子類はこちら側に集約されています。↓

CHUWI HiPad XPro

▼上部には電源ボタンと音量調整ボタンが配置。ボタン類は右上に集約されているので、操作は少ししづらいかも。↓

CHUWI HiPad XPro

▼下部は何も配置されていません。最近流行りのPOGOピン端子もありませんね。↓

CHUWI HiPad XPro

▼SIM/MicroSDスロットはこんな感じ。デュアルスロット対応なので、トレイもSIMカード2枚挿しに対応した形にの切り抜かれています。↓

CHUWI HiPad XPro

CHUWI HiPad XProの性能・パフォーマンス

CHUWI HiPad XProには、UNISOC T616と最近のミドルレンジのAndroidタブレットでこぞって採用されているSoCが搭載されています。

ブラウジングや動画視聴の際の動作に関しては、特段支障もなくしっかりと追従できているので、ライトな使い方では不満はほとんど無いなというのは感じました。メモリも6GBとミドルレンジタブレットでは十分な搭載量が確保されているのもあるのかもしれませんね!

CHUWI HiPad XProのゲーム性能

▼PUBG:Mobileでの高フレーム、高画質設定の結果はそれぞれこんな感じでした。最低クオリティの画質の場合だとフレームレートはウルトラまで設定できます。当初思っていたよりも設定幅が広いのはGOODポイントでしょう!↓

CHUWI HiPad XPro

▼実際にスムーズ+ウルトラで訓練場にて暴れ回ってみたところ、支障無くエイムや移動、車両の運転が出来たことは報告しておきます!↓

CHUWI HiPad XPro

余談ですが、画質:スムーズと画質:高でのテクスチャなどは影が付くくらいであまり変化がなく、パッと見では劇的にキレイになった感じが薄いので、CHUWI HiPad XProでPUBG:Mobileを遊ぶ際には快適な動作のスムーズ+ウルトラ設定を推奨します!

▼リズムゲームのDeemoもやってみました。結果、音の遅延やカクつきもなく快適に遊べましたことを報告しておきます!↓

CHUWI HiPad XPro

CHUWI HiPad XProの機能と仕様

CHUWI HiPad XProで気になった機能を紹介していきます!

Parallel App機能って何に使うの?

▼設定の「アプリ」内にParallel Appという項目があるんですが、サポートしているアプリが何も表示されないんですよね。恐らくアプリクローンだと思うんですが、この状態ではホントに謎機能です。↓

中国向けのアプリなどで対応していたりするのかなとは思うんですが、現状では役に立たない機能だと思った方がいいかもしれません!

顔認証の速度は早い。精度も写真認識方式の中ではまあまあのレベル

上記の表で記載はしていますが、CHUWI HiPad XProの対応する生体認証としては、顔認証のみの対応となっています。

気になる認証速度ですが、スリープ解除から一瞬でOKとゲキハヤ。あまりにも早いので、「これ精度とかテキトーじゃね?」と思って、家族の顔でも認証するかどうか調べたところ、一応は弾いていたので、流石にそれは無さそうでした。

ただし、複雑な認識方式ではなくあくまでも写真で認識するタイプの方式ですので、過信は禁物ですが、スリープ復帰は快適に行えますよということはお伝えしておきます!

CHUWI HiPad XProのディスプレイ

CHUWI HiPad XProのディスプレイに関する仕様をチェックしていきます。

高精細で見やすい発色!コントラスト調整もできる!

CHUWI HiPad XProのディスプレイ解像度はWUXGA(1,920×1,200)と高精細で、個人的には粗さは気になりにくいです。

また、ガラスとディスプレイを一体化させたフルラミネーションディスプレイ方式を採用しているので、視差も少なく、より一層キレイに見えるように感じました。

▼コントラストなどを調整できる機能もしっかりと完備。好みの色合いにチューニングができちゃいます。↓

「Video display enhancement」機能はイマイチ…

あ、そうそう。ディスプレイに関するオリジナル要素として、「Video display enhancement」機能があるのにも触れておきましょう。

▼この機能は、特定のアプリ起動時の動画再生などを明るく精細に表現できるようにするモノとのこと。↓

CHUWI HiPad XPro

ただし、対応アプリは「YouTube」「Meet」「Files by Google」「Photo Edit」「フォト」と5種類しか対応しておらず、追加もできないようです。

また、機能をオンにしてもあまり変わらないどころか、オフにすると不自然に白飛び、ドットが粗くなったりとバグ起因と思われる症状が出てしまいます。この症状を解消するには一旦画面の入切をするしかなかったりとメッチャ手間なんですよね。

したがって、現状では「Video display enhancement」機能は無いものとして扱ったほうがいいですね!

というか、何も設定しない素の状態で十分キレイなので、使わなくても問題ないと思います!

AmazonプライムビデオではHD画質で再生可能だが、NetflixではSD画質再生までだった

▼CHUWI HiPad XProはWidevine L1に対応しているのがウリの一つですが、NetflixではSD画質までの再生に留まるのは注意が必要です。↓

▼AmazonプライムビデオではHD画質の再生が出来ていたので、恐らくNetflixでは認証が取れていないからだと思われますが、DRM Infoでの結果はL1判定が出てるんですよね。謎。↓

CHUWI HiPad XPro

CHUWI HiPad XProのカメラ

▼室内にてアウトカメラを使用し撮影した写真がこちら。光量が足りないのもあるかもしれませんが、なんだか全体的にボンヤリとしており、締まりがない写真になっています。↓

CHUWI HiPad XPro

▼室内の同じ環境でインカメラ撮影した写真はこちら。四隅がかなり暗いですが、アウトカメラでの作例よりもシャッキリしているのが釈然としない…↓

CHUWI HiPad XPro

▼屋外での撮影結果はこちら。実際よりも明るすぎる気はするものの、パッと見はそれなりにキレイに撮れています。拡大してディティールを確認してみると、葉っぱの部分の細かい輪郭とかは潰れていましたけどね…↓

CHUWI HiPad XPro

▼ポートレートモードが搭載されているので、そちらもテスト。背景ボケもほとんど感じられない上に明らかに白飛びしすぎなので、あまり使い物にならないかも…↓

CHUWI HiPad XPro

ちなみに、上記の写真で分かるように左下にウォーターマークも付けられます。何故かデフォルトだと中国語が書かれていますが。

というわけで、CHUWI HiPad XProのカメラ品質はお世辞にもキレイとは言えず、「とりあえず写りはする」レベルと言えるでしょう。記念撮影よりも記録撮影に向いていそうな雰囲気です。

CHUWI HiPad XProのバッテリー関連

▼バッテリーの持ちのチェックとして、3D Markに内包しているWild Life Stress Testを実行。Wild Lifeを20回実行(約20分)するテストですが、バッテリー消費の結果は5%減となっていました。↓

CHUWI HiPad XPro

単純計算では、高負荷時には1時間で15%ほどのバッテリー消費だと予想できますが、高負荷時で1時間/15%消費は結構バッテリーを食っているようないないような…?

▼AnTuTuの充電テストにて、充電の際の推移をチェックしてみました。今回は最大30W対応の充電器を使用しての結果ですが、最大で14Wほどの出力が出ていた模様。ただ、出力の制御により、平均は7W、充電完了まで3時間20分ほどと「まぁそんなもんか…」的な結果に終わりました。↓

CHUWI HiPad XPro

CHUWI HiPad XProのスピーカー・サウンド関連

CHUWI HiPad XProはクアッドスピーカー搭載ということで、気になるのはサウンド面。あくまでも個人の感想というのを考慮に入れた上での評価ですが、「音の厚みは無いけど、サラウンド感はある」印象でした。

というのも、スピーカー単体から出る音はiPad ProやLenovo製のハイエンドタブレットと比較するとあまり良いものではないんですが、それでも4基搭載してしっかりとクアッドの構成に仕立てた上で音が鳴っているので、それなりに聴けるサウンドにはなっているんですよね。

そもそも論ですが、100ドル台半ば(2万円前後)のタブレットということを勘案すると、先述の高価格帯タブレットに劣るのは当然ですし、とりあえず聴けるレベルでまとまっているのは十分に健闘していると言っても差し支えないかと思います。

とはいえ、ミュージックビデオ等の鑑賞には物足りないのは確かなので、迫力あるサウンドを求めている方は、TWSやBluetoothスピーカーとの併用をオススメします!

▼と、ここまで書いてから思い出したんですが、コイツにはイヤホンジャック端子が付いてたんでした。最近のタブレットでは搭載されていないモデルもよく見かけるようになっていたので、すっかり失念していました。↓

CHUWI HiPad XPro

▼試しに、手持ちのBeats EPで聴いてみたところ、変なノイズも無く快適に視聴することができました。やったね!↓

CHUWI HiPad XPro

というように、CHUWI HiPad XProは無線のみならず有線でもイヤホンやスピーカーを繋げられるので、手持ちのガジェットや状況に応じて柔軟に使い分けましょう!

CHUWI HiPad XProの評価まとめ

CHUWI HiPad XPro

CHUWI HiPad XProは一言で言うと、「デザインがクールなタブレット」。それに尽きるでしょう。金属ベースのスタイリッシュなデザインにキレイなディスプレイとCHUWIらしさに溢れたタブレットに仕上がっています。

ただ、カメラの作例が想像よりもショボかったことや、NetflixでHD画質の動画が視聴できないこと、一部機能がキチンと動作しなかったりと、チューニングが甘い部分は見受けられますが、2万円前後のタブレットならしゃーなしかなとも思います。

性能面でも2万円台タブレットでは平凡なUNISOC T616を搭載しているので、これぞ!といった性能が発揮できるわけではありませんが、動画再生やブラウジング、軽めのゲーム等のライトな用途では十分使えるんですよね〜。

結論。CHUWI HiPad XProは動画視聴がメイン用途で2万円前後のAndroidタブレットをお探しの方には、十分検討する価値のある製品ではないでしょうか!

最後までお読み頂きありがとうございました。ガルマックスでは最新のガジェット情報やレビュー・検証結果を数多くお届けしています。TwitterYouTubeもやってるので登録して頂けると嬉しいです!

CHUWI HiPad XProの割引情報・購入先まとめ

■メモリ6GB+容量128GB■
初出時価格→149.00ドル
過去最安値→149.00ドル
▼[CHUWI公式ストア]割引セールで149.00ドル!↓

ページトップへ