待ってました!「Fire HD 8」「Fire HD 8 Plus」「Fire 8 キッズモデル」の2022年モデル発表!

Amazon製の新型タブレット「Fire HD 8」「Fire HD 8 Plus」「Fire HD 8 キッズモデル」の2022年モデルを発表!先代モデルからスペックアップ。発売日は10月19日!

Fire HD 8(2022)の特徴

Fire HD 8(2022)の特徴は以下の通り!

Fire HD 8(2022)のハイライト

  • カラーは3色
  • ディスプレイは8インチ、解像度は1,280×800
  • 200万画素のフロント、インカメラ
  • 通常使用で13時間持つバッテリー
  • MicroSDスロット、イヤホンジャック搭載
  • キッズモデルも用意されている

▼Fire HD 8(2022)のカラーはブラックとブルーとピンクの3色。Amazonのロゴが入っているのが特徴。↓

SoC型番は明かされていないが、先代モデルからコア数がアップ。4コアだったのが6コアになっているぞ!保存容量(ROM)は32GBと64GBの2バリエーション。メモリ(RAM)は2GB。2022年で2GBって足りるのか…?

▼ディスプレイは8インチで解像度は1,280×800。このあたりもエントリーらしい構成である。↓

カメラはフロント、リアカメラどちらも200万画素の構成で最低限。

電池持ちは読書、WEB、動画視聴などの通常使用で最大13時間とのこと。容量は非公表だが自宅で使うぶんには問題なさげ。充電時間は約5時間らしい。

▼その他、MicroSDスロットとイヤホンジャックも先代に続き搭載されている。↓

なおGoogle Playは非対応で、Amazonアプリストアでアプリを入れるシステムとなっている点には注意。

Fire HD 8 Plus(2022)

上位モデルとなるFire HD 8 Plus(2022)では本体カラーはグレーのみの1色となっている。

スペックもアップしており、メモリ(RAM)が3GBに増量しているため、より動作の安定性に期待できるぞ!

カメラはリアカメラが500万画素にアップしているので写真の解像度は大きくなっている。

電池持ちは13時間で変わらないが、充電時間は3時間と短縮されており無印モデルよりも急速充電となっているようだ。さらにワイヤレス充電にも対応しているのが違い。

Fire HD 8 キッズモデル(2022)

▼Fire HD 8(2022)をベースとしたキッズモデルも用意されており、キッズモデルでは子供向けのコンテンツも内蔵されているぞ!またスタンド付きケースも同梱されており、衝撃にも強く落としても壊れにくくなっている。↓

▼本体カバーはブラックのみの1色、キッズカバーは3つのバリエーションが用意されているぞ。↓

その他、子供向けコンテンツのサブスクであるAmazon Kids+が1年間無料で使える特典が付属されている。また本体への限定保証が2年間付いているのも魅力。

発売日と価格まとめ

Fire HD 8シリーズの発売日予定日は10月19日で価格は以下の通り。

  • Fire HD 8(2022)/32GB:11,980円
  • Fire HD 8(2022)/64GB:13,980円
  • Fire HD 8 Plus(2022)/32GB:13,980円
  • Fire HD 8 Plus(2022)/64GB:15,980円
  • Fire HD 8 キッズモデル(2022):15,980円
ガルマックス ナオキ
昔買って使ってたやつが電池ヘタってるから買い替えちゃお。

▼Fire HD 8(2022)↓

■32GB■
初出時価格→11,980円
過去最安値→11,980円

■64GB■
初出時価格→13,980円
過去最安値→13,980円

Fire HD 8(2022)のスペックまとめ

▼Fire HD 8 Plus(2022)

■32GB■
初出時価格→13,980円
過去最安値→13,980円

■64GB■
初出時価格→15,980円
過去最安値→15,980円

Fire HD 8 Plus(2022)のスペックまとめ

▼Fire HD 8 キッズモデル(2022)↓

■Fire HD 8 キッズモデル(2022)■
初出時価格→15,980円
過去最安値→15,980円

Fire HD 8 キッズモデル(2022)のスペックまとめ

ページトップへ