1100-150 Xiaomi 14

Galaxy S23 FE(日本版)のスペック・対応バンドまとめ!国内初のFEスマホ!8 Gen 1搭載!2月9日発売!

念願のFEスマホが日本でようやく登場!めっちゃ嬉しい!

Galaxy S23 FE 日本版の特徴やスペック、対応バンドをまとめたのでチェックしてみて下さい。ちなみに記事公開時点でGalaxy S23 FE 日本版はauが取り扱うとのことです!

Galaxy S23 FE 日本版の特徴

Galaxy S23 FE 日本版の特徴は以下の通り!

Galaxy S23 FE 日本版のハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色構成
  • ディスプレイは120Hz対応の有機EL。サイズは6.4インチ
  • メイン+超広角+3倍望遠カメラの構成
  • 4,500mAhバッテリーでワイヤレス充電も対応

Galaxy S23 FE 日本版の詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

Galaxy S23 FE 日本版のサイズ・重量・カラー

  • 高さ:158mm
  • 横幅:76mm
  • 厚さ:8.2mm
  • 重量:209g

カラーはブラック系、ホワイト系、グリーン系の3色展開です。

デザインとサイズに関しては既存モデルのGalaxy S23+とほぼ同じとなっています。カラーリングは異なりますが、特段これまでのモデルから極端なサイズ差を感じにくいでしょう。

ただ重さが209gとやや重めなのが気になるところでしょう。S23+だと196gでこちらのほうが13g重たく、ケースをつければ結構片手操作時でのずっしり感はあるかも。

それにしてもこのシンプルな見た目。やはり良いもんですね。カメラの主張が控えめで本当にスッキリした見た目なんだけど、それ故にエモさがある。今のところこのデザインはGalaxyスマホにしかないスタイルなので個性的でもあるし。

他社スマホ(とくに中華メーカー)だとカメラとか色とかパネルとかで個性を大きく押し出している目立ったモデルも多く、それと比べると非常に万人受けしやすいと感じます。ただしカメラ部分はそれぞれ出っ張ってるんで机とかに傷付けないようには注意ですが‥

▼ちなみに背面パネルですが、これまでのFEはプラスチックだったのがGalaxy S23 FEからはゴリラガラスを採用!さらにIP68完全防水も対応なので水濡れでも安心して使っていけるのもGoodでございます。↓

Galaxy S23 FE 日本版のSoCはSnapdragon 8 Gen 1

  • SoC:Snapdragon 8 Gen 1
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

SoCはSnapdragon 8 Gen 1を採用していますよ!現行だと8 Gen 3なので二世代前というと微妙に思えるかもしれませんが、しかしコイツは型落ちとはいえハイエンド。

AnTuTu参考値は100万に至るレベルで、20~30万クラスがほとんどなミドルレンジとは比にならないぐらいの超ハイスペック。日常使いもサクサクだし、3Dゲームだって快適。

ただ、8 Gen 1は発熱と消費電力が懸念という難しいチップ。3Dゲームを長時間遊ぶと結構それが目立つ可能性もあります。

ただ、海外版での実機を使用したレビュー記事を漁ったところによれば発熱、電池持ちの双方においてどちらも同SoCを搭載するGalaxy S22より安定している印象を受けた、という報告もみられます。それほど心配しなくても良いかもしれん。

Galaxy S23 FE 日本版(Snapdragon 8 Gen 1)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだGalaxy S23 FE 日本版の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでSnapdragon 8 Gen 1の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約1,200,000
  • ゲーム性能(GPU):約430,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Galaxy S23 FE 日本版のディスプレイ

  • サイズ:6.4インチ
  • 解像度:2,340×1,080
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイは形状や有機EL、最大120Hzリフレッシュレート対応、FHDクラスの解像度という点がS23シリーズと同じ!

ただし画面サイズが6.4インチと絶妙なサイズ感で、個人的にはかなり扱いやすそうに思えます。今では主流な6.7インチより小さく扱いやすく、それでいて小さすぎないためQWERTY入力など精密な操作もやりやすい。実にちょうどいいと思えます。

最大120Hzリフレッシュレート対応なので一般的なディスプレイの2倍ほどスクロールは滑らかに表示できる仕様です!パネルも有機ELですし普段使いから動画視聴、イラストの閲覧など様々な場面でその画面の美しさを感じられるでしょう。

Galaxy S23 FE 日本版のサウンド関連

  • スピーカー:デュアル
  • イヤホン接続:USB-C

スピーカーはS23シリーズと同じくデュアルタイプ。音質はどれほど良いんですかね?コストを削ってるFEモデルなので、流石にS23よりは劣るかもしれんですが‥

とはいえ、悪くはないと思います。筆者は現にこれの前シリーズであるS20 FEを使ってるんだけど、全然ミドルスマホよりも音質良いし。

イヤホンジャック端子は非搭載です。Type-C端子に変換するアダプターが別途必要です。これもS20 FEと同じくDAC内蔵型の変換アダプターでないと使えない‥ってパターンかな?

Galaxy S23 FE 日本版のカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:5,000万画素
  • 超広角カメラ:1,200万画素
  • 望遠カメラ:800万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,000万画素

かつてGalaxyといえばハイエンドでも低画素というイメージがあったのですがそれはもう昔の話。S22シリーズからはメインカメラが5,000万画素と高まっています。これにより高解像度の写真撮影や、2倍のデジタルズームでの精細さがアップしてるんですよ!

広範囲を撮影できる超広角カメラと、光学3倍ズームを可能とする望遠カメラのセットというのも素晴らしい。

狭い屋内や一歩引いて撮影したいって場合に超広角カメラは輝きますし、遠距離での被写体なら望遠カメラできれいに撮影できるってのがGoodでございます!

▼またナイトポートレート撮影にも対応とのこと!ポートレートってのは一般的には背景をぼかして撮影することを意味するんですが、それの暗所対応版ということでしょうか。玉ボケ的な撮影もできるんかな?気になる。↓

Galaxy S23 FE 日本版のバッテリー・充電仕様

  • 容量:4,500mAh
  • 有線充電:25W
  • ワイヤレス充電:対応(規格非公表)
  • 逆充電:対応(規格非公表)

バッテリー容量は4,500mAh、急速充電やワイヤレス充電もバッチリ対応しています。電池持ちに関しては脅威の動画再生で最長21時間とのことでかなり長いですね!あくまで公称値とはいえこれは期待したい。

上でも書いてたんだけどSnapdragon 8 Gen 1は電池持ちの面が懸念点だったんだけど、Galaxy S23 FEはうまいこと最適化しているってことなんでしょうかね‥これはマジで使って試してみたくなる。

▼あとGalaxy S23 FEはワイヤレス充電も対応していますよ!これに対応するスマホって結構少ないし、しかも10万超えの高級モデルばかりなので安価なこれでワイヤレス対応はマジで神。置くだけで充電できるって便利よ!↓

Galaxy S23 FE 日本版のOS・機能

  • OS:One UI(Android 14ベース)

OSはOne UIを搭載!SamsungがカスタマイズしたAndroidOSでバージョンは最新である14がベースとなっています。

One UIはGoodLockによるカスタマイズやBixBy Routines(モードとルーチン)機能による自動化など様々な独自機能が用意されています。マジでこれ一度ハマると他に手が出せなくなるレベル。

Galaxy S23 FE 日本版の発売日・価格

Galaxy S23 FE 日本版の発売日は2月9日で記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ8GB+容量256GB:88,000円

▼au専売モデルなんですが、スマホトクするプログラムの対象機種だったりこちらに機種変更すると11,000円の値引きが行われるといった施策も用意されており、安く使えるようになっています。↓

特にコイツはハイエンドながら比較的低価格なのでその恩恵はでかそう!学生さんから安くハイエンドモデルを使いたい方は要注目です。

本体の質感、防水といい性能といい画面といいカメラといい電池持ちといい、あらゆる面で高水準なハイエンドモデル。かなり売れそうですねぇ!オレもこれの過去モデルをレビューして未だに使い潰してるレベルだし‥Galaxy FEはいいぞ。

■Galaxy S23 FE 日本版■

初出時価格→88,000円

▼機種変更で11,000円オフ!3月31日まで!↓

ページトップへ