1100-150 Xiaomi 14

「iPhone SE(第3世代)」と「iPhone SE(第2世代)」の違いを比較

AppleのiOSスマホ「iPhone SE(第3世代)」と前機種である「iPhone SE(第2世代)」の違いを比較しました。

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)の性能を比較

iPhone SE(第3世代)は廉価グレードのiPhone SE(Special Edition)シリーズの2022年モデルとなります!第2世代は2020年に登場しており、約2年ぶりの登場となります!

筐体自体は第2世代と同一、もとい第2世代がベースとしたiPhone 8と同じものとなっています。内部スペックに関しては刷新が図られているのが大きな違いといえます。

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)の性能を比較した表がこちら。

製品情報 iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
端末名 iPhone SE 第3世代 iPhone SE 第2世代
型番/別名 アメリカ他:A2595
日本:A2782
ヨーロッパ他:A2783
ロシア他:A2784
中国:A2785
A2296
発売年 2022年3月 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
日本:SIMフリー
海外:SIMフリー
日本:SIMフリー
メーカー・ブランド Apple Apple
対応バンド・周波数・ネットワーク iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
3G UMTS/HSPA+/DC‑HSDPA:850 / 900 / 1700 / 2100 / 1900 / 2100 UMTS/HSPA+/DC‑HSDPA:850 / 900 / 1700 / 2100 / 1900 / 2100
CDMA EV‑DO Rev. A:800 / 1900
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 30 / 32 / 66
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48
FDD‑LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 66
TD‑LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48
5G NR Sub6:n1 / n2 / n3 / n5 / n7 / n8 / n12 / n20 / n25 / n28 / n30 / n38 / n40 / n41 / n48 / n66 / n71 / n77 / n78 / n79
ミリ波:非対応
非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth バージョン:5.0
非公表
バージョン:5.0
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット シングルスロット シングルスロット(Nano SIM×1)
ネットワーク関連備考 eSIM対応 eSIM対応
本体仕様 iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
ディスプレイ サイズ:4.7インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:ノッチなし
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
サイズ:4.7インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:ノッチなし
最大リフレッシュレート:60Hz
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:1,334×750
画面比率:16:9
解像度:1,334×750
画面比率:16:9
画素密度 326ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 326ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:138.4 mm
横幅:67.3 mm
厚さ:7.3mm
高さ:138.4mm
横幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ 144g 148g
本体色 ブラック系、ホワイト系、レッド系 ブラック系、ホワイト系、レッド系
システム仕様 iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
OS iOS 15 iOS 13
CPU(SoC) A15 Bionic 4コアGPU A13 Bionic
AnTuTuベンチマーク

総合スコア:765877
GPUスコア:310402
(AnTuTu v9参考値)

総合スコア:498750点
GPUスコア:210378点

(AnTuTu v8実測値)

メモリ/保存容量 iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
組み合わせ メモリ:4GB
容量:64GB/128GB/256GB
メモリ:3GB
容量:64GB/128GB/256GB
ストレージカード 非対応 非対応
カメラ iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
背面カメラ シングルカメラ
①1200万画素(メイン、f/1.8)
手ぶれ補正:光学式(メイン)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
シングルカメラ
①1,200万画素(メイン、f/1.8)
手ぶれ補正:光学式(メイン)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ 画素数:700万画素(メイン、f/2.2)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:700万画素(メイン、f/2.2)
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様 iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非対応
指紋認証:対応
顔認証:非対応
センサー 赤外線センサー:非対応
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:対応
赤外線センサー:非対応
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:対応
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP67
耐衝撃:非公表
防水/防塵:IP67
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック なし なし
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
その他機能 ステレオスピーカー搭載 ステレオスピーカー搭載
バッテリー iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
バッテリー容量 非公表 非公表
充電 有線充電:非公表
ワイヤレス充電:対応
逆充電:非対応
有線充電:18W
ワイヤレス充電:対応
ポート Lightning Lightning
スペック表のソース iPhone SE 第3世代(A15 Bionic 4コアGPU) : iPhone SE 第2世代(A13 Bionic)
参照元

【公式サイト】iPhone SE(第3世代) – apple.com

【公式サイト】iPhone SE(第2世代)

スペック詳細記事 iPhone SE(第3世代)のスペック・対応バンドまとめ iPhone SE(第2世代)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

iPhone SE(第3世代)のレビュー!実機を使って気にいった・気になったポイントと評価まとめ!

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)の違い

ざっくり言うとこんな感じです。

iPhone SE(第3世代)は、

  • SoCはA15 Bionic 4コアGPU(第2世代はA13 Bionic)
  • 本体重量は144g(第2世代は148g)
  • 対応バンドが増加、5Gに対応
  • GPSセンサーも増加

本体の性能を示すSoCはA15 Bionicを採用しているのが大きな違い!このA15 BionicはiPhone 13と同じチップセットなので、同じぐらいのスペックの高さに期待できます。

なおこのA15 Bionicは4コアGPU版なので、iPhone 13 Pro(5コアGPU)ほどの性能はありません。

本体デザイン、サイズ、カラーはそのままですが重量はわずかに軽くなっており144gになっています!第2世代でもただでさえ軽かったのに、そこからさらに重さを削れるのは驚きですね。

対応バンドは新たに5Gに対応するようになっています!残念ながらミリ波は非対応ですが、4Gバンドも日本国内バンドにフル対応しており充実したものとなっています。

GPSはこれまでのGPS、GLONASS、Galileo、QZSSの4つに加えて、新たにA-GPS、BDS(BEIDOU)に対応しています!位置情報の精度、安定性もさらにアップしているものと思われます。

まとめ

筐体はそのままに、中身を最新仕様にパワーアップしているiPhone SE(第3世代)。

現行iPhoneで唯一指紋センサーを搭載しているのもあり、扱いやすさ、取り回しの良さと性能を両立している数少ないモデルといえるでしょう!

ガワは扱いやすいままで、中身を最新仕様にするってのはやはり魅力。正直Androidスマホでも同じことやってほしいなぁ。羨ましいばかりっす。

「iPhoneらしい取り回しはそのままに、不満のない性能のモデルがほしい」「5G対応で安いiPhoneを探している」という方にピッタリではないでしょうか!

しかし、5Gに対応していることを除けば大きな代わり映えがない、ともとれるモデル。第2世代でも十分な性能ですし、こだわりがない人であれば魅力は薄いかもしれません。

あとバッテリーの持ちも気になる部分です。第2世代のバッテリー持ちはそれほど評判良くはありませんでした。同じ筐体を使っている第3世代ではそれが改善されているのか興味深い。

発表会で「バッテリー持ちは良くなっている」とは言われているものの、そもそも公式からバッテリー容量自体が明らかになっておらず、実測しない限りバッテリー持ちが良くなったと断言するにはまだ早い。

むしろ5Gに対応しているため消費電力が懸念点だったりします。この部分に関しては実際使ってみないとなんとも言えないので、早く実機を触ってみたいところですね。

▼iPhone SE(第3世代)の購入先は以下!↓

ページトップへ