ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

KOSPET MAGIC 3のレビュー!格安で血圧・血中酸素濃度・心拍数の測定に対応のスマートウォッチ

スマートウォッチの「KOSPET MAGIC 3」を購入!実機が届いたのでレビューをお届けします!

KOSPET MAGIC 3の良かった点と注意点

立ち位置:COSPETのスマートウォッチ。定価5千円で安価ながら血圧や血中酸素濃度測定に対応している高機能モデル

良かった点

  • 運動、心拍数、血圧、血中酸素濃度の測定に対応
  • 安っぽさを感じないデザイン
  • スマホアプリと連携することで通知、天気予報が使えるように鳴る

悪かった点

  • アプリの並び替えのカスタマイズ不可
  • 振動が弱い
  • スマホからの通知の表示設定に難あり

KOSPET MAGIC 3の外観

▼外観はシンプルな四角形タイプ!実にスマートウォッチらしいデザインです。一見すると、Apple Watchと見間違えそうなレベルで外観が似ています(`・ω・´)。カラーはブラック、ピンク、ネイビーブルーの3色でしたが今回はブラックを購入。↓

ムダのないデザインで、ビヂネスシーンでも雰囲気ピッタリな印象

側面はフラットな形状で、質感はサラサラ!個人的に好みな風合いっす。材質はプラスチックとのことですが、プラスチック特有の安っぽさは感じません。↓

▼右側面に配置されている物理ボタン。電源キーと「前の画面に戻る」役割を兼ねています。ただ、押し心地は結構硬く本体を押さえながら押さないと反応しないぐらいでした!もうちょっと柔らかくして欲しいのが本音。↓

▼背面部分はセンサーと充電用のマグネット端子となっています。充電ケーブルは専用品なので紛失に注意!↓

付属品・同梱物

  • 充電ケーブル(専用マグネット端子、USB給電型)
  • 説明書
  • 保証カード

▼同梱物は充電ケーブルと説明書と保証カードの3つ。充電ケーブルはUSB電源から給電するタイプとなっています!コンセントに繋ぐのであれば、充電器が別途で調達が必要です。スマホの充電器の使いまわしでも可!↓

▼説明書は英語のみで日本語は非対応ですが、保証カードには日本向けの連絡先が記載されていました。ただ、この手の製品は保証サービスがどれだけ信頼できるんでしょうね(´・ω・`)?使ったことがないのでなんとも言えません。↓

KOSPET MAGIC 3を実際に使ってわかった事

▼KOSPET MAGIC 3のレビュー動画はYouTubeで公開中!質感・カラー・雰囲気・動作・レスポンスは実機動画をチェック!↓

雨にぬれてもヘッチャラなIP68対応は嬉しい

スマートウォッチは特性上雨など水に濡れる機会が多いんですが、COSPET MAGIC 3は安いモデルながらもIP68の防水防塵の最高等級を取得しているのがGood!雨に降られてもうっかり水にポチャっても平気なのは使ってて安心ですな。

▼これはレビュー動画の切り抜き。完全に水没してバシャバシャと水中で振ってますが全く問題なし。↓

文字盤をスワイプで各種機能が使える

COSPET MAGIC 3はボタンでなく画面タッチによる操作に対応しております!初期画面の文字盤を上下左右にスワイプすることで、以下の機能にアクセスできる仕組み。

  • 右:機能一覧
  • 下:簡易設定画面
  • 上:通知一覧
  • 左:データ測定、カメラコントロール、音楽コントロール

▼左から右にシュッ!とスワイプすると、機能一覧アイコンがブドウみたいに並んで出てきます。ただし残念ながらここの並び替えはできず、よく使うものを真ん中に固めておく…なんてことはできませんでした(´・ω・`)。↓

▼また右から左にスワイプしていけば運動や健康面の測定が出てくる画面やカメラ制御、音楽コントロール画面が出てきます。ただ、ここも並び替えが出来ないので、頻繁に使いたい機能が遠い場合は結構不便。↓

▼上から下にスワイプすると、まるでXiaomiスマホのMIUIコントロールセンターやiPhoneのiOSコントロールセンターみたいな簡易設定画面が出てきます。輝度調整、シネマシーン(輝度を落としてバイブをオフにする)や天気予報にアクセス可能!↓

▼スマホと接続して使える天気予報画面。シンプルで見やすい!さらに5日後までの天気を見られます。降水確率は出てきませんが、大まかな天気を見る分には十分嬉しいポイントっす。↓

振動機能はあるが、震えの強さが弱い

COSPET MAGIC 3はスピーカーは搭載していませんが、振動機能を搭載しており、通知が来た時や端末を探す時にバイブレーション作動させることができます。

ただ振動が弱く、振動のブーン的な音もあまり大きくありません。腕に付けていたり、近くに置いていれば振動にやっと気づくってレベルなので、なくすと見つけるのはなかなか難しそう(´・ω・`)。

スマホアプリ「Da Fit」と連携できる

COSPET MAGIC 3は「Da Fit」アプリとBluetooth経由で接続することで心拍数や運動といった情報をスマホから確認したり、スマホからの通知表示やカメラ、さらに音楽コントロールに対応しています!

▼ペアリングも結構カンタン。COSPET MAGIC 3とスマホのBluetoothをオンにした後アプリを起動して、デバイスを追加する画面に行けば、COSPET MAGIC 3くんが出てきます。それを選択すればもうおしまい!↓

日本語に対応しているけど精度は怪しい

海外ストアの製品ながらも、COSPET MAGIC 3はしっかり日本語に対応しており偉い!と感心させられるポイント。ただし精度は海外製品のそれで機械翻訳感はありますが、慣れれば気にはならないっす。

▼ただ、色んな意味でヤバい誤訳があった。定期的に水分補給を促してくれる飲料水リマインダー機能ってのがあるんですが、なんとここの表記が「飲酒」になっているんです!これはおそらく「Drinking」の誤訳でしょう。飲酒をあおるスマートウォッチなんて初めて見たぞ(´^ω^`)。↓

心拍数の測定は高精度で常時計測ができる!

COSPET MAGIC 3は心拍数計測が可能。安静時や運動時に測定することで、どれだけ心臓が動いているかを計測できるんす。普段の健康管理には嬉しい、まさにスマートウォッチに欲しい機能。

心拍数は常時計測にも対応しているのもGood。いちいち計測する手間がかからないので使い勝手もよく感じました!

▼価格が安いタイプなので精度はどんなもんかなと思ってましたが、結構優秀!Apple Watch 5と合わせて心拍数を計測しましたが、ほぼ同じ結果が出てきました!少なくとも高級モデルと遜色ない精度であることには間違いなし(`・ω・´)。↓

血圧や血中酸素濃度を測定できるって驚き

COSPET MAGIC 3は血圧と、血中酸素濃度を測定できるんす!どちらもスマートウォッチにはあまり見かけられない機能で、1万円を切るCOSPET MAGIC 3でこれらを測定できるのは素直に驚きです。

なかでも血中酸素濃度っていうのは「ひと目で身体のコンディションを測定できる」っていうモノ。ざっくりと身体の具合を確かめられるってのはいいね!

ただ、実際使う分には常時計測に対応しておらず、測定のために1分間安静にしている必要があるので、筆者は頻繁には使わないかなぁという感想でした。よく動くタイプとの相性は微妙(´・ω・`)筆者は落ち着きがありません。

血圧は上が135mmHg以下、下が85mmHg以下くらいなら高血圧じゃないらしい!

▼あくまでスマートウォッチなので、精度はオマケ程度に思っておいたほうが吉。少なくとも話のタネにはなるでしょう。ちなみに、96%~99%という結果が良好な身体の状態だそうです。↓

ちなみに心拍数を測定している時は背面は緑に光るが、血中酸素濃度を測定している時は赤に光るようになっていた

睡眠センサーはズレまくりで使い物にならない

COSPET MAGIC 3は睡眠のデータを数値化する睡眠センサー機能を搭載していますが、ぶっちゃけ使い物になりません(´×ω×`)。

▼なんでかっていうと、就寝時間と起床時間がズレまくりなんすよね。画像は午前2時に寝て午後12時に起きた日なんですが、計測では22時に寝て9時に起きたことになっています。メチャメチャ健康的!!↓

文字盤カスタムも可能。ただし1種類しか保存できない

▼COSPET MAGIC 3はプリセットの文字盤の他にも、様々なデザインの文字盤を選択できるのはもちろん、スマホの画像を壁紙として設定することもできます。後述の視認性の問題はあるので、個人的には明るめの壁紙がオススメかな。↓

壁紙の種類は全部で70種類ほどと豊富。ただしMi band 5と違いサードパーティーの壁紙ストアは無かった。

▼またCOSPET MAGIC 3本体からの文字盤の変更も可能!文字盤を長押しすれば、スワイプで選ぶだけ、と設定はカンタン。↓

遠隔カメラ撮影はアプリからしか出来ない

スマホを三脚やスタンドに置いてからスマートウォッチで遠隔して自撮り!なんてことができるんですが、残念ながらCOSPET MAGIC 3はDa Fitアプリ内のカメラからしか遠隔シャッターに反応してくれませんでした。

ただ、遠隔撮影を押しているとスマホ側に「スマートウォッチから撮影しています」的な通知が飛ぶようにはなっており、この通知をタップすることでDa Fitアプリのカメラ撮影画面に一発で飛べるようにはなってます。

通知の仕様が残念な感じ

▼個人的見解ですが、スマートウォッチで一番大事なのは「音楽コントロール」と「スマホの通知の表示」だと思うんすよね。いちいちポケットから出さずともどんな通知なのかすぐ確認できるってものすごく便利。↓

で、そういう意味ではCOSPET MAGIC 3は通知の仕様はまずまずだなーって結論です。なんてかっていうと、「プリセットのアプリ以外は、アプリごとの通知のオン・オフが切り替えられない」から。

▼プリセットで設定されたアプリはTwitterにLINEとメジャーなモノが入っているのは嬉しいけど、それ以外のアプリは個別に指定できないため、意味のない通知が頻繁に飛んできて鬱陶しく感じてしまうのがネック。↓

メールやDiscordの通知を受け取りたいのでオンにしていると、スマホのスクショの通知だったり天気予報の通知だったりと、どうでもいい最小化の通知までバイブ付きで丁寧に拾ってきます。

とくにダウンロード中の通知はずっと表示されるせいか、COSPET MAGIC 3が通知鳴りっぱなしとなり、非常に鬱陶しかった(´×ω×`)。アップデートで細かい部分の設定ができることを望みます。

ディスプレイは視認性が低く「価格相応」

デフォルトの文字盤。心拍数は数値は実測値だが、グラフはダミー

COSPET MAGIC 3のディスプレイは1.71インチで大きめ。大きく文字サイズもあるため見やすいのはGood。

ただし残念ながら液晶タイプで最大輝度も低いため、屋外などの明るい場所における視認性は悪いっす。屋内であればいいですが、日がさす野外だと白い文字以外は判別しにくいのなんの。まぁこの価格帯なら妥協すべき。

文字盤によっては液晶の問題で見えにくくなるものもあるので、白い大きな文字のものか、白ベースの文字盤デザインをオススメします(`・ω・´)。

バッテリー:電池もちはイイカンジだが使い方で大きく変わる

COSPET MAGIC 3は販売サイトで毎日使っても7日持つとありましたが、結論から書くと「設定と使い方で電池もちは大きく変わる」といったところ。

COSPET MAGIC 3には常時心拍数計測があり、それをオンにしていると結構電池が減ってきます。実際の電池もちは「常時計測オン、運動計測を一切しないという使い方で、電池は6日持つか持たないか」という結果でした。

公式よりも持ちませんでしたが、スマートウォッチにしては十分いい電池もちに感じます(っ´∀`)っ。

KOSPET MAGIC 3の実機レビューまとめ

お気に入りの文字盤

3~4千円で手に入るスマートウォッチならコスパは良好な部類に入ります。

使ってて安っぽさや安物らしい粗な部分はチラホラありますが、スマートウォッチとして基本的な部分はしっかり抑えており、プラスアルファで血中酸素濃度・血圧・心拍数が測定できるなかなかおもしろいガジェットでした!

価格は定価だと5,000円超えるので、5,000円だったらXiaomi Mi Bandあたりを選ぶかなぁ。一方、セールになると31.99ドル(約3,500円)ぐらいまで落ちてくれるんでそこなら狙い目。3000円台ならイチオシってスペックです。

並び替えができなかったり細かい通知設定ができなかったり睡眠センサーがズレたりと欠点はあるものの、安くて機能を詰め込んだモデルをお探しの方だったり、安価な入門用モデルを触ってみたいって方にはオススメです(`・ω・´)。

■KOSPET MAGIC 3■
初出時価格→49.99ドル
過去最安値→17.99ドル(4台限定だったのでそれを除くと29.99ドルが最安)

▼[Banggood]割引セールで29.99ドル!↓

▼[GEARBEST]セール価格で31.99ドル!↓

KOSPET MAGIC 3の口コミ・評判

KOSPET MAGIC 3を使っているTwitterユーザさんへ。使用感・写真作例、良かった点・不満点など何でもいいので評価を募集中!内容に公序良俗の問題がなければ口コミとして掲載させていただきます!

以下の内容をコピーして感想ツイートをお願いします!

端末名:KOSPET MAGIC 3
#ガルマックスユーザレビュー

ページトップへ