ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【オススメ】もう2万円以下で手に入るの?!モバイルモニター「Lepow 15.6型FHD Type-C/HDMI」のレビュー!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Lepow-Review

普段からデュアルディスプレイ環境で作業をしているんだけど、出張先だとデュアルディスプレイ環境ではないのでパフォーマンスが落ちることから、「[レビュー]持ち運びディスプレイ「ASUS MB16AC」を購入。良いところ、気になったところ」を愛用しておりました。

愛用していたASUS MB16ACを購入する時に予め決めていた要求項目は

  • 15.6型で解像度はFHD
  • 視野角の広いIPSパネル
  • 電源不要で使えるUSB Type-C接続
  • 価格は4万円以下

という内容。妥協点もあったんだけど、この時に一番魅力的に感じたのがASUS MB16ACだったんです。で、今回、「Lepow 15.6型FHD Type-C/HDMI(以下、Lepow 15.6型モバイルモニターと言います)」をリリースするLepowさんに製品を試す機会を頂いたんですが、こっちは実売2万円以下。

しかも、実際に使っているとLepow 15.6型モバイルモニターがより僕にとって利点の多い製品でした。マジでこれが2万円以下で手に入るなんて良い時代になった!

じっくり使ってLepow 15.6型モバイルモニターのレビューをお届けします!

▼執筆時の価格は19,680円、Amazonの1000円オフクーポンあり。価格や割引は常に変動するのでリアルタイム価格は以下からご確認下さい!↓

Lepow 15.6型モバイルモニターの基本スペック

  • 本体重量: 700g
  • サイズ:15.6インチ(16:9)
  • パネル種別: IPS
  • 解像度: 1920×1080
  • コントラスト比:1000:1
  • 周波数:60 Hz
  • 輝度(標準値): 300 cd/m2
  • 入出力端子:Mini HDMI、イヤホンジャック側のType-C(給電&映像出力フル機能)、ロールキー側のType-C(給電のみ)、3.5mmオーディオ

オール・イン・ワンで全てが揃っている豪華な同梱内容

▼Lepow 15.6型モバイルモニターはこんな箱に入って届きました。15.6型なので結構大きい。↓

Lepow

▼付属品は以下の通り。本体に画面保護+スタンドになるカバーが装着された状態で同梱、その他、外部電源アダプター、充電用ケーブル、HDMIケーブル、USB Type-Cケーブル、そして、画面の保護フィルムまで付属。めっちゃ豪華!保護フィルムとか購入すると1,000円以上しそうだし、HDMIケーブルも良いお値段なのでパッケージ購入で全てが揃うのは嬉しい!

Lepow

▼付属する取扱説明書も完全日本語対応なので使い方に困ることも無し。↓

Lepow

何処でも持ち運べてすぐに設置出来るのが良い

▼モバイルモニターの利点は【簡単に持ち運べる】って部分。こんな感じでパタッとカバーを畳んでサクッと持っていけるのが最高。↓

Lepow Lepow Lepow

▼設置も簡単。カバーがスタンドになるので秒で設置完了↓

▼重量はカバー含めて1kgを超えるんで普段から常に持ち運ぶってよりも、普段からデュアルディスプレイ環境で作業しているから旅行や出張時に持っていくって用途が一番ピッタリだと思う。

Lepow

バッテリーを搭載していないのでスーツケースに入れて飛行機の預け荷物として扱える

この類の製品の中にはバッテリーを搭載しているモデルがあるんだけど、飛行機の預け荷物として扱えないんですよね。そうなると、手持ちでウロウロすることになりかなりの負担増。

Lepow 15.6型モバイルモニターはバッテリーを搭載していないんで飛行機の預け荷物でもOK。飛行機に頻繁に乗る僕としては預け荷物に入れられるのはメッチャありがたい。

PD対応のUSB Type-C出力なら別途電源不要。ケーブル1本で即使える

まずは僕の環境なんだけど、メインのパソコンはMacBook Pro。で、このパソコンにはPD対応のUSB Type-C端子が備わっているんでケーブル1本でLepow 15.6型モバイルモニターへの電源供給から映像出力まで出来ちゃう。

▼パソコンにPD対応のUSB Type-C端子を備えていればケーブル1本で即使えるので、僕は出張時にUSB Type-Cケーブルのみ持っていってます。↓

Lepow

ちなみに、Lepow 15.6型モバイルモニターは左側面と右側面にUSB Type-C端子が備わっているだけど、右側の端子は【電源用】なので接続する時は左側面の端子に挿す感じ。

▼付属のケーブルは1m20cmあるので左にディスプレイを置いて右にパソコン、パソコンの右端子に挿すような一番ケーブル長が必要な場面でも問題なく付属ケーブルで届くのでご安心を↓

HDMIで使う場合は別途電源が必要

Lepow 15.6型モバイルモニターは左側面にMiniHDMI端子が備わっているんだけど、HDMIは映像と音声のみなので別途電源が必要。

▼一番確実なのは付属の電源供給アダプターと充電ケーブルでコンセントから電源を取る方法。これは確実にデュアルディスプレイが動きます。↓

Lepow

▼もう1つの方法は、充電ケーブルをパソコンに接続してパソコンから電源供給を行う方法。ガルマックス編集部にあるノートパソコンでは問題なく動いたんだけど、これはUSBからの給電規格にも左右されるので、皆さんが購入した時は長時間安定的に動くか手持ちのパソコンで検証してみて下さい!これならコンセント不要で使えてよりスマートですからね!↓

Lepow

HDMI端子も備えているので活用シーンが広くて良い

愛用しているASUS MB16ACはUSB Type-Cが1つだけしか備わっていないので、基本的にUSB Type-Cで電源供給できる製品でのみの利用に固定されるんですが、Lepow 15.6型モバイルモニターはHDMI端子を備えているので活用シーンがめちゃくちゃ広い。

▼こんな感じでゲーム機を接続してプレイすることも出来ちゃう。その他、Amazon Fire TV StickやDVDプレイヤーなども簡単に接続出来る。↓

Lepow

▼スマホも映像出力に対応していればこの通り。写真はGalaxy S10+で外部ディスプレイに繋ぐと利用できるデスクトップスタイルでの活用例。↓

Lepow

ASUS MB16ACだと使用用途が限定的だったんだけど、HDMI端子を搭載することでPD対応のUSB Type-Cを備えていないパソコンでも使えたり、その他の用途でも幅広く活用できるのでモバイルモニターの中ではダントツに扱いやすいです。

Lepow 15.6型モバイルモニターはFHDのIPSディスプレイで60hzの表示も対応しているので、映像も滑らか。また、ゲームをプレイする限り遅延も感じないのでゲーム用途も全然OK。

スピーカーも搭載しているけど、音量はやや物足りない

▼USB Type-C経由やHDMI経由だと映像以外に音も転送出来るんだけど、ASUS MB16ACはスピーカーを搭載していなかったから基本は接続する機器側で音を出す必要があったんですよね。一方でLepow 15.6型モバイルモニターはステレオスピーカーを搭載。

Lepow

音質は低音スッカスカで”音が鳴ります”レベルで、音量を最大まであげるとなんとか使える感じ。無いよりマシってくらいなんだけど、ゲームやDVDプレイヤーを繋ぐならスピーカー搭載はありがたいところ。

で、スピーカー音量も【最大】でソコソコ使えるレベル。イヤホンジャックを搭載しているので、有線のヘッドホンやイヤホンを使うとちょっと満足度は上がるんだけど、ゲームをプレイしていたら「この音量だと人によっては物足りなさを感じるかも」という印象っす。

Lepow 15.6型モバイルモニター経由で音を聞くならイヤホンやヘッドホンは音量調整機能を備えているものを使ったほうが良いかも。

非光沢ディスプレイだから目が疲れにくいのが良い

愛用しているASUS MB16ACで妥協したポイントはディスプレイが光沢であること。普段から非光沢ディスプレイを愛用していて、且つ、MacBook Proも非光沢フィルムを貼って使っているもんだから、個人的には光沢ってメッチャ目が疲れるんです。

Lepow 15.6型モバイルモニターはディスプレイが非光沢仕様。これは個人的にめちゃくちゃ嬉しいポイントっす。やっぱ非光沢のほうが画面見やすい。↓

Lepow

音量や画質の調整で操作するロールキーが扱いにくい

▼Lepow 15.6型モバイルモニターの右側面には入力切り替えを行うボタンの他に【ロールキー】という特殊なキーで各種操作を行います。上方向と下方向にのみ動き、押し込むことで決定ボタンとして機能します。↓

Lepow

このロールキーを使って音量の調整や画面の明るさなど画質調整を行うんですが、ロールキーを押し込んでの操作性がイマイチ。

結構、グッと奥まで押し込まないと決定として認識されないみたいで、押したのに反応しないな?ってことが結構あるっす。ま、慣れると普通に使える&画質や音量の設定は一度決めてしまえば早々いじることはないんで個人的には、ま、いっか。としてるんですが、操作性が良くないってのは共有しときます!

ある程度の設置スペースが必要

Lepow

モバイルモニターは何処でも気軽に持っていけることがウリなんだけど、15.6型はソコソコ設置スペースが必要。パソコンと並べる場合は縦並びじゃなく横並びで置くので15インチクラスのパソコンが横並びに2台おける位の設置スペースは必要っす。なので、ホテルのテーブルが狭いと設置に四苦八苦する可能性もあり。

個人的には縦並びで設置するための簡易的なディスプレイ三脚みたいのがあれば取り寄せて試してみたいところです。(人の目って視点の横移動よりも縦移動が楽なんで、僕は普段縦並びでデュアルディスプレイ環境を使ってるんですよね。なので、できれば縦並びで使いたい)

Lepow 15.6型モバイルモニターまとめ|2万円以下で手に入るならめっちゃ満足度が高い

Lepow

いやー、モバイルモニターも高機能・低価格化が進んできました。一昔前に買ったモデルでは完全にモバイル用途+パソコンの画面を拡張するだけってシンプルなものが多く、価格も15.6インチクラスだと品質を求めれば3万円前後がデフォ。

Lepow 15.6型モバイルモニターは実売2万円以下。でも、【Lepow】ってメーカー知らんし、こちとら大手ASUSのモバイルモニター持ってるし、どんなもんかなーって感じで見てきたんですが、製品の品質、画質、使い勝手、価格のバランスがメチャクチャ良い。

レビューを終えたいま、モバイルモニター探しているなら、ASUS MB16ACよりもLepow 15.6型モバイルモニターをオススメしたいかな。だって、ASUS MB16ACで出来ることは全部できて、且つ、HDMIやスピーカーの搭載、非光沢、そして価格が2万円以下。コスパは抜群っす。

普段からデュアルディスプレイ構成で作業されている方は、出張や旅行先でもデュアルディスプレイ環境で作業できるのはめちゃくちゃ魅力的に感じるはず。実際、出先でもデュアルディスプレイ環境使えたら作業効率は段違いに良いですからね。

って事で、個人的にパフォーマンスが下がって利益が下がるなら2万円くらい安いもんです。モバイルモニターを探している方はLepow 15.6型モバイルモニターを要チェックですよ!コイツは安くて良い製品だ!

モバイルモニターを探している方の参考になれば幸い!以上、ガルマックスレビューでした!おしまい!

Lepow 15.6型モバイルモニターの購入先!

▼執筆時の価格は19,680円でAmazonで1,000円オフのクーポン出てます。価格や割引額は常に変動するのでリアルタイム価格は以下からご確認下さい!↓

ページトップへ