Moto G8 Powerが登場!大容量バッテリー搭載のミドルレンジモデル!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

Moto G8 Power

MotorolaのミドルレンジモデルであるMoto Gシリーズのバッテリー強化版であるMoto G8 PowerMotorola Mobility Europeの公式サイトで公開されました。

Moto G7 PowerはMoto G7のバッテリー特化のスペック抑えめ仕様になっていましたが、Moto G8 PowerはMoto G8の上位版の位置付けへと変化しているのがポイントです。

Moto G8 Powerの特徴

Moto G8 Powerの大きな特徴は以下の4つです。

  • SoCはSnapdragon 665、メモリは4GBでストレージは64GB!
  • 2,300×1,080(FHD+)解像度の6.4インチMax Visionディスプレイ!
  • リアカメラは1,600万画素+800万画素+800万画素+200万画素のクアッド構成
  • 15W TurboPower chargingに対応。バッテリー容量は5,000mAh!

SoCにはSnapdragon 665を搭載!メモリは4GB、ストレージは64GB!

Moto G8 Powerの心臓部であるSoCにはミドルレンジ〜ミドルレンジ上位のSnapdragon 665を搭載。メモリは4GB、ストレージは64GBとミドルクラスの標準的なレベルに仕上がっています。

▼以下、参考までにガルマックスで収集したKirin 810のAnTuTuスコアを記載します!↓

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが176,408点、ゲーム性能(GPU)が33,351点

SoCやメモリ、ストレージなどの処理能力に関わる構成はMoto G8と同じSnapdragon 665となっているので、Moto G8と同じようなパフォーマンスだと思われます。

2300×1080(FHD+)解像度の6.4インチMax Visionディスプレイ!今回はパンチホール形式だ!

Moto G8 Powerは2,300×1,080(FHD+)解像度の6.4インチディスプレイを搭載。MotorolaスマホではMax Visionと呼ばれる狭額縁ディスプレイですが、Moto G8 Powerでは水滴ノッチからパンチホール形式へと変化。さらに広々としたディスプレイを体感できるようになっています!Moto G8のディスプレイは1,560×720(HD+)解像度でしたが、Moto G8 Powerは順当にパワーアップした形となります。

1,600万画素+800万画素+800万画素+200万画素のクアッドカメラ

Moto G8 Powerには1,600万画素(F値1.8のレンズ)+800万画素(超広角レンズ)+800万画素(光学2倍ズームが可能な望遠レンズ)+200万画素(マクロレンズ)のクアッドカメラ構成になっています。Moto G8のレーザーオートフォーカスユニットが望遠レンズに入れ替わった形となります。

15W TurboPower chargingに対応。バッテリー容量は5,000mAhと大容量化

Moto G8 Powerは15W TurboPower chargingに対応。最大15Wの急速充電に対応しています。ただ、付属の充電器が18Wと3W大きいのでMoto G8 Powerも18Wの急速充電には対応して欲しかったところです。また、Moto G8 Powerは5,000mAhのバッテリーが搭載されており、Moto G8よりも1,000mAhほど大容量になっています。15Wの充電能力とバッテリー容量の点から、充電はできれば就寝時などまとまった時間が取れるときに行いましょう!

カラーリングは2色

Moto G8 Power

Moto G8 Powerはスモークブラック(ブラック系)、カプリブルー(ブルー系)の2色で構成されています。背面にはMoto G8と同じように模様が入っているのもポイントです。

バンド仕様は2種類。日本で使うにはSuper row SKU bands版を手に入れよう!

Moto G8 Power 通信バンド

Moto G8 Powerの通信バンド構成は2種類。その中でも対応バンドが豊富なSuper row SKU bands版のLTEですが、バンド1、バンド3、バンド8、バンド18(26)、バンド19、バンド41に対応とドコモ、ソフトバンク(ワイモバイル)、au回線(※au回線は実際に使えるか検証が必要dす)ともにフル対応。また、3Gはバンド1および8には対応していますが、ドコモFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。その事から今回発表されたヨーロッパ版はソフトバンク(ワイモバイル)、auにフル対応、ドコモ回線は3Gのみ一部対応となります。

また、Moto G8 Powerも日本で発売される可能性が高いので、Moto G8 Powerがよっぽど急ぎで欲しい方以外は日本向けモデルを待ったほうが賢明かと思います。

価格は未定。日本発売に期待!

価格はまだ公式サイトや販売サイトが公開されていない関係上、未定となっています。

実は、Moto G8 Powerと推測されるモデルが技適データベースに登録されています。したがって、Moto G8 Powerも日本で販売される可能性はかなり高いものと予想されます。

ガルマックスでも詳しい仕様の紹介を行う予定です。公開したらTwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

Moto G8 Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

ページトップへ