ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO Reno 3 Pro 5Gのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

OPPO Reno 3 5Gの上位モデルであるOPPO Reno 3 Pro 5Gが同時に発表されているので早速スペックと特徴をチェックしてみよう!ちなみに編集長のナオキさんが深センで実機を触ってきたみたいなので実機の情報も少し入れてます!

▼Dimensity 1000Lを搭載するOPPO Reno 3 5Gの情報は以下の記事でまとめています!↓

OPPO Reno 3 5Gのスペック、価格、対応バンド、特徴まとめ!

OPPO Reno 3 Pro 5Gの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式サイト+実店舗で確認
信頼度:高
製品情報
端末名 OPPO Reno 3 Pro 5G
型番/別名 PCRM00 / PCRT00
発売年 2019年12月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OPPO
言語 日本語対応
Googleサービス非対応
(別途インストールが必要)
対応バンド・ネットワーク
2G GSM 850/900/1800 / 1900MHz
CDMA BC0(800MHz)
3G CDMA2000 BC0(800MHz)
WCDMAバンド1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA 1900(f)/ 2000(a)MHz
4G TD-LTEバンド34/38/39/40/41
LTE FDDバンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/20
TD-LTE:B38C / B39C / B40C / B41C / B39A + B41A / B40D / B41D
LTE FDD:B1C / B2C / B3C / B7C / B1A + B3A / B3A + B41A / B8A + B41A
5G 5G NR:n1 / n41 / n78
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア対応

 

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1
本体仕様
ディスプレイ 6.5インチ/有機EL/画面占有率93.4%
解像度 2,400×1,080/FHD+/画面比率20:9
画素密度 402ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ159.4mm
横幅72.4mm
厚さ7.7mm
重さ 171g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系/日の出グラデーション
システム仕様
OS Color OS 7 (Android 10ベース)
SoC Qualcomm Snapdragon™765G
CPU Kryo 475×1 / 2.4GHz / Kryo 475×1 / 2.2GHz / Kryo 475×6 / 1.8GHz / 8コア
GPU Adreno™620
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約302,000点、GPUスコア約87,500点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ12GB+容量256GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ 48MP+13MP+8MP+2MP
特性:AIカメラ+広角+5倍光学ハイブリットズーム+背景ボケ撮影
F値:1.7
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1/2.0
前面カメラ 32MP
特性:ビューティーモード
F値:2.4
AI:対応(ビューティーモード)
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 未公表
イヤホンジャック 未公表
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 3,935mAh
充電 有線充電:30W(VOOC 4.0)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ8GB/容量128GB:3999元(約6万2500円)
メモリ12GB/容量256GB:4499元(約7万300円)
公式サイト

OPPO Reno 3 Pro 5G

購入先/割引情報

OPPO Reno 3 Pro 5G

端末詳細記事

OPPO Reno 3 Pro 5Gのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

スペック表に関する免責事項

OPPO Reno 3 Pro 5Gの発売時期と価格

OPPO Reno 3 Pro 5Gの発売時期は12月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:3999元(約62,500円)
  • メモリ12GB/容量256GB:4499元(約70,300円)

OPPO Reno 3 Pro 5Gの性能をチェック!

OPPO Reno 3 Pro 5Gは発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ最上位の性能ランクとなるモデルです!ハイエンド端末よりもグッと安くなり性能も非常に高いことから人気の性能帯です!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

OPPO Reno 3 Pro 5G(SnapDragon 765G)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだOPPO Reno 3 Pro 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「SnapDragon 765G」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • SnapDragon 765G(参考):総合スコアが300,000点、ゲーム性能(GPU)が87,500点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でOPPO Reno 3 Pro 5Gが搭載するSnapDragon 765Gの性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OPPO Reno 3 Pro 5Gの対応バンドをチェック!

OPPO Reno 3 Pro 5Gのドコモ回線対応状況

OPPO Reno 3 Pro 5GのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。3Gはバンド1とFOMAプラスエリアのバンド6/19には対応しています。

OPPO Reno 3 Pro 5Gはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

OPPO Reno 3 Pro 5Gのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

OPPO Reno 3 Pro 5GのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

OPPO Reno 3 Pro 5Gはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認があるみたいです。

海外でOPPO Reno 3 Pro 5Gをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

OPPO Reno 3 Pro 5Gのau回線対応状況

OPPO Reno 3 Pro 5Gは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

OPPO Reno 3 Pro 5Gの特徴ピックアップ!

日本語に対応していた!

深センで実機を触った編集長のナオキさん情報によると、日本語に対応していたみたい!Googleサービスは入っていないけど、日本語に対応しているのでGoogleサービスを自力でインストール出来るならありかも!

パンチホール+エッジディスプレイ!90Hzのなめらか表示にも対応

▼OPPO Reno 3 Pro 5Gは6.5インチと大型で、小さなパンチホールに加えて側面をカーブさせたエッジディスプレイが特徴的。全体的に「丸み」を連想させるデザインに仕上がっております!画面占有率は93.4%と、本体サイズほぼそのまま画面に広がっているんです。画面そのまま持っているって錯覚しそうなぐらい広い!↓

Oppo Reno Pro 5G

さらに、リフレッシュレートは90Hzに対応したため、従来の機種(60Hz)よりもヌルヌルな表示ができるのが嬉しい!長時間のウェブ閲覧でも目が疲れにくくなったり、対応ゲームなら、よりサクサクな動作が楽しめますよ!

背面は美しく、側面は機能性重視なデザインに!

▼OPPO Reno 3 Pro 5Gのボディはガラス製の鏡面加工なので、反射で美しく輝いたりしてて見てて楽しめるんす。さらにグラデーションカラーも存在!「日の出」なるグラデーションはとても美しい予感しかしません。↓

Oppo Reno Pro 5G

カラーは日の出グラデーション、ブルー、ブラック、ホワイトの4色展開となっております!

▼側面もチカラ入ってます。曲面で統一しつつ側面を薄くし、さらに上下もフラットではなく内向きの曲面仕立てになっているんす。細部までこだわりが感じられてとてもGood!↓

Oppo Reno Pro 5G

大画面+薄型+軽量なのがポイント!

▼OPPO Reno 3 Pro 5G、実は結構薄いボディなんすよね。その厚さは7.7mm!一般的なスマホって大体8.2mm~8.7mmほどの厚さなんで、OPPO Reno 3 Pro 5Gと比べるとその差が歴然なんす。さらに重さもわずか171gと、6.5型の大画面スマホではトップクラスの軽さ!

Oppo Reno Pro 5G

また側面は曲面加工になっているおかげで、手に持てばスペック値よりさらに薄く感じられるっていう構造に。なので長時間持っていても苦にならないのがとても嬉しいポイントですよ!

さらに画面内指紋センサーを搭載!より薄く改良されてます

▼さらに、薄型ディスプレイなのに指紋センサーを内蔵してるんですって!OPPOの技術力ってすげー!

Oppo Reno Pro 5G

背面に穴を開けないことで耐久性の向上をねらえる他、画面占有率を高められるメリットが魅力的!さらに近未来的な外観なので、所有満足度も満たしてくれそうですね!

高画素のクアッドカメラは、より多機能性を重視した構成に

▼OPPO Reno 3 Pro 5Gのカメラ性能は、画素数を維持して精細さをおさえつつ、広角カメラやマクロカメラなど、より「いろんなことができる」カメラに進化!画素数はメインが48MP+13MP+8MP+2MPとなっております。PDAFも搭載しているので、ピント合わせも早いのが便利!↓

Oppo Reno Pro 5G

▼8MPの超広角カメラも搭載!風景やビル撮影など「1歩引いて撮影したいとき」に大変便利なんですよね。広角撮影に一度ハマったら、これなしで撮影が考えられないぐらい便利。

Oppo Reno Pro 5G

カメラはメインカメラの他に望遠、超広角、モノクロカメラの構成!無印のReno 3 5Gよりメインカメラの画素数は小さいものの専用の望遠カメラを搭載したことで、5倍の光学ハイブリットズームが可能に!さらに、かなり近づいての接写撮影もこなせるマクロカメラを搭載!より様々なシーンで活躍できるプロ仕様に仕上がっております!

最新OSを搭載!ダークモードが使えるようになったぞ!

▼OPPO Reno 3 Pro 5GのOSは、Android 10をベースにしたColor OS 7!返信をすぐに定型文で返せるスマートリプライや、目とバッテリー消費にやさしいクールなダークモードが使えるんです!↓

Oppo Reno 3 Pro 5G

操作性はiOS寄りで、iPhoneユーザーさんでも操作しやすいメリットが魅力的!Androidが気になっているiPhoneユーザーさん!OPPO Reno 3 Pro 5Gはいかがですか?

5G対応!最先端で高速通信ができるぞ!

▼さらにSoCは5G回線に対応しているんで、超高速通信でブラウジングもストリーミングで動画視聴も快適に使えるんす!Wi-fiと併用することで通信速度は驚異の2490Mbps。メチャメチャ速い!

Oppo Reno 3 Pro 5G

▼これはOPPO Reno 5Gって端末なんだけど【5Gモバイル通信】を体験!モバイル回線でも500Mbpsに迫る勢い!5G速い!↓

OPPO Reno 3 Pro 5Gは中国市場向けに投入されたモデルですが、OPPOは日本にも正式参入しているので日本で5Gサービスが開始した時は続々と5G対応モデルをリリースしてくれるかもしれませんね!

OPPO Reno 3 Pro 5Gまとめ!高スペック+機能性重視な仕上がり!

Oppo Reno 3 Pro 5G

OPPO Reno 3 Pro 5GはミドルクラスのSoCでありつつも、フラッグシップに劣らぬパフォーマンスの高さが魅力的!特に薄く大きい筐体サイズは必見!まるで画面そのままを持っているかのような錯覚を覚えそうですね。

兄弟機であるOPPO Reno 3 5Gと実はスペックはほぼ同等なんですが、より広い画面に多機能化したカメラが異なるポイント。筆者ならデザイン的にこっちかな~。やっぱり丸みで統一されたデザインは美しい!

OPPO Reno 3 Pro 5Gの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではOPPO Reno 3 Pro 5Gをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、OPPO Reno 3 Pro 5Gの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

OPPO Reno 3 Pro 5Gの購入先情報

OPPO Reno 3 Pro 5Gは以下で取り扱っています!

OPPO Reno 3 Pro 5Gの公式サイト

OPPO Reno 3 Pro 5Gの公式サイトは以下です!

ページトップへ